>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

R 1639-4 : 1999

(1) 

まえがき

この規格は,工業標準化法に基づいて,日本工業標準調査会の審議を経て,通商産業大臣が制定した日

本工業規格である。

この規格の一部が,技術的性質をもつ特許権,出願公開後の特許出願,実用新案権,又は出願公開後の

実用新案登録出願に抵触する可能性があることに注意を喚起する。通商産業大臣及び日本工業標準調査会

は,このような技術的性質をもつ特許権,出願公開後の特許出願,実用新案権,又は,出願公開後の実用

新案登録出願にかかわる確認について,責任はもたない。

JIS R 1639-4

:1999 には,次に示す附属書がある。

附属書(規定)  流動度測定装置の検定


日本工業規格

JIS

 R

1639-4

: 1999

ファインセラミックス−

か(顆)粒特性の測定方法−

第 4 部:流動度

Test methods of properties of fine ceramic granules

Part 4 : Flowability

1.

適用範囲  この規格は,数十から数百

µm のファインセラミックスか粒の流動度の測定方法について

規定する。

2.

引用規格  次に掲げる規格は,この規格に引用されることによって,この規格の規定の一部を構成す

る。これらの引用規格は,その最新版を適用する。

JIS B 0601

  表面粗さ−定義及び表示

JIS B 7510

  精密水準器

JIS R 1600

  ファインセラミックス関連用語

JIS R 3503

  化学分析用ガラス器具

JIS R 6003

  研摩材のサンプリング方法

JIS R 1639-3

  ファインセラミックス−か(顆)粒特性の測定方法−第 3 部:乾燥減量

JIS Z 8401

  数値の丸め方

JIS Z 8901

  試験用粉体及び試験用粒子

3.

定義  この規格で用いる主な用語の定義は,JIS R 1600 によるほか,次による。

a)

か粒  微粒子の造粒操作によって製造した粒子集合体。

b)

か粒特性  か粒の特性を表す代表的な性質。

c)

流動度  か粒が漏斗から 1 秒間に排出する平均質量。

d)

検定流動度  装置の特性を表示するために,検定用試料を使用して測定した流動度。

4.

サンプリング方法  試験する試料のサンプリング方法は,JIS R 6003 に規定する 3.(サンプリング方

法)

,及び 4.(試料調整法)による。

調整試料の 1 試料の量は,かさ体積で約 40∼50cm

3

とする。

5.

装置及び器具  装置及び器具は,次による。

a)

測定用漏斗  形状及び寸法は,付図 に示すもので,材質はステンレス鋼製とする。測定用漏斗の排


2

R 1639-4 : 1999

出口径は,2.5mm とする。ただし,試料が落下しない場合は,5mm の排出口径の漏斗を用いてもよい。

漏斗内面は,研削仕上げ以上の精密仕上げとし,その表面粗さは,JIS B 0601 による算術平均粗さ

(R

a

)

で 0.2

µm 以下とする。

b)

充てん用漏斗  形状及び寸法は,測定用漏斗と同じとする。ただし,a)の表面粗さの規定は適用しな

い。

c)

受器  100cm

3

程度の円筒形の容器。

d)

流動度測定装置(

1

)

付図 に示す漏斗支持器,支持棒及び支持台から構成されるもの。流動度測定装

置は,測定中に振動,移動などの支障がでない構造とする。

漏斗支持器は,支持棒の周りに水平に回転し,かつ,留め金によって上下に調節できる構造とする。

支持棒は,支持台に受器を置き,その上に充てん用漏斗及び測定用漏斗を装着でき,かつ,それら

の漏斗間を 20mm 開けて支持することができる長さをもつもの。

e)

水準器  JIS B 7510 に規定するもの。

f)

時計  精度が±0.1 秒以上のもの。

g)

はかり  最小表示目盛が 10mg 以下の化学はかり又は電子はかり。

h)

手袋  綿製が望ましい。静電気の発生の原因となりやすい素材は避ける。

i)

デシケーター  JIS R 3503 に規定するもので,乾燥剤としてシリカゲルを入れたもの(

2

)

(

1

)

流動度測定装置の特性は,

附属書(規定)

(流動度測定装置の検定)によって検定用試料の流動

度を測定し,検定流動度として表示することができる。

(

2

)

シリカゲルは,約 150℃に加熱放冷したものを用い,再生する場合も同じ処理を行う。

付図 1  測定用漏斗


3

R 1639-4 : 1999

付図 2  流動度測定装置の例

6.

