>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

日本工業規格

JIS

 M

8301

-1997

チタン鉱石の分析方法通則

General rule for chemical analysis of titanium ores

1.

適用範囲  この規格は,チタン鉱石の定量方法の一般事項について規定する。

なお,この規格におけるチタン鉱石とは,イルメナイト,含チタン磁鉄鉱,ルチルなどのチタン原料鉱

石をさす。

備考  この規格の引用規格を,次に示す。

JIS K 0050

  化学分析方法通則

JIS K 0115

  吸光光度分析通則

JIS K 0116

  発光分光分析通則

JIS K 0121

  原子吸光分析通則

JIS M 8101

  非鉄金属鉱石のサンプリング,試料調製及び水分決定方法

JIS Z 8401

  数値の丸め方

JIS Z 8402

  分析・試験の許容差通則

2.

用語の定義  この規格で用いる主な用語の定義は,JIS K 0050 及び JIS Z 8402 によるほか,次による。

(1)

成分試験試料  所定の試料調製を完了し,化学成分分析を行うことができる試料。

(2)

分析試料  化学分析を行うために,成分試験試料からはかり取った試料。

(3)

室内再現条件  同一試験室で,同一成分試験試料の測定において,人,日時,装置の一部,又はすべ

てが異なっている測定条件。

(4)

室内再現許容差  室内再現条件による許容差。

(5)

室間再現許容差  同一成分試験試料の測定において,試験室,人,日時,装置のすべてが異なってい

る測定条件(室間再現条件)による許容差。略して室間許容差ということがある。

3.

一般事項  分析に共通の一般事項は,JIS K 0050JIS K 0115JIS K 0116 及び JIS K 0121 による。

4.

分析試料の取り方及び取扱い方

4.1

分析用試料の採取及び成分試験試料の調製  分析用試料の摂取は,JIS M 8101 による。成分試験試

料の調製は,JIS M 8101 によって得られた成分試験試料(150

µm 以下)から必要量をはかり取り,乳鉢又

は振動ミルを用いて 75

µm 以下に粉砕して調製する。ただし,粉砕粒度は 75µm 以下となる条件を前もっ

て求め,その条件で粉砕する。

4.2

分析試料のはかり方  分析試料のはかり方は,次による。

(1)

分析試料のはかり取りに際しては,成分試験試料をよくかき混ぜて平均組成を表すように注意し,異

物が混入していないことを確かめなければならない。


2

M 8301-1997

(2)

成分試験試料の一部を 105±5℃に調整されている空気浴に入れて乾燥し,2 時間ごとに空気浴から取

り出し,デシケーター中で常温まで放冷後,質量をはかる。ひょう量及び乾燥は,乾燥減量が 2 時間

につき 0.1% (m/m)  以下になるまで繰り返す。

(3)

分析試料のはかり取りは,化学はかりを用い,規定された量を 0.1mg のけたまではかる。

5.

分析値のまとめ方

5.1

分析回数  分析は原則として同一成分試験試料について,室内再現条件で 2 回行う。

5.2

空試験  分析に当たっては,空試験を行い測定値を補正する。

5.3

分析値の表示  分析値は,質量百分率で表し,分析成分によって,次に規定する表示の最下位の次

のけたまで算出し,JIS Z 8401 によって丸める。

(1)

小数点以下第 位まで表示する成分  チタン,鉄,二酸化けい素,マンガン,カルシウム及びマグネ

シウム。

(2)

小数点以下第 位まで表示する成分  バナジウム及びクロム。

JIS

改正原案作成委員会  構成表(順不同)

氏名

所属

(委員長)

中  村      靖

株式会社ジャパンエナジー分析センター

藤  貫      正

日本磁気共鳴医学会

奥  谷  忠  雄

日本大学

天  野      徹

通商産業省工業技術院

揖  斐  敏  夫

通商産業省資源エネルギー庁

吉  岡  貞  治

テイカ株式会社

村  岡  和  芳

株式会社トーケムプロダクツ

垂  水  裕  之

三菱商事株式会社

西  島  芳  正

石原産業株式会社

河  合  哲  朗

日本酸化チタン工業会

福  本      寛

堺化学株式会社

金  築  四  郎

住友シチックス株式会社

藤  瀬  雅  嵩

チタン工業株式会社

服  部  兆  隆

東邦チタニウム株式会社

細  野      正

富士チタン株式会社

大  島  健  二

古河機械金属株式会社

JIS

改正原案作成専門委員会  構成表(順不同)

氏名

所属

(委員長)

中  村      靖

株式会社ジャパンエナジー分析センター

吉  岡  貞  治

テイカ株式会社

村  岡  和  芳

株式会社トーケムプロダクツ

西  島  芳  正

石原産業株式会社

河  合  哲  朗

日本酸化チタン工業会

福  本      寛

堺化学株式会社

金  築  四  郎

住友シチックス株式会社

藤  瀬  雅  嵩

チタン工業株式会社

服  部  兆  隆

東邦チタニウム株式会社

細  野      正

富士チタン株式会社

西  原  英  樹

古河機械金属株式会社