>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

 

1

M 82

05 :

2000

 解

解説表 1  JIS と対応する国際規格との対比表

JIS M 8205 : 2000

  鉄鉱石−蛍光 X 線分析方法

ISO 9516 : 1992

  鉄鉱石−けい素,カルシウム,マンガン,アルミニウム,チタン,マグネシウム,り

ん,硫黄及びカリウム−波長分散型蛍光 X 線分析方法

対比項目

規定項目

(I)  JIS

の規定内容 (II)

国 際 規 格 番

(III)

国際規格の規定内容 (IV)

JIS

と国際規格との相違点 (V)

JIS

と国際規格との整合

が困難な理由及び今後の
対策

(1)

適用範囲

赤鉄鉱,磁鉄鉱,褐鉄鉱,焼

結鉱,砂鉄及びペレットに適
用 
定量範囲

Si 0.50

∼10.0%(m/m)

Mn 0.03

∼3.0%(m/m)

P 0.0010

∼0.600%(m/m)

S 0.010

∼0.500%(m/m)

Cu 0.010

∼0.070%(m/m)

Ti 0.04

∼6.0%(m/m)

Al 0.20

∼4.0%(m/m)

Ca 0.01

∼14.0%(m/m)

Mg 0.06

∼1.5%(m/m)

Cr 0.010

∼0.030%(m/m)

V 0.010

∼0.60%(m/m)

ISO 9516 

鉄鉱石(鉱物相に無関係)に適用

定量範囲

Si 0.05

∼15%(m/m)

Ca 0.005

∼15%(m/m)

Mn 0.005

∼3%(m/m)

Al 0.02

∼5%(m/m)

Ti 0.005

∼5%(m/m)

Mg 0.03

∼5%(m/m)

P 0.003

∼5%(m/m)

S 0.01

∼1%(m/m)

K 0.003

∼1%(m/m)

同等

JIS

の 11 元素に対して ISO

は 9 元素(Fe は参考値)

Fe

の定量に際して妨害にな

る Cu,V が定量できない。

(2)

測定原理

○  蛍光 X 線分析

測定試料調製:ガラスビード
検量線:鉄鉱石標準試料

共存元素補正:dj 補正法

○ 蛍光 X 線分析

測定試料調製:ガラスビード 
検量線:純試薬

共存元素補正:

α係数法

X

線測定,ガラスビード法は

同等。

検量線作成法,共存元素の補
正方法は根本的に異なる。

国内の鉄鉱石分析において
α係数法蛍光 X 線装置は全
く普及していない。したがっ

て現時点で ISO を JIS とし
ても使用されることはなく
時期尚早。国内での

α係数法

の普及又は ISO で dj 法の採
用時点で再検討。


 

2

M 82

05 :

2000

 解


解説表 1  JIS と対応する国際規格との対比表(続き)

対比項目

規定項目

(I)  JIS

の規定内容 (II)

国 際 規 格 番

(III)

国際規格の規定内容 (IV)

JIS

と国際規格との相違点 (V)

JIS

と国際規格との整合

が困難な理由及び今後の
対策

(3)

試薬

融解剤

ほう酸ナトリウム

ほう酸リチウム

はく離促進剤

臭化ナトリウム

よう化ナトリウムなど

検量線用鉄鉱石

標準物質

融解剤

ほう酸ナトリウム+メタほう

酸リチウム

ほう酸ナトリウム

ほう酸リチウム

はく離促進剤

臭化ナトリウム

よう化アンモニウム

校正用標準酸化物

JIS

は 2 種,ISO は 3 種から

選択の違いはあるが同等。

選択の違いはあるが同等。

検量線作成法の違いにより

異なる。ISO は検量線用純試
薬 9 種規定。

ガラスビード作成用の試薬
は同等である。JIS では純試
薬による検量線作成ではな

いので,ISO の純試薬 9 種は
不要。

(4)

