>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

日本工業規格

JIS

 R

3503

-1994

化学分析用ガラス器具

Glass apparatus for chemical analysis

1.

適用範囲  この規格は,化学分析用ガラス器具(以下,ガラス器具という。)について規定する。

備考1.  この規格の引用規格を,付表3に示す。

2.

この規格の対応国際規格を,

付表 に示す。

2.

種類  ガラス器具は,形状によって付表 のように分ける。

3.

等級  ガラス器具の等級は,線膨張係数及びアルカリ溶出量によって次のように分ける。

(1)

ほうけい酸ガラス−1(記号 JR-1)

(2)

ほうけい酸ガラス−2(記号 JR-2)

(3)

ソ−ダ石灰ガラス(記号 JR-3)

4.

品質  ガラス器具の品質は,付表 による。

備考  すり合わせのテーパーは,

10

1

とする。角度は,軸線を含む断面内で測った円すい母線の角度 5°

43'30"

とし,すり合わせ部のテーパー寸法は,原則として JIS R 3646JIS R 3647JIS R 3648 

び JIS R 3650 の規定による。

5.

呼び容量又は呼び寸法又は呼び番号,形状,各部寸法,質量及びろ過板の細孔記号  呼び容量又は呼

び寸法又は呼び番号,形状,各部寸法,質量及びろ過板の細孔記号は,

付図 1-190 による。ただし,図

中の数値及び寸法記号に括弧してあるものは,参考値とする。

6.

試験方法

6.1

線膨張係数試験  線膨張係数試験は,JIS R 3102 又はこれと同等以上の方法による。

6.2

アルカリ溶出量試験

6.2.1

器具及び装置  器具及び装置は,次による。

(1)

ふるい  JIS Z 8801 に規定する標準網ふるい。

(2)

超音波洗浄器  試験に適した超音波洗浄器。

(3)

溶出容器  ほうけい酸ガラス−1 又はこれと同等以上の品質のガラス製の全量フラスコ 50ml。

(4)

加熱水浴  溶出容器のけい(頸)部の中央までを浸すのに十分な深さをもち,全量フラスコ中の温度

を 98±0.5℃に保てる加熱水浴。

6.2.2

試薬  試薬は,次による。

(1)

水  JIS K 8001 の 3.6(3)(二酸化炭素を含まない水)に規定する二酸化炭素を含まない水。


2

R 3503-1994

(2)  0.005mol/

λ硫酸標準溶液  JIS K 8001 の 4.5(26.4)(0.05mol/λ硫酸)に従い調整及び標定した,0.05mol/λ

硫酸を水で正しく 10 倍に薄める。

(3)

メチルレッド溶液  JIS K 8001 の表 7(中和滴定用)による。

6.2.3

操作  操作は,次による。

(1)

試料の調製

(a)

供試ガラスの内外を水でよく洗い,乾燥した後,めのう又は鋼製乳鉢で注意しながら粉砕し(

1

)

,次

に標準網ふるい 500

µm を通過し(

2

)

,標準網ふるい 300

µm にとどまる大きさの粉末約 4g をビーカー

100ml

にとる。

注(

1

)

鋼製乳鉢を使用する場合は,粉砕した試料をまず光沢紙上にまきひろげ,この中で磁石を往復

させながら鉄粉を十分に取り除かなければならない。

(

2

)

乳鉢中の粉砕ガラスを標準網ふるい 500

µm の上限ふるいに直接投入しないで,必ずその上に重

ねた補助ふるい(標準網ふるい 600

µm から 1mm)に移してふるい分けを行う。

(b)

水と超音波洗浄器で粉末を洗浄し,微粉を除く操作を,透明な洗浄液が得られるまで繰り返す。

(c)

洗浄液を注ぎ出した後,粉末を約 140℃の空気浴中で 50 分乾燥し,デシケーター中で保存して試料

とする。

(2)

アルカリの溶出及び滴定

(a)

試料 2.00g をはかり採り,溶出容器に入れ,水を標線まで満たす。緩く揺り動かして,試料集積物

の上部が一様な平面を保つように安定させる。

(b)

溶出容器のけい部の中ほどまで加熱水浴に浸し,98±0.5℃まで 3 分以内で達するように加熱し,こ

の温度に達してから 2 分後に栓をする。引き続き加熱水浴に浸して 60±1 分間加熱する。

参考  溶出容器に温度計を入れ,水を標線まで満たしたものを,温度制御用に使うとよい。

(c)

溶出容器を加熱水浴から取り出し,直ちに栓を外し,流水で冷却後,水を標線まで満たす。栓をし,

溶出装置の内容物をよく混合し,ガラス粒が沈降し,澄んだ溶液が得られるまで静置する。

(d)

この溶液から 25ml を三角フラスコ 100ml に正確に分取し,

指示薬としてメチルレッド溶液  [6.2.2(3)]

3

滴を加え,0.005mol/硫酸標準溶液  [6.2.2(2)]  で滴定する(

3

)

注(

3

)

溶出容器を加熱水浴から取り出した後,1時間以内に滴定を完了する。

(3)

空試験  試料だけを除いて,試料と同じ操作を試料と並行して行う。

6.2.4

試験結果の表示及び計算  アルカリ溶出量は,空試験結果を差し引いた試料 1g 当たりの 0.005mol/l

硫酸の消費 ml 数,又はこれに 310 を乗じ,Na

2

O

µg 数に換算して示す。

7.

検査  ガラス器具の検査は,次の項目について行う。

(1)

形状,寸法,容量及び質量は,5.に適合しなければならない。

(2)

肉まわり,形状,機能,生地,すり合わせ及びひずみは,4.に適合しなければならない。

(3)

線膨張係数及びアルカリ溶出量は,6.によって試験を行い,4.に適合しなければならない。

8.

表示  ガラス器具又は包装には,次の事項を表示する。

(1)

付表 の名称又はその略号(

4

)

注(

4

)

略号は,名称の一部を省略したものであって,当該商品の使用消費者が容易に判別できること

1参照)。


3

R 3503-1994

表 1

付表 の名称

略号の例

共通すり合わせリービッヒ冷却器

共通リービ冷却器

共通冷却器リービ

(2)

等級又はその記号

(3)

製造業者名又はその略号

付表 1  ガラス器具の種類

種類

名称

付図番号

ビーカー

ビーカー

ビーカーR 
トールビーカー 
トールビーカーR

コニカルビーカー

1-1

1-2

2-1

2-2

3

フラスコ

丸底フラスコ 
丸底フラスコ R 
共通すり合わせ短首丸底フラスコ

共通すり合わせ短首丸底フラスコ R 
共通すり合わせ丸底フラスコ 
共通すり合わせ丸底フラスコ R

平底フラスコ 
平底フラスコ R 
共通すり合わせ短首平底フラスコ

共通すり合わせ平底フラスコ 
三角フラスコ 
三角フラスコ R

共通すり合わせ三角フラスコ 
共通すり合わせ三角フラスコ R 
なす形フラスコ

共通すり合わせなす形フラスコ 
ケルダールフラスコ 
共通すり合わせケルダールフラスコ

枝付きフラスコ 
エングラーフラスコ 
クライゼンフラスコ

三口丸底フラスコ 
共通すり合わせ三口丸底フラスコ 
共通すり合わせ三口丸底フラスコ R

共通すり合わせよう素フラスコ A 形 
共通すり合わせよう素フラスコ B 形

4-1

4-2

5-1

5-2

6-1

6-2

7-1

7-2

8

9

10-1

10-2

11-1

11-2

12

13

14

15

16

17

18

19

20-1

20-2

21-1

21-2

丸底蒸発皿 
平底蒸発皿 
結晶皿

ペトリ皿

22

23

24

25

試験管

試験管

26


4

R 3503-1994

種類

名称

付図番号

漏斗

漏斗 
長脚漏斗 
厚物漏斗

肉厚分液漏斗 
分液漏斗 
分液漏斗 R

スキーブ形分液漏斗 
スキーブ形分液漏斗 R 
ギルソン形分液漏斗

27

28

29

30

31-1

31-2

32-1

32-2

33

広口共栓瓶 
細口共栓瓶 
下口共栓瓶

吸引ろ過瓶 

34

35

36

37

38

デシケーター

デシケーター 
上口デシケーター

39

40

冷却器

リービッヒ冷却器 
リービッヒ冷却器 R

共通すり合わせリービッヒ冷却器 
球管冷却器 
球管冷却器 R

共通すり合わせ球管冷却器 
蛇管冷却器 
蛇管冷却器 R

共通すり合わせ蛇管冷却器 
ジムロート冷却器 
共通すり合わせジムロート冷却器

グラハム冷却器 
ジャケットコイル冷却器

41-1

41-2

42

43-1

43-2

44

45-1

45-2

46

47

48

49

50

ガス器具

キップガス発生器 
共通すり合わせガス洗浄用瓶 
共通すり合わせガス洗浄瓶

共通すり合わせろ過板付きガス洗浄瓶 
共通すり合わせ U 字管 
ガス乾燥塔

51

52

53

54

55

56

はかり瓶

平形はかり瓶

筒形はかり瓶

57

58

比重瓶

ゲーリュサック形比重瓶

ゲーリュサック形温度計付き比重瓶 
ワードン形比重瓶 
ハーバート形比重瓶

59

60

61

62

ろ過器

ガラスろ過板 
るつぼ形ガラスろ過器

ブフナー漏斗形ガラスろ過器 
漏斗形ガラスろ過器

63

64

65

66


5

R 3503-1994

種類

名称

付図番号

その他

アダプター 
共通すり合わせ上部すり合わせアダプター 
共通すり合わせ両端すり合わせアダプター

一方コック 
共通すり合わせソックスレー抽出器  150ml 
共通すり合わせトの字形連結管

共通すり合わせ K 字形連結管 
共通すり合わせ吸引ろ過瓶 
共通すり合わせガス乾燥塔

共通すり合わせ直管形連結管 
共通すり合わせ減圧直形連結管 
共通すり合わせキルダール形トラップ球

共通すり合わせコの字形連結管 
共通すり合わせ Y 字形連結管 
共通すり合わせガス吹込み管

共通すり合わせ排気管 
共通すり合わせ曲げ形連結管 
共通すり合わせ減圧連結管

共通すり合わせ減圧連結管(二又管) 
円筒形滴下漏斗 
円筒形滴下漏斗 R

共通すり合わせ円筒形滴下漏斗 
共通すり合わせ分液漏斗 
共通すり合わせスキーブ形分液漏斗

ガラスねじ

67

68

69

70

71

72

73

74

75

76

77

78

79

80

81

82

83

84

85

86-1

86-2

87

88

89

90

付表 2  ガラス器具の品質

ほうけい酸ガラス−1

ほうけい酸ガラス−2

ソーダ石灰ガラス

等級

記号

品質項目

JR-1 JR-2 JR-3

線膨張係数  (×10

7

/K)

35

以下 55 以下 95 以下

アルカリ溶出量 (ml/g)

(

µg/g)

0.10

以下

31

以下

0.20

以下

62

以下

2.0

以下

620

以下

肉まわり

平均していること。

形状及び外観

正しく,かつ,きずがないこと。

機能

使用目的を,十分に果たすこと。

生地

未溶解物及び異物の混入がないこと。特殊のものを除き透明のこと。

すり合わせ

4.

備考による。

ひずみ

ひずみ検査器(

5

)

による干渉圏が著しく現れないこと。

注(

5

)

ひずみ検査器は,ガラスのひずみを発見し観察する装置である。光線を偏光板又は適当な反射
板によって偏光させ,試験を行うガラスを通した後,偏光板又はこれに代わる装置で観察する

ことによって,ひずみを検査する。


6

R 3503-1994

付図 1-1  ビーカー

単位 mm

呼び容量

  (ml)

50

100

200

300

500

1 000

2 000

3 000

5 000

胴外径

  (D) 46

±1 55±1 67±1 78±1 90±2 110±2 135±3 153±3 180±5

高さ

  (H) 60

±2 70±2 89±2 103±2 120±3 150±3 200±3 225±3 275±5

最低質量

(g)

22  28  50  75  100 180 350 500 945

備考1.  口形状はリップ付きとし,こぼし口を付ける。

2.

容量表示,メモ用スペースは,砂目又は焼付けを施す。

3.

ビーカーの呼び方は,名称及び呼び容量による。

例  ビーカー 200ml


7

R 3503-1994

付図 1-2  ビーカーR

単位 mm

呼び容量

(ml)  5

10

25

50

100

150

250

胴外径

  (D)

22 26 34 42 50 60 70

高さ

  (H)

30 35 50 60 70 80 95

厚さ

  (S) 0.7

以上 0.7 以上

0.7

以上

0.8

以上

0.9

以上

1.0

以上 1.1 以上

呼び容量

  (ml)

400

600

800

1 000

2 000

3 000

5 000

胴外径

  (D)

80  90 100 105 130 150 170

高さ

  (H)

110 125 135 145 185 210 270

厚さ

  (S) 1.2

以上 1.3 以上

1.3

以上

1.3

以上

1.4

以上

1.7

以上 2.0 以上

備考1.  口形状はリップ付きとし,こぼし口を付ける。

2.

容量表示,メモ用スペースは,砂目又は焼付けを施す。

3.

胴外形,高さの寸法許容差は,±5%とする。

4.

ビーカーR の呼び方は,名称及び呼び容量による。

例  ビーカーR  250ml

参考  このビーカーR は,ISO 3819 : 1985 に準拠している。


8

R 3503-1994

付図 2-1  トールビーカー

単位 mm

呼び容量

(ml)

50  100 200 300 500

胴外径

  (D) 41

±1 50±1 60±1 66±1 77±2

高さ

  (H) 72

±2 88±2 110±2 135±2 152±3

最低質量

(g)

38 51 70 85 120

備考1.  口形状はリップ付きとし,こぼし口を付ける。

2.

容量表示,メモ用スペースは,砂目又は焼付けを施す。

3.

トールビーカーの呼び方は,名称及び呼び容量による。

例  トールビーカー  300ml


9

R 3503-1994

付図 2-2  トールビーカー

単位 mm

呼び容量

(ml)

50  100 150 250 400

胴外径

  (D)

38

48

54

 60

 70

高さ

  (H) 70

80

95

120

130

厚さ

  (S) 0.8

以上

0.9

以上

1.0

以上

1.1

以上

1.2

以上

呼び容量

  (m1)

600

800

1 000

2 000

3 000

胴外径

  (D)

 80

 90

 95

120

135

高さ

  (H)

150 175 180 240 280

厚さ

  (S) 1.3

以上

1.3

以上

1.3

以上

1.4

以上

1.7

以上

備考1.  口形状はリップ付きとし,こぼし口を付ける。

2.

容量表示,メモ用スペースは,砂目又は焼付けを施す。

3.

胴外形,高さの寸法許容差は,±5%とする。

4.

