>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

R 1703-2

:2014

(1)

目  次

ページ

序文  

1

1

  適用範囲  

1

2

  引用規格  

1

3

  用語及び定義  

2

4

  試験装置  

2

4.1

  器具及び装置  

2

4.2

  試薬  

3

4.3

  試験室の温度及び湿度  

3

4.4

  試料の標準状態  

3

5

  試験操作  

3

5.1

  試験片の調製  

3

5.2

  有機物の除去  

4

5.3

  メチレンブルー吸着液及びメチレンブルー試験液の調製  

4

5.4

  試験片の実験準備  

4

5.5

  放射照度の調整  

4

5.6

  メチレンブルーの吸着  

5

5.7

  初期吸光スペクトルの測定  

5

5.8

  紫外光照射によるメチレンブルー分解  

6

5.9

  暗条件によるメチレンブルー吸着 

6

6

  試験結果の計算  

6

7

  試験結果の報告  

8

附属書 JA(参考)JIS と対応国際規格との対比表  

9


R 1703-2

:2014

(2)

まえがき

この規格は,工業標準化法第 14 条によって準用する第 12 条第 1 項の規定に基づき,一般社団法人日本

ファインセラミックス協会(JFCA)及び一般財団法人日本規格協会(JSA)から,工業標準原案を具して

日本工業規格を改正すべきとの申出があり,日本工業標準調査会の審議を経て,経済産業大臣が改正した

日本工業規格である。

これによって,JIS R 1703-2:2007 は改正され,この規格に置き換えられた。

この規格は,著作権法で保護対象となっている著作物である。

この規格に従うことは,

次に示す特許権及び出願公開後の特許出願の使用に該当するおそれがあるので,

留意すること。

−  発明の名称

光触媒活性の測定方法及び光触媒活性評価フィルム

−  設定の登録年月日 2003 年 7 月 11 日 

−  発明の名称

光触媒活性の測定方法およびその装置

−  設定の登録年月日 2001 年 11 月 2 日 

上記の,特許権等の権利者は,非差別的かつ合理的な条件でいかなる者に対しても当該特許権等の実施

を許諾等する意思のあることを表明している。ただし,この規格に関連する他の特許権等の権利者に対し

ては,同様の条件でその実施が許諾されることを条件としている。

この規格に従うことが,必ずしも,特許権の無償公開を意味するものではないことに注意する必要があ

る。

この規格の一部が,上記に示す以外の特許権等に抵触する可能性がある。経済産業大臣及び日本工業標

準調査会は,このような特許権等に関わる確認について,責任はもたない。

なお,ここで“特許権等”とは,特許権,出願公開後の特許出願又は実用新案権をいう。

JIS R 1703

の規格群には,次に示す部編成がある。

JIS R 1703-1

第 1 部:水接触角の測定

JIS R 1703-2

第 2 部:湿式分解性能


日本工業規格

JIS

 R

1703-2

:2014

ファインセラミックス−

光触媒材料のセルフクリーニング性能試験方法−

第 2 部:湿式分解性能

Fine ceramics (advanced ceramics, advanced technical ceramics)-

Test method for self-cleaning performance of photocatalytic materials-

Part 2: Decomposition of wet methylene blue

序文 

この規格は,2010 年に第 1 版として発行された ISO 10678 を基とし,この ISO 10678 の一部の内容を追

加し,整合させるため,技術的内容を変更して作成した日本工業規格である。

なお,この規格で側線又は点線の下線を施してある箇所は,対応国際規格を変更している事項である。

変更の一覧表にその説明を付けて,

附属書 JA に示す。

適用範囲 

この規格は,平板状の光触媒材料のセルフクリーニング性能に影響を与える指標のうち,湿式分解性能

の測定について規定する。

ただし,水が染み込んで保持できないような透水性のある光触媒材料には適用しない。

なお,この規格は,主として太陽光の照射下において波長 300∼380 nm の紫外線領域で効果を示す光触

媒を対象としている。

注記  この規格の対応国際規格及びその対応の程度を表す記号を,次に示す。

ISO 10678:2010

,Fine ceramics (advanced ceramics, advanced technical ceramics)−Determination of

photocatalytic activity of surfaces in an aqueous medium by degradation of methylene blue(MOD)

