>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

日本工業規格

JIS

 R

2614

-1985

耐火断熱れんがの比重及び真気孔率

測定方法

Testing Method for Specific Gravity and True Porosity

of Insulating Fire Bricks

1.

適用範囲  この規格は,耐火断熱れんがの次の各項の試験方法について規定する。

(1)

かさ比重

(2)

真比重

(3)

真気孔率

引用規格: 

JIS R 2202

  耐火れんがの寸法の測定方法

JIS Z 8401

  数値の丸め方

JIS Z 8801

  標準ふるい

2.

装置及び器具

2.1

乾燥装置  乾燥装置は,110±5℃に保つことのできる自動温度調節器付電気恒温器を用いる。

2.2

長さ計  長さ計は,1mm まで測定できるものを用いる。

2.3

はかり  はかりは,かさ比重の測定には 1g まで,真比重の測定には 0.1mg までひょう量できるもの

を用いる。

2.4

比重瓶  比重瓶は,ガラス製比重瓶 50ml を用いる。

3.

試料及び試験片

3.1

かさ比重  並形耐火断熱れんが又は容積を簡単に測定できる異形耐火断熱れんがはそのままの大き

さを試験片とし,複雑な形状の異形耐火断熱れんがは,並形耐火断熱れんがに準じて容積が測定できる形

状の試験片を作る。

なお,試験片の取扱いについては,次の各号を注意する。

(1)

試験片はあらかじめ,ちり,ほこり及びはがれやすい粒子をよく除去しておかなければならない。

(2)

外観上,甚だしい凹凸のない試験片を用いなければならない。

(3)

試験に用いる試験片は 5 個とする。

3.2

真比重  供試耐火断熱れんがの表面を完全に除去し,JIS Z 8801(標準ふるい)の標準網ふるい

6.73mm

を通過するように粉砕し,四分法によって約 250g を採る。

次いで標準網ふるい 297

µm を全通するように粉砕し,四分法によって約 30g を採り試料とする。

なお,試験に用いる試料は 2 個とする。


2

R 2614-1985

4.

操作

4.1

かさ比重  試験片をあらかじめ 110±5℃で恒量(

1

)

になるまで乾燥し,その質量を 1g まで量る。次に

試験片の長さ,幅及び厚さの各々の平均寸法を測定し(

2

)

,容積を求める。

(

1

)

測定した質量が,1g 以上の差がなければ恒量とする。

(

2

)

寸法の測定は,JIS R 2202(耐火れんがの寸法の測定方法)に準ずる。

4.2

真比重  試料を 4.1 に準じて乾燥し,その 8∼10g をあらかじめ質量の分かった 50ml 比重瓶に採って

その質量を 0.1mg まで量る。次に比重瓶に約半量の蒸留水を入れ,湯浴上で静かに熱して,水中の泡を取

り除き,更に真空デシケーターに入れ,アスピレーターで十分に吸引した後常温まで冷却する。これに蒸

留水を標線まで満たしてその質量を量る。

なお,質量は 0.1mg まで正確に量る。

5.

計算

5.1

かさ比重  かさ比重は,次の式によって算出し,JIS Z 8401(数値の丸め方)によって小数点以下 2

けたに丸める。

V

M

D

b

=

ここに,  D

b

:  かさ比重

M

:  乾燥試験片の質量 (g)

V

:  試験片の容積 (cm

3

)

5.2

    重  真比重は,次の式によって算出し,JIS Z 8401 によって小数点以下 2 けたに丸める。

(

) (

)

2

3

1

1

P

P

P

P

P

P

D

t

=

ここに,

D

t

:  真比重

P

:  比重瓶の質量 (g)

P

1

:  比重瓶に試料を入れたときの質量 (g)

P

2

:  比重瓶に蒸留水を標線まで入れたときの質量 (g)

P

3

:  比重瓶に試料を入れ,更に蒸留水を標線まで入れたときの質

量 (g)

5.3

真気孔率  真気孔率は,次の式によって算出し,JIS Z 8401 によって小数点以下 1 けたに丸める。

100

1

×

÷÷ø

ö

ççè

æ

=

t

b

t

D

D

P

ここに,

P

t

:  真気孔率

D

b

:  同一れんがのかさ比重

D

t

:  同一れんがの真比重

6.

報告  耐火断熱れんがのかさ比重は,5 個の試料の平均値,真比重及び真気孔率は 2 個の試料の平均

値をもって報告する。ただし,かさ比重及び真比重は,JIS Z 8401 によって小数点以下 2 けたに,真気孔

率は JIS Z 8401 によって小数点以下 1 けたに丸めて報告する。