>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

M 8851

:2006

(1) 

まえがき

この追補は,工業標準化法に基づき,日本工業標準調査会の審議を経て,経済産業大臣が改正したもの

で,これによって,JIS M 8851:1983 は改正され,一部が置き換えられた。


   

日本工業規格(案)

JIS

 M

8851

:2006

ドロマイトの分析方法

(追補1)

Method for Chemical Analysis of Dolomite

(Amendment 1)

JIS M 8851:1983

を,次のように改正する。

箇条 13.全硫黄の 13.2.3  装置、器具及び材料の(2)熱分解炉の文中第7行目のアスベスト板(h)を熱遮蔽

板(h)に置き換える。

箇条 13.全硫黄の 13.2.3  装置、器具及び材料の図硫黄定量装置中のアスベスト板(h)を熱遮蔽板(h)に置

き換える。