なお,対応の程度を表す記号“MOD”は,ISO/IEC Guide 21-1 に基づき,

“修正している”

ことを示す。

引用規格 

次に掲げる規格は,この規格に引用されることによって,この規格の規定の一部を構成する。これらの

引用規格は,その最新版(追補を含む。

)を適用する。

JIS K 0557

  用水・排水の試験に用いる水

JIS K 0970

  ピストン式ピペット

JIS K 7100

  プラスチック−状態調節及び試験のための標準雰囲気

JIS K 8034

  アセトン(試薬)

JIS K 8101

  エタノール(99.5)

(試薬)


2

R 1703-2

:2014

JIS K 8897

  メチレンブルー(試薬)

JIS R 1702

  ファインセラミックス−光触媒抗菌加工製品の抗菌性試験方法・抗菌効果

JIS R 1703-1

  ファインセラミックス−光触媒材料のセルフクリーニング性能試験方法−第 1 部:水接

触角の測定

JIS R 1709

  ファインセラミックス−紫外線励起形光触媒試験用光源

JIS R 3505

  ガラス製体積計

JIS Z 8401

  数値の丸め方

JIS Z 8703

  試験場所の標準状態

用語及び定義 

この規格で用いる主な用語及び定義は,JIS R 1703-1 によるほか,次による。

3.1

湿式分解性能(decomposition performance in an aqueous medium)

製品の表面において,溶液中の有機物を酸化分解する能力。

3.2

分解活性指数,R(decomposition activity index)

湿式分解性能を利用した光触媒材料のセルフクリーニング性能の尺度となる値。

注記  分解活性指数は,μmol/L/min で表す。

3.3

光照射下での分解活性指数,R

irr

(decomposition activity index under UV irradiation)

湿式分解性能を利用した光触媒材料の光照射下でのセルフクリーニング性能の尺度となる値。

注記  光照射下での分解活性指数は,μmol/L/min で表す。

3.4

暗所吸着指数,R

dark

(adsorption index in dark)