トールビーカーR の呼び方は,名称及び呼び容量による。

例  トールビーカー  R250ml

参考  このトールビーカーR は,ISO 3819 : 1985 に準拠している。


10

R 3503-1994

付図 3  コニカルビカー

単位 mm

呼び容量

(ml)

50  100 200 300 500

胴外径

  (D) 50

±2 59±2 73±2 84±2 97±2

上部外径

  (d) 32

±2 38±21

43

±2 47±2 55±2

高さ

  (H) 70

±3 92±3 110±3 132±3 143±3

最低質量

(g)

22 28 40 70 90

備考1.  口形状はリップ付きとし,こぼし口を付ける。

2.

容量表示,メモ用スペースは,砂目又は焼付けを施す。

3.

コニカルビーカーの呼び方は,名称及び呼び容量による。

例  コニカルビーカー  300ml


11

R 3503-1994

付図 4-1  丸底フラスコ

単位 mm

呼び容量

  (ml)

50

100

200

300

500

1 000

2 000

3 000

球外径

  (D) 53

±3 65±3 80±3 93±3 108±3 135±4 170±4 200±4

高さ

  (H) 105

±3 126±3 155±3 180±3 210±3 260±3 325±3 370±3

首外径

  (d) 20

±1 20±1 25±1 28±1 28±1 34±2 38±2 40±2

ゴム栓

(番号)

4 4 7 8 8 11  12  13

最低質量

(g)

20 29 45 62 90  150  300  380

備考1.  口形状は,リップ付きとする。

2.

容量表示,メモ用スペースは,砂目又は焼付けを施す。

3.

丸底フラスコの呼び方は,名称及び呼び容量による。

例  丸底フラスコ  50ml


12

R 3503-1994

付図 4-2  丸底フラスコ R

単位 mm

呼び容量

  (ml)

50

100

250

500

1 000

2 000

4 000

6 000

10 000

球外径

  (D) 51

±1 64±1.5 85±2 105±2 131±3 166±3 207±3 236±3 279±4

首外径

  (d) 22

±1 22±1 34±1.5

34

±1.5

42

±2 50±2 50±2 65±2.5 65±2.5

高さ

  (H) 105

±3 115±3 145±3 175±4 210±4 260±4 315±5 355±5 420±6

厚さ

  (S) 0.8

以上

0.8

以上 0.9 以上

0.9

以上

1.3

以上

1.5

以上

1.8

以上 1.8 以上 2.0 以上

備考1.  容量表示,メモ用スペースは,砂目又は焼付けを施す。

2.

丸底フラスコ R の呼び方は,名称及び呼び容量による。

例  丸底フラスコ  R50ml

参考  この丸底フラスコ R は,ISO 1773 : 1976 に準拠している。


13

R 3503-1994

付図 5-1  共通すり合わせ短首丸底フラスコ

単位 mm

呼び容量

  (ml)

50

100

200

300

500

1 000

2 000

3 000

球外径

  (D) 53

±3 65±3 80±3 93±3 108±3 135±4 170±4 200±4

高さ

  (h) 70

±3 90±3 110±3 120±3 145±3 185±3 220±3 260±3

首外径

  (d) 28

±1 28±1 28±1 28±1 28±1 34±2 38±2 40±2

共通すり合わせ 
  記号

24/40

4/40

24/40

24/40

24/40

29/42

29/42

29/42

備考1.  共通すり合わせは,原則として表中のものを使用するが,近似の規格寸法の共通すり合わせの

ものを使用してもよい。

2.

首外径は,共通すり合わせ記号によって変えてもよい。

3.

容量表示,メモ用スペース,共通すり合わせ記号雪は,砂目又は焼付けを施す。

4.

共通すり合わせ短首丸底フラスコの呼び方は,名称,呼び容量及び共通すり合わせ記号による。

例  共通すり合わせ短首丸底フラスコ  500ml

24/40


14

R 3503-1994

付図 5-2  共通すり合わせ短首丸底フラスコ R

単位 mm

呼び容量

  (ml)

50

100

250

500

1 000

2 000

4 000

球外径

  (D) 51

±1 64±1.5

85

±2 105±2

131

±3

166

±3 207±3

高さ

  (H)

95  110 135 160 190  230

275

厚さ

  (S) 0.8

以上 0.8 以上

0.9

以上

0.9

以上

1.3

以上

1.5

以上 1.8 以上

共通すり合わせ 
  記号

14/23

19/26

24/29

29/32

19/26

24/29

29/32

24/29

29/32

34/35

34/35

45/40

備考1.  容量表示,メモ用スペースは,砂目又は焼付けを施す。

2.

共通すり合わせ短首丸底フラスコ R の呼び方は,名称,呼び容量及び共通すり合わせ記号
による。

例  共通すり合わせ短首丸底フラスコ  R 50ml

14/23

参考  この共通すり合わせ短首丸底フラスコ R は,ISO 4797 : 1981 に準拠している。


15

R 3503-1994

付図 6-1  共通すり合わせ丸底フラスコ

単位 mm

呼び容量

  (ml)

50

100

200

300

500

1 000

2 000

3 000

球外径

  (D) 53

±3 65±3 80±3 93±3 108±3

135

±4 170±4 200±4

高さ

  (h) 90

±3 110±3 130±3

140

±3

165

±3

215

±3 250±3 290±3

首外径

  (d) 28

±1 28±1 28±1 28±1 28±1 34±2 38±2 40±2

共通すり合わせ 
  記号

24/40

24/40

24/40

24/40

24/40

29/42

29/42

29/42

備考1.  共通すり合わせは,原則として表中のものを使用するが,近似の規格寸法の共通すり合わせのもの

を用いてもよい。

2.

首外径は,共通すり合わせ記号によって変えてもよい。

3.

容量表示,メモ用スペース,共通すり合わせ記号

は,砂目又は焼付けを施す。

4.

共通すり合わせ丸底フラスコの呼び方は,名称,呼び容量及び共通すり合わせ記号による。

例  共通すり合わせ丸底フラスコ  500ml

4/40


16

R 3503-1994

付図 6-2  共通すり合わせ丸底フラスコ R

単位 mm

呼び容量

  (ml)

50

100

250

500

1 000

2 000

4 000

球外径

  (D) 51

±1 64±1.5

85

±2 105±2

131

±3

166

±3 207±3

高さ

  (H)

105 115 145 175 210  260

315

厚さ

  (S) 0.8

以上 0.8 以上

0.9

以上

0.9

以上

1.3

以上

1.5

以上 1.8 以上

共通すり合わせ

  記号

14/23

19/26

29/32

/32

45/40

45/40

備考1.  容量表示,メモ用スペースは,砂目又は焼付けを施す。

2.

共通すり合わせ丸底フラスコ R の呼び方は,名称,呼び容量及び共通すり合わせ

記号による。

例  共通すり合わせ丸底フラスコ  R50ml

14/23

参考  この共通すり合わせ丸底フラスコ R は,ISO 4797 : 1981 に準拠している。


17

R 3503-1994

付図 7-1  平底フラスコ

単位 mm

呼び容量

  (ml)

50

100

200

300

500

1 000

2 000

3 000

球外径

  (D) 53

±1 65±1 80±1 93±2 108±2 135±2 170±2 200±3

高さ

  (H) 105

±3 126±3 155±3 180±3 210±3 260±3 325±3 370±3

首外径

  (d) 20

±1 20±1 25±1 28±1 28±1 34±2 38±2 40±2

ゴム栓

(番号)

4 4 7 8 8

11  12  13

最低質量

(g)

20 29 45 62 90

150  300  380

備考1.  口形状は,リップ付きとする。

2.

容量表示,メモ用スペースは,砂目又は焼付けを施す。

3.

平底フラスコの呼び方は,名称及び呼び容量による。

例  平底フラスコ  50ml


18

R 3503-1994

付図 7-2  平底フラスコ R

単位 mm

呼び容量

  (ml)

50

100

250

500

1 000

2 000

4 000

6 000

10 000

球外径

  (D) 51

±1 64±1.5 85±2 105±2 131±3 166±3 207±3 236±3 279±4

首外径

  (d) 22

±1 22±1 34±1.5

34

±1.5

42

±2 50±2 50±2 65±2.5 65±2.5

高さ

  (H) 100

±3 110±3 140±3 170±4 200±4 250±4 300±5 340±5 400±6

厚さ

  (S) 0.8

以上 0.8 以上 0.9 以上

0.9

以上

1.3

以上

1.5

以上

1.8

以上 1.8 以上 2.0 以上

備考1.  容量表示,メモ用スペースは,砂目又は焼付けを施す。

2.

平底フラスコ R の呼び方は,名称及び呼び容量による。

例  平底フラスコ  R50ml

参考  この平底フラスコ R は,ISO 1773 : 1976 に準拠している。


19

R 3503-1994

付図 8  共通すり合わせ短首平底フラスコ

単位 mm

呼び容量

  (ml)

50

100

250

500

1 000

2 000

4 000

球外径

  (D) 51

±1 64±1.5

85

±2 105±2

131

±3

166

±3 207±3

高さ

  (H)

85  100 125 150 175  215

255

厚さ

  (S) 0.8

以上 0.8 以上

0.9

以上

0.9

以上

1.3

以上

1.5

以上 1.8 以上

共通すり合わせ 
  記号

14/23

19/26

24/29

29/32

19/26

24/29

29/32

24/29

29/32

34/35

34/35

45/40

備考1.  容量表示,メモ用スペースは,砂目又は焼付けを施す。

2.

共通すり合わせ短首平底フラスコの呼び方は,名称,呼び容量及び共通すり合わせ記号に

よる。

例  共通すり合わせ短首平底フラスコ  50ml

14/23

参考  この共通すり合わせ短首平底フラスコは,ISO 4797 : 1981 に準拠している。


20

R 3503-1994

付図 9  共通すり合わせ平底フラスコ

単位 mm

呼び容量

  (ml)

50

100

250

500

1 000

2 000

4 000

球外径

  (D) 51

±1 64±1.5

85

±2 105±2

131

±3

166

±3 207±3

高き

  (H)

100 110 140 170 200 250 300

厚さ

  (S) 0.8

以上 0.8 以上

0.9

以上

0.9

以上

1.3

以上

1.5

以上 1.8 以上

共通すり合わせ 
  記号

14/23

19/26

29/32

29/32

45/40

45/40

備考1.  容量表示,メモ用スペースは,砂目又は焼付けを施す。

2.

共通すり合わせ平底フラスコの呼び方は,名称,呼び容量及び共通すり合わせ記号に
よる。

例  共通すり合わせ平底フラスコ  50ml

14/23

参考  この共通すり合わせ平底フラスコは,ISO 4797 : 1981 に準拠している


21

R 3503-1994

付図 10-1  三角フラスコ

単位 mm

呼び容量

(ml) 50

100

200

300

500

1000  2000  3000

胴外径

  (D) 52

±3 64±3 80±3 90±3 108±3 133±3 172±3 190±5

高さ

  (H) 82

±3 102±3 127±3 148±3 170±3 215±3 270±3 290±3

首外径

  (d) 20

±1 23±1 28±1 30±1 32±2 42±2 43±2 50±2

ゴム栓

(番号)

4 6 8 9

10 13

14

17

最低質量

(g)

18 22 45 80

100 160

320

400

備考1.  口形状は,リップ付きとする。

2.

容量表示,メモ用スペースは,砂目又は焼付けを施す。

3.

三角フラスコの呼び方は,名称及び呼び容量による。

例  三角フラスコ  50ml


22

R 3503-1994

付図 10-2  三角フラスコ R

単位 mm

呼び容量

  (ml)

25

50

100

250

500

1 000

2 000

3 000

5 000

胴外径

  (D) 42

±1 51±1 64±1.5

85

±2 105±2 131±3 166±3 187±3 220±3

首外径

  (d) 22

±1 22±1 22±1 34±1.5

34

±1.5

42

±2 50±2 50±2 50±2

高さ

  (H) 70

±3 85±3 105±3 140±3 175±4 220±4 280±4 310±5 365±5

厚さ

  (S) 0.8

以上

0.8

以上 0.8 以上

0.9

以上

0.9

以上

1.3

以上

1.5

以上 1.8 以上 1.8 以上

備考1.  容量表示,メモ用スペースは,砂目又は焼付けを施す。

2.

三角フラスコ R の呼び方は,名称及び呼び容量による。

例  三角フラスコ  R50ml

参考  この三角フラスコ R は,ISO 1773 : 1976 に準拠している。


23

R 3503-1994

付図 11-1  共通すり合わせ三角フラスコ 

単位 mm

呼び容量

(ml)

50  100 200 300 500 1

000

2

000

3

000

胴外径

  (D) 52

±3 64±3 80±3 90±3 108±3 133±3 172±3 190±5

高さ

  (h) 59

±3 79±3 105±3 121±3 151±3 190±3 260±3 300±3

共通すり合わせ

  記号

19/38

19/38

19/38

19/38

19/38

24/40

24/40

24/40

備考1.  共通すり合わせは,原則として表中のものを使用するが,近似の規格寸法の共通すり合わせの

ものを用いてもよい。

2.

容量表示,メモ用スペース,共通すり合わせ記号

は,砂目又は焼付けを施す。

3.

共通すり合わせ三角フラスコの呼び方は,名称,呼び容量及び共通すり合わせ記号による。

例  共通すり合わせ三角フラスコ  500ml

19/38


24

R 3503-1994

付図 11-2  共通すり合わせ三角フラスコ R

単位 mm

呼び容量

  (ml)

25

50

100

250

500

1 000

2 000

3 000

5 000

胴外径

  (D) 42

±1 51±1 64±1.5

85

±2 105±2

131

±3

166

±3 187±3 220±3

高さ

  (H)

70  85  105 135 170 215 275 310 365

厚さ

  (S) 0.8

以上

0.8

以上 0.8 以上

0.9

以上

0.9

以上

1.3

以上

1.5

以上 1.8 以上 1.8 以上

共通すり合わせ 
  記号

14/23

19/26

14/23

19/26

24/29

29/32

19/26

24/29

29/32

24/29

29/32

34/35

34/35

5/40

備考1.  容量表示,メモ用スペースは,砂目又は焼付けを施す。

2.

共通すり合わせ三角フラスコ R の呼び方は,名称,呼び容量及び共通すり合わせ記号による。

例  共通すり合わせ三角フラスコ  R50ml

14/23

参考  この共通すり合わせ三角フラスコ R は,ISO 4797 : 1981 に準拠している。


25

R 3503-1994

付図 12  なす形フラスコ

単位 mm

呼び容量

(ml)

100 200 300 500 1

000

2

000

胴外径

  (D) 63

±3 76±3 85±3 100±3 133±3 167±3

高さ

  (H) 120

±3 150±3 175±3 200±3 250±3 280±3

首外径

  (d) 25

±1 28±1 34±2 38±2 43±2 43±2

ゴム栓

(番号)

7  8 11 12 14 14

最低質量

(g)

30 45 62

100

186

320

備考1.  口形状は,リップ付きとする。

2.

