>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

日本工業規格

JIS

 R

2619

-1995

耐火断熱れんがの曲げ強さの試験方法

Testing method for modulus of rupture

of insulating fire bricks

1.

適用範囲  この規格は,耐火断熱れんが(以下,断熱れんがという。)の曲げ強さの試験方法について

規定する。

備考  この規格の引用規格を,次に示す。

JIS R 2202

  耐火れんがの寸法の測定方法

JIS Z 8401

  数値の丸め方

2.

装置及び器具

2.1

乾燥装置  乾燥装置は,温度 110±5℃に保つことのできる自動温度調節器付電気恒温器を用いる。

2.2

曲げ強さ試験機  曲げ強さ試験機は,図 のとおりとする。

(1)

試験機は,原則として最大容量が 19.6kN 以下で容量が 19.6kN,9.81kN,4.90kN 及び 1.96kN に調節変

更できる油圧式とし,荷重に際して荷重用ロールに脈動のないものとする。

(2)

目盛の許容差は,それぞれの容量の±

200

1

とする。

(3)

荷重用及び支持用ロールは,焼入鋼にみがき仕上げを施したものとし,その硬さはショア硬さ 70 以上

とする。

また,各ロールの直径は,32mm とする。

(4)

荷重用ロールは球面座に取り付けることができ,支持用ロールは回転できるものでなければならない。

(5)

荷重用及び支持用ロールは,互いに平行とし,荷重用ロールは左右の支持用ロールから等しい距離に

あるものを用いる。

図 1  曲げ強さ試験機

2.3

長さ計  長さ計は,1mm の目盛を付けたものを用いる。

2.4

はかり  はかりは,1g まで測定できるものを用いる。


2

R 2619-1995

3.

試料

3.1

並形断熱れんがの場合は,供試断熱れんがをそのまま試験片とする。

3.2

異形断熱れんがの場合は,供試断熱れんがから並形断熱れんがと同一寸法のものを作り出し,試験

片とする。

3.3

上記の試験片が採取できない場合は,供試断熱れんがから採取できる最大容積の並形断熱れんがと

相似形のものを作り出し,試験片とする。

3.4

試験片は,加圧上下面が平行かつ十分に平滑なものとする。

3.5

試験に用いる試験片は 5 個とする。

4.

操作

4.1

予想される試験片の曲げ強さの最大荷重が,原則として曲げ強さ試験機の容量の 15∼85%になるよ

うに調整する。

4.2

試験片は,あらかじめ 110±5℃で恒量(

1

)

になるまで乾燥した後,試験に用いる。

(

1

)

測定した質量の差が,1g 未満であれば恒量とする。

4.3

試験片の加圧面は並形断熱れんがの場合は,原れんがの 230×114mm の面とする。

また,異形断熱れんがの場合は,並形断熱れんがに準ずる。

4.4

試験片の幅及び厚さは,あらかじめ試験片ごとに測定する(

2

)

(

2

)

寸法の測定は,JIS R 2202による。

4.5

支持用ロールの中心間の距離は,原則として 180mm とする。ただし,3.3 に規定する異形断熱れん

がの場合,支持用ロールの中心間の距離は,試験片の厚さの 3 倍とする。

4.6

加圧速度は,原則として毎秒 74.5±7.8N とし,均一速度で加圧面の中心に荷重を加え,試験片が折

れたときの最大荷重を求める。

5.

計算  曲げ強さ  (T

r

)

は,次の式によって算出し,JIS Z 8401 によって整数に丸める。

2

2

3

bd

wl

T

r

=

ここに,  T

r

:  曲げ強さ(N/cm

2

又は 10

-2

MPa

w

:  最大荷重 (N)

l

:  支持用ロールの中心間の距離 (cm)

b

:  試験片の幅 (cm)

d

:  試験片の厚さ (cm)

6.

報告  断熱れんがの曲げ強さは,5 個の試験片の計算値の平均値を整数に丸めて報告する。

なお,3.3 の試験片の場合は,寸法を付記しなければならない。