光触媒材料の暗所での吸着性能の尺度となる値。

注記  暗所吸着指数は,μmol/L/min で表す。

試験装置 

4.1 

器具及び装置 

4.1.1

試験セル  ポリエチレン,ポリプロピレン,PMMA,ガラスなどのメチレンブルーを吸着しない材

質で,内径が 40 mm,高さが 30 mm の円筒形とする。試験中に円筒底面と試験片の間から液漏れがないよ

う,底面の平滑性の高いものが望ましい。製品の形状によって,φ40 mm の試験セルを載せるのが困難な

場合は,同様の材質で,内側の断面積及び高さが同等のセルを用いてもよい。

4.1.2

ピペット  JIS K 0970 又は JIS R 3505 のクラス A 又はこれと同等の精度をもつものとする。

4.1.3

分光光度計  波長域 600∼700 nm の吸光スペクトルが,バンド幅 1 nm で,小数点以下 3 桁まで測

定できるものとする。

4.1.4

分光光度計用測定セル  ガラス又は樹脂製で,光路長 10 mm のもの。波長域 600∼700 nm での透

過率が 80 %以上のものとする。

4.1.5

ブラックライトブルー蛍光ランプ  JIS R 1709 に規定するもの。

注記  一般に,UVA と呼ばれる紫外線を出すランプで 351 nm にピーク放射をもつものであって,可


3

R 1703-2

:2014

視光を吸収する青色ガラスを使用した紫外線蛍光ランプを使用することを推奨する。

4.1.6

紫外光照射装置  ランプからの光が,試験片に均一に照射され,周囲からの光を遮断することがで

き,放射照度を調整できるように,試験片又はランプの位置を可動形とする。ランプ反射板を取り付ける

場合は,

紫外放射の吸収及び劣化の少ない材料を使用し,

試験片位置で放射照度が測定できる構造とする。

4.1.7

紫外放射照度計  JIS R 1709 に規定するもの。

4.1.8

ガラス板試験片  厚みが 2 mm 以内の光触媒加工していないガラス板から切り取ったもので,表面

が平滑で,JIS R 1702 の 7.6(透過率の測定)に規定する方法で 350∼360 nm の透過率が 70 %以上のもの。

試験セルをシリコーングリースで固定してメチレンブルー吸着液及びメチレンブルー試験液が保持できる

もの。

4.1.9

カバーガラス  厚みが 1.1 mm 以内の光触媒加工していないガラス板から切り取ったもので,表面

が平滑で,JIS R 1702 の 7.6 に規定する方法で 350∼360 nm の透過率が 70 %以上のもの。試験セルの上部

を塞ぎ,メチレンブルー吸着液及びメチレンブルー試験液の蒸発を防止することができるもの。

4.2 

試薬 

4.2.1

エタノール  JIS K 8101 に規定する 1 級以上のものとする。

4.2.2

アセトン  JIS K 8034 に規定する特級のものとする。

4.2.3

メチレンブルー  JIS K 8897 に規定するものとする。

4.2.4

精製水  JIS K 0557 に規定の A3 又は A4 に適合するものとする。

4.2.5

シリコーングリース  高真空用で耐薬品性のものとする。

4.3 

試験室の温度及び湿度 

試験室は,JIS K 7100 に規定する標準温度状態 3 級及び標準湿度状態 3 級[温度(23±5)  ℃,相対湿度

(

20

10

50


) %],又は JIS Z 8703 に規定する標準温度状態 20  ℃  5 級及び標準湿度状態 65 % 10 級[温度(20±

5)  ℃,相対湿度(65±10) %]とすることが望ましい。試験結果の報告には,適用した試験室の温度及び湿

度を記録しなければならない。

4.4 

試料の標準状態 

試料は通常,製造後 12 時間以上経過したものであって,試験前 1 時間以上,4.3 に規定する状態に置か

なければならない。

試験操作 

5.1 

試験片の調製 

試験片の調製は,次による。

a)

光触媒材料の平らな部分を 60±2 mm 角の大きさに切り取り,これを標準の大きさの試験片とする。

これらを 3 個準備する。紫外光照射を行わない暗条件の試験を加える場合は,更に 3 個準備する。

b)

試験片と同じ大きさのガラス板試験片 1 個を準備する。紫外放射の 351 nm における透過率 T

glass

(%)

をあらかじめ測定しておく。透過率が 70 %以上であれば,ガラスの種類,厚みなどは特に規定しない。

c)

試験片の調製に当たっては,油などの有機物汚染,光触媒材料間の相互汚染などに十分注意する。試

験片は,光触媒材料そのものから採取することが望ましいが,光触媒材料の形状から試験片の調製が

困難な場合は,同じ原料及び加工方法で別途同一材質の平板基材状に加工したものから試験片を調製

してもよい。

d)

光触媒材料を 60±2 mm 角に切り取ることが困難又は不可能な場合,試験セルを載せることが可能な

試験片の形状及び大きさであれば,ここに規定する形状及び大きさ以外の試験片を使用してもよい。


4

R 1703-2

:2014

e)

試験セルを載せることができない小さな光触媒材料であっても,これらを複数個並べて貼り付けるな

どして,一定の面積が得られれば,これらを試験片とすることができる。

f)

フィルムのような平板状の試験片の場合,底を封じた試験セルにφ40 mm に切り出した試験片を沈め

て,評価をしてもよい。

5.2 

有機物の除去 

有機物の除去は,次による。

a)