測定手順

6.1

サンプリングした調整試料を,3 個準備する。

6.2

受器の質量 w

1

を,10mg の単位まではかりではかる。

6.3

流動度測定装置の受器,測定用漏斗及び充てん用漏斗を,中心が同じになるように調整する。また,

測定用漏斗の上端と,充てん用漏斗底部の排出口下端の高さの間隔を,20mm になるように調整する。こ

のとき,測定用漏斗の上端面が水平であることを水準器で確かめる。

6.4

手に手袋をした後,片方の手の指で,充てん用漏斗底部の排出口下端をふさぎ,他方の手で,調整

試料の 1 試料を発じんしないように,静かに充てん用漏斗に充てんする。

6.5

測定用漏斗底部の排出口下端を,空いた手の指でふさぎ,充てん用漏斗底部の排出口下端から指を

離して,測定用漏斗に試料を充てんする。

6.6

測定用漏斗底部の排出口下端から指を離し,その瞬間から最後の試料が排出口下端を離れるまでの

時間 を,時計で 0.1 秒の単位まで読み取る。

試料が,不連続的に漏斗から排出するとき及び排出できないときは,その状況を記録する。

6.7

受器と排出された試料との合計の質量 w

2

を,10mg のけたまではかる。

6.8

残った 2 個の試料についても,6.26.7 の手順によって測定を行う。


4

R 1639-4 : 1999

6.9

試料の排出が,付着水又は湿度の影響を受けていると思われるときは,JIS R 1639-3 に従って,乾燥

減量を測定する。

7.

計算  流動度 は,3 回の測定結果のそれぞれについて,次の式によって小数点以下 3 けたまで計算

し,計算結果を算術平均して,JIS Z 8401 によって 2 けたに丸める。

t

w

w

F

1

2

ここに,

F

流動度

 (g/s)

w

1

受器の質量

 (g)

w

2

受器と排出試料との合計の質量

 (g)

t

排出時間

 (s)

8.

結果の表示

  測定結果の表示は,次による。

a)

試料名

b)

装置名及び/又は装置番号

c)

測定用漏斗の排出口径

d)

測定条件(温度及び湿度)

e)

流動度(試料の排出が不連続のときは,その状況を付記する。

(

3

)

f)

乾燥減量(測定したときだけ)

(

3

)

排出不能のときは,流動度“

0

”と表示する。


5

R 1639-4 : 1999

附属書(規定)  流動度測定装置の検定

1.

適用範囲

  この附属書は,流動度測定装置の特性として,検定用試料を使用して検定流動度を求める

方法について規定する。

2.

定義

  この附属書で用いる主な用語の定義は,

本体

3.

によるほか,次による。

a)

検定用試料

JIS Z 8901

に規定する試験用粉体

2

のガラスビーズ。

3.

装置及び器具

  装置及び器具は,

本体

5.

によるほか,次による。

a)

乾燥器

  装置室内の空気を循環させるファンを備え,乾燥温度

150

℃以上まで設定でき,±

1

℃の温度

範囲に保持できるもの。

4.

試料の調整

  試料の調整は,次による。

a)

検定用試料を,二分割器又は四分法によって,

1

試料の量がかさ体積で約

40

50 cm

3

となるように調

整し,

3

個の試料を準備する。

b)

検定用試料を,乾燥器で

105

℃±

1

℃で

2

時間乾燥し,デシケーター内で室温まで放冷する。

5.

装置の検定流動度の測定及び計算

  装置の検定流動度は,検定用試料を使用して,

本体

6.

によって

測定を行い,

本体

7.

によって計算して流動度 を求め,これを装置の検定流動度とする。

6.

結果の表示

  測定結果の表示は,次による。

a)

検定用試料名

b)

装置名及び/又は装置番号

c)

測定用漏斗の排出口径

d)

測定条件(温度及び湿度)

e)

検定流動度


6

R 1639-4 : 1999

ファインセラミックスか(顆)粒特性の測定方法  第 4 部  流動度原案作成委員会  構成表

氏名

所属

(委員長)

内  海  良  治

工業技術院名古屋工業技術研究所

(委員)

伊ケ崎  文  和

工業技術院物質工学工業技術研究所

青  木  正  司

財団法人ファインセラミックスセンター

山  田  哲  夫

宇部興産株式会社

伊  藤      崇

大川原化工機株式会社

渡  邊  敬一郎

日本ガイシ株式会社

松  尾  康  史

日本特殊陶業株式会社

鈴  木  和  夫

工業技術院名古屋工業技術研究所

椿      淳一郎

名古屋大学

中  平  謙  司

財団法人ファインセラミックスセンター

中  村  彰  一

大塚電子株式会社

福  井  俊  文

株式会社島津製作所

橋  本  邦  男

昭和電工株式会社

佐々木  邦  雄

株式会社セントラル科学貿易

山  口  浩  文

日本ガイシ株式会社

虎  谷  秀  穂

名古屋工業大学

林      茂  雄

三重県窯業試験場

中  安  哲  夫

宇部興産株式会社

安  川  勝  正

京セラ株式会社

築  野      孝

住友電気工業株式会社

稲  場      徹

電気化学工業株式会社

伊  藤      敏

通商産業省生活産業局ファインセラミックス室

大  嶋  清  治

工業技術院標準部

加  山  英  男

財団法人日本規格協会

菅  野  隆  志

ファインセラミックス国際標準化推進協議会

渡  辺  一  志

社団法人日本ファインセラミックス協会

(事務局)

杉  本  克  晶

社団法人日本ファインセラミックス協会

備考

  ○印は小委員会委員を兼ねる。

文責  原案小委員会