>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

L 4004 : 2001

(1) 

まえがき

この規格は,工業標準化法第 14 条によって準用する第 12 条第 1 項の規定に基づき,日本アパレル工業

技術研究会 (JATRA) /財団法人日本規格協会 (JSA) から工業標準原案を具して日本工業規格を改正すべ

きとの申出があり,日本工業標準調査会の審議を経て,経済産業大臣が改正した日本工業規格である。こ

れによって JIS L 4004 : 1996 は改正され,この規格に置き換えられる。

JIS L 4004

には,次に示す附属書がある。

附属書 1(規定)  ISO 規格に基づくサイズの表示

附属書 2(参考)  JIS と対応する国際規格との対比表


日本工業規格

JIS

 L 4004

: 2001

成人男子用衣料のサイズ

Sizing systems for men’s garments

序文  この規格は,1977 年に第 1 版として発行された ISO 3636 (Size designation of clothes−Men’s and boys’

outerwear garments)

及び 1981 年に第 1 版として発行された ISO 4415 (Size designation of clothes−Men’s and

boys’ underwear, nightwear and shirts)

を翻訳し,技術的内容を変更して作成した日本工業規格である。

なお,変更の一覧をその説明を付けて

附属書 2(参考)に示す。

1.

適用範囲  この規格は,成人男子用の既製衣料品(和服及び和装品を除く。)のサイズ及び表示方法に

ついて規定する。

備考  この規格の対応国際規格を,次に示す。

なお,対応の程度を表す記号は ISO/IEC Guide 21 に基づき,IDT(一致している)

,MOD(修

正している)

,NEQ(同等でない)とする。

ISO 3636 : 1977

  Size designation of clothes−Men’s and boys’ outerwear garments (MOD)

ISO 4415 : 1981

  Size designation of clothes−Men’s and boys’ underwear, nightwear and shirts

(MOD)

2.

引用規格  次に掲げる規格は,この規格に引用されることによって,この規格の規定の一部を構成す

る。これらの引用規格のうちで,発行年を付記してあるものは,記載の年の版だけがこの規格の規定を構

成するものであって,その後の改正版・追補には適用しない。発効年を付記していない引用規格は,その

最新版(追補を含む。

)を適用する。

JIS L 0111

  衣料のための身体用語

JIS L 0112

  衣料の部分・寸法用語

JIS L 0215

  繊維製品用語(衣料)

JIS L 4107

  一般衣料品

ISO 3635 : 1981

  Size designation of clothes−Definitions and body measurement procedure

3.

定義  この規格で用いる主な用語の定義は,JIS L 0111JIS L 0112 及び JIS L 0215 によるほか,次に

よる。

a)

成人男子  身長の成長が止まった男子。

b)

既製衣料品  付表 に示す衣服。

c)

既製衣料品のサイズ  既製衣料品の全体としての大きさ。基本身体寸法及び特定衣料寸法で表す。

d)

基本身体寸法  既製衣料品のサイズの基礎となる身体部位の寸法。既製衣料品のサイズとしてセンチ

メートル単位で表す。


2

L 4004 : 2001

e)

特定衣料寸法  特定の既製衣料品の特定部位の寸法。既製衣料品のサイズとして当該部位の実寸法を

センチメートル単位で表す。

4.

着用区分  既製衣料品は,着用の仕方によって,次のとおり区分する。

a)

全身用  主として,全身に着用する既製衣料品。

b)

上半身用  主として,上半身に着用する既製衣料品。

c)

下半身用  主として,下半身に着用する既製衣料品。

5.

基本身体寸法及び特定衣料寸法  この規格で用いる基本身体寸法は,チェスト,ウエスト及び身長と

し,特定衣料寸法は,また下丈とする。

備考  チェスト及びウエストは,胸囲及び胴囲としてもよい。

6.

サイズの表し方の種類  サイズの表し方の種類は,次による。

a)

体型区分表示

b)

単数表示

c)

範囲表示

7.