試験片全面をエタノール,アセトンなどの溶剤で洗浄した後,精製水で洗浄し,試験室で 24 時間以上

乾燥させる。必要に応じて,界面活性剤による洗浄,超音波洗浄などを併用してもよい。これらの処

理によって,試験片の軟化,表面の塗装の溶解,成分の溶出などの変化を招き,これらが原因で試験

結果に影響を及ぼすと判断される場合においては,他の適切な方法を用いて清浄化してもよい。

b)

このように準備した試験片に,ブラックライトブルー蛍光ランプで,放射照度が 1 mW/cm

2

以上の紫

外光を 24 時間以上照射し,洗浄後も残留した有機物汚れを光触媒によって分解する。

c)

試験する光触媒材料が新しい場合など,このような清浄化工程を省略してもよい。

5.3 

メチレンブルー吸着液及びメチレンブルー試験液の調製 

メチレンブルーを,精製水に完全に溶解させ,希釈する。メチレンブルー吸着液は 20±2 μmol/L,メチ

レンブルー試験液は 10±1 μmol/L の濃度とする。メチレンブルー試験液は試験の都度,使用する直前に調

製することが望ましいが,調製後すぐに使用できない場合は,光を遮断して冷蔵保存し,1 週間以内に使

用する。

5.4 

試験片の実験準備 

試験セルの,試験片と接する試験セルの底面にシリコーングリースを塗布し,全ての試験片の試験面中

央に試験セルを置いて,上から押し付け,固定する。押し付けるときに試験面を汚染しないように注意す

る。試験面は,光触媒材料が担持されている基材の表面とする。内部まで光触媒が担持されている光触媒

材料であっても,切断面は試験面としない。

5.5 

放射照度の調整 

放射照度の調整は,次による。

a)

メチレンブルー試験液 35.0±0.3 mL を 5.1 で準備したガラス板試験片を底面とする試験セルに入れ,

乾燥を防ぐためにカバーガラスで蓋をする。カバーガラスは,紫外光を通しやすくするために薄いも

のが望ましく,大きさは 50±2 mm 角の正方形とする。メチレンブルー試験液の蒸発を防止すること

ができれば,大きさ,形などは適宜変更してもよい。試験前に溶剤などによる洗浄を行うことによっ

て,カバーガラス表面を曇りにくくしてから使用する。

b)

試験セルの中心と紫外放射照度計受光部の中心とが一致するように,紫外放射照度計を当てる。カバ

ーガラス,メチレンブルー試験液及びガラス板試験片を通過した紫外光の放射照度を紫外放射照度計

で測定し,試験片表面での紫外放射照度が 1.00±0.05 mW/cm

2

となるように,式(1)を満たすようなブ

ラックライトブルー蛍光ランプと試験片との位置関係を決める。

0.05

00

.

1

100

glass

±

=

×

T

I

  (1)

ここに,

I

紫外放射照度計の読み(

mW/cm

2

T

glass

ガラス板試験片の

351 nm

における透過率(

%

c)

照射装置の内面に反射材をもつものを使用した場合には,内面を反射した光が,ガラス板試験片と紫

外放射照度計のセンサー部との隙間から入射する可能性があるので,センサー部の側面を遮蔽するよ


5

R 1703-2

:2014

うな覆いを設けるなど,試験セルの内側を通過した照射光だけを導くようにする。

d)

ブラックライトブルー蛍光ランプは,電源を入れた直後は出力が安定しないため,試験

15

分以上前に

電源を入れて,試験開始時には安定させておく。

5.6 

メチレンブルーの吸着 

メチレンブルーの吸着は,次による。

a)

5.4

で準備した

3

個の試験片上の試験セルの中に,メチレンブルー吸着液

35.0

±

0.3 mL

を注入してカ

バーガラスで蓋をし,光が照射されないように注意を払いながら,

12

時間以上

24

時間以内静置する。

b)

