>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

 

1

M 88

20 :

2000

 解

JIS

と対応する国際規格との対比表 

JIS M 8820 : 2000

  石炭類及びコークス類−ロッ

トの全水分測定方法

ISO 589 : 1981

  ハードコール−全水分測定法

ISO 579 : 1981

  コークス−全水分測定法

対比項目

規定項目

(I)  JIS

の規定内容 (II)

国 際 規 格 番

(III)

国際規格の規定内容 (IV)

JIS

と国際規格との相違点 (V)

JIS

と国際規格との整合

が困難な理由及び今後の
対策

(1)

適用範囲

○  ロットの全水分

ISO 589

ISO 579

全水分

全水分

= 共に“ロットの”の表現なし。実質的な適用範囲は同じだ

が,名称について提案の予定

(2)

引用規格

○  5 規格

ISO 589

ISO 579

2

規格

1

規格

= 規格数の差は規格体系の相

違による。

(3)

用語・記号

○  大口試料,小口試料,インク

リメント,最大粒度

ISO 589

ISO 579

= ISO では引用規格中に記載。 ISO でも大口試料,インクリ

メントに加えて小口試料も
加えることを議論中。

○  石炭類

一段階乾燥方法と二段階乾
燥方法の 2 種類としている
が,ISO の表現では空気中乾

燥法(含予備乾燥)の 1 種類

ISO 589

○ A.  トルエン共沸蒸留法

B.

窒素ガス中乾燥法

C.

空気中乾燥法(含予備乾燥)

の 3 種類

トルエンなど有機溶剤との共沸蒸留法は環境対策上問題

があるので採用しない。

日本に輸入される石炭ではほとんど酸化の心配はなく,規

定する必要がない。

空気中乾燥法(含予備乾燥)はほとんど JIS と同等。

二段階乾燥方法は,国際規格として審議中である。

コークス類

(4)

試験(分析)

の種類

○  空気中乾燥法(含予備乾燥)

の 1 種類

ISO 579

○ 空気中乾燥法(含予備乾燥)の 1

種類

(5)

試験条件

石炭 107±2℃

コークス 120∼200℃

ISO 589 

ISO 579

105

∼110℃

120

∼200℃

(6)

装置・器具

○  一般的なもの

ISO 589 

ISO 579

扁平な窒素炉

一般的なもの

丸形⇔扁平

扁平がよいかどうか検討す
る必要がある。


 

2

M 88

20 :

2000

 解


対比項目

規定項目

(I)  JIS

の規定内容 (II)

国 際 規 格 番

(III)

国際規格の規定内容 (IV)

JIS

と国際規格との相違点 (V)

JIS

と国際規格との整合

が困難な理由及び今後の
対策

(7)

試料

○  石炭

一段階乾燥方法

10mm

  0.6kg

二段階乾燥方法

2.8mm

  5g

ISO 589

○ A,B に対して

3mm

以下 300g 以上 B の測定は

10g

以上,C に対して 20mm 以下

1.2kg

以上

= [A がなくなるとすれば略

同等である]

新 ISO 規格が制定された段
階で整合化を図る。

○  コークス

16mm

以下 1kg 以上

ISO 579

○ 16mm 以下 1kg 以上

(8)

手順・方法

ISO 589

ISO 579



(9)

許容差

ISO 589

ISO 579


異分析所間の再現許容差も規定


異分析所間の再現許容差は
意味がない。提案予定

(10)

適用例

ISO 589

ISO 579

備考1.  対比項目(I)及び(III)の小欄で,“○”は該当する項目を規定している場合,“−”は規定していない場合を示す。

2.

対比項目(IV)の小欄の記号の意味は,次による。

“≡”

JIS と国際規格との技術的内容は同等である。

“=”

JIS と国際規格との技術的内容は同等である。ただし,軽微な技術上の差異がある。

“≠”

JIS は,国際規格と技術的内容が同等でない。ただし,

“ADP”に該当する場合を除く。