>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

 

1

M 81

1

1 :

199

8

 解

JIS

と対応する国際規格との対比表 

JIS M 8111 : 1998

  鉱石中の金及び銀の分析方法

ISO 10378

  硫化銅精鉱−金及び銀の定量−乾式重量法

対比項目

規定項目

(I)  JIS

規定内容 (II)

国 際 規 格 番

(III)

国際規格の規定内容 (IV)

JIS

と国際規格との相違点 (V)

JIS

と国際規格との整合

が困難な理由及び今後の

対策

(1)

適用範囲

○  鉱石

Au : 0.5

∼300g/T

Ag : 25

∼1 500g/T

ISO 10378

○ 硫化銅精鉱(Cu : 15∼60%)

Au : 0.5

∼300g/T

Ag : 25

∼1500g/T

= JIS の方が適用範囲が広い

精鉱を対象とする JIS を制

○  1.3  試料のはかり方

JIS M 8101

に準じ乾燥

同上

○ 6.  試料

Ann.A

(吸湿水分)又は予備乾燥 =

試料量:原則 30g

Au : 0.05

∼30mg,

Ag : 0.5

∼50mg

○ 試料量:20g (10g or 15g)

= 実体は,銅精鉱 10g

現行のまま

(2)

分 析 試 料 の

採 り 方 及 び
取扱い方

  n

≧2

独立 2 回以上

○  1.5  品位の表示

JIS Z 8401

の 2.1.2(6)許容差

が基準

○ 9.2  最終結果を得る方法

共同実験による許容差が基準

実質同など,現行のまま

(3)

分 析 値 の ま
とめ方

  JIS Z 8402

の 6.4.2(適用方式

A

同上

Ann. E

(手順書)

(4)

定量方法

  6.4

操作

6.4.  1.2

融解試料の調製

同上

7.

操作

調合

○  調合例(硝石法)

試料:30g 
ソーダ灰:40g

酸化鉛:85g 
硝石:7.5g

○ 調合(推奨値)

試料:20g 
ソーダ灰:30g

酸化鉛:210g 
硝石:予備試験

= 代表例

試料によって異なる。現行の
まま。

融解

○  1 次:900℃(予熱)→1 000℃

10

分間保持

全融解時間:40 分以内

○ 1 次:900℃(予熱)→1 000℃

10

分間保持

全融解時間:40 分以内

ISO

に整合させた。

ISO

に整合させた。

鉛ボタン量

○  鉛ボタン量:30∼40g

○ 30∼45g

= JIS 鉱石全般対象

灰吹

○  キューペル:骨灰(マグネシ

ア) 
灰吹条件:790℃(予熱)

○ マグネシア(骨灰)

790

℃±10℃(予熱)

= 本文と注の違い

ISO

に整合させた。


 

2

M 81

1

1 :

199

8

 解


JIS

と対応する国際規格との対比表(続き)

対比項目

規定項目

(I)  JIS

規定内容 (II)

国 際 規 格 番

(III)

国際規格の規定内容 (IV)

JIS

と国際規格との相違点 (V)

JIS

と国際規格との整合

が困難な理由及び今後の
対策

分金

○  分金:硫酸(鉱石用)又は硝

酸 
(精鉱用)

ISO 10378

○ 硝酸(微小ビード:AAS)

= JIS は鉱石をも対象としてい

ため硫酸を規定

実用上問題ない,現行のま
ま。

補正

○  回収試金:スラグ+キューペ

分金液,金粒の補正 (AAS,

ICP)

○ スラグ+キューペル

分金液,金粒の補正 (AAS, ICP)

(5)

精度

○  4.1(4)許容差

表 1(金),表 2(銀)

同上

○ 9.

精度

共同実験結果

= JIS 許容差算出の詳細不明

精度は同程度

精鉱対象 JIS に ISO 採用

(6)

報告書

同上

○ 試験報告書

精鉱は自社消費のため

不要

(7)

その他

記述が通則的で,銅精鉱に
は,直接適用し難い

同上

日本案をベースに作成 
実用的

精鉱を対象とする JIS を制

備考1.  対比項目(I)及び(III)の小欄で,“○”は該当する項目を規定している場合,“−”は規定していない場合を示す。

2.

対比項目(IV)の小欄の記号の意味は,次による。

“≡”

JIS と国際規格との技術的内容は同等である。

“=”

JIS と国際規格との技術的内容は同等である。ただし,軽微な技術上の差異がある。