>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

L 5133 : 1998

(1) 

まえがき

この規格は,工業標準化法に基づいて,日本工業標準調査会の審議を経て,通商産業大臣が改正した日

本工業規格である。これによって,JIS L 5133-1983 は改正され,この規格に置き換えられる。

今回の改正では,対応国際規格である ISO/DIS 93-1 : 1996, Textile machinery and accessories−Cylindrical

sliver cans

−Part 1 : Main dimensions 及び ISO/DIS 93-2 : 1996, Textile machinery and accessories−Cylindrical

sliver cans

−Part 2 : Spring bottoms との整合化を図るため改正を行った。また,この規格の一部が,技術的

性質をもつ特許権,出願公開後の特許出願,実用新案権,又は出願公開後の実用新案登録出願に抵触する

可能性があることに注意を喚起する。通商産業大臣及び日本工業標準調査会は,このような技術的性質を

もつ特許権,出願公開後の特許出願,実用新案権,又は出願公開後の実用新案登録出願にかかわる確認に

ついて,責任はもたない。

JIS L 5133

には,次に示す附属書がある。

附属書(規定)  スライバーケンス及びケンススプリング(J 型)


日本工業規格

JIS

 L 5133

: 1998

スライバーケンス及び

ケンススプリング

Sliver cans and cans spring

序文  この規格は,1996 年に作成された ISO/DIS 93-1, Textile machinery and accessories−Cylindrical sliver

cans

−Part 1 : Main dimensions 及び 1996 年に作成された ISO/DIS 93-2, Textile machinery and accessories−

Cylindrical sliver cans

−Part 2 : Spring bottoms を元に作成した日本工業規格であり,附属書を除いて,技術

的内容を変更することなく作成している。

附属書には,従来日本工業規格で規定していた種類と,これらの品質,形状・材料,試験方法,検査方法,

製品の呼び方及び表示を規定した。

1.

適用範囲  この規格は,紡績用スライバーケンス及びケンススプリングの種類・形状及び寸法につい

て規定する。

備考  この規格の対応国際規格を,次に示す。

ISO/DIS 93-1 : 1996

  Textile machinery and accessories−Cylindrical sliver cans−Part 1 : Main

dimensions

ISO/DIS 93-2 : 1996

  Textile machinery and accessories−Cylindrical sliver cans−Part 2 : Spring

bottoms

2.

引用規格  次に掲げる規格は,この規格に引用されることによって,この規格の規定の一部を構成す

る。引用規格は,その最新版(追補を含む。

)を適用する。

JIS B 0021

  製品の幾何特性仕様 (GPS) −幾何公差表示方式−形状,姿勢,位置及び振れの公差表示

方式

備考  ISO/DIS 1101 : 1996, Technical drawings − Geometrical tolerancing − Tolerancing of form,

orientation, location and run-out

−Generalities, definitions, symbols, indications on drawings が,

この規格と一致している。

3.

種類  スライバーケンス及びケンススプリングの種類は,表 のとおりとする。


2

L 5133 : 1998

表 1  種類

名称

種類

備考

フラット

付図 参照

キャスターなし

インバーター

付図 参照

スライバーケンス

キャスター付

付図 参照

A

型(初圧のないもの)

付図 参照

キャスターなし

B

型(初圧のあるもの)

付図 参照

C

型(初圧のないもの)

付図 参照

ケンススプリング

キャスター付

D

型(初圧のあるもの)

付図 参照

4.

形状及び寸法

4.1

スライバーケンス  スライバーケンスの形状及び寸法は,付図 1及び付表 のとおりとする。

4.2

ケンススプリング  ケンススプリングの形状及び寸法は,付図 4及び付表 2のとおりとする。

5.

製品の呼び方  製品の呼び方は,次のとおりとする。

(1)

スライバーケンスは,名称,種類,規格番号,直径×高さによる。

1.  スライバーケンス  キャスター付  JIS L 5133 (ISO 93-1)    600×1 200

(2)

ケンススプリングは,名称,規格番号,種類,スプリング自由度  (L

O

)

×スプリング強さ  (F

n

)

,ケン

ススプリングの天板の外径  (d

4

)

/天板の深さ  (h

3

)

