>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

 

1

M 881

1

 : 20

00

JIS

と対応する国際規格との対比表

M 8811 : 2000

  石炭類及びコークス類−サンプリ

ング及び試料調製方法

DIS 13909-1

8 : 1998,石炭類及びコークス類−機械式サンプリング

DIS 13909-1 : 1998

  Part 1:序文

DIS 13909-2 : 1998

  Part 2:コンベア輸送中(流れから)の機械式サンプリング方法

DIS 13909-3 : 1998

  Part 3:石炭類−静置ロットからの機械式サンプリング方法

DIS 13909-4 : 1998

  Part 4:石炭類−試料調製方法

DIS 13909-5 : 1998

  Part 5:コークス類−コンベア輸送中(流れから)の機械式サンプリング方法

DIS 13909-6 : 1998

  Part 6:コークス類−試料調製方法

DIS 13909-7 : 1998

  Part 7:サンプリング,試料調製及び測定精度のチェック方法

DIS 13909-8 : 1998

  Part 8:偏りテストの方法

対比項目

規定項目

(I)  JIS

の規定内容 (II)

国 際 規 格 番

(III)

国際規格の規定内容 (IV)

JIS

と国際規格との相違点,整合が困難な理由及び今後の対策

○  機械式サンプリング

○ 機械式サンプリング

○  手動式サンプリング

ADP JIS

には,手動式サンプリング規格 (NWIP) を先取りして

規定した。

(1)

適用範囲

○  試料調製方法∼偏りテスト

13909-1

○ 試料調製方法∼偏りテスト

○  JIS 規格

ADP

(2)

引用規格

−   

13909-1

○ ISO 規格 

ADP

この JIS は,関連 JIS 規格と整合性を保つ方針とした。

(3)

用語

○ 47 個の用語

13909-1 

○ 46 個の用語

= ・JIS には,

“品位変動”と“面積基準サンプリング”を

追加した。

“燃料”は“石炭・コークス”と言い換え,JIS では定

義不要とした。

(4)

総則

○  サンプリングの一般原則,方

法の選択,報告書等

13909-1

 2 3&5 ○ サンプリングの一般原則,方法

= JIS には,手動式サンプリング方法に対する記述を追加し

た。

○  連続及び断続サンプリング

○ 連続及び断続サンプリング

○  サンプリング方法の計画

○ サンプリング方法の計画

= JIS には,手動式サンプリングで必要な面積基準サンプリ

ングの規定を追加した。

(5)

サ ン プ リ ン
グ 方 法 の 設

○  サンプリングの精度・インク

リメント個数の決め方

13909-2

 3&5 

○ サンプリングの精度・インクリメ

ント個数の決め方

= ・JIS には,品位変動

σ

w

他の情報がない場合の最小個数の

表を追加した。

(最小個数の規定がないと現実には対応

不可,次回の TC27/SC4 会議で審議予定)

JIS では,情報未知のコークスに適用する

σ

w

及び

σ

PM

値は,日本での実験結果を生かし,情報未知の石炭に適
用する値と同じ値とした。


 

2

M 881

1

 : 20

00

対比項目

規定項目

(I)  JIS

の規定内容 (II)

国 際 規 格 番

(III)

国際規格の規定内容 (IV)

JIS

と国際規格との相違点,整合が困難な理由及び今後の対策

○  例

○ 例

○  試料の最小質量

○ 試料の最小質量

= ・JIS では,最大粒度 38mm を JIS Z 8801 に合せ 37.5mm

に変更した。

JIS では,水分ロス対策で,最大粒度 2.8mm の値を 650g

から 0.6kg に変更した。

○  一次インクリメントの質量

○ 一次インクリメントの質量

= JIS には,手動式サンプリング等で必要な絶対的最小質量

の表を追加した。

(5)

サ ン プ リ ン
グ 方 法 の 設

○  一次インクリメントの質量

規制

13909-2

 3&5 

○ 一次インクリメントの質量規制

○  時間基準サンプリング

○ 時間基準サンプリング

○  質量基準サンプリング

○ 質量基準サンプリング

JIS では,品質に傾向があるロットでは最初の間隔内で

中間スタートとすべきことを備考に追記した。次の ISO
改訂時に提案する。

○  層別ランダムサンプリング

○ 層別ランダムサンプリング

○  スプーンサンプラによる方

ADP

JIS には,多くの事業所で使用されているスプーンサン

プラの規定を追加した。

(6)

