>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

日本工業規格

JIS

 M

2506

-1992

ロックボルト及びその構成部品

Rock bolt and its equipment parts

1.

適用範囲  この規格は,坑道,トンネル,地下空洞,切取斜面の岩盤支保などに用いるロックボルト

(以下,ロックボルトという。

)及びその構成部品について規定する。

備考1.  ロックボルトは,緊定部及びねじ部を含む。ただし,緊定方式及び緊定形式は,この規格で

は特に規定しない。

2.

構成部品は,プレート,ナット及びカプラとする。

3.

熱間圧延によって表面にねじふしを形成し,専用ナットを用い,そのままロックボルトとし

て使用できるねじふし棒鋼については,ねじ部に関する規定(2.3,  3.1,  4.1,  4.3 及び 5.)を除

き,この規格を準用することができる。

4.

この規格の引用規格を,次に示す。

JIS B 0205

  メートル並目ねじ

JIS B 0209

  メートル並目ねじの許容限界寸法及び公差

JIS B 1001

  ボルト穴径及びざぐり径

JIS B 1052

  鋼製ナットの機械的性質

JIS B 1181

  六角ナット

JIS G 3101

  一般構造用圧延鋼材

JIS G 3112

  鉄筋コンクリート用棒鋼

JIS G 3123

  みがき棒鋼

JIS G 4051

  機械構造用炭素鋼鋼材

5.

この規格の中で{  }を付けて示してある単位及び数値は,従来単位によるものであって,

参考値である。

2.

種類

2.1

ロックボルトの種類  ロックボルトの種類は,形状によって,次の 4 種類とする。

(1)

磨き棒鋼ロックボルト

(2)

異形棒鋼ロックボルト(

1

)

(3)

ねじり棒鋼ロックボルト

(4)

中空棒鋼ロックボルト

(

1

)

異形棒鋼ロックボルトは,ねじふし棒鋼ロックボルトを含む。

2.2

プレートの種類  プレートの種類は,形状によって,次の 2 種類とする。

(1)

平角プレート

(2)

球面プレート(

2

)


2

M 2506-1992

(

2

)

球面プレートは,球面プレート本体と座金とからなる。

2.3

ナットの種類  ナットの種類は,JIS B 1181 の附属書(ISO 40324036 によらない六角ナット)に

規定する六角ナットの形状の区別によって,1 種,2 種及び 4 種の 3 種類とする。

3.

機械的性質

3.1

ロックボルトの機械的性質  ロックボルトの機械的性質は,7.1 に規定するロックボルトのねじ部引

張荷重試験方法によって試験したとき,

表 のねじ部の最小引張荷重以下で破断してはならない。

表 1  ロックボルトの機械的性質

単位 kN {tf}

ロックボルト(ねじ部)の呼び径

機械的性質の項目

ロックボルトの種類

M18 M22 M24 M27

ねじ部の最小引張荷重

磨き棒鋼ロックボルト

86

{8.8}

136

{13.9}

158

{16.2}

206

{21.1}

異形棒鋼ロックボルト

148

{15.1}

172

{17.6}

224

{22.9}

ねじり棒鋼ロックボルト

207

{21.2}

244

{24.7}

中空棒鋼ロックボルト

205

{21.0}

3.2

プレートの機械的性質  プレートの機械的性質は,7.2 に規定するプレートの破断荷重試験方法によ

って試験したとき,

そのプレートに組み合わせるロックボルトの最小破断荷重以下で破断してはならない。

3.3

ナットの機械的性質  ナットの機械的性質は,ロックボルトの破断荷重以上でなければならない。

3.4

カプラの機械的性質  カプラの機械的性質は,その破断荷重がロックボルトの破断荷重以上でなけ

ればならない。

4.

形状・寸法

4.1

ロックボルトの形状・寸法  ロックボルトの形状・寸法は,表 による。

表 2  ロックボルトの形状・寸法


3

M 2506-1992

単位 mm

L

ロックボルト 
(ねじ部)の

呼び径

1 500

2 000

2 500

3 000

3 500

4 000

4 500

5 000

6 000

M18

M22

M24

M27

4.2

プレートの形状・寸法  プレートの形状・寸法は,次による。

(1)

平角プレート  平角プレートの形状・寸法は,表 に示す d

1

lt

の組合せとする。

表 3  平角プレートの形状・寸法

単位 mm

平角プレートの呼び

d

1

l

t

M18

ねじ外径+最大 2

150 6.0

M22

ねじ外径+最大 2

200 9.0

M24

ねじ外径+最大 2

 12.0

M27

ねじ外径+最大 2

(2)

球面プレート  球面プレート本体及び座金の形状・寸法は,表 に示す d

1

d

2

d

3

h

1

h

2

l

及び の組合

せとする。


4

M 2506-1992

表 4  球面プレートの形状・寸法

単位 mm

球面プレートの呼び

d

1

d

2

d

3

h

1

h

2

l

t

M18

ねじ外径+最大 2

42

±3 50  40 20 以上 150

6.0

M22

ねじ外径+最大 2

50

200

9.0

M24

ねじ外径+最大 2

備考  球面プレートは,呼び径 M27 のロックボルトには使用しない。

4.3

ナットの形状・寸法  ナットの形状・寸法は,JIS B 1181 の附属書の 5.(形状・寸法)に規定する

ねじの呼び並目 M18,M22,M24 及び M27 の形状・寸法とする。

5.