装置

蛍光 X 線分析装置

波長分散型

るつぼ及び鋳型

融解鋳込み兼用型 
融解鋳込み分離型

ガラスビード作製装置

蛍光 X 線分析装置

波長分散型 
精度試験規定:附属書 B

デッドタイムと最大計数率の
決定規定:附属書 F 
α係数法のソフト使用

るつぼ及び鋳型

融解鋳込み兼用型 
融解鋳込み分散型

ガラスビードは手動作製(ガラス
ビード作製装置の使用も可)

装置ハードは同等だが ISO
には装置性能基準規定があ
る。また共存元素補正の

α係

数法ソフト必要。

同等

JIS

は作製装置だけに対して

ISO

は手動,作製装置の両方

可。

鉄鉱石分析関係では

α係数

補正ソフト付き蛍光 X 線分
析装置が普及していない。し

たがって ISO 法の実施は困
難。

(5)

ガ ラ ス ビ ー
ドの作製

混合割合 
試料 1:融解剤 7∼10 の割合
(はく離剤使用可)

ビード作製精度規定 
試料 5 個,各 5 回測定(Fe,

Ca

)して相対精度 0.5%未

混合割合

試 料 0.66 : 融 解 剤 6.80 :

NaNO

3

0.40

の割合(はく離剤使

用可)

ビード作製精度規定:

附属書 D 試料

試料 10 個,各 2 回測定(Fe)
して,精度 0.1%未満

試料と融解剤の割合は同等
だが,ISO では Fe,S の完全
な酸化のため NaNO

3

が添加

される。 
両者に規定があるが内容は
少し異なる。

JIS

は Fe 定量は精度が悪い

ため分析対象としていない。

ISO

は参考値ではあるが Fe

定量の目的のため酸化剤を
添加している。


 

3

M 82

05 :

2000

 解

解説表 1  JIS と対応する国際規格との対比表(続き)

対比項目

規定項目

(I)  JIS

の規定内容 (II)

国 際 規 格 番

(III)

国際規格の規定内容 (IV)

JIS

と国際規格との相違点 (V)

JIS

と国際規格との整合

が困難な理由及び今後の
対策

(6)

測定

分析に用いる推奨スペクト
ル線の記載

○ 分析に用いる推奨スペクトル線,

分光結晶,電圧の記載,計数時間
の決定,及びモニターを用いるド

リフト補正

≠ ISO の方が測定条件の記述

が詳細。

(7)

定量

鉄鉱石標準物質を基準にし

た検量線法で定量

○ 試薬酸化物を基準にした

α係数補

正法で定量

≠ 定量の方式が異なる。

α

係数補正法による定量は

プログラムを用いて行われ
るがその基本となる式及び
アルゴリズムが開示されて

いない。 
プログラム自体も日本では
まだ実績がない。

(7)

定量

○  鉄鉱石標準物質を基準にし

た検量線法で定量

○ 試薬酸化物を基準にした

α係数補

正法で定量

≠ 定量の方式が異なる。

α係数補正法は日本では普
及していない。 
純試薬検量線−dj 法での共

同実験は実施していないの
で,ISO の純試薬検量線法だ
けを JIS に採用することは

できない。

(8)

精度許容差

○  許容差の回帰式

対標準物質許容差

○ 精度・許容差の回帰式

≠ ISO は精度・許容差の回帰式

が未完成。

ISO

として不備。

α係数法と純試薬検量線の
一体で精度が求められてい
る。したがって精度だけを

JIS

に採用できない。

備考1.  対比項目(Ⅰ)及び(Ⅲ)の小欄で,“○”は該当する項目を規定している場合を示す。

2.

対比項目(Ⅳ)の小欄の記号の意味は,次による。

“=”

JIS と国際規格との技術的内容は同等である。ただし,軽微な技術上の差異がある。

“≠”

JIS は,国際規格と技術的内容は同等でない。ただし,

ADP”に該当する場合を除く。