>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

P8141 : 2004

(1)

まえがき

この規格は,工業標準化法第 14 条によって準用する第 12 条第 1 項の規定に基づき,紙パルプ技術協会

(JAPAN TAPPI)

/財団法人日本規格協会(JSA)から,工業標準原案を具して日本工業規格を改正すべきとの

申出があり,日本工業標準調査会の審議を経て,経済産業大臣が改正した日本工業規格である。

これによって,JIS P 8141:1996 は改正され,この規格に置き換えられる。

改正に当たっては,日本工業規格と国際規格との対比,国際規格に一致した日本工業規格の作成及び日

本工業規格を基礎にした国際規格原案の提案を容易にするために,ISO 8787:1986,Paper and board−

Determination of capillary rise

−Klemm method を基礎として用いた。

この規格の一部が,技術的性質をもつ特許権,出願公開後の特許出願,実用新案権,又は出願公開後の

実用新案登録出願に抵触する可能性があることに注意を喚起する。経済産業大臣及び日本工業標準調査会

は,このような技術的性質をもつ特許権,出願公開後の特許出願,実用新案権,又は出願公開後の実用新

案登録出願にかかわる確認について,責任はもたない。

JIS P 8141

には,次に示す附属書がある。

附属書(参考)JIS と対応する国際規格との対比表


P 8141 :2004

(2)

目  次

ページ

序文 

1

1.

  適用範囲

1

2.

  引用規格

1

3.

  定義

1

4.

  原理

2

5.

  装置及び器具 

2

5.1

  浸せき容器 

2

5.2

  つり下げ具 

2

5.3

  目盛板

2

5.4

  タイマ

2

5.5

  クリップ 

2

5.6

  鉛筆

2

5.7

  水 

2

6.

  試験片の採取及び調製 

3

7.

  操作

3

8.

  試験結果の表し方

4

9.

  精度(参考) 

4

10.

  報告

4

附属書(参考)JIS と対応する国際規格との対比表 

5


日本工業規格

JIS

 P

8141

:2004

紙及び板紙−吸水度試験方法−クレム法

Paper and board

−Determination of water absorptiveness(capillary rise)−

Klemm method

序文  この規格は,1986 年に第 1 版として発行された ISO 8787:1986,Paper and board−Determination of

capillary rise

−Klemm method を翻訳し,技術的内容を変更して作成した日本工業規格である。

なお,この規格で側線又は点線の下線を施してある箇所は,原国際規格を変更している事項である。変

更の一覧表をその説明を付けて,

附属書(参考)に示す。

1.

適用範囲  この規格は,紙及び板紙のクレム法による吸水度の試験方法について規定する。この規格

は,吸取紙のような無サイズ紙や比較的吸水性の高い紙に適用する。

この測定方法は,吸水高さが 5 mm 未満の紙及び板紙には適さない。そのような紙及び板紙については,

JIS P 8140

  紙及び板紙−吸水度試験方法−コッブ法がより適している。

備考  この規格の対応国際規格を,次に示す。

なお,対応の程度を表す記号は,ISO/IEC Guide 21 に基づき,IDT(一致している)

,MOD

(修正している)

,NEQ(同等でない)とする。

ISO 8787:1986

,Paper and board−Determination of capillary rise−Klemm method (MOD)

2.

引用規格  次に掲げる規格は,この規格に引用されることによって,この規格の規定の一部を構成す

る。これらの引用規格のうちで,発行年を付記してあるものは,記載の年の版だけがこの規格の規定を構

成するものであって,その後の改正版・追補には適用しない。発行年を付記していない引用規格は,その

最新版(追補を含む。

)を適用する。

JIS P 0001

  紙・板紙及びパルプ用語

JIS P 8110

  紙及び板紙−平均品質を測定するためのサンプリング方法

備考  ISO 186:1994    Paper and board−Sampling to determine average quality が,この規格と一致して

いる。

JIS P 8111

  紙,板紙及びパルプ−調湿及び試験のための標準状態

備考  ISO 187:1990    Paper, board and pulps−Standard atmosphere for conditioning and testing and

procedure for monitoring the atmosphere and conditioning of samples

が,この規格と一致している。

JIS Z 8401

  数値の丸め方

ISO 3696

  Water for analytical laboratory use−Specification and test methods

3.

定義  この規格で用いる主な用語の定義は,JIS P 0001 によるほか,次による。


2

P 8141 :2004

a)

クレム吸水度  紙の下端を鉛直に水の中に浸せきし,毛管現象によって,10 分間に水が上昇した高さ

(mm)

4.

原理

a)

試験片の下端を鉛直に水の中に浸せきし,毛管現象によって,10 分間に水が上昇した高さを測定する。

b)

測定は,開放型の容器を用いて JIS P 8111 に規定する標準条件で行い,水が上昇した高さをカセトメ

ータ又は目盛板で測定する。

5.