メチレンブルー吸着液を取り出し,吸光スペクトルを測定する。この吸光度がメチレンブルー試験液

の吸光度より高い場合は,吸着を完了とする。吸光度がメチレンブルー試験液の吸光度より低い場合

は,5.8 に加えて 5.9 を行わなければならない。

c)

吸光スペクトルの測定は,試験片

3

個のうち

1

個について行えばよい。

d)

吸光スペクトルの測定は,対照セルに精製水を入れて,測定セルに必要な分量のメチレンブルー吸着

液又はメチレンブルー試験液をピペットで試験セルから採取し,

600

700 nm

の波長域での吸光スペ

クトルを

1 nm

間隔で分光光度計で測定する。スペクトル測定が困難な場合は,測定波長を

664 nm

固定して,吸光度を測定してもよい。

e)

測定後,メチレンブルー吸着液は元の試験セルに戻す。メチレンブルー吸着液は,測定セルとピペッ

トへの残留を極力抑えるように注意する。また,試験セル内のメチレンブルー吸着液を採取する前に

ピペットでかくはんするなど,メチレンブルー吸着液の濃度に偏りを少なくするように,注意する。

5.7 

初期吸光スペクトルの測定 

メチレンブルーの吸着が終了したら,試験片にセットされた試験セル中のメチレンブルー吸着液を取り

出し,新しいメチレンブルー試験液

35.0

±

0.3 mL

を注入する。残ったメチレンブルー試験液の吸光スペク

トルを測定し,これを初期スペクトルとする。

図 に吸光スペクトルの一例を示すように最大吸収の吸光

Abs.(0)

と,そのときの最大吸収波長を読み取る。又は,測定波長を

664 nm

に固定して吸光度を測定し

てもよい。

図 1−吸光スペクトルの一例


6

R 1703-2

:2014

5.8 

紫外光照射によるメチレンブルー分解 

紫外光照射によるメチレンブルー分解は,次による。

a)

図 に示すような状態で,全ての試験片に,

1.00

±

0.05 mW/cm

2

の紫外光を

20

分間照射する。照射後

直ちに,メチレンブルー試験液の吸光度を測定する。

b)

次に,測定に使用したメチレンブルー試験液を速やかに試験セルに戻し,再び紫外光を照射する。

c)

このような手順で紫外光を

20

分間照射して吸光度を測定する作業を,照射時間の合計が

3

時間になる

まで(

9

回)繰り返す。

d)

なお,

初期吸光スペクトルを波長

664 nm

に固定して測定した場合は,

20

分ごとの吸光度測定を

664 nm

に固定して全て(

9

回)測定しなければならない。

e)

照射時間の経過とともに,最大吸収波長が変化することがあるが,初期スペクトル(光照射

0

分後)

の最大吸収波長における吸光度を読み取る。スペクトル測定ごとの最大吸収の吸光度を読み取っては

ならない。

図 2−実験方法の模式図

5.9 

暗条件によるメチレンブルー吸着 

紫外光照射を行わない暗条件によるメチレンブルーの吸着は,次による。

a)

図 に示すような状態で,暗幕,暗箱などを使用して,全ての試験片に紫外光を照射しない状態で

20

分間放置する。その後直ちに,メチレンブルー試験液の吸光度を測定する。

b)

次に,測定に使用したメチレンブルー試験液を速やかに試験セルに戻し,再び暗条件で放置する。

c)

このような手順で暗条件で

20

分間放置して吸光度を測定する作業を,放置時間の合計が

3

時間になる

まで(

9

回)繰り返す。

d)

なお,

初期吸光スペクトルを波長

664 nm

に固定して測定した場合は,

20

分ごとの吸光度測定を

664 nm

に固定して全て(

9

回)測定しなければならない。

e)

放置時間の経過とともに,最大吸収波長が変化することがあるが,初期スペクトル(試験開始

0

分後)

の最大吸収波長における吸光度を読み取る。スペクトル測定ごとの最大吸収の吸光度を読み取っては

ならない。

試験結果の計算 

次の手順によって分解活性指数を求める。

a)

