>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

 

Q 17021-3:2018 (ISO/IEC 17021-3:2017) 

(1) 

目 次 

ページ 

序文  1 

1 適用範囲 1 

2 引用規格 2 

3 用語及び定義  2 

4 一般的な力量要求事項  2 

5 QMS審査員及び審査チームに対する力量要求事項  2 

5.1 一般  2 

5.2 基本概念及び品質マネジメントの原則 2 

5.3 組織の状況  3 

5.4 依頼者の製品,サービス,プロセス及び組織  3 

6 審査員以外の要員に対する力量要求事項  3 

6.1 一般  3 

6.2 審査報告書のレビュー及び認証の決定を行う要員の力量  3 

附属書A(参考)QMSの審査及び認証に関する知識  4 

参考文献  5 

 

 


 

Q 17021-3:2018 (ISO/IEC 17021-3:2017) 

(2) 

まえがき 

この規格は,工業標準化法に基づき,日本工業標準調査会の審議を経て,経済産業大臣が改正した日本

工業規格である。 

これによって,JIS Q 17021-3:2014は改正され,この規格に置き換えられた。 

この規格は,著作権法で保護対象となっている著作物である。 

この規格の一部が,特許権,出願公開後の特許出願又は実用新案権に抵触する可能性があることに注意

を喚起する。経済産業大臣及び日本工業標準調査会は,このような特許権,出願公開後の特許出願及び実

用新案権に関わる確認について,責任はもたない。 

JIS Q 17021の規格群には,次に示す部編成がある。 

JIS Q 17021-1 第1部:要求事項 

JIS Q 17021-2 第2部:環境マネジメントシステムの審査及び認証に関する力量要求事項 

JIS Q 17021-3 第3部:品質マネジメントシステムの審査及び認証に関する力量要求事項 

 

 


 

 

日本工業規格          JIS 

 

Q 17021-3:2018 

 

(ISO/IEC 17021-3:2017) 

適合性評価−マネジメントシステムの審査及び 

認証を行う機関に対する要求事項− 

第3部:品質マネジメントシステムの審査及び 

認証に関する力量要求事項 

Conformity assessment-Requirements for bodies providing audit and 

certification of management systems-Part 3: Competence requirements for 

auditing and certification of quality management systems 

 

序文 

この規格は,2017年に第1版として発行されたISO/IEC 17021-3を基に,技術的内容及び構成を変更す

ることなく作成した日本工業規格である。 

なお,この規格で点線の下線を施してある参考事項は,対応国際規格にはない事項である。 

この規格は,JIS Q 17021-1を補足するものである。特に,JIS Q 17021-1:2015の箇条7及び附属書Aに

規定された,認証プロセスに関与する要員の力量に関する要求事項を明確化する。 

認証機関は,必要とされる力量をもつと実証した審査員だけが品質マネジメントシステム(以下,QMS

という。)審査を実施することを確実にする責任を,依頼者及び被認証組織の顧客を含む利害関係者に対し

て負っている。 

この規格は,全ての認証の機能に関与するその他の要員が,JIS Q 17021-1に規定された一般的な力量に

加え,この規格に規定するQMSに固有の知識をもつことを意図している。 

認証機関は,個々のQMS審査の審査範囲に対して必要とされる,個別の審査チームの力量を特定する

ことが必要となる。QMS審査チームの選定は,依頼者の専門分野及び固有のプロセスを含む,様々な要因

に依存する。 

 

適用範囲 

この規格は,品質マネジメントシステム(QMS)の審査及び認証プロセスに関与する要員に関する追加

の力量要求事項を規定し,JIS Q 17021-1の要求事項を補足する。 

注記1 この規格は,JIS Q 9001に基づくQMSの審査及び認証に適用される。また,その他のQMS

規格を適用する際にも用いることができる。 

注記2 この規格の対応国際規格及びその対応の程度を表す記号を,次に示す。 

ISO/IEC 17021-3:2017,Conformity assessment−Requirements for bodies providing audit and 

certification of management systems−Part 3: Competence requirements for auditing and 

certification of quality management systems(IDT) 


Q 17021-3:2018 (ISO/IEC 17021-3:2017) 

 

なお,対応の程度を表す記号“IDT”は,ISO/IEC Guide 21-1に基づき,“一致している”

ことを示す。 

 

引用規格 

次に掲げる規格は,この規格に引用されることによって,この規格の規定の一部を構成する。これらの

引用規格のうちで,西暦年を付記してあるものは,記載の年の版を適用し,その後の改正版(追補を含む。)

は適用しない。西暦年の付記がない引用規格は,その最新版(追補を含む。)を適用する。 

JIS Q 9000 品質マネジメントシステム−基本及び用語 

注記 対応国際規格:ISO 9000,Quality management systems−Fundamentals and vocabulary(IDT) 

JIS Q 17021-1:2015 適合性評価−マネジメントシステムの審査及び認証を行う機関に対する要求事

項−第1部:要求事項 

注記 対応国際規格:ISO/IEC 17021-1:2015,Conformity assessment−Requirements for bodies 

providing audit and certification of management systems−Part 1: Requirements(IDT) 

 

用語及び定義 

この規格で用いる主な用語及び定義は,JIS Q 17021-1及びJIS Q 9000による。 

 