機 械 式 サ ン
プ リ ン グ 方

○  静置ロットからのサンプリ

ング

13909-2

 3&5 

○ 静置ロットからのサンプリング

= ・JIS には,6.2.4 を追加し,表面サンプリングは推奨され

ない方法であると明記した。

○  カッタ形サンプラ

○ カッタ形サンプラ

= ・JIS には,カッタ速度が 1.5m/s 以上のときの備考を追加

した。

○  クロスベルト形サンプラ

○ クロスベルト形サンプラ

(7)

機 械 式 サ ン
プラの設計

○  サンプリング設備の保守

13909-2

 3&5 

○ サンプリング設備の保守

= ・JIS には,多くの事業所で使用されているスプーンサン

プラの規定を追加した。

(8)

手動式方法

○  手動式サンプリング方法

(NP 18283) 

ADP

JIS には,手動式サンプリング規格(ISO/NP 18283)を先

取りして規定した。

○  試料調製精度

○ 試料調製精度

(9)

試 料 調 製 方

○  試験試料の作り方

13909-4&6 

○ 試験試料の作り方

= ・JIS には,時間基準サンプリング方法の採用条件の規定

を追加した。


 

3

M 881

1

 : 20

00

対比項目

規定項目

(I)  JIS

の規定内容 (II)

国 際 規 格 番

(III)

国際規格の規定内容 (IV)

JIS

と国際規格との相違点,整合が困難な理由及び今後の対策

○  縮分

○ 縮分

= ・JIS には,最大粒度とリッフル及びインクリメントスコ

ップの対応表を追加した。

JIS では,最大粒度 2.8mm の最小質量を 650g から 0.6kg

に変更した,ISO 改訂時に提案する。

JIS では,最大粒度 38mm を 37.7mm(JIS Z 8801 の値)

に変更した。

JIS には,粒度分析時の規定  (JIS M 8801&K 2101)  を追

加した。

○  粉砕,混合及び保管試料

○ 粉砕,混合及び保管試料

○  予備乾燥

○ 予備乾燥

= ・JIS には,コークスの乾燥温度を備考で追加した,ISO

改訂時に追加を提案する。

JIS には,最大粒度と広げる試料の最大厚さの対応表を

追加した。

○  用途別試料調製方法

○ 用途別試料調製方法

= ・JIS には,被引用 JIS のために,9.7.3.4(気乾試料の調

製方法)を追加した。

JIS には,粒度分析時の規定  (JIS M 8801 K 2101)  を

備考で追加した。

(9)

試 料 調 製 方

○  試料調製設備の設計基準

13909-4&6

○ 試料調製設備の設計基準

○  概要

○ 概要

= ・JIS には,品位変動と一次インクリメント分散の関係を

備考に追記した。

○  品位変動に関係する式

○ 品位変動に関係する式

○  推定方法 1 及び推定方法 2

○ 推定方法 1 及び推定方法 2

○  推定方法 3(交互サンプル法)

ADP

JIS には,ISO に規定がない層別して品位変動を調査す

る交互サンプル法を追加した。

ISO 改訂時に交互サンプル法(TC102 ではこの方法が標

準方法)追加を提案する。

(10)

品 位 変 動 調
査方法

○  推定方法 4(パリオグラム法)

13909-7 

○ 推定方法 4(バリオグラム法)

= ・JIS には,品位変動の計算式及び計算例を追記した。


 

4

M 881

1

 : 20

00

対比項目

規定項目

(I)  JIS

の規定内容 (II)

国 際 規 格 番

(III)

国際規格の規定内容 (IV)

JIS

と国際規格との相違点,整合が困難な理由及び今後の対策

○  全般及び精度に関係式

○ 全般及び精度に関係式

= ・JIS には,品位変動と一次インクリメント分散の関係を

備考に追記した。

(11)

精 度 チ ェ ッ
クの方法

設備チェック∼例

13909-7 

○ 設備チェック∼例

○  全般及び原則

○ 全般及び原則

= JIS には,最大許容偏りの目安となる数値を

備考に追記し

た。

(12)

偏 り テ ス ト
の方法

○  手順概要∼計算例

13909-8 

○ 手順概要∼計算例