容量表示,メモ用スペースは,砂目又は焼付けを施す。

3.

なす形フラスコの呼び方は,名称及び呼び容量による。

例  なす形フラスコ  100ml


26

R 3503-1994

付図 13  共通すり合わせなす形フラスコ

単位 mm

呼び容量

(ml)

50  100 200 300 500 1

000

2

000

胴外径

  (D) 50

±3 63±3 76±3 85±3 100±3 133±3 167±3

高さ

  (h) 65

±3 90±3 120±3 140±3 165±3 210±3 240±3

共通すり合わせ 
  記号

24/40

24/40

24/40

24/40

24/40

29/42

29/42

備考1.  共通すり合わせは,原則として表中のものを使用するが,近似の規格寸法の共通す

り合わせのものを用いてもよい。

2.

容量表示,メモ用スペース,共通すり合わせ記号

は,砂目又は焼付けを施す。

3.

共通すり合わせなす形フラスコの呼び方は,名称,呼び容量及び共通すり合わせ記
号による。

例  共通すり合わせなす形フラスコ  300ml

24/40


27

R 3503-1994

付図 14  ケルダールフラスコ

単位 mm

呼び容量

(ml)

50  100 200 300 500 1

000

胴外径

  (D) 50

±3 63±3 76±3 85±3 100±3 133±3

高さ

  (H) 180

±3 225±3 290±3 330±3 370±3 420±3

首外径

  (d) 20

±1 20±1 25±1 28±1 28±1 34±2

ゴム栓

(番号)

4 4 7 8 8 11

最低質量

(g)

40 50 70 90

140

230

備考1.  口形状は,リップ付きとする。

2.

容量表示,メモ用スペースは,砂目又は焼付けを施す。

3.

ケルダールフラスコの呼び方は,名称及び呼び容量による。

例  ケルダールフラスコ  50ml


28

R 3503-1994

付図 15  共通すり合わせケルダールフラスコ

単位 mm

呼び容量

(ml)

50  100 200 300 500 1

000

胴外径

  (D) 50

±3 63±3 76±3 85±3 100±3 133±3

高さ

  (h) 142

±3 187±3 250±3 290±3 330±3 378±3

首外径

  (d) 22

±2 22±2 28±2 28±2 28±2 32±2

共通すり合わせ 
  記号

19/38

19/38

24/40

24/40

24/40

29/42

備考1.  共通すり合わせは,原則として表中のものを使用するが,近似の規格寸法

の共通すり合わせのものを用いてもよい。

2.

首外径は,共通すり合わせ記号によって変えてもよい。

3.

容量表示,メモ用スペース,共通すり合わせ記号

は,砂目又は焼付けを

施す。

4.

共通すり合わせケルダールフラスコの呼び方は,名称,呼び容量及び共通
すり合わせ記号による。

例  共通すり合わせケルダールフラスコ  300ml

24/40


29

R 3503-1994

付図 16  枝付きフラスコ

単位 mm

呼び容量

(ml)

100 200 300 500 1

000

2

000

球外径

  (D)    65

±3

80

±3

93

±3

108

±3

135

±4

170

±4

高さ

  (H)   198

±3 240±3

280

±3

315

±3

380

±3

450

±3

外径   (d)    20±1

25

±1

28

±1

28

±1

35

±1

38

±1

主管

高さ   (h)

133 160 187 207 245 280

外径   (d

1

)     6

±0.3    6±0.3   7±0.3

8

±0.4

9

±0.4

10

±0.4

厚さ   (S)

1.2

±0.1 1.2±0.1

1.2

±0.1

1.2

±0.1

1.2

±0.1 1.2±0.1

高さ   (h

1

)    67

±2 80±2 94±2 104±2

123

±2

140

±21

枝管

長さ   (L

1

)   150

±3 180±3

220

±3 250±3

270

±3

290

±3

ゴム栓

(番号)

4 7 8 8 11

12

最低質量

 (g)

45

80

100

135

225

385

備考1.  口形状は,リップ付きとする。

2.

容量表示,メモ用スペースは,砂目又は焼付けを施す。

3.

枝付きフラスコの呼び方は,名称及び呼び容量による。

例  枝付きフラスコ  100ml


30

R 3503-1994

付図 17  エングラーフラスコ

単位 mm

  呼び容量  (ml)

125

200

球外径

  (D)

68

±2 85.7±2

高さ

  (H) 214

±3 215±3

内径   (d)

17

±1

15

±1

主管

高さ   (h) 146±2

129.3

±2

外径   (d

1

) 7

±0.5

    6

±0.5

厚さ   (S)

1

±0.15

    1

±0.2

高さ   (h

1

)

69

±2 64.3±2

枝管

長さ   (L

1

) 100

±3 100±3

備考1.  口形状は,リップ付きとする。

2.

エングラーフラスコの呼び方は,名称

及び呼び容量による。

例  エングラーフラスコ  125ml

3.  JIS K 2254

及び JIS K 2270 参照。


31

R 3503-1994

付図 18  クライゼンフラスコ

単位 mm

呼び容量

(ml)

100 200 300 500 1

000

2

000

球外径

  (D)

65

±3

80

±3

93

±3 108±3 135±4 170±4

高さ

  (H) 198

±3 240±3 280±3 315±3 380±3 450±3

主管,側管間の中

心距離        (L)

 49

±3

54

±3

58

±3

58

±3

62

±3

65

±3

外径    (d

1

)

20

±1

25

±1

28

±1

28

±1

35

±1

38

±1

主管

高さ    (h) 133±2 160±2 187±2 207±2 245±2 280±2

外径    (d

2

)

20

±1

25

±1

28

±1

28

±1

35

±1

38

±1

側管

高さ    (h

1

)

17

±2

21

±2

23

±2

23

±21

28

±2

32

±2

外径    (d

3

) 6

±0.3 6±0.3

7

±0.3

8

±0.4

9

±0.4 10±0.4

厚さ    (S) 1.2±0.1 1.2±0.1

1.2

±0.1

1.2

±0.1

1.2

±0.1 1.2±0.1

高さ    (h

2

)

67

±2

80

±2

94

±2 104±2 123±2 140±2

枝管

長さ    (L

1

) 150

±3 180±3 220±3 250±3 270±3 290±3

ゴム栓(番号)

4 7 8 8 11

12

最低質量

(g)

70 110 150 190 300 440

備考1.  口形状は,リップ付きとする。

2.

容量表示,メモ用スペースは,砂目又は焼付けを施す。

3.

クライゼンフラスコの呼び方は,名称及び呼び容量による。

例  クライゼンフラスコ  100ml


32

R 3503-1994

付図 19  三口丸底フラスコ

単位 mm

呼び容量    (ml)

50

100

200

300

500

1 000

2 000

3 000

球外径

  (D) 53

±3 65±3 80±3 93±3 108±3

135

±4

170

±4 200±4

高さ

H) 100±5 125±5

150

±5

175

±5

200

±5

235

±5

285

±5 340±5

主管,側管間の中心
距離            (L)

22 28 32 37 43 55 70 80

外径

  (d

1

) 20

±1 28±1 31±1 36±2 40±2 46±2 58±2 60±2

主管

高さ

  (h

1

)

47 60 70 82 92 100

110

140

外径

  (d

2

) 14

±1 14±1 17±1 20±1 20±1 25±1 28±1 32±2

側管

高さ

  (h

2

)

30 36 41 45 53 58 72 85

主管

4  8  10 12 14 16 20 21

ゴム栓

(番号)

側管

1 1 2 4 4 7 8 10

備考1.  口形状は,リップ付きとする。

2.

容量表示,メモ用スペースは,砂目又は焼付けを施す。

3.

側管は,主管と平行でなく角度をつけて取り付けることができる。

4.

三口丸底フラスコの呼び方は,名称及び呼び容量による。

例  三口丸底フラスコ  50ml


33

R 3503-1994

付図 20-1  共通すり合わせ三口丸底フラスコ

単位 mm

呼び容量   (ml)

50

100

200

300

球外径

  (D) 53

±3 65±3 80±3 93±3

高さ

  (h) 83

±5 95±1 110±1 123±5

主管,側管間の中心距

離        (L)

23

±2 28±2 35±2 40±2

外径

  (d

1

) 32

±1 32±1 32±1 32±1

高さ

  (h

1

) 30

±2 30±2 30±2 30±2

主管

共通すり合わせ

記号

29/42

29/42

29/42

29/42

外径

  (d

2

) 22

±1 22±1 22±1 22±1

高さ

  (h

2

) 32

±2 32±2 32±2 32±2

共通すり合わせ
記号

19/38

19/38

19/38

19/38

側管

取付角度

  (A) 30

° 30° 30° 30°

備考1.  共通すり合わせは,原則として表中のものを使用するが,近似の

規格寸法の共通すり合わせのものを用いてもよい。

2.

主管,側管の外径は,共通すり合わせ記号によって変えてもよい。

3.

容量表示,メモ用スペース,共通すり合わせ記号

は,砂目又

は焼付けを施す。

4.

共通すり合わせ三口丸底フラスコの呼び方は,名称,容量及び共

通すり合わせ記号による。

共通すり合わ せ三口丸 底フ ラスコ  300ml  主管

29/42

側管

19/38


34

R 3503-1994

付図 20-2  共通すり合わせ三口丸底フラスコ 

単位 mm

呼び容量    (ml)

500

1 000

2 000

3 000

球外径

  (D) 108

±3 135±4 170±4 200±4

高さ

  (h) 163

±5 190±5 240±5 270±5

主管,側管間の中心距

離                (L)

42

±1 55±1 70±1 85±1

外径

  (d

1

) 38

±1 38±1 48±1 48±1

高さ

  (h

1

) 55

±2 55±2 70±2 70±2

主管

共通すり合わせ

34/45

34/45

45/50

45/50

側管  外径

  (d

2

) 22

±1 22±1 28±1 28±1

高さ

  (h

2

) 42

±21

42

±2 50±2 50±2

共通すり合わせ

記号

19/38

19/38

24/40

24/40

取付角度

  (A) 90

° 90° 90° 90°

備考1.  共通すり合わせは,原則として表中のものを使用するが,近似の

規格寸法の共通すり合わせのものを用いてもよい。

2.

主管,側管の外径は,共通すり合わせ記号によって変えてもよい。

3.

容量表示,メモ用スペース,共通すり合わせ記号

は,砂目又は

焼付けを施す。

4.

共通すり合わせ三口丸底フラスコ R の呼び方は,名称,容量及び
共通すり合わせ記号による。

例  共通すり合わせ三口丸底フラスコ R  2000ml  主管

5/50

側管

24/40


35

R 3503-1994

付図 21-1  共通すり合わせよう素フラスコ 

単位 mm

呼び容量   (ml)

100

300

500

胴外径

  (D) 64

±3 90±3 108±3

高さ

  (H) 130

±3 175±4 211±5

外径

  (d) 50

±2 50±2 55±2

受部

高さ

  (h

1

) 25

±2 25±2 28±2

フラスコ部高さ

  (h

2

) 79

±3 121±3 151±3

共通すり合わせ記号

24/29

24/29

29/32

備考1.  容量は,首下端までの容量の約80%とする。

2.

口形状は,リップ付きとする。

3.

容量表示,メモ用スペース,共通すり合わせ記号

は,砂目

又は焼付けを施す。

4.

栓は,中空又は中実とする。

5.

栓のすり合わせは,水密でなければならない。

6.

共通すり合わせよう素フラスコ A 形の呼び方は,名称及び呼

び容量による。

例  共通すり合わせよう素フラスコ A 形  100ml


36

R 3503-1994

付図 21-2  共通すり合わせよう素フラスコ 

単位 mm

呼び容量   (ml)

100

300

500

胴外径

  (D) 64

±3 90±3 108±3

高さ

  (H) 130

±3 175±4 211±5

外径

  (d) 50

±2 50±2 55±2

受部

高さ

  (h

1

) 25

±2 25±2 28±2

フラスコ部高さ    (h

2

) 79

±3 121±3 151±3

共通すり合わせ記号

24/29

24/29

29/32

備考1.  容量は,首下端までの容量の約80%とする。

2.

口形状は,リップ付きとする。

3.

容量表示,メモ用スペース,共通すり合わせ記号

は,砂

目又は焼付けを施す。

4.

栓は,中空又は中実とする。

5.

栓のすり合わせは,水密でなければならない。

6.

共通すり合わせよう素フラスコ B 形の呼び方は,名称及び
呼び容量による。

例  共通すり合わせよう素フラスコ B 形  100ml


37

R 3503-1994

付図 22  丸底蒸発皿

単位 mm

呼び寸法 60×30

90

×45

150

×75

上部外径

  (D) 60

±2 90±3 150±4

高さ

  (H) 30

±2 45±2 75±2

備考1.  口形状は,こぼし口を付ける。

2.

丸底蒸発皿の呼び方は,名称及び呼び寸法に

よる。

例  丸底蒸発皿  60×30mm

付図 23  平底蒸発皿

単位 mm

呼び寸法 60×30

90

×45

150

×75

上部外径

  (D) 60

±2 90±3 150±4

高さ

  (H) 30

±2 45±2 75±2

備考1.  口形状は,こぼし口を付ける。

2.

平底蒸発皿の呼び方は,名称及び呼び寸法に
よる。

例  平底蒸発皿  60×30mm


38

R 3503-1994

付図 24  結晶皿

単位 mm

呼び寸法 60×30

90

×45

150

×75

外径

  (D) 60

±2 90±3 150±4

高さ

  (H) 30

±2 45±2 75±2

備考1.  口形状は,こぼし口を付ける。

2.

結晶皿の呼び方は,名称及び呼び寸法による。

例  結晶皿  60×30mm

付図 25  ペトリ皿

単位 mm

呼び寸法 90×15

90

×20

100

×20

皿の内径

  (D) 90

±1 90±1 100±1

皿の内高

  (H) 15

±0.5

20

±0.5

20

±0.5

最低質量(ふた共)

 (g)

70

90

110

備考  ペトリ皿の呼び方は,名称及び呼び寸法による。

例  ペトリ皿  90×15mm


39

R 3503-1994

付図 26  試験管

単位 mm

呼び寸法 12×75 12×105 13×100

15

×85

15

×150

16.5

×160

18

×165 25×200 30×200

胴外径

  (D) 12

±0.7 12±0.7 13±0.7

15

±0.7

15

±0.7

16.5

±0.7

18

±0.7 25±1 30±1

高さ

  (H) 75

±2 105±2 100±2 85±2 150±2 160±2 165±2 200±2 200±2

最低質量   (g)

4.5

6

7

6

10

12

14

25

55

備考1.  口形状は,原則としてリップ付きとするが,リップなしも指定することができる。

2.

容量表示,メモ用スペースは,砂目又は焼付けを施す。

3.

