>サイトトップへ  >このカテゴリの一覧へ

R 1705

:2010

(1) 

まえがき

この追補は,工業標準化法に基づき,日本工業標準調査会の審議を経て,経済産業大臣が改正したもの

で,これによって,JIS R 1705:2008 は改正され,一部が置き換えられた。


   

日本工業規格

JIS

 R

1705

:2010

ファインセラミックス−光照射下での

光触媒抗かび加工製品の抗かび性試験方法

(追補 1)

Fine ceramics (advanced ceramics, advanced technical ceramics) -

Test method for antifungal activity of photocatalytic products under

photoirradiation

(Amendment 1)

JIS R 1705:2008

を,次のように改正する。

箇条 4(試験に用いるかび)を,すべて次に置き換える。

試験に用いるかび 

試験に用いるかび(以下,試験用のかびという。

)の種類は,次による。

これら試験用のかびの菌株は,

独立行政法人製品評価技術基盤機構が分譲している菌株である。

ただし,

国際微生物株保存連盟又は日本微生物資源学会に加盟している機関において保存されている同一系統の菌

株を使用することができる(

表 参照)。

a)

アスペルギルス  ニガー(Aspergillus niger

b)

ペニシリウム  ピノヒルム(Penicillium pinophilum


2

R 1705

:2010

   

表 1−試験用のかびの菌株 

かびの種類

株番号

保存機関

Aspergillus niger 

NBRC 105649 *

ATCC 6275

CBS 769.97

NRRL 334

独立行政法人製品評価技術基盤機構バイオテクノロジー

本部生物遺伝資源部門,千葉県木更津市

American Type Culture Collection, Rockville, Maryland,

U.S.A.

Centraalbureau voor Schimmelcultures, Fungal Biodiversity

Centre, Utrecht, the Netherlands

Agricultural Research Service, U.S. Department of

Agriculture, Peoria, Illinois, U.S.A.

Penicillium pinophilum 

NBRC 6345

ATCC 9644

DSM 1960

CBS 170.60

NRRL A-5245

独立行政法人製品評価技術基盤機構バイオテクノロジー
本部生物遺伝資源部門,千葉県木更津市

American Type Culture Collection, Rockville, Maryland,

U.S.A.

Deutsche Sammlung von Mikro-orgamismen und Zellkulturen

GmbH, Braunschweig, Germany

Centraalbureau voor Schimmelcultures, Fungal Biodiversity

Centre, Utrecht, the Netherlands

Agricultural Research Service, U.S. Department of

Agriculture, Peoria, Illinois, U.S.A.

注*

独立行政法人製品評価技術基盤機構から分譲を受けた菌株 NBRC 6341 を用いてもよい。

9.2

(試験結果の報告例)の

表 2[試験結果の報告(例)]において,例示記載のある試験菌・株番号欄の

A. niger NBRC 6341”を,

A. niger NBRC 105649”に置き換える。