ねじ  ロックボルト及びナットのねじの種類は,JIS B 0205 に規定する M18,M22,M24 及び M27

とし,ねじの許容限界寸法及び公差は,JIS B 0209 

附属書 1(M1∼M68 の 1 級,2 級及び 3 級に対する

許容限界寸法及び公差)に規定する 3 級以上とする。ただし,ロックボルトのねじは転造ねじとする。

6.

材料  ロックボルト及びその構成部品の材料は,表 による。


5

M 2506-1992

表 5  ロックボルト及びその構成部品の材料

ロックボルト及びその構成部品

材料

磨き棒鋼ロックボルト

JIS G 3123

の SGD 400-D 同等以上

異形棒鋼ロックボルト

JIS G 3112

の SD 345 同等以上

ねじり棒鋼ロックボルト  JIS G 3112 の SD 345 相当品以上の材料を冷間加工して,降伏点又は耐力 510MPa

{52kgf/mm

2

}

,引張強さ 686MPa {70kgf/mm

2

}

以上にしたもの

ロック

ボルト

中空棒鋼ロックボルト

JIS G 4051

の S 43 C 同等以上

プレート

JIS G 3101

の SS 400 同等以上

ナット

JIS G 3101

の SS 400 同等以上

7.

試験方法

7.1

ロックボルトのねじ部引張荷重試験方法  ロックボルトのねじ部の引張荷重試験方法は,図 のよ

うにおねじ部品の頭部に完全ねじ部が 1程度(はねじの呼び径)残るように,ナット又は適切なジグを

はめ合わせた後,軸方向に引張荷重を

表 の荷重を超えるまで徐々に加え,ロックボルトの破壊の状態を

調べる。

なお,ねじ山がくずれて抜けた場合は,ナット又はジグのねじ精度を高めるか,又ははめあい長さを増

して再試験する。

図 1

7.2

プレートの破断荷重試験方法  プレートの破断荷重試験方法は,平角プレートの場合は図 のよう

に,また,球面プレートの場合は

図 のように,穴径が使用するナットの最大外径+20mm の受台に,プ

レート,ロックボルト及びナットを組み合わせた後,軸方向の引張荷重を,そのプレートと組み合わせる

ロックボルトの最小破断荷重を超えるまで,徐々に加え,プレートの破壊の状態を調べる。

なお,ロックボルト及びナットは所定の形状・寸法であれば,これらに替わる専用のジグを用いてもよ

い。


6

M 2506-1992

図 2  平角プレートの破断荷重試験方法

図 3  球面プレートの破断荷重試験方法

7.3

ナットの試験方法  ナットの試験方法は,JIS B 1052 による。

8.

検査

8.1

ロックボルトの検査  ロックボルトは,7.1 の規定によって試験を行ったとき,3.1 の規定に適合し

なければならない。

なお,抜取検査の方式は,受渡当事者間の協定による。

8.2

プレートの検査  プレートは,7.2 の規定によって試験を行ったとき,3.2 の規定に適合しなければ

ならない。

なお,抜取検査の方式は,受渡当事者間の協定による。


7

M 2506-1992

9.

製品の呼び方

9.1

ロックボルトの呼び方  ロックボルトの呼び方は,ロックボルトの種類及びロックボルト(ねじ部)

の呼び径×長さによる。

例  異形棒鋼ロックボルト M24×3 000

ねじふし棒鋼ロックボルト D25×3 000

中空棒鋼ロックボルト M24×2 000

9.2

プレートの呼び方  プレートの呼び方は,種類及び厚さ×辺長による。

例  平角プレート

9

×150

球面プレート本体  6×200

10.

表示

10.1

ロックボルトの表示  ロックボルトは出荷に際して,1 結束ごとに次の事項を表示する。

(1)

種類

(2)

ロックボルトねじ部の呼び径×長さ

(3)

数量

(4)

製造業者名又はその略号

10.2

プレートの表示  プレートは出荷に際して,1 結束ごとに次の事項を表示する。

(1)

種類

(2)

厚さ  (t)×辺長  (l)

(3)

数量

(4)

製造業者名又はその略号

10.3

ナットの表示  ナットは出荷に際して,1 包装ごとに次の事項を表示する。

(1)

種類

(2)

呼び径

(3)

数量

(4)

製造業者名又はその略号