>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

 

M 8853:2018  

(1) 

追補1のまえがき 

このJIS M 8853の追補1は,工業標準化法に基づき,日本工業標準調査会の審議を経て,経済産業大臣

がJIS M 8853:1998を改正した内容だけを示すものである。 

JIS M 8853:1998は,この追補1の内容の改正がされ,JIS M 8853:2018となる。 

 

 


 

  

日本工業規格          JIS 

 

M 8853:2018 

 

セラミックス用アルミノけい酸塩質原料の 

化学分析方法 

(追補1) 

Methods for chemical analysis of aluminosilicate raw materials for ceramics 

(Amendment 1) 

 

追補1の序文 

JIS M 8853:1998では,分析方法に共通な一般事項としてJIS K 8001:1998(試薬試験方法通則)を引用

している。2017年にJIS K 8001が改正され,引用する箇条番号及び表番号が変更となった。今回の改正は,

JIS K 8001:2017に整合させた規定に変更する改正である。 

 

JIS M 8853:1998を,次のように改正する。 

 

8.2.2 l)[標準けい酸塩溶液(0.05 mgSiO2/ml)]の“けい酸塩標準液[JIS K 8001の4.3(標準液)(1) 表5]”

を,“けい酸塩標準液[JIS K 8001のJA.4.3(標準液の調製方法)の表JA.4]”に置き換える。 

 

9.2.2 e)(0.02 mol/L亜鉛溶液)の“JIS K 8001の4.5(滴定用溶液)(1.3)”を,“JIS K 8001のJA.6.4 a)(亜

鉛溶液)”に置き換える。 

 

9.2.2 f)(キシレノールオレンジ溶液)の“調製方法及び保存方法は,JIS K 8001の4.4(指示薬)表8”を,

“調製方法は,JIS K 8001のJA.5(指示薬)a) の表JA.7”に置き換える。 

 

10.2.2 e)[標準鉄溶液(0.05 mgFe/ml)]の“鉄標準液[JIS K 8001の4.3(標準液)(2) 表6の硝酸鉄溶液]”

を,“鉄標準液[JIS K 8001のJA.4.3(標準液の調製方法)の表JA.5]”に置き換える。 

 

10.2.6(計算)の式中の“(A1+A2)×1.430”を,“(A1−A2)×1.430”に置き換える。 

 

10.3.2 c)[標準鉄溶液(0.5 Fe/ml)]の“(0.5 Fe/ml)”を,“(0.5 mgFe/ml)”に置き換える。 

 

10.3.2 c)[標準鉄溶液(0.5 Fe/ml)]の“鉄標準液[JIS K 8001の4.3(標準液)(2) 表6の硝酸溶液]”を,

“鉄標準液[JIS K 8001のJA.4.3(標準液の調製方法)の表JA.5]”に置き換える。 

 

10.3.2 e)[標準マンガン溶液(0.05 mgMn/ml)]の“マンガン標準液[JIS K 8001の4.3(標準液)(2) 表6


M 8853:2018  

  

の硝酸溶液]”を,“マンガン標準液[JIS K 8001のJA.4.3(標準液の調製方法)の表JA.5]”に置き換え

る。 

 

14.2.2 g)[標準カルシウム溶液(1 mgCa/ml)]の“カルシウム標準液[JIS K 8001の4.3(標準液)(2) 表6]”

を,“カルシウム標準液[JIS K 8001のJA.4.3(標準液の調製方法)の表JA.5]”に置き換える。 

 

14.2.2 h)[標準マグネシウム溶液(1 mgMg/ml)]の“マグネシウム標準液[JIS K 8001の4.3(標準液)(2) 

表6の塩酸溶液]”を,“マグネシウム標準液[JIS K 8001のJA.4.3(標準液の調製方法)の表JA.5]”に

置き換える。 

 

14.2.2 i)[標準ナトリウム溶液(1 mgNa/ml)]の“ナトリウム標準液[JIS K 8001の4.3(標準液)(2) 表6]”

を,“ナトリウム標準液[JIS K 8001のJA.4.3(標準液の調製方法)の表JA.5]”に置き換える。 

 

14.2.2 j)[標準カリウム溶液(1 mgK/ml)]の“カリウム標準液[JIS K 8001の4.3(標準液)(2) 表6]”を,

“カリウム標準液[JIS K 8001のJA.4.3(標準液の調製方法)の表JA.5]”に置き換える。 

 

18.2.2 h)(メチルオレンジ溶液)の“調製方法及び保存方法は,JIS K 8001の4.4(指示薬)表7”を,“調

製方法は,JIS K 8001のJA.5(指示薬)a) の表JA.6”に置き換える。