による。

2.  ケンススプリング  JIS L 5133 (ISO 93-2)    D 1 170×34-780/85


3

L 5133 : 1998

付図 1  スライバーケンスキャスターなしフラット

d

=内径

d

1

=底部外径  d

1

d+15mm

h

=全高 

備考  公差の図示方法は,JIS B 0021 による。

付図 2  スライバーケンスキャスターなしインバーター

d

=内径

d

1

=底部外径  d

1

d+15mm

d

2

=底部内径  d

2

d−15mm

h

=全高

h

1

=底金具の高さ 

備考  公差の図示方法は,JIS B 0021 による。

付表 1  スライバーケンスキャスターなし

単位 mm

d

h

300

350

400

450

500

600

700

  900

300

350

400

450

500

600

700

1 000

400

450

500

600

700

1 100

450

500

600

700

1 200

備考1. 700mm を超える直径につ

いては,100mm ごとの増

加となる。

2. 1

200mm

を超える高さに

ついては,100mm ごとの

増加となる。


4

L 5133 : 1998

付図 3  スライバーケンスキャスター付

備考1. 1

000mm

を超える直径については,200mm ごと

の増加となる。 

備考  公差の図示方法は,JIS B 0021 による。 2. 1 200mm を超える高さについては,100mm ごと

の増加となる。 


5

L 5133 : 1998

付図 4  ケンススプリングキャスターなし 型  付図 5  ケンススプリングキャスターなし 

d

=スライバーケンスの内径

d

4

=ケンススプリングの天板の外径

h

=スライバーケンスの高さ

h

2

=スライバーケンス上端から天板上面までの間隔

h

3

=天板の深さ

F

n

=スプリングの強さ

F

v

=初期荷重

L

O

=スプリングの自由長

L

v

=初期荷重が働くときのスプリングの高さ

備考  F

n

F

v

及び L

v

は,受渡当事者間の協定による。

備考  公差の図示方法は,JIS B 0021 による。


6

L 5133 : 1998

付表 2  ケンススプリングキャスターなし 型,

A

B

d h 

L

O

±30

L

O

±30

d

4

h

3

mm mm mm mm mm mm

300 285

50

350 335

50

400 385

50

450 435

50

500 485

55

600 585

60

700

  900

  840

  940

682 70

300 285

50

350 335

50

400 385

50

450 435

50

500 485

55

600 585

60

700

1 000

  940

1 040

682 70

400 385

50

450 435

50

500 485

55

600 585

60

700

1 100

1 040

1 140

682 70

450 435

50

500 485

55

600 585

60

700

1 200

1 140

1 240

682 70

備考1. 700mm を超える直径については,100mm ごとの増加となる。

2. 1

200mm

を超える高さについては,100mm ごとの増加となる。


7

L 5133 : 1998

付図 6  ケンススプリングキャスター付 型  付図 7  ケンススプリングキャスター付 

d

=スライバーケンスの内径

d

4

=ケンススプリングの天板の外径

h

2

=スライバーケンスの高さ

h

2

=スライバーケンス上端から天板上面までの間隔

h

3

=天板の深さ

F

n

=スプリングの強さ

F

v

=初期荷重

L

0

=スプリングの自由長

L

v

=初期荷重が働くときのスプリングの高さ

備考  F

n

F

v

及び L

v

は,受渡当事者間の協定による。

備考  公差の図示方法は,JIS B 0021 による。


8

L 5133 : 1998

付表 3  ケンススプリングキャスター付 型,

C

D

d h 

L

O

±30

L

O

±30

d

4

h

3

mm mm mm mm mm mm

400 385

50

600

  900

  770

  870

585 60

400 385

50

450 435

50

500 485

55

600 585

60

700 682

70

800 780

85

900

1 000

  870

  970

880 100

450 435

50

500 485

55

600 585

60

700 682

70

800 780

85

900 880

100

1 000

1 100

  970

1 070

980 100

450 435

50

500 485

55

600 585

60

700 682

70

800 780

85

900 880

100

1 000

1 200

1 070

1 170

980 100

備考1. 1

000mm

を超える直径については,200mm ごとの増加となる。

2. 1

200mm

を超える高さについては,100mm ごとの増加となる。


9

L 5133 : 1998

附属書(規定)  スライバーケンス及びケンススプリング(型)

1.

適用範囲  この附属書は,紡績用スライバーケンス及びケンススプリング(J 型)について規定する。

2.

引用規格  次に掲げる規格は,この規格に引用されることによって,この規格の規定の一部を構成す

る。これらの引用規格は,その最新版(追補を含む。

)を適用する。

JIS B 0021

  製品の幾何特性仕様 (GPS) −幾何公差表示方式−形状,姿勢,位置及び振れの公差表示

方式

JIS B 7503

  ダイヤルゲージ

JIS B 7507

  ノギス

3.

種類  スライバーケンス及びケンススプリングの種類は,附属書表 のとおりとする。

附属書表 1  種類

名称

種類

備考

キャスター付

附属書付図 参照

スライバーケンス

キャスターなし

附属書付図 参照

普通型(初圧のないもの)

附属書付図 参照

ケンススプリング

初圧型(初圧のあるもの)

附属書付図 参照

4.

