>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

M 8812

:2006

(1) 

まえがき

この追補は,工業標準化法に基づき,日本工業標準調査会の審議を経て,経済産業大臣が改正したもの

で,これによって,JIS M 8812:2004 は改正され,一部が置き換えられた。


M 8812

:2006

(2) 

白      紙


   

日本工業規格

JIS

 M

8812

:2006

石炭類及びコークス類−工業分析方法

(追補 1)

Coal and coke

Methods for proximate analysis

(Amendment 1)

JIS M 8812:2004

を,次のように改正する。

序文の末尾に,次の文を追加する。

今回の改正は,石綿に関する規定を見直し,改正したものである。

4.4.1

(測定値及び報告値ベース)の a)で,7.2.5 a) 2)を,7.3.6 a) 2)に置き換える。

4.4.1

(測定値及び報告値ベース)の b)で,7.2.5 b)を,7.3.6 b)に置き換える。

7.1

(方法の区分及び適用)の a)  の規定を,削除する。

7.2

(縦形管状電気炉法)を,削除する。

7.3.6

(測定値の算出)の 7.2.5 の縦形管状電気炉法による。を,次の文に置き換える。

7.3.6

測定値の算出  揮発分の測定値は,次の式によって求めた数値を,JIS Z 8401 によって小数点以下

2

けたに丸める。

a) 

石炭類の場合

1) 

気乾ベースの揮発分を算出する場合

s

0

2

1

ad

100 M

m

m

m

VM

×

=

ここに,

VM

ad

揮発分[質量分率  (%)]

m

1

加熱前の容器と試料の質量 (g)

m

2

加熱後の容器と試料の質量 (g)

m

0

試料のはかりとり量 (g)

M

s

試料中の水分[質量分率  (%)]

2) 

無水ベースの揮発分を算出する場合

s

s

0

2

1

100

100

100

M

M

m

m

m

VM

×

÷÷ø

ö

ççè

æ

×

=


2

M 8812

:2006

   

ここに,  VM:  揮発分[質量分率  (%)] 

m

1

:  加熱前の容器と試料の質量 (g)

m

2

:  加熱後の容器と試料の質量 (g)

m

0

:  試料のはかりとり量 (g)

M

s

:  試料中の水分[質量分率  (%)]

b) 

コークスの場合

s

s

0

2

1

100

100

100

M

M

m

m

m

VM

×

÷÷ø

ö

ççè

æ

×

=

ここに,  VM:  揮発分[質量分率  (%)] 

m

1

:  加熱前の容器と試料の質量 (g)

m

2

:  加熱後の容器と試料の質量 (g)

m

0

:  試料のはかりとり量 (g)

M

s

:  試料中の水分[質量分率  (%)]

7.3.7

(測定回数)の 7.2.6 の縦形管状電気炉法による。を,次の文に置き換える。

7.3.7

測定回数  この操作は,同一分析室において 2 回繰り返して行う。2 回の測定値の差が許容差を超

える場合には,JIS M 8810 の規定による。2 回以上の繰返し操作は,異なった角形電気炉において同時に

行ってもよい。

7.3.8

[繰返し精度限界(repeatability limit)]の 7.2.7 の縦形管状電気炉法による(

表 4)。を,次の文に置き

換える。

7.3.8

繰返し精度限界  (repeatability limit)  加熱減量分率  (%)  の許容差は,表 による。石炭類及び高温

乾留コークス以外のコークス類については,気乾ベースの加熱減量分率  (%)  に対して適用する。高温乾

留コークスについては,無水ベースの加熱減量分率  (%)  に対して適用する。

  4  加熱減量の室内許容差

単位  質量分率  (%)

加熱減量

許容差(測定値)

50.0

以下 0.40

50.1

以上 0.60

高温乾留コークス 0.20

7.3.9

(報告値)の 7.2.8 の縦形管状電気炉法による。を,次の文に置き換える。

7.3.9

報告値  揮発分の報告値は,2 回測定した加熱減量分率  (%)  の差が許容差以内ならば,石炭類の場

合は気乾ベース又は無水ベースの揮発分測定値について,また,コークスの場合は無水ベース測定値につ

いて,その 2 回の平均値を求め,JIS Z 8401 によって小数点以下 1 けたに丸めて表示する。

7.4.7

(測定回数)の 7.2.6 の縦形管状電気炉法による。を,7.3.7 の角形電気炉法による。に置き換える。

7.4.8

(繰返し精度限界)の 7.2.7 の縦形管状電気炉法による(

表 参照。)を,7.3.8 の角形電気炉法による

表 参照)。に置き換える。


3

M 8812

:2006

7.4.9

(報告値)7.2.8 の縦形管状電気炉法による。を,7.3.9 の角形電気炉法による。に置き換える。

付表 1(引用規格)の JIS H 6201  化学分析用白金るつぼを,削除する。

付図 10[縦形管状電気炉(一例)]を,削除する。

付図 11(白金るつぼ)を,削除する。

附属書(参考)の JIS と対応する国際規格との対比表の 7.2  縦形管状電気炉法を,削除する。


4

M 8812

:2006

   

白      紙