(2)

によって,吸光度を濃度に換算するための換算係数

K

を求める。


7

R 1703-2

:2014

( )

( )

0

0

Abs.

c

K

=

  (2)

ここに,

K

換算係数(

μmol/L

Abs.(0)

光照射

0

分後の最大吸収波長の吸光度

c (0)

光照射

0

分後のメチレンブルー試験液濃度(

10 μmol/L

b)

換算係数

K

を用いて,式

(3)

によって吸光度

Abs.(t)

を,

t

分後のメチレンブルー試験液濃度

c(t)

に換算す

る。

c(t)

K

×

Abs.(t)  (3)

ここに,

c(t)

光照射

t

分後のメチレンブルー試験液の濃度(

μmol/L

Abs.(t)

: 光照射

t

分後の吸光度

注記

一般に,吸光度は濃度に比例する(

Beer

の法則)ことから,この換算係数を用いて,吸光度

から濃度を算出することができる。

c)

縦軸に

c(t)

を,横軸に紫外光照射時間(分)をとり,

1

個の試験片に関するデータ

9

点を

図 のように

プロットする(

t

20

40

60

80

100

120

140

160

180

d)

試験片ごとに,プロットした

9

点から作られる直線の傾きを最小二乗法によって求める。

3

個の試験

片各々について求めた傾きを,

a

n

n

1

2

3

)とする。

注記

図 のデータでは,直線の傾きは

0.005 3

と求められる。

図 3a

n

の導出

e)

(4)

によって,光照射下での分解活性指数

R

irr

を求める。計算の処理は,JIS Z 8401 によって丸めの

幅:

0.1

として数値を丸める。

3

3

2

1

10

3

)

(

×

+

+

=

a

a

a

R

irr

  (4)

ここに,

  R

irr

光照射下での分解活性指数(

nmol/L/min

a

n

3

個の試験片各々について求めた傾き(

n

1

2

3

μmol/L/min

f)

暗条件の試験を行った場合は,a)e)において光照射の代わりに,暗所での放置として読替えて,暗

所吸着指数

  R

dark

を求める。


8

R 1703-2

:2014

g)

分解活性指数

R

は式

(5)

によって求める。暗条件の試験を行わない場合は

R

dark

0

として計算する。

R

R

irr

R

dark

(5)

ここに,

R

分解活性指数(

nmol /L/min

R

irr

光照射下での分解活性指数(

nmol /L/min

R

dark

暗所吸着指数(

nmol /L/min

試験結果の報告 

試験の結果は,次の項目について報告する。

a)

規格番号

b)

試験年月日

c)

試験片の種類,大きさ及び形状

d)

試験片の有機物の除去方法及び紫外光照射時間

e)

試験室の温度,湿度

f)

吸光度の測定波長

g)

分解活性指数

h)

ブラックライトブルー蛍光ランプの製造業者名・形式・ランプ数・ピーク放射の波長

i)

紫外放射照度計の製造業者名・形式

j)

φ

40 mm

の円筒形以外の形状の試験セルを使用した場合,試験セルの形状及び寸法

k)

メチレンブルーの吸着

1

回の吸着液の吸光度

l)

その他試験条件を必要に応じて変更した場合は変更点


9

R 1703-2

:2014

附属書 JA

(参考)

JIS

と対応国際規格との対比表

JIS R 1703-2:2014

  ファインセラミックス−光触媒材料のセルフクリーニン

グ性能試験方法−第 2 部:湿式分解性能 

ISO 10678:2010

  Fine ceramics (advanced ceramics, advanced technical ceramics) −

Determination of photocatalytic activity of surfaces in an aqueous medium by degradation of 
methylene blue 

(I)JIS の規定

(II)