品質

4.1

スライバーケンスの垂直度  スライバーケンスの垂直度は,10mm 以下でなければならない。

4.2

スライバーケンスの上面の平面度  スライバーケンスの上面の平面度は,4mm 以下でなければなら

ない。

4.3

外観  外観は,使用上有害なきず,割れ,その他の欠点がなく,仕上げが良好でなければならない。

4.4

ケンススプリングの荷重  ケンススプリングの荷重は,7.5 によって試験したとき附属書付図 及び

附属書付図 のとおりでなければならない。

5.

形状及び寸法

5.1

スライバーケンス  スライバーケンスの形状は円筒形とし,寸法は附属書付図 及び附属書付図 2

のとおりとする。

5.2

ケンススプリング  ケンススプリングの形状はコイルの上端に円盤状のプレート(天板)を取り付

けたものとし,寸法は

附属書付図 及び附属書付図 のとおりとする。

6.

材料

6.1

スライバーケンス  スライバーケンスの材料は,ファイバーボード,プラスチック,軟鋼板などで

使用上の強度に耐えるものでなくてはならない。

6.2

ケンススプリング


10

L 5133 : 1998

6.2.1

天板  天板の材料は,プラスチック,軟鋼板,アルミニウムなどで使用上の強度に耐えるものでな

くてはならない。

6.2.2

コイル  コイルの材料は硬鋼線とし,使用上の強度に耐えるものでなくてはならない。

7.

試験方法

7.1

スライバーケンスの垂直度  スライバーケンスの垂直度は,JIS B 7503 に規定するダイヤルゲージ

又はこれと同等以上の精度をもつ測定器具によって測定する。

7.2

スライバーケンス上面の平面度  スライバーケンス上面の平面度は,JIS B 7503 に規定するダイヤ

ルゲージ又はこれと同等以上の精度をもつ測定器具によって測定する。

7.3

寸法  寸法は,JIS B 7507 に規定するノギス又はこれと同等以上の精度をもつ測定器具によって測

定する。

7.4

外観  外観は,目視による。

7.5

ケンススプリングの荷重  ケンススプリングの荷重は,プレートの上におもりを載せて所定の荷重

を調べる。

8.

検査方法  スライバーケンスの検査は,4.14.24.3 及び 5.1 について行い,ケンススプリングの検

査は,4.34.4 及び 5.2 について行う。

9.

製品の呼び方  製品の呼び方は,次のとおりとする。

(1)

スライバーケンスは,名称,呼称及び種類による。

1

スライバーケンス  20×42  キャスター付

(2)

ケンススプリングは,名称,ケンス径,種類及び荷重による。

2

ケンススプリング  20  普通型  10 daN

10.

表示  製品の見やすい箇所に,製造業者名又はその略号を表示する。


11

L 5133 : 1998

附属書付図 1  キャスター付スライバーケンス

備考  公差の図示方法は,JIS B 0021 による。


12

L 5133 : 1998

附属書付図 2  キャスターなしスライバーケンス

備考  公差の図示方法は,JIS B 0021 による。


13

L 5133 : 1998

附属書付図 3  ケンススプリング普通型

備考  公差の図示方法は,JIS B 0021 による。

附属書付図 4  ケンススプリング初圧型

備考  公差の図示方法は,JIS B 0021 による。


14

L 5133 : 1998

改正原案作成委員会  構成表

氏名

所属

(委員長)

風  間      健

武庫川女子大学

藤  野  達  夫

通商産業省機械情報産業局

岡  林  哲  夫

工業技術院標準部

加  山  英  男

財団法人日本規格協会技術部

荻  野  正  憲

カネボウウール株式会社研究開発部商品開発部

谷      憲  治

日本毛織株式会社生産技術部

佐  藤  好  伸

日清紡績株式会社繊維技術本部紡織加工部

種  田  祐  士

東洋紡績株式会社紡織生産技術部

筒  井  清次郎

日本紡績協会調査部

立  石  博  明

立石産業株式会社

東          昇

株式会社石川製作所繊維機械技術部

堀  川      清

大阪機工株式会社

平  井  春  美

豊和工業株式会社繊維機械部

中  根  克  己

株式会社豊田自動織機製作所紡機技術部

久  保  雄  司

関西繊維機器工業会

大  角  雅  夫

東海繊維機械工業会

宝  金  昭  造

社団法人日本繊維機械協会

(事務局)

君  塚  正  二

日本繊維機械標準化協議会