>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

M 8813

:2006

(1) 

まえがき

この追補は,工業標準化法に基づき,日本工業標準調査会の審議を経て,経済産業大臣が改正したもの

で,これによって,JIS M 8813:2004 は改正され,一部が置き換えられた。


M 8813

:2006

(2) 

白      紙


   

日本工業規格

JIS

 M

8813

:2006

石炭類及びコークス類―元素分析方法

(追補 1)

Coal and coke

Determination of constituents

(Amendment 1)

JIS M 8813:2004

を,次のように改正する。

序文の末尾に,次の文を追加する。 

今回の改正は,石綿に関する規定を見直し,改正したものである。

附属書 の 2.3 a)  備考を,次の文に置き換える。

酸素中に可燃性ガスを含む場合には,赤熱した白金細管(約 800  ℃)又は酸化銅 (II)[2.2 e)]

(約 300  ℃)

を充てんして赤熱した石英ガラス管を清浄装置の前に設置する。

附属書 の図 1[炭素及び水素定量装置(リービッヒ法)]の図中で,酸化銅(Ⅱ)又は白金石綿を,酸化銅(Ⅱ)

に置き換える。


2

M 8813

:2006

   

附属書 図 2.1[炭素及び水素定量装置(シェフィールド高温法)]の図中で,酸化銅(Ⅱ)又は白金石綿を,

酸化銅(Ⅱ)に置き換える。