試験管の呼び方は,名称及び呼び寸法による。

例  試験管 12×75mm


40

R 3503-1994

付図 27  漏斗

単位 mm

呼び寸法 45 50 55 60 65 70

漏斗の内径

  (D) 45

±2 50±2 55±2 60±2 65±2 70±2

長さ

  (L) 45

±3 50±3 55±3 60±5 65±5 70±5

外径

  (d) 7

±0.3 7±0.3

8

±0.5

8

±0.5

8

±0.5 8±0.5

厚さ

  (S)

1.2

±0.1   1.2±0.1  1.6±0.2

 1.6

±0.2

 1.6

±0.2   1.6±0.2

備考1.  漏斗の内面は滑らかにし,上端周辺は,かどを取らなければならない。

2.

漏斗の呼び方は,名称及び呼び寸法による。

例  漏斗 45mm


41

R 3503-1994

付図 28  長脚漏斗

単位 mm

呼び寸法 45 50 70

漏斗の内径

  (D) 45

±2 50±2 70±2

長さ

  (L) 150

±5 150±5 150±5

外径

  (d) 7

±0.3

7

±0.3

8

±0.5

厚さ

  (S)

1.2

±0.1  1.2±0.1  1.6±0.2

備考1.  漏斗の内面は滑らかにし,上端周辺は,かどを取

らなければならない。

2.

長脚漏斗の呼び方は,名称及び呼び寸法による。

例  長脚漏斗 45mm


42

R 3503-1994

付図 29  厚物漏斗

単位 mm

呼び寸法

90  120 150 180 210 240 300

漏斗の内径

  (D) 90

±31 120±4 150±5 180±6 210±8 240±10 300±10

長さ

  (L)   75

±4 100±5 120±6 145±7 170±9 195±10 240±17

外径

  (d)   12

±15 15±2 18±2 20±2 23±2 25±3 30±3

備考1.  漏斗の内面は滑らかにし,上端周辺は,かどを取らなければならない。

2.

脚は,円筒状又は許容差内で,下方にわずかに円すい状に細める。

3.

厚物漏斗の呼び方は,名称及び呼び寸法による。

例  厚物漏斗 90mm


43

R 3503-1994

付図 30  肉厚分液漏斗

単位 mm

呼び容量    (ml)

1 000

3 000

5 000

10 000

20 000

最大部の外径    (D) 130±13

200

±20

230

±23

300

±30

360

±36

厚さ

  (S) 3

±1 3.5±1 4±1 5±1 5±1

長さ

  (L) 70

±7 100±10

120

±12

150

±15

180

±18

外径

  (d

1

) 20

±2 24±3 35±4 45±5 50±5

栓のすり合わせ部の 
大径                  (d)

30

±3 35±4 40±4 55±6 60±6

コック栓の穴径(約)

6 7.5

8

10

12

備考1.  容量は,胴部容量の80%とする。

2.

栓及びコックのテーパーは,

10

1

とする。

3.

栓及びコックのすり合わせば,水密でなければならない。

4.

栓の握り形状及び寸法は,規定しない。

5.

口には,通気用の小穴をあける。

6.

肉厚分液漏斗の呼び方は,名称及び呼び容量による。

例  肉厚分液漏斗 1000ml


44

R 3503-1994

付図 31-1  分液漏斗

単位 mm

呼び容量   (ml)

50

100

200

300

500

1 000

2 000

最大部の外径

  (D) 54

±2 66±2 80±2 90±2 106±2 132±3 165±4

長さ

  (L

1

) 75

±5 90±5 105±5 125±5 145±5 180±5 216±5

長さ

  (L

2

) 100

±5 100±5 130±5 130±5 150±5 160±5 160±5

外径

  (d) 9

±0.5 9±0.5

10

±0.5

10

±0.5

12

±0.5

15

±0.6 16±0.6

厚さ

  (S)   1.6

±0.2  1.6±0.2  1.6±0.2  1.6±0.2  1.6±0.2

2

±0.2 2±0.2

栓の共通すり合わせ

19/26

19/26

24/29

24/29

24/29

29/32

29/32

一方コック

(K)

K-16 K-16 K-17 K-17 K-19 K-22 K-27

備考1.  容量は,胴部容量の80%とする。

2.

一方コックの大きさは,

付図 70 の呼び記号とする。

3.

栓及びコックのすり合わせは,水密でなければならない。

4.

栓の握りの形状及び寸法は,規定しない。

5.

口には,穴径約 3mm の通気孔をあける。

6.

栓は,中空とし通気用の溝を設ける。

また,溝方向を指示する適切な表示をしなければならない。

7.

栓の共通すり合わせは,原則として表中のものを使用するが,近似の規格寸法の共通すり合

わせを用いてもよい。

8.

共通すり合わせ及びコックには,砂目又は焼付けの記号を施す。

9.

分液漏斗の呼び方は,名称及び呼び容量による。

例  分液漏斗 100ml


45

R 3503-1994

付図 31-2  分液漏斗 R

単位 mm

呼び容量   (ml)

50

100

250

500

1 000

2 000

最大部の外径    (D)

51

64

85

105

131

166

長さ

  (L

1

)

80  100 130 160 200 250

厚さ

  (S)   0.8

以上 0.8 以上 0.9 以上 0.9 以上 1.3 以上 1.5 以上

長さ

  (L

2

)

60 60 60 60 60 60

外径

  (d)

9

以上

9

以上

10

以上

10

以上

13

以上 13 以上

備考1.  容量表示は,砂目又は焼付けを施す。

2.

分液漏斗 R の呼び方は,名称及び呼び容量による。

例  分液漏斗 R  100ml

参考  この分液漏斗 R は,ISO 4800 : 1977 に準拠している。


46

R 3503-1994

付図 32-1  スキーブ形分液漏斗

単位 mm

呼び容量   (ml)

50

100

200

300

500

1 000

最大部の外径    (D) 50±3 60±3 72±3 83±3 98±3 125±3

長さ

  (L

1

) 97

±5 125±5 165±5 180±5 200±5 250±5

長さ

  (L

2

) 50

±5 50±5 50±5 70±5 70±5 80±5

外径

  (d)

9

±0.5

9

±0.5

9

±0.5

10

±0.5

12

±0.5 15±0.6

厚さ

  (S)    1.6

±0.2  1.6±0.2  1.6±0.2  1.6±0.2  1.6±0.2 2±0.2

栓の共通すり合わせ

19/26

19/26

24/29

24/29

29/32

29/32

一方コック

(K)

K-16 K-16 K-16 K-16 K-19 K-22

備考1.  容量は,胴部容量の80%とする。

2.

一方コックの大きさは,

付図 70 の呼び記号とする。

3.

栓及びコックのすり合わせは,水密でなければならない。

4.

栓の握りの形状及び寸法は,規定しない。

5.

口には,穴径約 3mm の通気孔をあける。

6.

栓は,中空とし通気用の溝を設ける。

また,溝方向を指示する適切な表示をしなければならない。

7.

栓の共通すり合わせは,原則として表中のものを使用するが,近似の規格寸法の共
通すり合わせを用いてもよい。

8.

共通すり合わせ及びコックには,砂目又は焼付けの記号を施す。

9.

スキーブ形分液漏斗の呼び方は,名称及び呼び容量による。

例  スキーブ形分液漏斗 100ml


47

R 3503-1994

付図 32-2  スキーブ形分液漏斗 R

単位 mm

呼び容量   (ml)

100

250

500

1 000

最大部の外径    (D) 55

75

95

110

長さ    (L

1

)

135 185 210 300

厚さ    (S) 1 以上 1.2 以上 1.5 以上 1.5 以上

長さ    (L

2

)

70

±10  70±10  70±10  70±10

外径    (d)   10.5±0.5

 12.5

±0.5

 12.5

±0.5

 12.5

±0.5

備考1.  容量表示は,砂目又は焼付けを施す。

2.

スキーブ形分液漏斗 R の呼び方は,名称及び呼び容量による。

スキーブ形分液漏斗 R  50ml

参考  このスキーブ形分液漏斗 R は,ISO 4800 : 1977 に準拠している。


48

R 3503-1994

付図 33  ギルソン形分液漏斗

単位 mm

呼び容量   (ml)

50

100

250

500

1 000

2 000

最大部の外径

  (D)

51  64  85 105 131 166

長さ

  (L

1

)

80 100 130 160 200 250

厚さ

  (S) 0.8

以上 0.8 以上

0.9

以上

0.9

以上

1.3

以上 1.5 以上

長さ

  (L

2

)

60 60 60 60 60 60

外径

  (d

1

)

9

以上

9

以上

 10

以上

 10

以上

 13

以上   13 以上

胴とコック間の管の
長さ

  (L

3

)

100 100 125 150 200 200

胴とコック間の管の

外径

  (d

2

)

16 16 20 22 30 38

備考1.  容量表示は,砂目又は焼付けを施す。

2.

ギルソン形分液漏斗の呼び方は,名称及び呼び容量による。

例  ギルソン形分液漏斗 50ml

参考  このギルソン形分液漏斗は,ISO 4800 : 1977 に準拠している。


49

R 3503-1994

付図 34  広口共栓瓶

単位 mm

呼び容量   (ml)

30

60

120

250

500

1 000

2 000

高さ

  (H) 65

±5 80±8 100±10

125

±10

160

±15

200

±15 255±15

底の外径

  (D) 37

±2 45±2 57±3 66±3 82±4 100±5 125±5

口の上部内径

  (d) 24

±2 24±2 34±2 45±3 50±3 60±3 80±5

首の長さ

  (h) 17

±2 17±2 20±2 26±3 30±3 36±3 45±5

栓のかさの径

(D

1

)

36

±3 36±3 53±2 64±3 75±3 90±3 120±5

質量  栓共

(g) 70

90

100

320

450

700

1

500

呼び容量    (ml)

3 000

5 000

10 000

15 000

20 000

高さ

  (H) 290

±15 340±15

440

±20

500

±20

550

±25

底の外径

  (D) 140

±5 165±5 210±5 240±5 270±10

口の上部内径

  (d) 85

±5 100±5 115±5 140±5 150±5

首の長さ

  (h) 50

±5 55±5 70±5 85±5 100±10

栓のかさの径

(D

1

)

120

±5 140±5 165±5 200±5 210±10

質量  栓共

  (g)

1 900

2 500

4 500

7 500

9 500

備考1.  容量は,肩部までの容量とする。

2.

底は,わずかに内部にわん曲させる。

3.

栓のテーパーは,

10

1

を標準とする。

4.

栓は,瓶の口とすり合わせによって水密とし,すり合わせの部分は瓶の首の長さ に相当させる。

5.

広口共栓瓶の呼び方は,名称及び呼び容量による。

例  広口共栓瓶 30ml


50

R 3503-1994

付図 35  細口共栓瓶

単位 mm

呼び容量   (ml)

30

60

120

250

500

1 000

2 000

高さ

  (H) 70

±3 86±3 100±10

130

±10

164

±15

200

±15 255±15

底の外径

  (D) 37

±2 45±2 53±3 66±3 82±3 100±3 125±5

口の上部内径

  (d)   14.5

±1.5  14.5±1.5

 18.8

±1.5

 18.8

±1.5

 24.0

±2.0

 29.2

±3.0  34.5±3.0

首の長さ

  (h) 18

±2 18±2 20±2 23±2 30±3 35±3 50±5

栓のかさの径

(D

1

)

32

±1.5 32±1.5

40

±2 40±2 50±3 55±3 70±5

質量  栓共

(g)

80 100 130 240 350 540 1

100

呼び容量    (ml)

3 000

5 000

10 000

15 000

20 000

高さ

  (H) 290

±15 340±15

440

±20

500

±20

550

±25

底の外径

  (D) 140

±5 165±5 210±5 240±5 270±10

口の上部内径

  (d)   34.5

±3.0 40±3 45±3 55±3 55±3

首の長さ

  (h) 50

±5 55±5 65±5 80±5 85±10

栓のかさの径

(D

1

)

70

±5 75±5 85±5 110±5 120±10

質量  栓共

  (g)

1 400

2 000

3 300

5 700

7 500

備考1.  容量は,肩部までの容量とする。

2.

底は,わずかに内部にわん曲させる。

3.

栓のテーパーは,

10

1

を標準とする。

4.

栓は,瓶の口とすり合わせによって水密とし,すり合わせの部分は瓶の首の長さ に相当させる。

5.

細口共栓瓶の呼び方は,名称及び呼び容量による。

例  細口共栓瓶 30ml


51

R 3503-1994

付図 36  下口共栓瓶

単位 mm

呼び容量    (ml)

1 000

2 000

3 000

5 000

10 000

高さ

  (H) 200

±15

255

±15

290

±15

340

±15

440

±20

底の外径

  (D) 100

±3 125±5 140±5 165±5 210±5

上口部内径

  (d)   29.2

±3.0

 34.5

±3.0

 34.5

±3.0

40

±3 50±3

下口部内径

  (d

1

)   19.7

±2.0

 19.7

±2.0

 24.0

±2.0

 24.0

±2.0

 29.2

±3.0

首の高さ

  (h) 35

±3 50±5 50±5 55±5 65±5

栓のかさの径

(D

1

)

55

±3 70±5 70±5 75±5 85±5

質量  栓共

  (g)

540

1 100

1 400

2 000

3 300

備考1.  容量は,肩部までの容量とする。

2.

底は,わずかに内部にわん曲させる。

3.

栓のテーパーは

10

1

とし,中空で下部を開放し,瓶首及び栓に相通じる小穴を

付ける。

4.

コック付き下口は,注文の際特に指定することができる。

5.

下口共栓瓶の呼び方は,名称及び呼び容量による。

例  下口共栓瓶 1 000ml


52

R 3503-1994

付図 37  吸引ろ過瓶

単位 mm

呼び容量    (ml)

100

200

300

500

1 000

2 000

3 000

高さ

  (H) 100

±10 115±10

135

±10

160

±15

195

±15

240

±15 280±20

最大部の外径

  (D) 72

±5 84±5 100±5 110±5 140±10

170

±10 200±15

口部内径

  (d) 25

±2 25±2 25±3 30±3 35±4 40±5 45±5

首の高さ

  (h) 25

±2 25±2 30±3 34±3 36±4 40±5 45±5

厚さ

  (S) 3

以上

3

以上

3

以上

3

以上

3

以上

3

以上

4

以上

質量

(g)

160 215 285 430 650 1

500

2

300

    呼び容量  (ml)

5 000

10 000

高さ

  (H) 340

±20 420±20

最大部の外径

  (D) 240

±15 300±15

口部内径

  (d) 50

±5 60±5

首の高さ

  (h) 50

±5 60±5

厚さ

  (S) 4

以上

5

以上

質量

  (g)

3 200

5 100

備考1.  容量は,全長 の約

5

3

までの位置とする。

2.

吸引ろ過瓶は,減圧に耐える適当な肉厚とする。

3.

底は,わずかに内部にわん曲させる。

4.

底面の径は,最大部の外径 の約

5

4

とする。

5.

上端の周辺の形状及び寸法は,規定しない。

6.

