>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

M 8125

:2016

(1)

追補 1 のまえがき

この JIS M 8125 の追補 1 は,工業標準化法に基づき,日本工業標準調査会の審議を経て,経済産業大臣

が JIS M 8125:1997 を改正した内容だけを示すものである。

JIS M 8125:1997

は,この追補 1 の内容の改正がされ,JIS M 8125:2016 となる。


日本工業規格

JIS

 M

8125

:2016

粗銅地金中の銅定量方法

(追補 1)

Method for determination of

copper in blister copper

(Amendment 1)

JIS M 8125:1997

を,次のように改正する。

5.2.5

(操作)の(2)の

注(

4

)

の“JIS K 0050 の 9.3.2(全量フラスコ)によって検定した”を,

JIS K 0050 

附属書 H(体積計の校正方法)によって検定した”に置き換える。

5.2.5

(操作)の(2)の

注(

5

)

の“JIS K 0050 の 9.3.1(全量ピペット)又は 9.3.3(ビュレット)によって検定

した”を,

JIS K 0050 

附属書 H(体積計の校正方法)によって検定した”に置き換える。