>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

日本工業規格

JIS

 M

2002

-1992

さく岩機仕様の表示基準

Standard specification for rock drills

1.

適用範囲  この規格は,圧縮空気を原動力として,打撃と回転によってさく孔を行うさく岩機の仕様

の表示基準について規定する。

備考1.  この規格の引用規格を,次に示す。

JIS K 6331

  送水用ゴムホース(ウォーターホース)

JIS K 6332

  空気用ゴムホース(エアーホース)

JIS M 200l

  さく岩機の性能試験方法

JIS M 3907

  さく岩機用ロッドのシャンク部の形状及び寸法

2.

この規格の中で{  }を付けて示してある単位及び数値は,従来単位によるものであって,

参考値である。

2.

さく岩機の機種の分類  さく岩機の機種は,次のとおり分類する。

(1)

ハンドハンマ

(2)

レッグドリル

(3)

ストーパ

(4)

ドリフタ

備考  さく岩機の形式には,乾式及び湿式がある。

3.

表示項目及び表示単位  機種別の表示項目及び表示単位は,表 1のとおりとする。

(1)

ハンドハンマ


2

M 2002-1992

表 1  ハンドハンマ 

番号

項目

単位

番号

項目

単位

1

質量(

1

) kg

5

打撃数(毎分)(

3

)

2

全長 mm

6

圧気消費量(

4

)

m

3

/min

3

シリンダ径 mm

7

シャンクサイズ(

5

)

給気用

4

ピストンストローク(

2

) mm 8

ホース内径(

6

)

給水用

mm

(

1

)

質量  本体の質量は,乾式,湿式及びシャンクサイズ別に表示し,エアーホース
コネクション,ラインオイラ及びウォーターホースコネクションコンプリートを

含む。

(

2

)

ピストンストローク  シリンダの後室端面にピストンを接触させた位置からシャ
ンク端面の打撃位置までのピストンストロークの長さを表す。

(

3

)

打撃数  JIS M 2001 の 3.6(回転力測定装置)に規定する方法によって作動圧
490kPa {5kgf/cm

2

}

で測定し,数値は 100 の位まで表示する。

(

4

)

圧気消費量  JIS M 2001 の 3.3(ピストン速度測定装置)及び 3.4(同調振動計)
に規定する方法によって作動圧 490kPa {5kgf/cm

2

}

で測定し,数値は小数点第 1

位まで表示する。

(

5

)

シャンクサイズ  シャンクサイズは,JIS M 3907 に規定する記号によって表示す
る。

(

6

)

ホース内径  ホース内径は,JIS K 6331 及び JIS K 6332 の規定による。

(2)

レッグドリル

(a)

本体  (1)ハンドハンマに同じ。

(b)

フィードレッグ

表 2  フィードレッグ

番号

項目

単位

番号

項目

単位

1

質量 kg

3

フィードの長さ mm

2

全長 mm

4

フィードシリンダ内径 mm

(3)

ストーパ

表 3  ストーパ

番号

項目

単位

番号

項目

単位

1

質量(

1

) kg

6

ピストンストローク(

2

) mm

2

全長 mm

7

打撃数(毎分)(

3

)

3

スチールチェンジ mm

8

圧気消費量(

4

)

m

3

/min

4

フィードシリンダ径 mm

9

シャンクサイズ(

5

)

給気用

5

シリンダ径 mm

10

ホース内径(

6

)

給水用

mm

(4)

ドリフタ

(a)

本体  (1)ハンドハンマに同じ。

(b)

ガイドシェル

表 4  ガイドシェル

番号

項目

単位

番号

項目

単位

1

質量 kg

4

スライドの長さ mm

2

全長 mm

5

圧気消費量(

4

)

m

3

/min

3

フィードの長さ mm

6

給気用ホース内径(

6

) mm

備考  各機種とも,ピストン質量についても表示することが望ましい。