吸引ろ過瓶の呼び方は,名称及び呼び容量による。

吸引ろ過瓶 100ml


53

R 3503-1994

付図 38  瓶

単位 mm

呼び容量    (ml)

50

100

250

500

1 000

2 000

5 000

10 000

胴外径

(D

1

)

43 54 71 90 110

135

185

230

厚さ

  (S)    1

以上 1.2 以上 1.3   以上 1.3   以上 1.7   以上  2 以上 2.3 以上  2.7

以上

首の最小部内径

(D

2

)

8.5

以上 10.5

以上  13  以上  17 以上  22 以上 22.5 以上 35

以上  55 以上

備考1.  呼び容量は,肩部までの容量とする。

2.

口は,すり合わせ又はこの規格の

付図 90(ガラスねじ)に規定するガラスねじとする。

3.

瓶の呼び方は,名称及び呼び容量とする。

例  瓶 50ml

参考  この瓶は,ISO 4796 : 1977 に準拠している。


54

R 3503-1994

付図 39  デシケーター

単位 mm

呼び寸法  120 150 180 210 240 300

胴部内径

  (D)

120 150 180 210 240 300

  (H) 210

±10 250±10

280

±10

340

±15

380

±20 470±30

  (h) 130

±10 160±10

190

±10

230

±15

260

±15 330±20

高さ

  (h

1

) 50

±3 60±4 70±5 80±5 90±5 100±7

ふたの外径

(D

1

)

180

±5 225±5 255±5 300±5 330±5 410±10

底の径

(D

2

)

110

±5 140±5 170±10

210

±10

230

±10 290±10

厚さ

  (S) 5

±1 5±1 6±1 6±1 6±1 7±1

質量  栓共

 (g)

 1

500

 2

500

 4

000

 5

000

 6

500

 11

000

備考1.  ふたのすり合わせは,グリースを塗布したとき,気密でなければならない。

2.

底は,わずかに内部にわん曲させる。

3.

デシケーターの呼び方は,名称及び呼び寸法による。

例  デシケーター 120mm


55

R 3503-1994

付図 40  上口デシケーター

単位 mm

呼び寸法  120 150 180 210 240 300

胴部内径

  (D)

120 150 180 210 240 300

  (H) 210

±10 250±10

280

±10

350

±15

380

±20 470±30

  (h) 130

±10 160±10

190

±10

230

±15

260

±15 330±20

高さ

  (h

1

) 50

±3 60±4 70±5 80±5 90±5 100±7

ふたの外径

(D

1

)

180

±5 225±5 255±5 310±5 350±5 420±10

底の径

(D

2

)

110

±5 140±5 170±10

210

±10

230

±10 290±10

厚さ

  (S) 6

±1 7±1 8±1 9±1 9±1 10±11

上口内径

(D

3

)

 24.0

±3.0  29.2±3.0

 29.2

±3.0

 34.5

±3.0

 34.5

±3.0  45.0±5.0

質量  栓共

  (g)

2 000

3 500

6 000

8 000

10 000

17 000

備考1.  ふたのすり合わせは,グリースを塗布したとき,気密でなければならない。

2.

減圧に耐える適当な肉厚とする。

3.

上口に栓又はコックを付けてすり合わせる必要があるときは,特に指定するものとす

る。

4.

底は,わずかに内部にわん曲させる

5.

上口デシケーターの呼び方は,名称及び呼び寸法による。

例  上口デシケーター 120mm


56

R 3503-1994

付図 41-1  リービッヒ冷却器

単位 mm

呼び寸法

200 300 400 500

長さ

  (L

1

) 200

±5 300±5 400±5 500±5

外径

  (D) 25

±1 30±1 35±1 40±1

外筒

厚さ

  (S)

1.5

±0.2  1.8±0.2  2.0±0.2  2.0±0.2

外径

  (d) 12

±0.4

12

±0.4

15

±0.4

15

±0.4

内管

厚さ

  (S

1

)

1.2

±0.2  1.2±0.2  1.2±0.2  1.2±0.2

長さ

  (L

2

) 80

±5 90±5 100±5 110±5

外径

(D

1

)

18

±0.6

20

±0.6

22

±0.6

25

±0.6

アダプター

厚さ

  (S

2

)

1.6

±0.2  1.6±0.2  1.6±0.2  2.0±0.2

長さ

  (L

3

) 100

±5 110±5 120±5 130±5

外径

(D

2

)

10

±0.5

12

±0.5

15

±0.6

15

±0.6

厚さ

  (S

3

)

1.6

±0.2  1.6±0.2  1.6±0.2  1.6±0.2

長さ

  (l) 30

±2 30±2 30±2 35±2

外径

  (d

1

) 8

±0.5

8

±0.5

8

±0.5

10

±0.5

内径

  (d

2

) 5

±0.5

5

±0.5

5

±0.5

7

±0.5

側管

長さ

  (l

1

) 12

±2 15±2 20±2 20±2

全長

  (L) 380

±10

500

±10

620

±10

740

±10

備考1.  外筒に付けた側管は,原則として互いに平行で,反対側になければなら

ない。

2.

側管は,同一側に付けるか,又は屈曲させることができる。

3.

リービッヒ冷却器の呼び方は,名称及び呼び寸法による。

例  リービッヒ冷却器 300mm


57

R 3503-1994

付図 41-2  リービッヒ冷却器 R

呼び寸法 100 160 250 400 630 1

000

長さ    (L

1

)

100 160 250 400 630 1

000

外筒

外径    (D) 15 以上 20 以上 24 以上 24 以上 24 以上 24 以上

内管外径    (d) 9 以上 12 以上 16 以上 16 以上 16 以上 16 以上

備考1.  アダプターの端部及び脚は,すり合わせなし,JIS R 3647に規定する共通テーパすり

合わせ,又は JIS R 3651に規定する共通球面すり合わせとする。

2.

アダプターの端部及び脚が共通テーパすり合わせ以外の場合の寸法は,次による。

アダプター

長さ

75

mm

外径

22

mm

長さ 115

mm

外径

13

mm

3.

リービッヒ冷却器 R の呼び方は,名称及び呼び寸法による。

例  リービッヒ冷却器 R 100mm

参考  このリービッヒ冷却器 R は,ISO 4799 : 1978 に準拠している。


58

R 3503-1994

付図 42  共通すり合わせリービッヒ冷却器

呼び寸法

200 300 400 500

長さ

  (L

1

) 200

±5 300±5 400±5 500±5

外径

  (D) 25

±1 30±1 35±11 40±1

外筒

厚さ

  (S)   1.5

±0.2

18

±0.2  2.0±0.2  2.0±0.2

外径

  (d) 12

±0.4

12

±0.4

15

±0.4

15

±0.4

内管

厚さ

  (S

1

)

1.2

±0.2  1.2±0.2  1.2±0.2  1.2±0.2

アダプター

長さ

  (L

2

) 40

±3 40±3 40±3 40±3

長さ

  (L

3

) 40

±3 40±3 40±3 40±3

外径

(D

2

)

16

±0.6

16

±0.6

16

±0.6

16

±0.6

厚さ

  (S

3

)

1.6

±0.2  1.6±0.2  1.6±0.2  1.6±0.2

長さ

  (l) 30

±2 30±2 30±2 35±2

外径

  (d

1

) 8

±0.5

8

±0.5

8

±0.5

10

±0.5

内径

  (d

2

) 5

±0.5

5

±0.5

5

±0.5

7

±0.5

側管

長さ

  (l

1

) 12

±2 15±2 20±2 20±2

共通すり合わせ記号

19/38

19/38

19/38

19/38


59

R 3503-1994

備考1.  外筒に付けた側管は,原則として互いに平行で,反対側になければならない。

2.

側管は,同一側に付けるか,又は屈曲させることができる。

3.

共通すり合わせは,原則として表中のものを使用するが,近似の規格寸法の共
通すり合わせのものを用いてもよい。

4.

共通すり合わせ記号

は,砂目又は焼付けを施す。

5.

共通すり合わせリービッヒ冷却器の呼び方は,名称,呼び寸法及び共通すり合
わせ記号による。

例  共通すり合わせリービッヒ冷却器 400mm

19/38

付図 43-1  球管冷却器

単位 mm

呼び寸法

200 300 400 500

長さ

  (L

1

) 200

±5 300±5 400±5 500±5

外径

  (D) 30

±11 35±1 40±1 45±1

外筒

厚さ

  (S)

1.8

±0.2   2.0±0.2   2.0±0.2   2.0±0.2

球径

  (d) 20

±2 25±2 30±2 35±2

球管

球数

4 5 6 7

長さ

  (L

2

) 80

±5 90±5 100±5 110±5

外径

(D

1

)

18

±0.6 20±0.6 22±0.6 25±0.6

アダプター

厚さ

  (S

2

)

1.6

±0.2   1.6±0.2   1.6±0.2   2.0±0.2

長さ

  (L

3

) 100

±5 110±5 120±5 130±5

外径

(D

2

)

10

±0.5 12±0.5 15±0.6 15±0.6

厚さ

  (S

3

)

1.6

±0.2   1.6±0.2   1.6±0.2   1.6±0.2

長さ

  (l) 30

±2 30±2 30±2 35±2

外径

  (d

1

) 8

±0.5 8±0.5 8±0.5 10±0.5

側管

内径

  (d

2

) 5

±0.5 5±0.5 5±0.5 7±0.5


60

R 3503-1994

長さ

  (l

1

) 12

±2 15±2 20±2 20±21

全長

(L) 380

±10 500±10 620±10 740±10

備考1.  外筒に付けた側管は,原則として互いに平行で,反対側になければならない。

2.

側管は,同側に付けるか,又は屈曲させることができる。

3.

球管冷却器の呼び方は,名称及び呼び寸法による。

例  球管冷却器 300mm


61

R 3503-1994

付図 43-2  球管冷却器 R

単位 mm

呼び寸法

160 250 400 630

長さ

  (L

1

)

160 250 400 630

外筒

外径

  (D) 29

以上 32 以上 32 以上 32 以上

長さ

  (l) 25

以上 40 以上 40 以上 40 以上

球管

外径

  (d) 21

以上 25 以上 25 以上 25 以上

備考1.  アダプターの端部及び脚は,すり合わせなし,JIS R 3647に規定

する共通テーパすり合わせ,又は JIS R 3651に規定する共通球面
すり合わせとする。

2.

アダプターの端部及び脚が共通テーパすり合わせ以外の場合の
寸法は,次による。

アダプター  長さ

75

mm

外径

22

mm

長さ 115

mm

外径

13

mm

3.

球管冷却器 R の呼び方は,名称及び呼び寸法による。

例  球管冷却器 R 160mm

参考  この球管冷却器 R は,ISO 4799 : 1978 に準拠している。


62

R 3503-1994

付図 44  共通すり合わせ球管冷却器

呼び寸法

200 300 400 500

長さ

  (L

1

) 200

±5 300±5 400±5 500±5

外径

  (D) 30

±1 35±11 40±1 45±1

外筒

厚さ

  (S)

1.8

±0.2   2.0±0.2   2.0±0.2   2.0±0.2

球径

  (d) 20

±2 25±2 30±2 35±2

球管

球数

4 5 6 7

アダプター

長さ

  (L

2

) 40

±3 40±3 40±3 40±3

長さ

  (L

3

) 40

±3 40±3 40±3 40±3

外径

(D

2

)

16

±0.6 16±0.6 16±0.6 16±0.6

厚さ

  (S

3

)

1.6

±0.2   1.6±0.2   1.6±0.2   1.6±0.2

長さ

  (l) 30

±2 30±2 30±2 35±2

外径

  (d

1

) 8

±0.5 8±0.5 8±0.5 10±0.5

内径

  (d

2

) 5

±0.5 5±0.5 5±0.5 7±0.5

側管

長さ

  (l

1

) 12

±2 15±2 20±2 20±2

共通すり合わせ記号

19/38

19/38

19/38

19/38


63

R 3503-1994

備考1.  外筒に付けた側管は,原則として互いに平行で,反対側になければならない。

2.

側管は,同側に付けるか,又は屈曲させることができる。

3.

共通すり合わせは,原則として表中のものを使用するが,近似の規格寸法の共通
すり合わせのものを用いてもよい。

4.

共通すり合わせ記号

は,砂目又は焼付けを施す。

5.

共通すり合わせ球管冷却器の呼び方は,名称,呼び寸法及び共通すり合わせ記号
による。

例  共通すり合わせ球管冷却器 400mm

19/38

付図 45-1  蛇管冷却器 

単位 mm

呼び寸法

200 300 400 500

長さ

  (L

1

) 200

±5 300±5 400±5 500±5

外径

  (D) 30

±1 35±1 40±1 45±1

外筒

厚さ

  (S)

1.8

±0.2  2.0±0.2  2.0±0.2  2.0±0.2

巻き径

  (d

3

) 20

±2 25±2 30±2 35±2

巻き管

  (d

4

)

7

±0.5

7

±0.5

8

±0.5

8

±0.5

蛇管

巻数

(約)

8 13 17 20

長さ

  (L

2

) 80

±5 90±5 100±5 110±5

外径

(D

1

)

18

±0.6

20

±0.6

22

±0.6

25

±0.6

アダプター

厚さ

  (S

2

)

1.6

±0.2  1.6±0.2  1.6±0.2  2.0±0.2

長さ

  (L

3

) 100

±5 110±5 120±5 130±5

外径

(D

2

)

10

±0.5

12

±0.5

15

±0.6

15

±0.6

厚さ

  (S

3

)

1.6

±0.2  1.6±0.2  1.6±0.2  1.6±0.2

長さ

  (l) 30

±2 30±2 30±2 35±2

側管

外径

  (d

1

) 8

±0.5

8

±0.5

8

±0.5

10

±0.5


64

R 3503-1994

内径

  (d

2

) 5

±0.5

5

±0.5

5

±0.5

7

±0.5

長さ

  (l

1

) 12

±2 15±2 20±2 20±2

全長

  (L) 380

±10

500

±10

620

±10

740

±10

備考1.  外筒に付けた側管は,原則として互いに平行で,反対側になければなら

ない。

2.

側管は,同一側に付けるか,又は屈曲させることができる。

3.

蛇管冷却器の呼び方は,名称及び呼び寸法による。

例  蛇管冷却器 300mm


65

R 3503-1994

付図 45-2  蛇管冷却器 

呼び寸法 160 250 400 630

外筒長さ    (L

1

)

160 250 400 630

蛇管最小巻数 10 16 25 40

備考1.  アダプターの端部は,JIS R 3647に規定する共通テーパす

り合わせにしてもよい。

2.

