>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

日本工業規格

JIS

 L

6205

-1977

織機の大きさ

Standard Working Widths of Looms

1.

適用範囲  この規格は,織機の大きさについて規定する。

2.

用語の意味  この規格で用いる用語の意味は,次による。

(1)

織機の大きさ  最大通し幅を cm 単位で呼称したものをいい,呼びで示す。

(2)

最大通し幅  織機のおさにたて糸を通し,製織できる最大有効織物のおさ通し幅(おさ面で測定した

幅)

図参照)。

3.

呼び及び最大通し幅  呼び及び最大通し幅は,表による。

呼び

最大通し幅  (a) mm

 50

 500

 60

 600

 80

 800

 90

 900

100 1000

110 1100

120 1200

130 1300

140 1400

150 1500

160 1600

170 1700

180 1800

190 1900

200 2000

210 2100

220 2200

230 2300

240 2400

250 2500

260 2600

270 2700

280 2800

300 3000

320 3200

330 3300

350 3500


2

L 6205-1977

4.

表示  表示は,織機の適当な見やすい箇所に呼びを表示する。

なお,原則としておさ室幅も併せて表示する。