>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

L 6507

:2005

(1)

まえがき

この規格は,工業標準化法第 14 条によって準用する第 12 条第 1 項の規定に基づき,日本繊維機械標準

化協議会(JCSTM)/財団法人日本規格協会(JSA)から,工業標準原案を具して日本工業規格を改正すべきと

の申出があり,日本工業標準調査会の審議を経て,経済産業大臣が改正した日本工業規格である。

これによって,JIS L 6507:1979  は改正され,この規格に置き換えられる。

改正に当たっては,日本工業規格と国際規格との対比,国際規格に一致した日本工業規格の作成及び日

本工業規格を基礎にした国際規格原案の提案を容易にするために,ISO 363:1992,Textile machinery and

accessories

−Flat steel healds with closed end loops−Dimensions を基礎として用いた。

この規格の一部が,技術的性質をもつ特許権,出願公開後の特許出願,実用新案権,又は出願公開後の

実用新案登録出願に抵触する可能性があることに注意を喚起する。経済産業大臣及び日本工業標準調査会

は,このような技術的性質をもつ特許権,出願公開後の特許出願,実用新案権,又は出願公開後の実用新

案登録出願にかかわる確認について,責任はもたない。

JIS L 6507

には,次に示す附属書がある。

附属書(参考)JIS と対応する国際規格との対比表


L 6507

:2005

(2)

目  次

ページ

序文 

1

1.

  適用範囲

1

2.

  引用規格

1

3.

  種類

1

4.

  形状・寸法 

1

5.

  外観

4

6.

  表面処理

4

7.

  材料

4

8.

  検査

4

9.

  製品の呼び方 

4

10.

  表示

5

附属書(参考)JIS と対応する国際規格との対比表

6


日本工業規格

JIS

 L

6507

:2005

織機用フラットヘルド

Flat Healds for Looms

序文  この規格は,1992 年に第 2 版として発行された ISO 363,Textile machinery and accessaries−Flat steel

healds with closed end loops

−Dimensions を翻訳し,

技術的内容を変更して作成した日本工業規格であるが,

対応国際規格には規定されていない規定項目(引用規格,外観,表面処理,材料,検査,製品の呼び方及

び表示)を日本工業規格として追加している。

なお,この規格で側線又は点線の下線を施してある箇所は,原国際規格を変更している事項である。変

更の一覧表をその説明を付けて,

附属書(参考)に示す。

1. 

適用範囲  この規格は,織機用フラットヘルドについて規定する。

備考  この規格の対応国際規格を,次に示す。

なお,対応の程度を表す記号は,ISO/IEC Guide21 に基づき,IDT(一致している)

,MOD(修

正している)

,NEQ(同等でない)とする。

ISO 363:1992

Textile machinery and accessaries

−Flat steel healds with closed end loops−Dimensions

(MOD)

2. 

引用規格  次に掲げる規格は,この規格に引用されることによって,この規格の規定の一部を構成す

る。これらの引用規格は,その最新版(追補を含む。

)を適用する。

JIS H 8610

  電気亜鉛めっき

JIS H 8617

  ニッケルめっき及びニッケル−クロムめっき

JIS G 3506

  硬鋼線材

JIS G 4304

  熱間圧延ステンレス鋼板及び鋼帯

JIS G 4305

  冷間圧延ステンレス銅板及び鋼帯

JIS G 4308

  ステンレス鋼線材

3. 

種類  種類は,普通フラットヘルド及び打ち抜きフラットヘルドの 2 種類とする。

さらに,各々の形状によって,シンプレックス及びデユープレックスの 2 種類とする。

4. 

形状・寸法  形状及び寸法は,普通フラットヘルドについては図 に,打ち抜きフラットヘルドにつ

いては

図 による。


2

L 6507

:2005

単位  mm

記号

W T  a  b  f  L 

基準

寸法

許容差  基準

寸法

許容差  基準

寸法

許容差

基 準

寸法

許容差

基 準

寸法

許容差

基準

寸法

許容差

1.8 1.8

+0.7

  0

2.0

0.25 5.0  1.0

2.0

280

300

302

330

2.0 2.0

+1.0

  0

2.2

0.3

5.5

6.0

1.2

1.5

2.2

380

2.3 2.3

280

300

330

+0.7

  0

2.4

0.35 6.0  1.5

2.4

380

420

+1.0

  0

2.6 2.6

280

300

330

+0.7

  0

寸法

2.8

±0.08

0.4

±0.03

6.5

±0.2

1.8

±0.2

2.8

±0.3

380 +1.0

  0

  1  普通フラットヘルドの形状・寸法


3

L 6507

:2005

単位  mm

  2  打ち抜きフラットヘルドの形状・寸法

L

a

a

L

L

a


4

L 6507

:2005

寸法

ヘルドフレームの種類

形状

長さ

ワイヤ 
厚さ(t)

メールサイ
ズ(a×b

メール位置

デュープレックス

260

280

302

330

337

0.25

0.30

5.5

×1.2

6.0

×1.5

センタ又は

5 mm

以上

O

−タイプ

J

−タイプ

C

−タイプ

シンプレックス

260

280

330

331

356

382

0.25

0.30

0.38

0.50

5.5

×1.2

6.5

×1.8

6.5

×2.5

8.0

×2.5

備考  寸法は,基準寸法を示し,許容差は規定しない。

図 2  打ち抜きフラットヘルドの形状・寸法(続き)

5. 

外観  外観は,仕上がりが良好で,使用上有害なきず,割れ,その他の欠点があってはならない。

6. 

表面処理  材料に硬鋼線材を使用したものは,JIS H 8610 の 2 種 1 級,JIS H 8617 の 1 種 1 級又はこ

れらと同等のめっきを施さなければならない。

7. 