蛇管冷却器 R の呼び方は,名称及び呼び寸法による。

例  蛇管冷却器 R 160mm

参考  この蛇管冷却器 R は,ISO 4799 : 1978 に準拠している。


66

R 3503-1994

付図 46  共通すり合わせ蛇管冷却器

呼び寸法

200 300 400 500

長さ

  (L

1

) 200

±5 300±5 400±5 500±5

外径

  (D) 30

±1 35±1 40±1 45±1

外筒

厚さ

  (S)

1.8

±0.2   2.0±0.2   2.0±0.2   2.0±0.2

巻き径

  (d

3

) 20

±2 25±2 30±2 35±2

巻き管

  (d

4

) 7

±0.5 7±0.5 8±0.5 8±0.5

蛇管

巻き数  (約)

8  13 17 20

アダプター

長さ

  (L

2

) 40

±3 40±3 40±3 40±3

長さ

  (L

3

) 40

±3 40±3 40±3 40±3

外径

(D

2

)

16

±0.6 16±0.6 16±0.6 16±0.6

厚さ

  (S

3

)

1.6

±0.2   1.6±0.2   1.6±0.2   1.6±0.2

長さ

  (l) 30

±2 30±2 30±2 35±2

外径

  (d

1

) 8

±0.5 8±0.5 8±0.5 10±0.5

内径

  (d

2

) 5

±0.5 5±0.5 5±0.5 7±0.5

側管

長さ

  (l

1

) 12

±2 15±2 20±2 20±2

共通すり合わせ記号

19/38

19/38

19/38

19/38

備考1.  外筒に付けた側管は,原則として互いに平行で,反対側になければならない。

2.

側管は,同側に付けるか,又は屈曲させることができる。

3.

共通すり合わせは,原則として表中のものを使用するが,近似の規格寸法の共通
すり合わせのものを用いてもよい。

4.

共通すり合わせ記号

は,砂目又は焼付けを施す。

5.

共通すり合わせ蛇管冷却器の呼び方は,名称,呼び寸法及び共通すり合わせ記号
による。

例  共通すり合わせ蛇管冷却器 400mm

19/38


67

R 3503-1994

付図 47  ジムロート冷却器

単位 mm

呼び寸法

200 300 400 500

長さ

  (L

1

) 200

±5 300±5 400±5 500±5

外径

  (D) 30

±1 35±1 45±1 50±1

外筒

厚さ

  (S)

1.8

±0.2  2.0±0.2  2.0±0.2  2.0±0.2

巻き径

  (d

3

) 24

±2 28±2 35±2 40±2

巻き管

  (d

4

) 7

±0.5

7

±0.5

8

±0.5

8

±0.5

蛇管

巻き数  (約)

18 25 30 38

長さ

(L2) 60

±5 70±5 100±5 110±5

外径

(D

1

)

18

±0.6

20

±0.6

22

±0.6

25

±0.6

アダプター

厚さ

  (S

2

)

1.6

±0.2  1.6±0.2  1.6±0.2  2.0±0.2

長さ

  (L

3

) 100

±5 110±5 120±5 130±5

外径

(D

2

)

10

±0.5

12

±0.5

15

±0.6

15

±0.6

厚さ

  (S

3

)

1.6

±0.2  1.6±0.2  1.6±0.2  1.6±0.2

長さ

  (l) 30

±2 30±2 30±2 35±2

外径

  (d

1

) 8

±0.5

8

±0.5

8

±0.5

10

±0.5

内径

  (d

2

) 5

±0.5

5

±0.5

5

±0.5

7

±0.5

側管

角度

  (K) 30

° 30° 30° 30°

全長

(L) 360

±10

480

±10

620

±10

740

±10

備考1.  外筒に付けた側管は,同じ側になければならない。

2.

ジムロート冷却器の呼び方は,名称及び呼び寸法による。

例  ジムロート冷却器 300mm


68

R 3503-1994


69

R 3503-1994

付図 48  共通すり合わせジムロート冷却器

呼び寸法

200 300 400 500

長さ

  (L

1

) 200

±5 300±5 400±5 500±5

外径

  (D) 30

±1 35±1 45±1 50±1

外筒

厚さ

  (S)

1.8

±0.2  2.0±0.2  2.0±0.2  2.0±0.2

巻き径

  (d

3

) 24

±2 28±2 35±2 40±2

巻き管    (d4) 7±0.5

7

±0.5

8

±0.5

8

±0.5

蛇管

巻き数  (約)

18 25 30 38

アダプター

長さ

  (L

2

) 40

±3 40±3 40±3 40±3

長さ

  (L

3

) 40

±3 40±3 40±3 40±3

外径

(D

2

)

16

±0.6

16

±0.6

16

±0.6

16

±0.6

厚さ

  (S

3

)

1.6

±0.2  1.6±0.2  1.6±0.2  1.6±0.2

長さ

  (l) 30

±2 30±2 30±2 35±2

外径

  (d

1

) 8

±0.5

8

±0.5

8

±0.5

10

±0.5

内径

  (d

2

) 5

±0.5

5

±0.5

5

±0.5

7

±0.5

側管

角度

  (K) 30

° 30° 30° 30°

共通すり合わせ記号

19/38

19/38

19/38

19/38


70

R 3503-1994

備考1.  外筒に付けた側管は,同じ側になければならない。

2.

共通すり合わせは,原則として表中のものを使用するが,近似の規格寸

法の共通すり合わせのものを用いてもよい。

3.

共通すり合わせ記号

は,砂目又は焼付けを施す。

4.

共通すり合わせジムロート冷却器の呼び方は,名称,呼び寸法及び共通

すり合わせ記号による。

例  共通すり合わせジムロート冷却器 400mm

19/38

付図 49  グラハム冷却器

呼び寸法 160 250 400

外筒長さ

  (L

1

) 160

250

400

蛇管最小巻数 10

16

25


71

R 3503-1994

備考1.  アダプターの端部及び脚は,すり合わせなし,JIS R 3647

規定する共通テーパすり合わせ,又は JIS R 3651に規定する

共通球面すり合わせとする。

2.

グラハム冷却器の呼び方は,名称及び呼び寸法による。

例  グラハム冷却器 160mm

参考  このグラハム冷却器は,ISO 4799 : 1978 に準拠している。


72

R 3503-1994

付図 50  ジャケットコイル冷却器

呼び寸法  160 250 400

外筒長さ

(L

1

)

160 250 400

蛇管最小巻数

8 14 23

備考1.  アダプターの端部及び脚は,JIS R 3647に規定する共通テ

ーパすり合わせとする。

2.

ジャケットコイル冷却器の呼び方は,名称及び呼び寸法
による。

例  ジャケットコイル冷却器 160mm

参考  このジャケットコイル冷却器は,ISO 4799 : 1978 に準拠し

ている。


73

R 3503-1994

付図 51  キップガス発生器

単位 mm

呼び容量   (ml)

250

500

750

1 000

上部球の容量  (ml)

250

500

750

1

000

上部球の外径    (D)

95

±5 115±5 125±5 135±5

中部球の外径    (D

1

)

95

±5 110±5 120±5 130±5

底部の外径

  (D

2

) 125

±5 150±5 160±5 170±5

全長

  (H)

375 410 460 500

下部球の高さ    (h)

190

±20 210±21 240±24 270±27

厚さ

  (S)

5

±0.5 5±0.5 5±0.5 5±0.5

上口内径

  (d)   24.0

±3.0 24.0±3.0 29.2±3.0 29.2±3.0

横口内径

  (d

1

) 241.0

±2.0 24.0±3.0 29.2±3.0 29.2±3.0

備考1.  下部球の容量が上部球の容量より大きくならないようにする。

2.

キップガス発生器組は,上部球 にゴム栓付き安全ロートを備え,下部
球 d

1

にはゴム栓及びコック付きガス導入管を備えているものでなけれ

ばならない。

3.

底は,わずかに内部にわん曲させる。

4.

下部に掃除口を取り付ける場合は,指定することができる。

5.

中管の先端と底との距離は,約 15mm とする。

6.

キップガス発生器の呼び方は,名称及び球の呼び容量による。

例  キップガス発生器 250ml


74

R 3503-1994

付図 52  共通すり合わせガス洗浄用瓶

単位 mm

呼び容量  (ml)

250

500

共通すり合わせ記号

34/28

45/40

高さ

  (H) 205

±3 240±3

深さ

(H

1

)

190

±3 220±3

胴径

  D) 55

±2 70±3

台径

(D

1

)

78

±2 100±3

備考1.  容量表示,メモ用スペース,共通すり合わせ記号

は,砂目又は焼付けを施す。

2.

共通すり合わせの長さは,近似の寸法でもよい。

3.

共通すり合わせガス洗浄用瓶の呼び方は,名称及
び呼び容量による。

例  共通すり合わせガス洗浄用瓶 250ml


75

R 3503-1994

付図 53  共通すり合わせガス洗浄瓶

トラップ球

呼び

容量

全長

高さ  深さ  胴径  台径

ガス導入

管長さ

すり合わ
せ上部よ

りの高さ

枝の長さ

枝間 管径

ノズル

 (ml)   (H)

共通す

り合わ
せ記号

  (H

1

)  (H

2

)  (D)  (D

1

)

(L

1

)

(L

2

)  (L

3

)  (L)  (l

1

)  (l

2

)  (l

3

)  (d)   (d

1

)  (d

2

)  (D

2

)   (D

3

)

250

310

±3

34/28

205

±3 190±3 55±2 78±2 182±2 75±2 30±2 115±3 45±2 70±2 35±2 8±0.5 20±2  3±1 42±2 18±2

500

360

±3

45/40

240

±3 220±3 70±3 100±3 212±2 90±2 30±2 130±3 50±2 80±2 40±2 9±0.5 25±2 3.5±1 50±2 24±2

備考1.  容量は,共通すり合わせ下端部までの容量の約80%とする。

2.

口の共通すり合わせは,気密でなければならない。

3.

共通すり合わせの長さは,近似の寸法でもよい。

4.

容量表示,メモ用スペース,共通すり合わせ記号

は,砂目又は焼付けを施す。

5.

共通すり合わせガス洗浄瓶の呼び方は,名称及び呼び容量による。

例  共通すり合わせガス洗浄瓶 250ml


76

R 3503-1994

付図 55  共通すり合わせ 字管

単位 mm

呼び寸法 12  15  18

共通すり合わせ 
記号

12/18

15/25

15/25

管外径

  (D) 12

±0.4 15±0.4 18±0.5

厚さ

  (S

2

)

1.2

±0.1   1.6±0.2   1.6±0.2

側管外径

  (d)

6

±0.3 7±0.3 7±0.3

厚さ

  (S

1

)

1.2

±0.2   1.2±0.2   1.2±0.2

長さ

  (L

1

) 25

±2 30±2 30±2

管の距離

  (L)

45

±3 50±3 60±4

高さ

  (H) 120

±3 150±4 180±4

穴径

  (d

1

) 2

±0.2 3±0.2 3±0.2

備考1.  栓の共通すり合わせは,気密でなければならない。

2.

栓の握りの形状は

図のようにし,左右の栓を回したと

き触れ合ってはいけない。

また,穴の方向を指示する適当な表示をしなければ

ならない。

3.

栓は,中空で下部を開放し,側管に通じる小穴をあけ

る。

4.

共通すり合わせ記号

は,砂目又は焼付けを施す。

5.

共通すり合わせ U 字管の呼び方は,呼び寸法,共通す

り合わせ記号による。

例  共通すり合わせ U 字管 12mm

12/18


77

R 3503-1994

付図 56  ガス乾燥塔

単位 mm

呼び寸法 240

300

360

高さ

  (H) 240

±24 300±30 360±30

しぼり部の高

  (h) 65

±6 75±7 90±9

上部外径

  (D) 40

±4 50±5 60±6

下部外径

(D

1

)

55

±5 65±6 80±8

しぼり部の内径

(D

2

)

20

±2 24±3 30±3

台径

(D

3

)

75

±7 85±8 100±10

上口内径

  (d) 30

±3 35±4 40±4

下口内径

  (d

1

) 18

±2 20±2 24±3

厚さ

  (S) 3

±1 3±1  3.5±1

備考  ガス乾燥塔の呼び方は,名称及び呼び寸法による。

例  ガス乾燥塔 240mm


78

R 3503-1994

付図 57  平形はかり瓶

付図 58  筒形はかり瓶


79

R 3503-1994

付図 59  ゲーリュサック形比重瓶

呼び容量   (ml)

5

10

25

50

100

胴径

  (D) 24

±1 29±1

38.5

±1

47.5

±1 61±1

高さ

  (H) 43

±2 47±2 59±2 68±2 83±2

質量(栓共)  (g)   11 以下 15 以下 19 以下 22 以下 34 以下

備考1.  容量表示,メモ用スペースは,砂目又は焼付けを施す。

2.

栓と瓶には,合わせ番号を付ける。

3.

ゲーリュサック形比重瓶の呼び方は,名称及び呼び容量による。

例  ゲーリュサック形比重瓶 25ml


80

R 3503-1994

付図 60  ゲーリュサック形温度計付き比重瓶

呼び容量   (ml)

25

50

100

外径

  (D) 29

±1 38.5±1 44±1

高さ

  (H) 70

±4 78±4

101.5

±4

枝高さ

  (h) 55

±3 63±3 65±3

中心距離

  (L) 23

±3 25±3 26±3

質量(温度計付き)  (g)

45

以下 55 以下 65 以下

備考1.  容量表示,メモ用スペースは,砂目又は焼付けを施す。

2.

栓と瓶には,合わせ番号を付ける。

3.

ゲーリュサック形温度計付き比重瓶の呼び方は,名称及
び呼び容量による。

例  ゲーリュサック形温度計付き比重瓶 50ml


81

R 3503-1994

付図 61  ワードン形比重瓶

備考1.  容量は,約50ml。

2.

容量表示,メモ用スペースは,砂目又は焼付けを施す。

3.

質量は,栓,キャップを含めて 35g 以下とする。

4.

ワードン形比重瓶の呼び方は,名称による。

例  ワードン形比重瓶


82

R 3503-1994

付図 62  ハーバート形比重瓶

備考1.  口形状は,リップ付きとする。

2.

栓と瓶とには,合わせ番号を付ける。

3.

質量は,栓を含めて 31g 以下とする。

4.

容量表示,メモ用スペースは,砂目又は焼付けを
施す。

5.

栓のすり合わせは,水密でなければならない。

6.

