>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

日本工業規格

JIS

 R

3702

-1996

顕微鏡用カバーガラス

Cover glasses for microscopes

1.

適用範囲  この規格は,主として透過形顕微鏡用標本に用いられるカバーガラスについて規定する。

備考1.  この規格の引用規格を,次に示す。

JIS R 3502

  化学分析用ガラス器具の試験方法

JIS Z 8401

  数値の丸め方

2.

この規格の対応国際規格を,次に示す。

ISO 8255-1

  Optics and optical instruments−Microscopes−Cover glasses−Part 1 : Dimensional

tolerances, thickness and optical properties

ISO/DIS 8255-2

  Optics and optical instruments Microscopes Cover glasses Part 2 : Material

requirements and test methods

3.

この規格の中で{  }を付けて示してある単位及び数値は,従来単位であって,参考として

併記したものである。

2.

品質

2.1

外観  顕微鏡用カバーガラス(以下,カバーガラスという。)の外観は,表 のとおりとする。

表 1  外観

項目

外観

無色透明であること。

ひずみ

互いに直交した 2 枚の偏光板で挟んだとき著しい干渉色がないこと。

清浄度

清浄でくもりがないこと。

実用上有害なものがないこと。

すじ

透視で見えないこと。

欠け

長さ 0.5mm 以上のものがないこと。

きず

実用上有害なものがないこと。

角の仕上がり

長さ 1mm,深さ 0.5mm 以上の欠けや切れ目がないこと。

2.2

アルカリ溶出量  カバーガラス 2.5g 当たりのアルカリ溶出量は,0.2mg (Na

2

O)

以下とする。

2.3

平面度  カバーガラスの平面度は,0.010mm 以下とする。

2.4

屈折率及びアッベ数  カバーガラスの屈折率  (n

e

)

及びアッベ数  (v

e

)

は,次のとおりとする。

n

e

=1.525 5±0.001 5

v

e

=56±2

2.5

くっつき  箱から取り出したとき,互いにくっつきがないこととする。


2

R 3702-1996

3.

寸法及び許容差

3.1

厚さ  カバーガラスの厚さは,表 のとおりとする。

表 2  カバーガラスの厚さ

単位 mm

呼び名

厚さの範囲

No.1 0.12

∼0.17

No.1-S 0.15

∼0.18

3.2

長辺及び短辺寸法  カバーガラスの長辺及び短辺寸法は,受渡当事者間の協定による。

なお,カバーガラスの長辺及び短辺の寸法の許容差は,表示に対して各々±0.5mm とする。

4.

試験方法

4.1

外観試験  外観試験は,カバーガラスの正面から約 30cm の距離でガラス面を透視し,又は反射光を

用いて目視で行う。

4.2

アルカリ溶出試験  アルカリ溶出試験は,JIS R 3502 の規定による。

4.3

平面度試験  平面度試験は,カバーガラス 100 枚をとり,全部を重ね合わせ,これを平板上に載せ,

まずコンパレータでその高さを測定(

1

)

する。

次いで,その 100 枚の一番上に 20kPa {200gf/cm

2

}

の圧力を加えながら再びその高さをコンパレータで

測定(

2

)

し,次の式によって 1 枚当たりの平面度 (mm) を算出する。

100

1

H

H

A

ここに,

H

:100 枚の加圧前の高さ (mm)

H

1

:100 枚の加圧後の高さ (mm)

(

1

)

測定に当たっては上下を逆にしてそれぞれ測定し,その平均値を平面度の報告とする。

(

2

)

試験装置は,

図 1

を参照。

図 1  平面度試験装置

4.4

屈折率測定

  光源として e-line (

λ

=546.07nm)  を用いたアッベの屈折計で測定する。

4.5

くっつき試験

  くっつき試験は,個装箱からカバーガラス全部を取り出し,枚数を数えながらガラ

スのくっつきを目視で確認する。このとき,ゴム製の指サック,プラスチック製の検査手袋を用いて,カ

バーガラスに湿気を与えないように,又はくっつきを起こすおそれがある異物がカバーガラスの間に入ら

ないようにする。

また試験中,カバーガラスは必ず端を持つこと。


3

R 3702-1996

4.6

厚さの測定

  厚さの測定は,1/100mm まで読めるマイクロメータなどを用いて測定し,

JIS Z 8401

の規定によって小数点以下 2 けたに丸めて,その厚さを決定する。

5.

検査

  検査は,

4.

の試験方法によって試験を行い,

2.

及び

3.

を満足しなければならない。

6.

表示

  表示は,個装箱とその外装箱ごとに,次の事項を明記する。

(1)

包装時の年月(これについては外装箱だけでもよい。

(2)

枚数

(3)

厚さの呼び名 (No.1, No.1-S)

(4)

長辺及び短辺の寸法(長辺×短辺)

(5)

製造業者名又はその略号

(6)

製造国名

関連規格

ISO 7944

  Optics and optical instruments−Reference wavelengths

JIS R 3702

  顕微鏡用カバーガラス原案作成委員会  構成表

氏名

所属

(委員長)

三  宅  和  夫

筑波大学

松  谷  有希雄

厚生省薬務局

富  岡  賢  治

文部省教育局

藤  野  達  夫

通商産業省機械情報産業局

青  柳  聖  治

日本写真機光学機器検査協会

岡  林  哲  夫

工業技術院標準部

辻  内  順  平

東京工業大学

太  田  次  郎

お茶の水女子大学

山  口  和  克

杏林大学

中  村  恭  一

東京医科歯科大学

嶋      昭  絋

東京大学

瀬  谷  正  樹

ユニオン光学株式会社

松  原  正  樹

オリンパス光学工業株式会社

深  井  澄  久

株式会社ニコン

寺  尾  昌  男

東洋光学工業株式会社

黒  岩  秀  一

協和光学工業株式会社

和  田  計  二

サクラ精機株式会社

加  藤  幸  彦

カートン光学株式会社

小  林      亨

株式会社トプコン

岡  崎  重  雄

株式会社清和光学

原  嶋  啓  好

和泉光学工業株式会社

余  吾  正  雄

松浪硝子工業株式会社

加  山  英  男

財団法人日本規格協会

(事務局)

古  屋  武  吉

日本顕微鏡工業会