装置及び器具  装置及び器具は,次による。装置の一例を,図 に示す。

5.1

浸せき容器  試験片の長さ方向の一端を,必要な深さに浸せきできる大きさの容器。

5.2

つり下げ具  試験片を鉛直につるすことができ,かつ,試験片の長さ方向の一端を 15 mm の深さに

浸せきできる構造とする。

5.3

目盛板  浸せきした試験片の水の上昇した高さを mm 単位で測定できるもの。

参考  2点間の鉛直距離を測定するための器具であるカセトメータを使用することによって,測定精度

が向上し,水の上昇した高さの読み取りが容易になる。

5.4

タイマ  タイマは,測定時間を秒単位で計れるもの(警報付きのものが望ましい。)。

5.5

クリップ  試験片の一端に取り付け,重みによって試験片の一端を水中に確実に浸せきさせるため

の金属製のクリップ。

5.6

鉛筆  試験片に標線を引くために使用する。

5.7

水  ISO 3696,グレード 3(

1

)

に規定する蒸留水,又は蒸留水と同等の結果が得られる脱イオン水又

は飲料水。

注(

1

) pH

(25  ℃)5.0∼7.5,電気伝導率(mS/m,25  ℃)<0.5,被酸化性物質(mgO/l)<0.4 全蒸発

残留物(mg/kg,110  ℃)<2


3

P 8141 :2004

  1  クレム吸水度測定装置の一例

6.

試験片の採取及び調製

a)

試験片は,JIS P 8110 に規定する方法によって採取した試験用紙から採取し,JIS P 8111 に規定する標

準条件で前処置する。

b)

試験片の寸法は,幅 15±1 mm,長さ 200 mm 以上とし,正確に縦方向及び横方向にそれぞれ 10 枚採

取する。採取に当たっては,つり下げに必要な長さを余分に確保する。

備考 200 mm 以上の長さの試験片を採取できない場合は,可能な限りの長さを取り,紙の断面同士

をすき間がないように密着させて,吸水性がなく,かつ,疎水性のフィルムなどの材料を裏当

てしてステープラでつなぎ,必要長さを確保する。

c)

それぞれの試験片の短辺から 15 mm のところに平行に鉛筆で標線を引く。その標線と短辺の間に,水

に浸せきさせるためのクリップ又はおもりを取り付ける。

備考  図 に示した装置を用いる場合は,クリップ又はおもりを取り付ける必要がない。

7.

操作  操作は次による。

a)

操作は,JIS P 8111 に規定する標準条件で行う。

b)

装置を水平に調節する。

c)

浸せき容器を 23±1  ℃の水で満たし,それぞれの試験片の標線を引いてない端を,つり下げ具に取り

付ける。試験片の標線が一直線になっていることを確認し,標線まで素早く水に入れ,タイマをスタ

ートさせる。


4

P 8141 :2004

d)

カセトメータを使用する場合は,始めにゼロ点を試験片の標線に合わせておき,10 分±10 秒間に水が

上昇した高さを,mm 単位で読み取る。

e)

目盛板が装置と一体になって取り付けてある場合には,10 分±10 秒間に水が上昇した高さを,mm 単

位で読み取る。

f)

物差しを使用する場合は,10 分±10 秒後に鉛筆で水が上昇した高さに印を付けて,mm 単位で読み取

る。

g)

水が上昇した高さが水平でない場合は,平均の高さを読み取る。カセトメータを使用した場合には,

メニスカスの最も低い位置を読み取る。

備考1.  紙中の可溶分が水中に溶出することによって,測定結果に影響を及ぼす場合がある。この影

響を少なくするため,1 回の試験を行うごとに,水を入れ替える必要がある。

2.

吸水性の高い試験片の場合は,測定時間を短縮してもよいが,その旨報告に記録する。

3.

照明を用いることによって,水が上昇した高さの読み取りが容易となる。

8.

試験結果の表し方  縦方向及び横方向について,それぞれ 10 点の平均値を求め,JIS Z 8401 に規定す

る方法によって,丸めの幅 1 に丸める。クレム吸水度は mm の単位で表示する。 

9.

精度(参考)  6 か所の研究所において 7 種類の紙について試験した結果,繰り返し精度は 10  %,再

現精度は約 20  %であった。 

10.