比重瓶の呼び方は,名称による。

例  ハーバート形比重瓶


83

R 3503-1994

付図 63  ガラスろ過板

単位 mm

呼び番号 102G 103G 106G 107G 108G 132G

直径    (D) 30±1 40±1 65±1 90±1 120±1 150±1

厚さ    (t)

3

±1 4±1 5±1 6±1 8±1 9±1

単位

µm

ろ過板の細孔記号

1 2 3 4

細孔の大きさ 100∼120

40

∼50 20∼30 5∼10

備考  ガラスろ過板の呼び方は,名称,呼び番号及びろ過板の細孔記号

による。 
例  ガラスろ過板 102G1


84

R 3503-1994

付図 64  るつぼ形ガラスろ過器

単位 mm

呼び番号 1G

2G

ろ過板直径

  (D) 30

±2 40±2

上部外径

  (d

1

) 38

±2 47±2

底部外径

  (d

2

) 28

±1 33±1

高さ

  (H) 60

±1 60±1

ろ過板から上の高さ

  (h) 45

±1 42±1

容量 (ml)

30

50

最低質量 (g)

20

25

単位

µm

ろ過板の細孔記号

1 2 3 4

細孔の大きさ 100∼120

40

∼50 20∼30 5∼10

備考  るつぼ形ガラスろ過器の呼び方は,名称,呼び番号及びろ過板の

細孔記号による。 
例  るつぼ形ガラスろ過器 1G1


85

R 3503-1994

付図 65  ブフナー漏斗形ガラスろ過器

単位 mm

呼び番号 3G

11G

17G

25G

26G

151G

ろ過板直径

  (D) 30

±2

40

±2

65

±2

90

±3

110

±5 130±5

高さ

  (H) 120

±5

135

±5

175

±5

260

±5

305

±5 335±5

上部外径

  (d

1

) 41

±2

50

±2

75

±2

100

±3

125

±5 145±5

ろ過板から

上の高さ

  (h)

45

±2

50

±2

55

±2

90

±3

100

±3 110±3

外径

  (d

2

) 8

±0.5

9

±1

12

±1

16

±1

18

±1 22±1

長さ

  (h

1

) 60

±3

65

±3

90

±5

120

±5

135

±5 150±5

容量

(ml)

30  60 140 450 750

1

200

最低質量

(g)

25 45 70

240

400

500

単位

µm

ろ過板の細孔記号

1 2 3 4

細孔の大きさ 100∼120

40

∼50

20

∼30

5

∼10

備考  ブフナー漏斗形ガラスろ過器の呼び方は,名称,呼び番

号及びろ過板の細孔記号による。 
例  ブフナー漏斗形ガラスろ過器 3G1


86

R 3503-1994

付図 66  漏斗形ガラスろ過器

単位 mm

呼び番号  51G 52G 53G 54G

ろ過板直径

  (D) 18

±1 23±1 30±1 32±1

上部内径

  (d

1

) 45

±1 60±2 70±3 75±3

外径

  (d

2

) 7

±0.3

7

±0.3

8

±0.5

9

±0.5

長さ

  (h) 60

±2 75±2 85±2 90±3

容量 (ml)

15 40 70 70

最低質量

(g)

12 25 38 50

単位

µm

ろ過板の細孔記号

1 2 3 4

細孔の大きさ 100∼120

40

∼50

20

∼30

5

∼10

備考  漏斗形ガラスろ過器の呼び方は,名称,呼び番号及びろ

過板の細孔記号による。 
例  漏斗形ガラスろ過器 51G3


87

R 3503-1994

付図 67  アダプター

単位 mm

呼び寸法 18 25 30

外径

  (D) 18

±0.6

25

±0.6

30

±0.7

長さ

  (L

1

) 90

±2 90±2 100±2

頭部

厚さ

  (S

1

)

1.6

±0.2

20

±0.2  2.0±0.2

外径

(D

1

)

8

±0.5

9

±0.5

10

±0.5

長さ

  (L

2

) 100

±2 100±2 100±2

脚部

厚さ

  (S

2

)

1.6

±0.2  1.6±0.2  1.6±0.2

備考  アダプターの呼び方は,名称及び呼び寸法による。

例  アダプター 18mm


88

R 3503-1994

付図 68  共通すり合わせ上部すり合わせアダプター

単位 mm

呼び記号

15/25

19/38

外径

  (D) 18

±0.6 22±0.6

長さ

  (L

1

) 40

±2 45±2

頭部

厚さ

  (S

1

)

1.6

±0.2

2.0

±0.2

外径

(D

1

)

8

±0.5 9±0.5

長さ

  (L

2

) 90

±5 100±5

脚部

厚さ

  (S

2

)

1.6

±0.2

1.6

±0.2

備考1.  共通すり合わせは,原則として表中のものを使

用するが,近似の規格寸法の共通すり合わせを

用いてもよい。

2.

共通すり合わせ記号

は,砂目又は焼付けを施

す。

3.

共通すり合わせ上部すり合わせアダプターの呼
び方は,名称及び呼び記号による。

例  共通すり合わせ上部すり合わせアダプター

19/38


89

R 3503-1994

付図 69  共通すり合わせ両端すり合わせアダプター

呼び記号

15/25

19/38

外径

  (D) 18

±0.6 22±0.6

長さ

  (L

1

) 40

±2 45±2

めす部

厚さ

  (S

1

) 1.6

±0.2 2.0±0.2

外径

  (d) 15

±0.5 15±0.5

長さ

  (L

2

) 40

±2 45±2

厚さ

  (S

2

) 1.6

±0.2 1.6±0.2

おす部

すり合わせ長さ

  (L

3

) 25

±1 38±1

備考1.  共通すり合わせは,原則として表中のものを使用す

るが,近似の規格寸法の共通すり合わせを用いても
よい。

2.

共通すり合わせ記号

は,砂目又は焼付けを施す。

3.

共通すり合わせ両端すり合わせアダプターの呼び方
は,名称及び呼び記号による。

例  共 通 す り 合 わ せ 両 端 す り 合 わ せ ア ダ プ タ ー

19/38


90

R 3503-1994

付図 70  一方コック

単位 mm

呼び記号  K-11 K-13 K-16 K-17 K-19 K_22 K-27

外径

  (d) 6

±0.3 8±0.4

9

±0.5

10

±0.5

12

±0.5

15

±0.6 16±0.6

厚さ

  (S) 1.2

±0.2 1.2±0.2

1.6

±0.2

1.6

±0.2

1.6

±0.2

1.6

±0.2 1.6±0.2

接続管

長さ

  (L)

240 240 240 240 240 280 280

穴径

  (d

1

) 2

±0.2 2.5±0.2

3

±0.2

4

±0.3

5

±0.3

7

±0.3 8±0.3

  (D)

11.5 13.5 16.0 17.5 19.0 22.0 27.0

長さ

  (H) 30

±1 35±1 39±1 42±1 45±1 50±1 56±1

長さ

  (h)

45 50 57 61 62 70 80

備考1.  栓は,中空又は中実とする。ただし,栓の孔径が6mm 以上のものは,原則的には中空とする。

2.

中空栓の厚さは,栓の孔径 4mm 以下のものは約 2mm,栓の穴径 6mm 以上のものは約 2.5mm とす

る。

3.

栓のすり合わせは,十分な気密にならなければならない。

4.

栓のテーパーは,

10

1

とする。

5.

栓の握り部の長さは,栓の長さ H と約同じ寸法とする。

6.

一方コックの呼び方は,名称及び呼び記号による。

例  一方コック K-16


91

R 3503-1994

付図 71  共通すり合わせソックスレー抽出器  150ml

備考1.  共通すり合わせは,原則として図中のものを使用するが,近似の規格寸法の共通すり合わせの

ものを用いてもよい。

2.

共通すり合わせ記号

は,砂目又は焼付けを施す。

3.

側管の方向は,胴部に直角でもよい。

4.

共通すり合わせソックスレー抽出器の呼び方は,名称,容量及び共通すり合わせ記号による。

例  共通すり合わせソックスレー抽出器 (150ml)

34/45

×

24/40 (A)  


92

R 3503-1994

付図 72  共通すり合わせトの字形連結管

備考1.  共通すり合わせは,原則として図中のものを使用するが,近似の規格寸法の共通すり合わせを用いてもよ

い。

2.

共通すり合わせ記号

は,砂目又は焼付けを施す。

3.

共通すり合わせトの字形連結管の呼び方は,名称及び共通すり合わせ記号による。

例  共通すり合わせトの字形連結管

15/35

×

19/38

×

24/40 (A)  


93

R 3503-1994

付図 73  共通すり合わせ 字形連結管

備考1.  共通すり合わせは,原則として表中のものを使用するが,近似の規格寸法の共通すり合わせを用いてもよ

い。

2.

共通すり合わせ記号

は,砂目又は焼付けを施す。

3.

共通すり合わせ K 字形連結管の呼び方は,名称及び共通すり合わせ記号による。

例  共通すり合わせ K 字形連結管

15/35

×

19/38

×

19/38

×

24/40 (A)  


94

R 3503-1994

付図 74  共通すり合わせ吸引ろ過瓶

単位 mm

呼び容量   (ml)

50

100

300

500

1 000

2 000

高さ

  (h

1

) 70

±3 80±3 10.5±3 134±3 167±3 240±3

最大部外径

  (D) 60

±5 72±5 100±5 110±5 140±10 170±10

側管

  (h) 20

±2 20±2 22±2 22±2 25±2 30±2

長さ

  (l) 35

±3 35±3 40±3 40±3 50±3 50±3

外径

  (d

1

) 8

±0.5 8±0.5

8

±0.5

8

±0.5

10

±0.5 10±0.5

側管

内径

  (d

2

) 5

±0.5 5±0.5

5

±0.5

5

±0.5

7

±0.5 7±0.5

厚さ

  (S) 2

以上

2

以上 2.5 以上 2.5 以上

3

以上 3.5 以上

共通すり合わせ 
記号

15/25

15/25

19/38

19/38

19/38

24/40

備考1.  共通すり合わせは,原則として表中のものを使用するが,近似の規格寸法の共通すり合わ

せを用いてもよい。

2.

容量表示,メモ用スペース,共通すり合わせ記号

は,砂目又は焼付けを施す。

3.

容量は,高さ h

1

の約

5

3

までの位置とする。

4.

減圧に耐えるように適当な肉厚とする。

5.

底面は,わずかに内部にわん曲させる。

6.

共通すり合わせ吸引ろ過瓶の呼び方は,名称,呼び容量及び共通すり合わせ記号による。

例  共通すり合わせ吸引ろ過瓶 300ml

19/38


95

R 3503-1994

付図 75  共通すり合わせガス乾燥塔

単位 mm

高さ

台部

つまみ長さ

下部ゴム止高さ

つまみ高さ ゴム止長さ

呼び寸法

  (H)

 (h

1

)

 (L)

 (h

3

)

 (h

4

)

 (l)

共通すり合わせ

記号

250 250

±5 70±2 60±2 45±2 18±1 30±2

29/42

300 300

±5 80±2 60±2 50±2 20±1 30±2

34/45

350 350

±5 90±2 68±2 60±2 24±1 35±2

40/50

呼び寸法

胴径

台部外径

台径

しぼり部外径

ゴム止外径

ゴム止内径

  (D)

 (D

1

)

 (D

2

)

 (D

3

)

 (d

1

)

 (d

2

)

250 40

±1 55±2 80±3 26±1 8±0.5 5±0.5

300 50

±1 70±2 95±3 30±1 10±0.5 7±0.5

350 60

±1 90±2 115±3 35±1 10±0.5 7±0.5

備考1.  共通すり合わせは,原則として表中のものを使用するが,近似の規格寸法の共通すり合わせを用

いてもよい。

2.

共通すり合わせ記号

は,砂目又は焼付けを施す。

3.

栓のすり合わせは,気密でなければならない。

4.

栓の握りの形状は図のようにし,穴の方向を指示する適当な表示をしなければならない。

5.

栓は中空で,下部を開放し,側管に通じる小穴をあける。

6.

胴径及び台部外径の肉厚は,それぞれ約 3mm とする。

7.

共通すり合わせガス乾燥塔の呼び方は,名称,呼び寸法及び共通すり合わせ記号による。

例  共通すり合わせガス乾燥塔 250mm

29/42


96

R 3503-1994

付図 76  共通すり合わせ直管形連結管

備考1.  共通すり合わせは,原則として図中のものを使用するが,近似の規格寸法

の共通すり合わせを用いてもよい。

2.

共通すり合わせ記号

は,砂目又は焼付けを施す。

3.

共通すり合わせ直管形連結管の呼び方は,名称及び共通すり合わせ記号に

よる。

例  共通すり合わせ直管形連結管

19/38

×

19/38


97

R 3503-1994

付図 77  共通すり合わせ減圧直形連結管

備考1.  共通すり合わせは,原則として図中のものを使用するが,近似の規格寸法の共通すり合わせを用いても

よい。

2.

共通すり合わせ記号

は,砂目又は焼付けを施す。

3.

共通すり合わせ減圧直形連結管の呼び方は,名称及び共通すり合わせ記号による。

例  共通すり合わせ減圧直形連結管

19/38

×

24/40 (A)  


98

R 3503-1994

付図 78  共通すり合わせキルダール形トラップ球

備考1.  共通すり合わせは,原則として図中のものを使用するが,近

似の規格寸法の共通すり合わせを用いてもよい。

2.

共通すり合わせ記号

は,砂目又は焼付けを施す。

3.

球内部曲管の穴は,外側又は内側に設ける。

4.

共通すり合わせキルダール形トラップ球の呼び方は,名称及
び共通すり合わせ記号による。

例  共 通 す り 合 わ せ キ ル ダ ー ル 形 ト ラ ッ プ 球

19/38

×

19/38


99

R 3503-1994

付図 79  共通すり合わせコの字形連結管

備考1.  共通すり合わせは,原則として図中のものを使用するが,近似の規格寸法の共通すり合わせを用

いてもよい。

2.

共通すり合わせ記号

は,砂目又は焼付けを施す。

3.

共通すり合わせコの字形連結管の呼び方は,名称及び共通すり合わせ記号による。

例  共通すり合わせコの字形連結管

19/38

×

19/38


100

R 3503-1994

付図 80  共通すり合わせ 字形連結管

備考1.  共通すり合わせは,原則として図中のものを使用するが,近似の規

格寸法の共通すり合わせを用いてもよい。

2.

共通すり合わせ記号

は,砂目又は焼付けを施す。

3.

共通すり合わせ Y 字形連結管の呼び方は,名称及び共通すり合わせ
記号による。

例  共通すり合わせ Y 字形連結管

19/38

×

19/38

×

19/38


101

R 3503-1994

付図 81  共通すり合わせガス吹込み管

備考1.  共通すり合わせは,原則として図中のものを使用するが,近似の規

格寸法の共通すり合わせを用いてもよい。

2.

共通すり合わせ記号

は,砂目又は焼付けを施す。

3.

共通すり合わせガス吹込み管の呼び方は,

名称及び共通すり合わせ

記号による。

例  共通すり合わせガス吹込み管

19/38


102

R 3503-1994

付図 82  共通すり合わせ排気管

備考1.  共通すり合わせは,原則として図中のもの

を使用するが,近似の規格寸法の共通すり
合わせを用いてもよい。

2.

共通すり合わせ記号

は,砂目又は焼付け

を施す。

3.

共通すり合わせ排気管の呼び方は,名称及

び共通すり合わせ記号による。

例  共通すり合わせ排気管

19/38


103

R 3503-1994

付図 83  共通すり合わせ曲げ形連結管

備考1.  共通すり合わせは,原則として図中のものを使用するが,近似の規格寸法の共通すり合わせ

を用いてもよい。

2.

