>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

R 3411

:2006

(2)

まえがき

この規格は,工業標準化法第 14 条によって準用する第 12 条第 1 項の規定に基づき,硝子繊維協会(GFA)

/財団法人日本規格協会(JSA)から,工業標準原案を具して日本工業規格を改正すべきとの申出があり,日

本工業標準調査会の審議を経て,経済産業大臣が改正した日本工業規格である。

これによって,JIS R 3411:1999 は改正され,この規格に置き換えられる。

この規格の一部が,技術的性質をもつ特許権,出願公開後の特許出願,実用新案権,又は出願公開後の

実用新案登録出願に抵触する可能性があることに注意を喚起する。経済産業大臣及び日本工業標準調査会

は,このような技術的性質をもつ特許権,出願公開後の特許出願,実用新案権,又は出願公開後の実用新

案登録出願にかかわる確認について,責任はもたない。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 


(3)

目  次

ページ

1.

  適用範囲  1

2.

  引用規格  1

3.

  定義  1

4.

  種類  2

5.

  品質  2

6.

  外観  3

7.

  試験方法  3

7.1

  試験室の条件  3

7.2

  質量  3

7.3

  質量の最大偏差率  3

7.4

  強熱減量  3

7.5

  幅  3

7.6

  長さ  4

7.7

  巻の質量  4

7.8

  アルカリ含有率  4

7.9

  外観  4

8.

  検査  5

9.

  包装  5

10.

  製品の呼び方  5

11.

  表示  5

 


日本工業規格

JIS

 R

3411

:2006

ガラスチョップドストランドマット

Textile glass chopped strand mats

1. 

適用範囲  この規格は,主としてプラスチックの強化に用いるガラスチョップドストランドマット(

1

)

(以下,チョップマットという。

)について規定する。

(

1

)

チョップマットとは,E ガラス(無アルカリガラス)

(以下,E ガラスという。

)のストランド

を約 50mm に切断し,無方向に均一な厚さに積み重ね,結合剤を用いてマット状に成形したも

のをいう。

2. 

引用規格  次に掲げる規格は,この規格に引用されることによって,この規格の規定の一部を構成す

る。これらの引用規格のうちで,発行年を付記してあるものは,記載の年の版だけがこの規格の規定を構

成するものであって,その後の改訂版・追補には適用しない。発効年を付記していない引用規格は,その

最新版(追補を含む。

)を適用する。

JIS R 3410

  ガラス繊維用語

JIS R 3420

  ガラス繊維一般試験方法

JIS Z 9015-1

  計数値検査に対する抜取検査手順‐第 1 部:ロットごとの検査に対する AQL 指標型抜

取検査方式

備考 ISO/DIS 

2859-1:1997

,Sampling procedure for inspection by attributes‐Part 1:Sampling schemes

indexed by acceptance quality limit(AQL) for lot-by-lot inspection

が,この規格と一致している。

3. 

定義  この規格で用いられる主な用語の定義は,JIS R 3410 による。


2

R 3411

:2006

4. 

種類  チョップマットの種類は 1 m

2

当たりの標準質量によって分類し,

種類を表す記号は表 による。

なお,表 に記載のない種類については,受渡当事者間の協定によって追加することが出来る。

  1  チョップマットの種類

単位  g/m

2

種類を表す記号(

2

) 1m

2

当たりの標準質量

EM 300

300

EM 360

360

EM 380

380

EM 450

450

EM 600

600

(

2

)

ここに示す種類を表す記号は,10.による。

5. 

品質  チョップマットの品質は,7.(試験方法)によって試験を行ったとき,次の各項の規定に適合

しなければならない。

a)

質量及び最大偏差率  チョップマットの 300×300 mm 当たり又は 0.1 m

2

当たりの質量及び最大偏差率

は,

表 による。

b)

強熱減量  チョップマットの強熱減量は,表 による。ただし,受渡当事者間で基準値を定めた場合,

その許容値は,その基準値±50  %とする。

c)

幅  チョップマットの幅は,表 による。ただし,受渡当事者間の協定によって,表 以外とするこ

とができる。

      なお,その許容差は,両側を切りそろえているチョップマットの場合だけに適用し,片側又は両側

を切りそろえていないチョップマットの場合は,受渡当事者間の協定によって表 以外とすることが

できる。

d)  1

巻の長さ  チョップマットの 1 巻の長さは,表 による。ただし,受渡当事者間の協定によって,

表 以外の長さとすることができる。

e)

1

巻の質量  チョップマットの 1 巻の質量は,表 による。

      なお,幅及び 1 巻の長さが受渡当事者間の協定によって

表 以外で取り決めた場合,1 巻の質量及

びその許容差は,次の式による。

6

10

×

×

×

=

l

b

g

m

07

.

0

×

±

m

s

ここに,  m:  1 巻の質量(kg) 

g

: 1m

2

当たりの標準質量(g/m

2

)

b

  幅(mm)

l

  1 巻の長さ(m)

s

  1 巻の質量の許容差(kg)


3

R 3411

:2006

  2  チョップマットの品質

種 類 を
表す

記号

質量及び最大偏差率

強熱減量

mm

1

巻の長さ

m

1

巻の質量

Kg

300

×300 mm 当たり 0.1

㎡当たり

質量

最大偏差率

質量

最大偏差率

寸法

許容差

寸法

許容差

質量

許容差

EM 300

27.0

20

以下 30.0 20

以下 10

以下

1040

±5 96 +0.5

0

30

±2.1

EM 360

32.4

36.0

80

EM 380

34.2

38.0

76

EM 450

40.5

45.0

64

EM 600

54.0

60.0

48

f)

アルカリ含有率  E ガラスのアルカリ含有率は,

“2  %以下”とする。ただし,電気・電子用など特定

の用途においては,受渡当事者間の協定によって“0.8  %未満”とすることができる。

6. 