一般的な力量要求事項 

認証機関は,JIS Q 17021-1:2015の表A.1に示される認証の機能別に力量要求事項を定めなければなら

ない。これらの力量要求事項を定めるに当たって,認証機関は,JIS Q 17021-1に規定される全ての要求事

項,及び認証機関が定めるQMS専門分野(JIS Q 17021-1:2015の7.1.2を参照)に関係する,この規格の

箇条5及び箇条6に規定される要求事項を考慮に入れなければならない。 

注記 QMS審査及び認証に必要な知識概要を,附属書Aに示す。 

 

QMS審査員及び審査チームに対する力量要求事項 

5.1 

一般 

審査チームは,審査を実施するための力量をチーム全体としてもつような審査員(及び必要に応じて,

技術専門家)から構成されなければならない。これには,JIS Q 17021-1に規定される一般的力量,及びこ

の規格の5.2〜5.4に規定するQMSの知識を含む。 

注記 審査チームの各メンバーが同じ力量をもつ必要はないが,審査チーム全体としての力量は,審

査目的を達成するのに十分であることが必要である。 

5.2 

基本概念及び品質マネジメントの原則 

各QMS審査員は,次の知識をもたなければならない。 

a) 基本概念及び品質マネジメントの原則,並びにそれらの適用 

b) 品質マネジメントに関連する用語及び定義 

c) 関連する監視及び測定を含むプロセスアプローチ 

d) 組織におけるリーダーシップの役割及びそのQMSに対する影響 

e) リスク及び機会の決定を含む,リスクに基づく考え方の適用 

f) 

PDCA(plan-do-check-act)サイクルの適用 

g) 品質マネジメントに固有の,文書化された情報の構成及び相互関係 


Q 17021-3:2018 (ISO/IEC 17021-3:2017) 

 

h) 品質マネジメントに関連するツール,方法,技術及びこれらの適用 

5.3 

組織の状況 

審査チームは,組織が次のことを適切に決定しているかどうかを判断するために,必要な事業分野の知

識をもたなければならない。 

a) 組織の目的及び組織の戦略的方向性に関連し,QMSが意図する結果を達成する上での組織の能力に影

響を及ぼす,外部及び内部の課題。 

b) 組織の製品及びサービスに関する要求事項を含め,組織のQMSに関係する利害関係者のニーズ及び

期待。 

c) 適用範囲を確立するための境界及びQMSの適用可能性。 

注記 事業分野とは,関連する専門分野を広く網羅する経済活動と理解される。 

5.4 

依頼者の製品,サービス,プロセス及び組織 

審査チームは,次の知識をもたなければならない。 

a) 専門分野に固有の用語及び技術 

b) 専門分野に固有の製品又はサービスに適用される法令及び規制要求事項 

注記 法令及び規制要求事項は,法的要求事項と表現されることがある。 

c) 専門分野に固有の製品,サービス及びプロセスの特性 

d) 製品及びサービスの品質に影響を与える,プロセス運用のインフラストラクチャ及び環境 

e) 外部から提供されるプロセス,製品及びサービスの提供 

f) 

組織の種類,規模,ガバナンス,構造,機能及び関係が,品質マネジメントシステムの開発及び実施,

QMSの文書化された情報及び認証活動に及ぼす影響 

 

審査員以外の要員に対する力量要求事項 

6.1 

一般 

審査員以外の認証の機能に関与する要員は,これらの機能を実施するために十分な,全体としての力量

をもたなければならない。これには,JIS Q 17021-1に規定する一般的な力量,及び6.2に規定するQMS

の知識を含む。 

6.2 

審査報告書のレビュー及び認証の決定を行う要員の力量 

審査報告書のレビュー及び認証の決定を行う要員は,次の知識をもたなければならない。 

a) 基本概念及び品質マネジメントの原則 

b) 品質マネジメントに関連する用語及び定義 

c) プロセスアプローチ 

d) リスク及び機会の決定を含む,リスクに基づく考え方の適用 

e) 適用範囲及び組織のQMSへの適用可能性 

 


Q 17021-3:2018 (ISO/IEC 17021-3:2017) 

 

附属書A 

(参考) 

QMSの審査及び認証に関する知識 

 

表A.1は,QMSの審査及び認証に求められる知識の概要を提供するが,特定の認証の機能に関する知識

の分野だけを示すもので,参考情報である。 

各機能に対する力量要求事項は,箇条4〜箇条6に規定しており,表A.1では各要求事項への参照を示

す。 

 

表A.1−QMSの審査及び認証に関する知識 

知識 

認証の機能 

審査報告書のレビュー 

及び認証の決定 

審査及び審査 
チームの指揮 

基本概念及び品質マネジ
メントの原則 

6.2 

5.2 

組織の状況 

 

5.3 

依頼者の製品,サービス,
プロセス及び組織 

 

5.4 

 


Q 17021-3:2018 (ISO/IEC 17021-3:2017) 

 

参考文献 

 

[1] JIS Q 9001 品質マネジメントシステム−要求事項 

注記 対応国際規格:ISO 9001:2015,Quality management systems−Requirements 

[2] JIS Q 9002 品質マネジメントシステム−JIS Q 9001の適用に関する指針 

注記 対応国際規格:ISO/TS 9002,Quality management systems−Guidelines for the application of ISO 

9001:2015 

[3] JIS Q 9004 組織の持続的成功のための運営管理−品質マネジメントアプローチ 

注記 対応国際規格:ISO 9004,Managing for the sustained success of an organization−A quality 

management approach 

[4] JIS Q 19011 マネジメントシステム監査のための指針 

注記 対応国際規格:ISO 19011,Guidelines for auditing management systems 

[5] www.iso.org/tc176/sc02/public 

[6] www.iso.org/tc176/ISO9001AuditingPracticesGroup