国際

規格
番号

(III)国際規格の規定

(IV)JIS と国際規格との技術的差異の箇条ごとの評

価及びその内容

(V)JIS と国際規格との技術的差

異の理由及び今後の対策

箇条番号

及び題名

内容

箇条

番号

内容

箇条ごと

の評価

技術的差異の内容

1  適用範囲

光 触 媒 材 料 の セ ル
フ ク リ ー ニ ン グ 性

能を試験する方法。

透水性材料,可視光
光触媒は適用外。

 1

光触媒活性を試験する
方法でセルフクリーニ

ング性能も含まれる。

可視光,直接汚れ,ガ
ス分解及び抗微生物評

価は適用外。

追加

透水性材料は適用外を追加した。

ISO

規格改正時に提案する。

2  引用規格

3  用語及び定

JIS

とほぼ同じ

削除 
 
追加

ISO

規格の 2.2 光子効率の用語は JIS 

記載がないため削除した。 
湿式分解性能を追加した。

暗所での試験方法を規定したことに伴

い,暗所吸着指数を追加。

実質的な技術的な差異はなし。

記号及び単位

削除

式の中で説明しており実質的には差異
はなし。

目的及び原理

削除

試験の目的及び原理を記載する必要性

はない。

4  試験装置

試 験 に 使 用 す る 器

具,装置及び試薬を
4.1 及び 4.2 で規定。

 5

JIS

とほぼ同じ

追加

測定の精度向上を図るため具体的に JIS

を追加規定した。

実質的な技術的な差異はなし。

4.3  試 験 室 の
温度及び湿度

JIS

とほぼ同じ

変更

JIS

は試験室の温湿度管理。ISO 規格は

試験液(23±2℃)の温度管理。

実質的な技術的な差異はなし。

9

R

 170

3-2


201

4


10

R 1703-2

:2014

(I)JIS の規定

(II) 
国際

規格

番号

(III)国際規格の規定

(IV)JIS と国際規格との技術的差異の箇条ごとの評
価及びその内容

(V)JIS と国際規格との技術的差
異の理由及び今後の対策

箇条番号

及び題名

内容

箇条

番号

内容

箇条ごと

の評価

技術的差異の内容

4.4  試 料 の 標
準状態

追加

結果への精度向上のため追加規定した。

ISO

規格改正時に提案を検討す

る。

5.1  試 験 片 の
調製

試 験 片 の 要 件 を 規
定。

 8 JIS とほぼ同じ

追加

JIS

は 60±2 mm 角,試験セルを載せる

ことが可能であれば規定外の大きさで

も可。

試験片の数は規定あり。

ISO

規格は(100±1) mm

2

∼(1 500±15)