共通すり合わせ記号

は,砂目又は焼付けを施す。

3.

共通すり合わせ曲げ形連結管の呼び方は,名称及び共通すり合わせ記号による。

例  共通すり合わせ曲げ形連結管

19/38

×

19/38


104

R 3503-1994

付図 84  共通すり合わせ減圧連結管

備考1.  共通すり合わせは,原則として図中のものを使用するが,近似の規格寸法の共通

すり合わせを用いてもよい。

2.

共通すり合わせ記号

は,砂目又は焼付けを施す。

3.

共通すり合わせ減圧連結管の呼び方は,名称及び共通すり合わせ記号による。

例  共通すり合わせ減圧連結管

19/38

×

19/38


105

R 3503-1994

付図 85  共通すり合わせ減圧連結管(二又管)

備考1.  共通すり合わせは,原則として図中のものを使用するが,近似の規格寸法の共通すり合わせ

を用いてもよい。

2.

共通すり合わせ記号

は,砂目又は焼付けを施す。

3.

共通すり合わせ減圧連結管(二又管)の呼び方は,名称及び共通すり合わせ記号による。

例  共通すり合わせ減圧連結管(二又管)

19/38

×

19/38


106

R 3503-1994

付図 86-1  円筒形滴下漏斗

単位 mm

呼び容量 (ml)

50

100

200

300

500

外径    (D) 32±0.8 40±0.7 48±1 55±1 65±1.2

長さ    (H) 115±2 135±2 180±2 230±2 245±2

肉厚    (S

1

) 1.8

±0.2 2±0.2 2±0.2

2.4

±0.3

2.4

±0.3

付け根

  (h)

10 10 10 10 10

コック

大きさ

  (K)

K-16 K-16 K-16 K-16 K-17

外径    (d

2

) 10

±0.4 10±0.4 10±0.4

13

±0.4

13

±0.4

長さ    (L) 100±5 100±5 100±5 100±5 100±5

栓の共通すり合
わせ記号

19/26

19/26

24/29

29/26

29/26

備考1.  共通すり合わせは,原則として表

中のものを使用するが,近似の規
格寸法の共通すり合わせを用い

てもよい。

2.

栓の握りの形状及び寸法は,規定
しない。

3.

口には,穴径約 3mm の通気孔を
あける。

4.

栓は中空とし,通気用の溝を設

け,溝方向を指示する適当な表示
をしなければならない。

5.

コックの大きさは,

付図 70 によ

る寸法とする。

6.

円筒形滴下漏斗の呼び方は,名称
及び呼び容量による。

例  円筒形滴下漏斗 50ml


107

R 3503-1994

付図 86-2  円筒形滴下漏斗 

単位 mm

呼び容量   (ml)

50

100

250

500

1000

外径

  (D)

32 42 52 65 85

長さ

  (H)

115 135 200 245 295

胴部

肉厚

  (S)   0.8

以上

0.8

以上

0.9

以上

0.9

以上

1.3

以上

外径

  (d)

10

以下

10

以下

10

以下

13

以下

13

以下

長さ

  (L)   100

以上

100

以上

100

以上

100

以上

100

以上

備考1.  容量表示は,砂目又は焼付けを施す。

2.

脚部に JIS R 3647 に規定する共通テーパすり合わせを付けてもよい。

3.

円筒形滴下漏斗 R の呼び方は,名称及び呼び容量による。

例  円筒形滴下漏斗 R 50ml

参考  この円筒形滴下漏斗 R は,ISO 4800 : 1977 に準拠している。


108

R 3503-1994

付図 87  共通すり合わせ円筒形滴下漏斗

呼び容量 (ml)

50

100

200

300

500

外径

  (D) 32

±0.8 40±0.9 48±1 55±1 65±1.2

長さ

  (H) 115

±2 135±2 180±2 230±2 245±2

肉厚

  (S

1

) 1.8

±0.2 2±0.2 2±0.2 2.4±0.3 2.4±0.3

付け根  (h)

10 10 10 10 10

コック

大きさ

(K)

K-16 K-16 K-16 K-16 K-17

  (d

2

) 10

±0.4 10±0.4 10±0.4

13

±0.4

13

±0.4

  (d

3

) 15

±0.4 15±0.4 20±0.6 25±0.6 25±0.6

  (d

4

) 6

±0.3 6±0.3 7±0.3

7

±0.3

8

±0.4

  (l

1

) 30

±2 30±2 35±2 40±2 40±2

  (l

2

) 30

±2 30±2 30±2 30±2 30±2

栓の共通すり

合わせ記号

19/26

19/26

24/29

29/26

29/26

6

共通すり合わせ

記号

19/38

19/38

19/38

19/38

19/38

備考

1.

共通すり合わせは,原則として表中のも

のを使用するが,近似の規格寸法の共通

すり合わせを用いてもよい。

2.

栓の握りの形状及び寸法は,規定しな

い。

3.

口には,

穴径約 3mm の通気孔をあける。

4.

栓は中空とし,通気用の溝を設け,溝方

向を指示する適当な表示をしなければ

ならない。

5.

コックの大きさは,

付図 70 による寸法

とする。

6.

共通すり合わせ円筒形滴下漏斗の呼び

方は,名称,呼び容量及び共通すり合わ

せ記号による。

例  共通すり合わせ円筒形滴下漏斗 50

ml

19/38 (A)

  


109

R 3503-1994

付図 88  共通すり合わせ分液漏斗

呼び容量

(ml)

50  100 200 300 500 1000

2000

最大部の外径

  (D) 54

±2 66±2 80±2 90±2 106±2 132±3 165±4

長さ

  (L

1

) 75

±5 90±5 105±5 125±5 145±5 180±5 216±5

長さ

  (L

2

) 30

±2 30±2 35±2 40±2 40±2 50±2 50±2

  (d) 15

±0.5 15±0.5

15

±0.5

20

±0.5

20

±0.5 25±0.6 25±0.6

  (d

1

) 10

±0.4 10±0.4

10

±0.4

13

±0.4

13

±0.4 15±0.5 15±0.5

外 

  (d

2

) 6

±0.3 6±0.3

7

±0.4

7

±0.4

8

±0.4 10±0.4 10±0.4

一方コック

(K)

K-16 K-16 K-16 K-16 K-19 K-22 K-27

栓の共通すり合わせ記号

19/26

19/26

24/29

29/26

29/26

29/26

29/26

共通すり合わせ記号

19/38

19/38

19/38

19/38

24/40

29/42

29/42

備考1.  容量は,胴部容量の80%とする。

2.

共通すり合わせは,原則として表中のものを使用するが,近似の規格寸法の共通すり合わせを用いてもよい。

3.

栓の握りの形状及び寸法は,規定しない。

4.

口には,穴径約 3mm の通気孔をあける。

5.

栓は中空とし,通気用の溝を設け,溝方向を指示する適切な表示をしなければならない。

6.

コックの大きさは,

付図 70 による寸法とする。

7.

共通すり合わせ分液漏斗の呼び方は,名称,呼び容量及び共通すり合わせ記号による。

例  共通すり合わせ分液漏斗 100ml

 /38 (A)  


110

R 3503-1994

付図 89  共通すり合わせスキーブ形分液漏斗

単位 mm

呼び容量

(ml)   50  100 200 300 500 1

000

最大部の外径

  (D) 50

±3 60±3 72±3 83±3 98±3 125±3

長さ

  (L

1

) 97

±5 125±5 165±5 180±5 200±5 250±5

長さ

  (L

2

) 30

±2 30±2 35±2 40±2 40±2 50±2

  (d) 15

±0.5 15±0.5 15±0.5 20±0.5 20±0.5 25±0.6

  (d

1

) 10

±0.4 10±0.4 10±0.4 13±0.4 13±0.4 15±0.5

外径

  (d

2

) 6

±0.3 6±0.3 7±0.4 7±0.4 8±0.4 10±0.4

一方コック

(K)

K-16 K-16 K-16 K-16 K-19 K-22

栓の共通すり合わせ記号

19/26

19/26

24/29

29/26

29/26

29/26

共通すり合わせ記号

19/38

19/38

19/38

19/38

24/40

29/42

備考1.  容量は,胴部容量の80%とする。

2.

共通すり合わせは,原則として表中のものを使用するが,近似の規格寸法の共通すり合わせを用い
てもよい。

3.

栓の握りの形状及び寸法は,規定しない。

4.

口には,穴径約 3mm の通気孔をあける。

5.

栓は中空とし,通気用の溝を設け,溝方向を指示する適当な表示をしなければならない。

6.

コックの大きさは,

付図 70 による寸法とする。

7.

共通すり合わせスキーブ形分液漏斗の呼び方は,名称,呼び容量及び共通すり合わせ記号による。

例  共通すり合わせスキーブ形分液漏斗 100ml

9/38 (A)  


111

R 3503-1994

付図 90  ガラスねじ

単位 mm

呼び寸法

A-10

A-12 A-14 A-16 A-18 A-20 A-22 A-25 A-28

山径

  (D)

0

35

.

0

10

0

35

.

0

12

0

40

.

0

14

0

40

.

0

16

0

50

.

0

18

0

50

.

0

18

0

60

.

0

22

0

60

.

0

25

0

70

.

0

28

谷径

  (d)

0

35

.

0

6

.

8

0

35

.

0

6

.

10

0

40

.

0

32

.

12

0

40

.

0

32

.

14

0

50

.

0

98

.

15

0

50

.

0

98

.

17

0

60

.

0

64

.

19

0

60

.

0

64

.

22

0

70

.

0

30

.

25

ピッチ

  (P)

2 2 2.5 2.5 3  3 3.5 3.5 4

呼び寸法 A-32 A-36 A-40 A-45 A-50 A-56 A-63 A-70 A-80

山径

  (D)

0

70

.

0

32

0

80

.

0

36

0

80

.

0

40

0

80

.

0

45

0

80

.

0

50

0

80

.

0

56

0

00

.

1

63

0

00

.

1

70

0

00

.

1

80

谷径

  (d)

0

70

.

0

30

.

29

0

80

.

0

30

.

33

0

80

.

0

30

.

37

0

80

.

0

30

.

42

0

80

.

0

30

.

47

0

80

.

0

30

.

53

0

00

.

1

0

.

60

0

00

.

1

0

.

67

0

00

.

1

0

.

77

ピッチ

  (P)

4 4 4 4 4 4 5 5 5

呼び寸法

A-90

A-100

A-112

A-125

   

山径

  (D)

0

00

.

1

900

0

20

.

1

100

0

20

.

1

112

0

20

.

1

125

谷径

  (d)

0

00

.

1

0

.

87

0

20

.

1

0

.

97

0

20

.

1

0

.

109

0

20

.

1

0

.

122

ピッチ

  (P)

5

5

5

5    

呼び寸法

B-13 B-15 B-18 B-20 B-22 B-24 B-28 B-33 B-38

山径

  (D)

18

.

0

20

.

0

88

.

12

+

18

.

0

20

.

0

58

.

14

+

  17.63±0.25 19.63±0.25 21.64±0.25 23.62±0.25

30

.

0

33

.

0

33

.

27

+

30

.

0

33

.

0

83

.

31

+

43

.

0

46

.

0

06

.

37

+

谷径

  (d)

18

.

0

20

.

0

35

.

11

+

18

.

0

24

.

0

06

.

13

+

 15.49±0.25 17.50±0.25 19.51±0.25 21.49±0.25

30

.

0

33

.

0

94

.

29

+

30

.

0

33

.

0

44

.

29

+

43

.

0

46

.

0

67

.

34

+

ピッチ

  (P) 2.1

2.1

3.2

3.2

3.2 3.2 4.2 4.2 4.2

備考1.  ガラスねじは,ねじ部と直管部(加工上のしぼり部分を含む。)から構成される。

2.

口形状,ねじ山数,肉厚及び長さは,規定しない。

3.

ねじ山の巻き方向は,原則として右ねじとする。

4.

ねじは,原則として平行ねじ,形状は丸ねじとする。

5.

ガラスねじの呼び方は,名称及び呼び寸法による。

例  ガラスねじ A-32


112

R 3503-1994

付表 3  引用規格

JIS K 2254

  石油製品−蒸留試験方法

JIS K 2270

  原油及び石油製品−残留炭素分試験方法

JIS K 8001

  試薬試験方法通則

JIS R 3102

  ガラスの平均線膨張係数の試験方法

JIS R 3646

  化学分析用ガラス器具の共通テーパーすり合わせ(長形)

JIS R 3647

  化学分析用ガラス器具の共通テーパーすり合わせ(中形)

JIS R 3648

  化学分析用ガラス器具の共通テーパーすり合わせ(短形)

JIS R 3650

  化学分析用ガラス器具の細口共せんびん用共通テーパーすり合わせ

JIS R 3651

  化学分析用ガラス器具の共通球面すり合わせ

JIS Z 8801

  標準ふるい

付表 4  対応国際規格

ISO 383 : 1976

  Laboratbry glassware−Interchangeable conical ground joints

ISO 641 : 1975

  Laboratory glassware−Interchangeable spherical ground joints

ISO 719 : 1985

  Glass−Hydrolytic resistance of glass grains at 98 degrees C−Method of test and

classification

ISO 1773 : 1976

  Laboratory glassware−Boiling flasks (narrow-necked)

ISO 3819 : 1985

  Laboratory glassware−Beakers

ISO 4796 : 1977

  Laboratory glassware−Bottles

ISO 4797 : 1981

  Laboratory glassware−Flasks with conical ground joints

ISO 4799 : 1978

  Laboratory glassware−Condensers

ISO 4800 : 1977

  Laboratory glassware−Separating funnels and dropping funnels

ISO 7991 : 1987

  Glass−Determination of coefficient of mean linerar thermal expansion


113

R 3503-1994

JIS R 3503

改正原案作成委員会  構成表

氏名

所属

(委員長)

寺  井  良  平

前工業技術院大阪工業技術試験所

(幹事)

小  川  晋  永

社団法人日本硝子製品工業会

(委員)

高  松      明

通商産業省生活産業局

地  崎      修

工業技術院標準部

加  山  英  男

財団法人日本規格協会

柴  田  晴  通

柴田科学器械工業株式会社

木  下  義  夫

木下理化工業株式会社

唐  木  弘  元

柴田ハリオ硝子株式会社

佐  藤  孝  宗

岩城硝子株式会社

加  藤  守  宏

イサミ硬質硝子株式会社

松  丸  清  司

三和特殊硝子株式会社

武  田  明  治

国立衛生試験所

辰  濃      隆

社団法人日本食品衛生協会

鈴  木      蕃

東京都立工業技術センター

稲  本      勇

新日本製鐵株式会社

金  子  敏  男

三菱化成株式会社

(事務局)

吉  田  晃  雄

社団法人日本硝子製品工業会

備考  ○印は分科会委員

文責  JIS R 3503 改正原案作成委員会