>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

M 8713:2017

(1)

追補 1 のまえがき

この JIS M 8713 の追補 1 は,工業標準化法に基づき,日本工業標準調査会の審議を経て,経済産業大臣

が JIS M 8713:2009 を改正した内容だけを示すものである。

JIS M 8713:2009 は,この追補 1 の内容の改正がされ,JIS M 8713:2017 となる。


   

日本工業規格

JIS

 M

8713

:2017

鉄鉱石-被還元性試験方法

(追補 1)

Iron ores-Determination of reducibility by the final degree of reduction index

(Amendment 1)

JIS M 8713:2009 を,次のように改正する。

箇条 2(引用規格)の ISO 10836  Iron ores-Method of sampling and sample preparation for physical testing を,

次の規格に置き換える。

JIS M 8702  鉄鉱石-サンプリング及び試料調製方法

注記  対応国際規格:ISO 3082,Iron ores-Sampling and sample preparation procedures(MOD)

5.1(サンプリング及び試験試料の調製)を,次の文に置き換える。

5.1 

サンプリング及び試験試料の調製 

ロットのサンプリング並びに試験試料の採取及び調製方法は,JIS M 8702 の 10.8.2(各試験試料の調製)

における試料 A2 を用い,JIS M 8702 の 10.8.2.4.1(高炉用ペレット)及び 10.8.2.4.3(焼結鉱及び高炉用塊

鉱石)に従って,

-  ペレットの粒度範囲は,-12.5 mm+10 mm とする。

-  焼結鉱及び塊鉱石の粒度範囲は,-22.4 mm+19 mm とする。ただし,受渡当事者間の協定によって

粒度範囲を-20 mm+18 mm としてもよい。

試験試料は,乾燥基準で,かつ,所定の粒度範囲に調製したものを,少なくとも 2.5 kg 採取する。

試験試料を乾燥器を用いて 105  ℃±5  ℃で恒量になるまで乾燥し,その後,測定試料調製のため室温に

なるまで冷却する。試験試料は,試験のときまでデシケーター中に保管する。

注記  恒量とは 1 時間ごとの連続した測定試料の測定値間の差が,乾燥前測定試料の質量の 0.05 %以

下に達した場合をいう。

附属書 C(鉄鉱石-還元速度試験方法)の C.2(引用規格)の注

2)

 を削除する。