>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

 

R 3203:2017  

(1) 

追補1のまえがき 

このJIS R 3203の追補1は,工業標準化法に基づき,日本工業標準調査会の審議を経て,経済産業大臣

がJIS R 3203:2009を改正した内容だけを示すものである。 

JIS R 3203:2009は,この追補1の内容の改正がされ,JIS R 3203:2017となる。 

 

 


 

 

日本工業規格          JIS 

 

R 3203:2017 

 

型板ガラス 

(追補1) 

Patterned glass 

(Amendment 1) 

 

JIS R 3203:2009を,次のように改正する。 

 

箇条4(種類)に5ミリを追加し,次に置き換える。 

種類 

種類は,厚さによって次の5種類とする。 

a) 2ミリ 

b) 3ミリ 

c) 4ミリ 

d) 5ミリ 

e) 6ミリ 

 

箇条5(品質)の表1(型板ガラスの品質)の切り口欠点の品質欄に5.0 mm(5ミリ厚さ)を追加し,次

の表に置き換える。 

表1−型板ガラスの品質 

項目 

品質 

模様不良 

顕著な模様不良があってはならない。 

泡 

最大外径 

2.0 mm 以上 
5.0 mm 未満 

5.0 mm 以上 

10.0 mm 未満 

10.0 mm 以上 

許容個数 

6.0×S a) 

3.0×S a) 

異物 

最大外径 

2.0 mm 以上 
3.0 mm 未満 

3.0 mm 以上 

 

許容個数 

1.0×S a) 

 

点状欠点密集度 

径が5.0 mm以上の泡及び径が2.0 mm以上の異物について,2個以上の泡と泡,
異物と異物,又は泡と異物との距離が150 mm以上とする。 

線状・帯状欠点 

目視で識別できるものがあってはならない。 

ひび 

目視で識別できるものがあってはならない。 

切り口欠点 

切り口の欠け,はま欠け,つの,そげ,逃げなどの形状欠点(図1参照)は,
ガラス板の面に垂直に見るときの切りすじ線からの偏差が,次の値以下とす
る。 
2.0 mm(2ミリ厚さ),3.0 mm(3ミリ厚さ),4.0 mm(4ミリ厚さ),5.0 mm(5
ミリ厚さ),6.0 mm(6ミリ厚さ) 


R 3203:2017  

 

表1−型板ガラスの品質(続き) 

注a) 表中の計算式において,Sは,m2を単位とするガラス板の面積であり,JIS Z 8401によって

小数点以下2桁に丸めた数値とする。 

泡及び異物の許容個数は,Sに係数を乗じて得られた値の小数点以下を切り捨てた整数値

とする。 

 

6.3(厚さ及びその許容差)の表2(厚さ及びその許容差)の種類欄に5ミリ及び厚さ欄に5.0を追加し,

次の表に置き換える。 

表2−厚さ及びその許容差 

単位 mm 

種類 

厚さ 

許容差 

2ミリ 

2.2 

±0.3 

3ミリ 

3.0 

4ミリ 

4.0 

±0.4 

5ミリ 

5.0 

6ミリ 

6.0 

±0.5 

 

6.4(長さ及び幅並びにその許容差)の表3(長さ及び幅の許容差)の種類欄に5ミリを追加し,次の表に

置き換える。 

表3−長さ及び幅の許容差 

単位 mm 

種類 

許容差 

2ミリ 

+1 
−2 

3ミリ 

4ミリ 

5ミリ 

6ミリ 

±2