>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

日本工業規格

JIS

 M

3903

-1979

デタッチャブルロックビット用

ロッドテーパ

Rod Taper for Detachable Rock Bit

1.

適用範囲  この規格は,テーパ着脱式のデタッチャブルロックビット用ロッドテーパ(以下,ロッド

テーパという。

)について規定する。

2.

種類  ロッドテーパは,先端径の寸法により表 の 4 種類とする。

表 1

単位 mm

種類(ロッドテーパ番号)

先端径 D

0 15

1 18

2 20

3 22

3.

ロッドテーパの形状,寸法及び許容差

3.1

ロッドテーパの形状及び寸法は,

図 による。

3.2

ロッドテーパ寸法の許容差は特に規定しないが,4.2 に規定する検査用テーパゲージにより検査を行

い,これに合格しなければならない。

図 

種類(ロッドテーパ番号)

Dmm

テーパ

適用ロッド(参考)

0 15

1/9.5405

H19

1 18

1/9.5405

H22

2 20

1/9.5405

H25

3 22

1/9.5405

R32

備考  テーパ=2tan3°

4.

検査

4.1

寸法検査  ロッドテーパは,4.2 に規定する検査用テーパゲージにより,先端径及びテーパの総合検

査を行い,これに合格しなければならない。


2

M 3903-1979

4.2

検査用テーパゲージ  検査用テーパゲージの形状,寸法及び許容差は,図 による。

図 2

単位 mm

種類(ロッドテーパ番号)

D

X

Y

L

1

L

2

G

0 15

±0.005 1.00 2.00±0.05 35  33  48

1 18

±0.005 1.00 2.00±0.05 40  38  50

2 20

±0.005 1.00 2.00±0.05 45  43  52

3 22

±0.005 1.00 2.00±0.05 50  48  55


3

M 3903-1979

原案作成委員会  構成表

氏名

所属

高  岡  三  郎

工業技術院公害資源研究所

速  水  博  秀

工業技術院公害資源研究所

千  葉  政  次

三菱金属鉱業株式会社超硬製品部

三  上  芳  一

古河鉱業株式会社機械技術部

杉  山  和  男

通商産業省重工業局

渡  辺  隆  行

大成鑿岩機株式会社

河  村  桂五郎

東洋工業株式会社さく岩機部

阿  部  正  男

株式会社山本鉄工所

安  部      強

三菱製鋼株式会社東京製鋼所生産技術部

角  田  憲  介

株式会社間組機械部大宮工場

川  崎  四  郎

同和鉱業株式会社鉱山部

清  水  房  雄

住友金属鉱山株式会社鉱山部

安  部      亨

西松建設株式会社機材部

白  井      隆

日本石炭協会

鞍  掛      素

日本鉱業協会

塚  本  俊  六

三井金属鉱業株式会社鉱山部

井  内  清  夫

大同特殊鋼株式会社星崎工場

吉  川  章  司

登喜和産業株式会社技術部

後  藤  良  平

大成建設株式会社機械部

赤  穂  光  孝

三菱金属鉱業株式会社採鉱部

鈴  木      隆

鹿島建設株式会社機械部

小  島  康  司

日本鉱業株式会社資源事業本部開発部

帆  足  万  里

工業技術院標準部

安  田  佳  三

通商産業省機械情報産業局

佐  伯  博  蔵

石炭鉱業合理化事業団

原  木  雄  介

通商産業省立地公害局

伊  藤  雅  義

住友金属鉱山株式会社鉱山部

越  智      功

日本鉱業協会技術部

小笠原      繁

住友金属鉱山株式会社鉱山部

萩  野  雅  彬

住友金属鉱山株式会社

忠  平  健  一

大成建設株式会社技術本部技術研究所

石  川  鋠  弘

大同特殊鋼株式会社星崎工場

黒  河  亀千代

工業技術院標準部材料規格課