材料  材料は,JIS G 3506JIS G 4304JIS G 4305JIS G 4308 又はこれらと同等以上の品質のもの

を使用する。

8. 

検査  検査は,4.7.について行う。

9. 

製品の呼び方  製品の呼び方は,普通フラットヘルドの場合は,種類 W×T×L(メールの位置)によ

ることとし,打ち抜きフラットヘルドの場合は,ヘルドフレームの種類による形状の記号,長さ,板厚,

メールサイズ及びメール位置による。

1.  普通フラットヘルド,シンプレックス,W2.0,T0.25,L300,メールの位置アップの場合

S2.0

×0.25×300(アップ)

2.  普通フラットヘルド,デュープレックス,W2.0,T0.25,L300,メールの位置センターの場合

D2.0

×0.25×300(センター)

3.  打ち抜きフラットヘルド,ヘルドフレーム J タイプ,長さ 331,ワイヤ厚さ 0.30,メールサイ

ズ 5.5×1.2,メール位置アップ,デュープレックスの場合

J

−331×0.30 t  メールサイズ 5.5×1.2  5 mm アップ  デュープレックス

4.  打ち抜きフラットヘルド,ヘルドフレーム J タイプ,長さ 331,ワイヤ厚さ 0.30,メールサイ

ズ 6.5×1.8,メール位置センタ,シンプレックスの場合

J

−331×0.30 t  メールサイズ 6.5×1.8  センタ  シンプレックス


5

L 6507

:2005

10. 

表示  表示は,包装の外面に次の事項を表示する。

a) 

製品の呼び方

b) 

材料

c) 

製造業者名又はその略号


6

L 6507

:2005

附属書(参考)JIS と対応する国際規格との対比表

JIS L 6507

:2005  織機用フラットヘルド

ISO 363:1992

,繊維及び付属品−クローズドループエンドを持つ平鋼製ヘル

ド−寸法

(

Ⅰ) JIS の規定

(

Ⅲ)  国際規格の規定

(

Ⅳ)  JIS と国際規格との技術的差異

の項目ごとの評価及びその内容 
  表示箇所:本体

  表示方法:点線の下線又は側線

項目 
番号

内容

(

Ⅱ )  国

際規格番

項目 
番号

内容

項 目 ご と
の評価

技術的差異の内容

(

Ⅴ)  JIS と国際規格との技術的差異の理由

及び今後の対策

1.

適用 範

織機用フラットヘルドにつ
いて規定

ISO 363

1

適用範

織機用フラットヘルド
の寸法について規定。

MOD/

追加

ISO

は形状・寸法だ

け。JIS は製品規格。

JIS

として必要な規定項目を追加。

2.

引用 規

本体で引用する JIS を規定

MOD/

追加

JIS

として必要な引用規格を追加。

3.

種類

普通フラットヘルド 
打ち抜きフラットヘルドの

2

種類

MOD/

追加

打ち抜きフラットヘ
ルドを追加。

最近の主流となっているため JIS では
追加した。

4.

形状 ・

寸法

普通フラットヘルド及び打
ち抜きフラットヘルド

2

寸法

普通フラットヘルドの
形状及び寸法を規定。

MOD/

変更

MOD/

追加

普通フラッドベルト
の寸法が異なる。

打ち抜きフラットヘ
ルドを追加。

従来から国内の商慣習及び織物の種類
が多様化しているため,必要な寸法を

追加している。 

5.

外観

仕上がりは良好であること
など一般的外観上の規定。

MOD/

追加

製品の取引上必要要求事項である。規
定内容は貿易上に障壁とならない水準
である。

6.

表面 処

鋼製の線材を用いたものは
めっきを施す。

MOD/

追加

製品の取引上必要要求事項である。規
定内容は貿易上に障壁とならない水準

である。

7.

材料

硬鋼線材など JIS の鋼材を

使用する。

MOD/

追加

製品の取引上必要要求事項である。規

定内容は貿易上に障壁とならない水準
である。

8.

検査

種類,形状・寸法,外観,

表面処理,材料について検
査を行う。

MOD/

追加

製品の取引上必要要求事項である。規

定内容は貿易上に障壁とならない水準
である。

6

L

 6507


2005


7

L 6507

:2005

(

Ⅰ) JIS の規定

(

Ⅲ)  国際規格の規定

(

Ⅳ)  JIS と国際規格との技術的差異

の項目ごとの評価及びその内容 
  表示箇所:本体

  表示方法:点線の下線又は側線

項目

番号

内容

(

Ⅱ )  国

際規格番

項目

番号

内容

項 目 ご と

の評価

技術的差異の内容

(

Ⅴ)  JIS と国際規格との技術的差異の理由

及び今後の対策

9.

製品 の

呼び方

種類,寸法などで呼ぶ。

MOD/

追加

製品の取引上必要要求事項である。規
定内容は貿易上に障壁とならない水準

である。

10.

表示

製品の呼び方,材料及び製

造業者名を表示する。

MOD/

追加

製品の取引上必要要求事項である。規

定内容は貿易上に障壁とならない水準
である。

JIS

と国際規格との対応の程度の全体評価:MOD

備考1.  項目ごとの評価欄の記号の意味は,次のとおりである。

    ―  MOD/追加………  国際規格にない規定項目又は規定内容を追加している。 
    ―  MOD/変更………  国際規格の規定内容を変更している。

2.

JIS

と国際規格との対応の程度の全体評価欄の記号の意味は,次のとおりである。

    ―  MOD……………  国際規格を修正している。

7

L

 6507


2005