>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

1

L 5133 : 1998

  解説

JIS

と対応国際規格との対比表

JIS L 5133 : 1998

  スライバーケンス及びケンススプ

リング

ISO/DIS 93-1 : 1996

  Textile machinery and accessories−Cylindrical

sliver cans

−Part 1 : Main dimensions

ISO/DIS 93-2 : 1996

  Textile machinery and accessories−Cylindrical

sliver cans

−Part 2 : Spring bottoms

対比項目

規定項目

(I)  JIS

の規定内

(II)

国 際 規 格 の

規定内容

(III)   JIS

と国際規格との相違点 (IV)

JIS

と国際規格との整合

が困難な理由及び今後の
対策

規格本体

附属書

(1)

適用範囲

○  紡 績 用 ス ラ

イ バ ー ケ ン
ス 及 び ケ ン
ス ス プ リ ン

グ の 寸 法 に
ついて規定。
附属書で,紡

績 用 ス ラ イ
バ ー ケ ン ス
及 び ケ ン ス

スプリング(J
型 ) に つ い て
規定。

○  ISO/DIS 93-1

で、スライバ
ーケンスの寸
法を規定。

ISO/DIS 93-2

で、ケンスス
プリングの寸

法を規定。

ADP J

型につい

て規定。寸
法 以 外 に
も,品質,

試験方法,
表示なども
規定。

センサーを 用いた 感知シ

ステムなど への影 響もあ
り,国内の実情として,当
面は J 型についても規定を

残さざるを得ない。5 年以
内に,国内の実情を見極め
ながら,整合させる方針。

(2)

引用規格

○  JIS B 0021

JIS B 7503

び JIS B 7507
を引用。

(3)

種類

○  ス ラ イ バ ー

ケ ン ス に つ
いては,キャ

ス タ ー の 有
無,インバー
タ ー の 有 無

で,ケンスス
プ リ ン グ に
つ い て は キ

ャ ス タ ー の
有無,初圧の
有無で,7 種

類に分類。

J

型はスライ

バ ー ケ ン ス

は キ ャ ス タ
ーの有無で,
ケ ン ス ス プ

リ ン グ は 初
圧の有無 ,4
種類に分類。

○  スライバーケ

ンスについて
は,キャスタ

ーの有無,イ
ンバーターの
有無で,ケン

ススプリング
についてはキ
ャスターの有

無,初圧の有
無で,7 種類
に分類。

− J 型ではス

ライバーケ
ンスキャス

ターなしフ
ラット及び
キャスター

付ケンスス
プリングは
使用されて

お ら ず 不
要。

(4)

形 状 及 び 寸

○  そ れ ぞ れ の

種 類 に つ い

て,形状及び
寸法を規定。

○  それぞれの種

類について,

形状及び寸法
を規定。


2

L 5133 : 1998

  解説

JIS

と対応国際規格との対比表(続き)

JIS L 5133 : 1998

  スライバーケンス及びケンススプ

リング

ISO/DIS 93-1 : 1996

  Textile machinery and accessories−Cylindrical

sliver cans

−Part 1 : Main dimensions

ISO/DIS 93-2 : 1996

  Textile machinery and accessories−Cylindrical

sliver cans

−Part 2 : Spring bottoms

対比項目

規定項目

(I)  JIS

の規定内

(II)

国 際 規 格 の

規定内容

(III)   JIS

と国際規格との相違点 (IV)

JIS

と国際規格との整合

が困難な理由及び今後
の対策

規格本体

附属書

(5)

品質

○  J 型 に つ い

て,外観,ス
ラ イ バ ー ケ
ン ス の 垂 直

度,平面度,
ケ ン ス ス プ
リ ン グ の 荷

重 に つ い て
規定。

− 最低限守られ

ていないと実
用に耐えなく
なる項目につ

いて規定。

(6)

材料

○  J 型 に つ い

て,スライバ
ーケンス,ケ

ン ス ス プ リ
ン グ の 本 体
及 び コ イ ル

の 材 料 に つ
いて規定。

− ある程度の強

度がなければ
使用に耐えな

いので,主要
な材料の種類
を規定。

(7)

試験方法

○  J 型 に つ い

て,外観,ス
ラ イ バ ー ケ

ン ス の 垂 直
度,平面度,
ケ ン ス ス プ

リ ン グ の 荷
重 に つ い て
の 試 験 方 法

を規定。

− 5.で規定した

品質をチェッ
クするために

試験方法を規
定。

(8)

検査方法

○  J 型 に つ い

て,品質及び

寸 法 の 各 項
目 に つ い て
検 査 を 行 う

ことを規定。

− 4.及び 5.で規

定した事項に

ついて,検査
を行う必要性
を考慮し,規

定。


3

L 5133 : 1998

  解説

JIS

と対応国際規格との対比表(続き)

JIS L 5133 : 1998

  スライバーケンス及びケンススプ

リング

ISO/DIS 93-1 : 1996

  Textile machinery and accessories−Cylindrical

sliver cans

−Part 1 : Main dimensions

ISO/DIS 93-2 : 1996

  Textile machinery and accessories−Cylindrical

sliver cans

−Part 2 : Spring bottoms

対比項目

規定項目

(I)  JIS

の規定内

(II)

国 際 規 格 の

規定内容

(III)   JIS

と国際規格との相違点 (IV)

JIS

と国際規格との整合

が困難な理由及び今後
の対策

(9)

製 品 の 呼 び

○  J 型 に つ い

て,呼び方を
規定。

− 製品の取り違

えなどを予防
したり,迅速
な取引を実現

したりするた
めに規定。

(10)

表示

○  J 型 に つ い

て,製品へ製
造 業 者 名 を

表 示 す る よ
う規定。

備考1.  対比項目(I)及び(II)の小欄で,

“○”は該当する項目を規定している場合,

“−”は規定していない場合を示

す。

2.

対比項目(III)の小欄の記号の意味は,次による。

“≡”

JIS と国際規格との技術的内容は同等である。

“ADP(ADOPTION の略):JIS は,国際規格と対応する部分を国際規格そのまま変更なしで採用してい

る。ただし,採用した部分において,JIS として必要な規定内容を追加し,又
は適用範囲,規定項目及び/又は規定内容の一部を不採用としている。

“−”

:該当項目がない場合。