>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

日本工業規格

                    JIS

 R

1307

-1995

化学分析用磁器燃焼管

Porcelain combustion tubes for chemical analysis

1.

適用範囲  この規格は,主として化学分析に用いる磁器燃焼管(以下,燃焼管という。)について規定

する。

備考1.  この規格の引用規格を,次に示す。

JIS B 7507

  ノギス

JIS B 7516

  金属製直尺

JIS K 8001

  試薬試験方法通則

2.

この規格の中で { } を付けて示してある単位及び数値は,従来単位によるものであって,参

考として併記したものである。

2.

種類,記号及び使用温度  燃焼管の種類,記号及び使用温度は,表 のとおりとする。

表 1

種類

記号

使用温度  ℃

磁器燃焼管  特種

CT0 1

650

磁器燃焼管  1 種 CT1

1

550

磁器燃焼管  2 種 CT2

1

450

備考  使用温度とは,空気中で長時間の使用に

耐える温度をいう。

3.

品質

3.1

外観  燃焼管は,形状が正しく,き裂,使用に差し支えるような曲がりなどがあってはならない。

3.2

特性  燃焼管の特性は,5.によって試験し,表 の規定に適合しなければならない。

表 2

耐急熱急冷性

き裂又は割れを生じないこと。

気密性 0.133kPa

{1.0mmHg}

以下。

曲がり

軟化による曲がりが 5mm 以下。

硫黄量

燃焼管 1 本当たりの硫黄量が 0.02mg 以下。

炭素量

燃焼管 1 本当たりの炭素量が 0.05mg 以下。

4.

形状及び寸法  燃焼管の形状及び寸法は,図 及び表 のとおりとする。


2

R 1307-1995

図 1

表 3

単位 mm

寸法

外径

25 30

許容差

±1

±1

内径

20 24

許容差

±1

±1

長さ

600, 700, 1 000

600, 700, 1 000

許容差

±2

±2

5.

試験方法

5.1

外観  外観は,目視によって調べる。

5.2

寸法測定  燃焼管の外径及び内径の測定は,JIS B 7507 に規定する最小読取値 0.05mm のノギス又は

これと同等以上の精度をもつ測定器を用いて行う。

また,長さの測定は,JIS B 7516 に規定する最小読取値 0.5mm の金属製直尺又はこれと同等以上の精度

をもつ長さ計を用いて行う。

5.3

耐急熱急冷試験  燃焼管を 1 450℃の管状電気炉(炉内径 90mm 以上,長さ 200mm 以上。ただし,

炉心管は用いない。

)の中へ毎分約 1 000mm の速さで入れ,その両端を支えて 10 分間保ってから,速やか

に炉外に取り出し放冷する。この操作を 3 回繰り返し,目視によって異常の有無を調べる。

5.4

気密試験  あらかじめ一端を密閉した燃焼管を表 に示す使用温度に約 30 分間加熱し,引き続きそ

の温度を保持して他の一端からロータリーポンプで 1.33kPa {10mmHg}  以下に減圧した後,コックを閉じ,

10

分間放置し内部圧力の変化を水銀マノメーターで測定する。

5.5

曲がり試験  全長 600mm の燃焼管を表 の使用温度に保った 5.3 の電気炉に入れ,500mm 以上の支

点間に 3 時間保った後取り出し,放冷後支点間の曲がりを測定する。

5.6

硫黄定量試験

(1)

試験前の洗浄  燃焼管をトリクロロエチレンなどの有機溶剤で洗浄し,乾燥後,1 450℃に保った電気

炉の中を毎分 30mm の速さで移動させて,付着物を燃焼除去する。

(2)

試験  燃焼管を 1 450℃に保ち,毎分 1 500ml の割合で酸素を 60 分間送入し,その後 10 分間酸素の送

入を続けたときの発生ガス中の二酸化硫黄を過酸化水素水(

1

)

に吸収させ,メチルレッド・メチレンブ

ルー混合指示薬(

2

)

を用いて,0.01mol/水酸化ナトリウム溶液(

3

)

で滴定する。

硫黄量は,次の式によって算出する。

S

V×f×0.32

ここに,

S

硫黄量 (mg)

V

0.01mol/l

水酸化ナトリウム溶液使用量 (ml)

f

0.01mol/l

水酸化ナトリウム溶液のファクター

(

1

)

過酸化水素水 (30mass%) 3.5ml を取り,水で1 000ml に薄める。この一定量を取り,メチルレッ

ド・メチレンブルー混合指示薬を用いて0.01mol/水酸化ナトリウム溶液で滴定し,その結果に

よって原液に0.01mol 水酸化ナトリウム溶液の計算量を加えて褐色瓶に保存する。


3

R 1307-1995

(

2

)

メチルレッド 0.125g とメチレンブルー0.083g をエタノール (95) に溶解し,100ml に薄める。

(

3

) 1mol/l

水酸化ナトリウム溶液を作りファクターを標定した後,使用の都度,二酸化炭素を含ま

ない水で正しく 100 倍に薄める。1mol/水酸化ナトリウム溶液の調製,標定及び保存方法は,

JIS K 8001

の 4.5(19.1)[1mol/水酸化ナトリウム溶液 (40.00gNaOH/l)  ]による。

5.7

炭素定量試験

(1)

試験前の洗浄  燃焼管をトリクロロエチレンなどの有機溶剤で洗浄し,乾燥後,1 450℃に保った電気

炉の中を毎分 30mm の速さで移動させて,付着物を燃焼除去する。

(2)

試験  燃焼管を 1 350℃に保ち,毎分 200∼300ml の割合で酸素を 60 分間送入し,その後 10 分間酸素

の送入を続けたときの発生ガス中の二酸化炭素を 0.01mol/水酸化ナトリウム溶液(

3

)

に吸収させ,フェ

ノールフタレイン溶液(

4

)

を指示薬として 0.005mol/硫酸溶液(

5

)

で滴定する。

空試験として,室温で酸素を毎分 200∼300ml の割合で 10 分間送入して,0.005mol/硫酸溶液で滴

定する。炭素量は,次の式によって算出する。

C

=  (V

1

V

2

)

×f×0.12

ここに,

C

炭素量 (mg)

V

1

空試験における 0.005mol/硫酸溶液使用量 (ml)

V

2

 0.005mol/l

硫酸溶液使用量 (ml)

f

 0.005mol/l

硫酸溶液のファクター

(

4

)

フェノールフタレイン0.5g をエタノール (95) 100ml に溶解する。

(

5

) 0.05mol/l

硫酸溶液を作りファクターを標定した後,水で正しく 10 倍に薄める。

0.05mol/l

硫酸溶液の調製及び標定は,

JIS K 8001

の 4.5(26.4)

[0.05mol/硫酸 (4.904gH

2

SO4/l)

による。

6.

検査  燃焼管の検査は,合理的な抜取方法によって試料を採取し,3.及び 4.について 5.によって試験

を行い,合否を決定する。

7.

製品の呼び方  燃焼管の呼び方は,種類又は記号,外径,内径及び長さによる。

例  磁器燃焼管  特種  25×20×600mm

又は CT0  25×20×600mm

8.

表示  燃焼管は,一包装ごとに次の事項を明記する。

(1)

種類又は記号

(2)

寸法

(3)

製造業者名又はその略号