>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

日本工業規格

JIS

 R

1401

-1995

熱電対用非金属保護管

Non

−Metallic protection tubes for thermocouples

1.

適用範囲  この規格は,熱電対に用いる磁器質及び石英ガラス質の非金属保護管(以下,保護管とい

う。

)について規定する。

備考1.  この規格の引用規格を,次に示す。

JIS B 7507

  ノギス

JIS B 7516

  金属製直尺

2.

この規格の中で{  }を付けて示してある単位及び数値は,従来単位によるものであって,

参考として併記したものである。

2.

種類・記号及び使用温度  保護管の種類・記号及び使用温度は,表 のとおりとする。

表 1

種類

記号

使用温度℃

磁器保護管  特種

PT0 1

600

磁器保護管  1 種 PT1

1

500

磁器保護管  2 種 PT2

1

400

石英ガラス保護管

QT 1

000

備考  使用温度とは,空気中で長時間の使用に

耐える温度をいう。

3.

品質

3.1

外観  保護管は,形状が正しく,き裂,使用に差し支えるような曲がりなどがあってはならない。

3.2

特性  保護管の特性は,5.によって試験し,表 の規定に適合しなければならない。

表 2

曲がり

曲がりが 2mm 以下でなければならない。

耐急熱急冷性

き裂又は割れを生じてはならない。

気密性 0.133kPa

{1.0mmHg}

以下でなければならない。

4.

形状及び寸法  保護管の形状及び寸法は,図 及び表 のとおりとする。


2

R 1401-1995

図 1

表 3

単位 mm

外径

D 6

8

10

13

15

17

20

許容差

±0.4

±0.7

内径

d

4 5 6 9 11

13

16

許容差

±0.4

±0.7

長さ

L

300, 500, 600

500, 600, 1 000

許容差

±2

備考  磁器保護管特種については,許容差を規定しない。

また,石英ガラス保護管については,内径を規定しない。

5.

試験方法

5.1

外観  外観は,目視によって調べる。

5.2

寸法測定  外径及び内径の測定は,JIS B 7507 に規定する最小読取値 0.05mm のノギス又はこれと同

等以上の精度をもつ測定器を用いて行う。

また,長さの測定は,JIS B 7516 に規定する最小読取値 0.5mm の金属製直尺又はこれと同等以上の精度

をもつ長さ計を用いて行う。

5.3

曲がり試験  保護管を例図のような管状電気炉(炉内径 90mm 以上,長さ 200mm 以上。ただし,炉

心管を用い,等温帯の長さは,約 80mm)に水平に入れ,

表 に示す使用温度(許容差±10℃)に 30 分間

保ち,これを炉外に取り出し,加熱中に生じた曲がり を測る。炉の中心から保護管の先端までの長さ B

は,外径 10mm 以下の場合は 40mm,13mm 以上の場合は 80mm とする。

例図 

5.4

耐急熱急冷試験  保護管の先端を 1 300±10℃に保持した炉内の等温帯に毎分約 1 000mm の速さで

差し込み,10 分間保ってから,これを速やかに炉外に取り出して放冷し,目視によって異常の有無を調べ

る。


3

R 1401-1995

5.5

気密試験  保護管の内部をロータリーポンプで 1.33kPa {10mmHg} 以下に減圧した後,コックを閉

じ,10 分間放置し,内部圧力の変化を水銀マノメーターで測定する。

6.

検査  保護管の検査は,合理的な抜取方法によって試料を採取し,3.及び 4.について 5.によって試験

を行い,合否を決定する。

7.

製品の呼び方  保護管の呼び方は,種類又は記号,外径,内径及び長さによる。

例  磁器保護管  1 種  6×4×300mm

又は PT1  6×4×300mm

8.

表示  保護管は,一包装ごとに次の事項を明記する。

(1)

種類又は記号

(2)

寸法

(3)

製造業者名又はその略号