外観  チョップマットは,外観が均一で,その端面が過度に不ぞろいにならないように,しっかりと

巻かれていなければならない。主な外観欠点を

表 に示す。

  なお,外観欠点の程度及び許容数については,受渡当事者間の協定によって決めることができる。

  3  主な外観欠点

破れ 
穴 
汚れ 
異物の混入 
しわ 
ストランドの塊 
局部的に薄い箇所 
ストランドの結合不良 
結合剤の付着むら

7. 

試験方法

7.1 

試験室の条件  試験室の条件は,JIS R 3420 の 4.(試験室の標準状態及び試験条件)による。

7.2

質量  質量は,JIS R 3420 の 7.2(質量)により,測定試験値の平均値で表す。

7.3

質量の最大偏差率  質量の最大偏差率は,JIS R 3420 の 7.2.5 b)2)(質量の最大偏差率)による。

7.4

強熱減量  強熱減量は,JIS R 3420 の 7.3(水分率及び強熱減量)による。

  なお,試料は,7.2 の試料を用い,測定値はその平均値で表す。

7.5

幅  幅は,JIS R 3420 の 7.7(クロスの幅と長さ)による。この場合,300 mm 以上の間をおいた 5

か所について測定し,その平均値で表す。

  なお,片側又は両側を切りそろえていないチョップマットの幅は,次の方法を用いることができる(図

1

,図 参照)

7.5.1 

片側を切りそろえていないチョップマットの場合  チョップマットの全幅を横切り,300 mm 幅の

細片を切り出す。この細片から,切りそろえていない端を含めた 500±50 mm の長方形の細片を切り出す。

この細片の切りそろえていない端を下にして,約 10 mm 離れた二つの垂直ガイドの間に入れ,垂直高さ

h

を測定する。

  細片の残った部分の幅 を測定する。

  チョップマットの幅を hで表す。


4

R 3411

:2006

                                                                              単位 mm

    1                                                                                  

                                                                                   300

                                b                              ≒500

      1  切りそろえた端

      2  切りそろえていない端

  1

  片側を切りそろえていないチョップマットの模式図

7.5.2 

両側を切りそろえていないチョップマットの場合

  チョップマットの全幅を横切り,300 mm 幅の

細片を切り出す。この細片から,切りそろえていない端を含めた 500±50 mm の長方形の細片 2 枚を切り

出す。

  この細片の切りそろえていない端を下にして,約 10mm 離れた二つの垂直ガイドの間に入れ,垂直高さ

h

1

及び

h

2

を測定する。細片の残った部分の幅

b

を測定する。チョップマットの幅を

h

1

h

2

b

で表す。

単位 mm

                                                                              ****

                                                                              ****

                                                                              ****

                                                                              ****

(

)                        ****

                                 ****

                                         ****

                                            ****

                                         ****

          1  垂直ガイド                ≒10

  2

  垂直ガイド(切りそろえていないチョップマットの端を下にセットしている。)

7.6

長さ

  長さは,JIS R 3420 の 7.7(クロスの幅と長さ)による。

7.7

1

巻の質量

  1 巻の質量は,最小 200 g まで測定できるはかりを用いる。1 巻の質量が 25 kg 未満の場

合は,25 kg 以上になるように巻数をまとめて量り,その平均値を 1 巻の質量とする。

7.8

アルカリ含有率

  アルカリ含有率は,JIS R 3420 の 7.11(アルカリ含有率)による。

7.9

外観

  外観は適切な照明の下で,目視によって行う。


5

R 3411

:2006

8.

検査

  チョップマットの検査は,JIS Z 9015-1 などの合理的な抜取方法によって試料を採取し,5.及び

6.

について,7.のあらかじめ定めた試験条件及び試験方法によって試験を行い,合否を決定する。

9.

包装

  チョップマットの包装は,紙管に巻き,損傷のおそれのないように,適切な方法で包装する。

10.

製品の呼び方

  チョップマットの呼び方は,Eガラスを表す記号(E)

,チョップマットの記号(M)

及び 1 m

2

当たりの標準質量をこの順序に組み合わせて呼ぶ。

   E   M   300 

                                             1 m

2

当たりの標準質量

                                              チョップマットの記号

                                              E ガラスの記号

11.

表示

  チョップマットには,包装の見やすい所に容易に消えない方法で,次の事項を表示する。

a) 

種類を表す記号(

3

)

b) 

幅及び長さ

c) 

製造業者名又はその略号

d) 

製造年月又はその略号

(

3

片側又は両側を切りそろえていないチョップマットの場合は,その旨を 10.の後に受渡当事者間

で協定した略号で表示する。

関連規格  ISO 2078:1993  Textile glass - Yarns - Designation

ISO 2559

:2000

  Textile glass - Mats(made from chopped or continuous strands) - Designation and

basis for specifications