報告  報告には,必要に応じて次の事項を記録する。

a)

規格名称又は規格番号

b)

試験片の種類及び名称

c)

試験年月日及び試験場所

d)

調湿条件及び水の温度

e)

縦方向及び横方向それぞれのクレム吸水度の平均値

f)

その他必要とする事項


5

P 8141 :2004

附属書(参考)JIS と対応する国際規格との対比表

JIS P 8141

:2004  紙及び板紙−吸水度試験方法−クレム法

ISO 8787

:1986  紙及び板紙−毛管上昇の

測定方法−クレム法

(Ⅰ)JIS の規定

(Ⅱ)国際規
格番号

(Ⅲ)国際規格の規定

(Ⅳ)JIS と国際規格との技
術的差異の項目ごとの評価

及びその内容 
表示個所:本体 
表示方法:点線の下線

項目番号

内容

項目番号

内容

項 目 ご と の
評価

技 術 的 差 異
の内容

(Ⅴ)JIS 
国 際 規 格 と

の 技 術 的 差
異 の 理 由 及
び 今 後 の 対

1.

適用範囲

ISO 8787

1.

 IDT

2.

引用規格  JIS P 0001

JIS P 8110

JIS P 8111

JIS Z 8401

ISO 3696

 2.

ISO 186

ISO 187

ISO 3696

MOD/

追加

IDT

IDT

MOD/

追加

IDT

JIS

は 2 規格

を追加

ISO

規 格 と

技 術 的 差 異
はない。

3.

定義

ク レ ム 吸
水 度 の 定

義を記述

− MOD/追加

ISO

規 格 と

技 術 的 差 異

はない。

4.

原理

3

I

5.

装置及び

器具

図 

5.6

鉛筆

5.7

5.6

4.

消 え な い 鉛
筆 が 望 ま し

MOD/

追加

MOD/

変更

IDT

JIS

図 

装 置 の 一 例
を追加。

JIS

は(試験

片 に 標 線 を
引 く た め に

使用する)と
記述

JIS

は 5.装置

及 び 器 具 に
記述

国 際 規 格 の
見 直 し の 際

ISO

に提案

測 定 結 果 に
影 響 は な い
た め 技 術 的

差異はない。

6.

試験片の

採取及び調

b

b

)備考

 6.

6.

備考

 MOD/

追加

MOD/

追加

JIS

は b)に

( 採 取 に 当
たっては,つ

り 下 げ に 必
要 な 長 さ を
余 分 に 確 保

す る ) を 追
加。

JIS

は b)に

備考(紙の断
面 同 士 を す
き 間 が な い

よ う に 密 着
させて,吸水
性がなく,か

国 際 規 格 の
見 直 し の 際

ISO

に提案。

国 際 規 格 の

見 直 し の 際

ISO

に提案。


6

P 8141 :2004

JIS P 8141

:2003  紙及び板紙−吸水度試験方法−クレム法

ISO 8787

:1986  紙及び板紙−毛管上昇の

測定方法−クレム法

(Ⅰ)JIS の規定

(Ⅱ)国際規
格番号

(Ⅲ)国際規格の規定

(Ⅳ)JIS と国際規格との技
術的差異の項目ごとの評価
及びその内容

表示個所:本体 
表示方法:点線の下線

項目番号

内容

項目番号

内容

項 目 ご と の
評価

技 術 的 差 異
の内容

(Ⅴ)JIS 
国 際 規 格 と
の 技 術 的 差

異 の 理 由 及
び 今 後 の 対

C

)備考

MOD/

追加

つ,疎水性の

フ ィ ル ム 等
の 材 料 を 裏
当 て し て ス

テ ー プ ラ で
つなぎ,

)を

追加。

JIS

は c)に

備考(

図 

示 し た 装 置

を 用 い る 場
合は,クリッ
プ 又 は お も

り を 取 り 付
け る 必 要 が
ない。

)を追

 

国 際 規 格 の
見 直 し の 際

ISO

に提案。

7.

操作

B

 7.

 MOD/

追加

JIS

は b)に

( 装 置 を 水
平 に 調 節 す

る。

)を追加。

国 際 規 格 の
見 直 し の 際

ISO

に提案。

8.

試験結果

の表し方

JIS Z 8401 

 8.

 MOD/

追加

JIS

は,数値

の 丸 め 方 に

JIS Z 8401

を引用。

ISO

規 格 と

技 術 的 差 異

はない。

9.

精度

9

I

10.

報告

 10.

 IDT

JIS

と国際規格との対応の程度の全体評価:MOD

備考1.  項目ごとの評価欄の記号の意味は,次のとおりである。

−IDT 技術的差異がない。

−MOD/削除 国際規格の規定項目又は規定内容を削除している。 
−MOD/追加 国際規格にない規定項目又は規定内容を追加している。 
−MOD/変更 国際規格の規定内容を変更している。

2.  JIS

と国際規格との対応の程度の全体評価欄の記号の意味は,次のとおりである。

−MOD 国際規格を修正している。