mm

2

,試験片の数は規定なし。

ISO

規格改正時に JIS を提案す

る。

5.2  有 機 物 の
除去

溶 剤 で 洗 浄 後 ブ ラ

ッ ク ラ イ ト ブ ル ー
蛍 光 ラ ン プ で 紫 外

光照射。

 8 JIS とほぼ同じ

変更

JIS

は放射照度が 1 mW/cm

2

以上の紫外

光を 24 時間以上照射。

ISO

規格は UV ライトで λ<400 nm 以下,

UV 強度 E>10 W/m

2

の光源で 24∼72 時

間。

実質的な技術的な差異はなし。

5.3  メ チ レ ン
ブルー吸着液

及びメチレン

ブルー試験液
の調製

各液の濃度を規定。

7

JIS

とほぼ同じ

変更

JIS

は試験液濃度 10±1  μmol/L。吸着液

濃度は 20±2 μmol/L。

ISO

規格は試験液濃度 10±0.5 μmol/L。

吸着液濃度は 20±1 μmol/L。

実質的な技術的な差異はなし。

5.4  試 験 片 の
実験準備

シ リ コ ー ン グ リ ー

スを規定

 5.2

JIS

とほぼ同じ

変更

JIS

はシリコーングリースを使用。

ISO

規格は適当な接着剤を使用。

実質的な技術的な差異はなし。

5.5  放 射 照 度
の調整

a)  カバーガラスの

大きさを規定

 5.3

JIS

とほぼ同じ

追加

JIS

はカバーガラスの大きさは 50±2

mm 角の正方形と規定。 
ISO

規格は大きさが規定なし。

調整時の条件を ISO 規格改正時

に提案する。

d)  ブラックライト

ブルー蛍光ラン

プの安定

JIS

は 15 分以上前に電源を入れて安定。

5.6  メ チ レ ン
ブルーの吸着

8

JIS

とほぼ同じ

追加

JIS

は予備吸着時間は 12 時間以上 24 時

間以内。

ISO

規格は吸着時間は,12 時間以上で条

件を満たさない場合は繰り返し。

暗所の実施判断基準を ISO 規格
改正時に提案する。

10

R

 170

3-2


201

4


11

R 1703-2

:2014

(I)JIS の規定

(II) 
国際

規格

番号

(III)国際規格の規定

(IV)JIS と国際規格との技術的差異の箇条ごとの評
価及びその内容

(V)JIS と国際規格との技術的差
異の理由及び今後の対策

箇条番号

及び題名

内容

箇条

番号

内容

箇条ごと

の評価

技術的差異の内容

5.8  紫 外 光 照
射によるメチ
レンブルー分

実 験 方 法 の 模 式 図

を規定。

 5.2,

解説

JIS

とほぼ同じ

削除

ISO

規格は解説に 2 種類の試験方法の模

式図を規定。

JIS

では 1 本のセルで問題なく試

験が可能のため,2 本の試験セル
の方法は不要と判断。ISO 規格改

正時に JIS を提案する。

5.9  暗 条 件 に
よるメチレン
ブルー吸着

10

JIS

とほぼ同じ

追加

JIS

は暗所での試験方法を規定。ISO 

格は暗条件の方法は規定なし。

ISO

規格には暗所での試験方法

が記載されていないので,ISO 
格改正時に JIS を提案する。

12

繰返し性及び再現性

削除

JIS

は規定はないが個々の試験方法で繰

返し性及び再現性を図る方法で規定。

ISO

規格は繰返し性及び再現性を規定。

JIS

は実質的に問題はない。

6  試験結果の
計算

計算方法を規定。

10 
11.1 
11.2

JIS

とほぼ同じ

変更

JIS

は最小二乗法によって計算する。

ISO

規格は微分法による特定分解速度

(分解活性指数)の計算方法を規定。

分解活性指数の計算方法は,微分
法で行う必要がないと判断,実質

的に問題なし。

11.3

光子 UV 照射強度の計

算方法

削除

JIS

は規定なし。ISO 規格は光子 UV 照

射強度の計算方法を規定。

光子効率を求めるための過程で

あり,実質的に問題なし

11.4

平均 UV 照射強度の計
算方法

削除

JIS

は規定なし。

光子効率を求めるための過程で
あり,実質的に問題なし

11.5

平均光子 UV 照射強度

の計算方法

削除

JIS

は規定なし。

光子効率を求めるための過程で

あり,実質的に問題なし

11.7

光子効率の計算方法

削除

JIS

は規定なし。

光子効率は JIS では不要と判断。

7  試験結果の
報告

試 験 結 果 の 報 告 事

項について規定。

 13

JIS

とほぼ同じ

追加

暗所で行った場合についての規定を追

加した。

ISO

規格改正時に JIS を提案す

る。

JIS

と国際規格との対応の程度の全体評価:ISO 10678:2010,MOD

注記 1  箇条ごとの評価欄の用語の意味は,次による。 

−  削除  国際規格の規定項目又は規定内容を削除している。

−  追加  国際規格にない規定項目又は規定内容を追加している。

−  変更  国際規格の規定内容を変更している。

注記 2  JIS と国際規格との対応の程度の全体評価欄の記号の意味は,次による。 

−  MOD  国際規格を修正している。

11

R

 170

3-2


201

4