>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

日本工業規格

JIS

 L

6308

-1981

リードワイヤ

Reed Wires

1.

適用範囲  この規格は,織機用金おさに用いるリードワイヤについて規定する。

引用規格: 

JIS G 3505

  軟鋼線材

JIS G 3506

  硬鋼線材

JIS G 4308

  ステンレス鋼線材

JIS G 4309

  ステンレス鋼線

JIS L 6506

  織機用金おさ

2.

種類  種類は,JIS L 6506(織機用金おさ)の針金巻形に使用する A 形及び糸巻形に使用する B 形の

2

種類とする。

3.

機械的性質  硬さは,HV220 以上とする。

4.

寸法及びその許容差  寸法及びその許容差は,表 及び表 のとおりとする。1 巻の質量は,原則と

して 25kg とする。

表 1  

単位 mm

厚さ

厚さ

厚さ

番手

基準寸法

許容差

番手

基準寸法

許容差

番手

基準寸法

許容差

10 0.680

19 0.357

36 0.188

11

0.618 20

0.340 38

0.178

12 0.566

22 0.309

40 0.170

13 0.523

24 0.283

42 0.161

14 0.485

26 0.261

44 0.154

15 0.453

28 0.242

46 0.147

16 0.425

30 0.226

±0.007

48 0.141

17 0.400

32 0.212

50 0.136

18 0.377

±0.01

34 0.200

±0.005

±0.005

備考  幅の寸法は,JIS L 6506 の図 に規定され,その寸法は,次のとおりである。 

2.0mm

,2.2mm,2.8mm,3.0mm,4.0mm,5.0mm,6.0mm,8.0mm,9.5mm,12.0mm


2

L 6308-1981

表 2  B 形

単位 mm

厚さ

厚さ

厚さ

おさ番手

基準寸法

許容差

おさ番手

基準寸法

許容差

おさ番手

基準寸法

許容差

16 1.270

60 0.399

104 0.235

20 1.058

64 0.374

±0.01

108 0.227

24 0.907

68 0.353

112 0.219

±0.007

28 0.794

72 0.334

116 0.212

32 0.706

76 0.318

120 0.205

36 0.635

80 0.302

124 0.198

40 0.577

84 0.289

128 0.192

44 0.529

88 0.276

140 0.176

48 0.488

92 0.265

150 0.165

52 0.454

96 0.254

56 0.423

±0.01

100 0.244

±0.007

±0.005

備考  幅の寸法は,JIS L 6506 の図 に規定され,その寸法は,次のとおりである。

2.77mm

,3.0mm,4.0mm,5.0mm,6.0mm,7.0mm

5.

外観  外観は,表面は滑らかで,使用上有害なきず,さび,その他の欠点がなく,仕上げは良好でな

ければならない。

6.

材料  材料は,JIS G 3505(軟鋼線材)の SWRM6K, JIS G 3506(硬鋼線材)の SWRH42B, JIS G 4308

(ステンレス鋼線材)又は JIS G 4309(ステンレス鋼線)とする。

7.

製造方法  製造方法は,線材を冷間引抜加工し,更に冷間圧延したものを切削加工若しくは伸線加工

するか,又は塑性成形したものを研摩加工するか,若しくは引抜加工したものを研摩加工する。

8.

検査  検査は,3.6.について行い,その条件を満足しなければならない。

9.

製品の呼び方  製品の呼び方は,名称,種類,番手又はおさ番手×幅及び質量による。

例:リードワイヤ  A 形  14×2.2  25

10.

表示  包装の外面に,次の事項を表示する。

(1)

製品の呼び方

(2)

製造業者名又はその略号