体型区分表示

7.1

体型区分  チェストとウエストの寸法差によって,表 のとおり体型を区分する。

表 1  体型区分

体型

意味

J

体型

チェストとウエストの寸法差が 20cm の人の体型

JY

体型

チェストとウエストの寸法差が 18cm の人の体型

Y

体型

チェストとウエストの寸法差が 16cm の人の体型

YA

体型

チェストとウエストの寸法差が 14cm の人の体型

A

体型

チェストとウエストの寸法差が 12cm の人の体型

AB

体型

チェストとウエストの寸法差が 10cm の人の体型

B

体型

チェストとウエストの寸法差が 8cm の人の体型

BB

体型

チェストとウエストの寸法差が 6cm の人の体型

BE

体型

チェストとウエストの寸法差が 4cm の人の体型

E

体型

チェストとウエストの寸法差がない人の体型

7.2

サイズの種類と呼び方  体型区分別のサイズの種類と呼び方は,表 211 による。

表 2  体型

単位 cm

呼び方

88J3 90J4 92J5 94J6 96J7 98J8 100J9

チェスト

88 90 92 94 96 98

100

ウエスト

68 70 72 74 76 78 80

基本身 
体寸法

身長

160 165 170 175 180 185 190


3

L 4004 : 2001

表 3  JY 体型

単位  cm

呼び方

88JY3 90JY4 92JY5 94JY6 96JY7 98JY8 100JY9

チェスト

88 90 92 94 96 98

100

ウエスト

70 72 74 76 78 80 82

基本身 
体寸法

身長

160 165 170 175 180 185 190

表 4  体型

単位 cm

呼び方 86Y2

88Y3

90Y4

92Y5

94Y6

96Y7

98Y8

100Y9

チェスト

86 88 90 92 94 96 98

100

ウエスト

70 72 74 76 78 80 82 84

基本身

体寸法

身長

155 160 165 170 175 180 185 190

表 5  YA 体型 

単位 cm

呼び方

86YA2 88YA2

88YA3

90YA3

90YA4

92YA4 92YA5 94YA5

チェスト

86 88 88 90 90 92 92 94

ウエスト

72 74 74 76 76 78 78 80

基本身 
体寸法

身長

155 160 165 170

呼び方 94YA6

96YA6

96YA7

98YA7

98YA8

100YA8

102YA9

チェスト

94 96 96 98 98

100  102

ウエスト

80 82 82 84 84 86  88

基本身 
体寸法

身長 175  180

185

190

表 6  体型 

単位 cm

呼び方

86A2 88A2 90A2

88A3

90A3

92A3

90A4

92A4 94A4

チェスト

86 88 90 88 90 92 90 92 94

ウエスト

74 76 78 76 78 80 78 80 82

基本身 
体寸法

身長

155 160 165

呼び方

92A5 94A5 96A5

94A6

96A6

98A6

96A7

98A7 100A7

チェスト

92 94 96 94 96 98 96 98  100

ウエスト

80 82 84 82 84 86 84 86  88

基本身 
体寸法

身長 170

175

180

呼び方 98A8

100A8

102A8

102A9

チェスト 98 100 102 102

ウエスト

86 88 90 90

基本身 
体寸法

身長 185

190


4

L 4004 : 2001

表 7  AB 体型 

単位 cm

呼び方 88AB2

90AB2

92AB2

90AB3

92AB3

94AB3

92AB4

94AB4

96AB4

チェスト

88 90 92 90 92 94 92  94  96

ウエスト

78 80 82 80 82 84 82  84  86

基本身 
体寸法

身長 155

160

165

呼び方 94AB5

96AB5

98AB5

96AB6

98AB6

100AB6

98AB7

100AB7

102AB7

チェスト

94 96 98 96 98

100 98 100  102

ウエスト

84 86 88 86 88 90 88  90  92

基本身 
体寸法

身長 170

175

180

呼び方 100AB8

102AB8

104AB8

104AB9

チェスト

100 102 104 104

ウエスト

90 92 94 94

基本身

体寸法

身長 185

190

表 8  体型

単位 cm

呼び方

90B2 92B2

92B3

94B3

94B4

96B4

96B5 98B5

チェスト

90 92 92 94 94 96 96 98

ウエスト

82 84 84 86 86 88 88 90

基本身 
体寸法

身長 155 160 165 170

呼び方 98B6

100B6

100B7

102B7

チェスト

98 100 100 102

ウエスト

90 92 92 94

基本身

体寸法

身長 175  180

表 9  BB 体型 

単位 cm

呼び方 92BB2

94BB2

94BB3

96BB3

96BB4

98BB4

チェスト

92 94 94 96 96 98

ウエスト

86 88 88 90 90 92

基本身 
体寸法

身長

155 160 165

呼び方 98BB5

100BB5

100BB6

102BB6

102BB7

104BB7

チェスト

98

100 100 102 102 104

ウエスト

92

94 94 96 96 98

基本身

体寸法

身長 170

175

180

表 10  BE 体型 

単位 cm

呼び方

94BE2 96BE3

98BE4

100BE5 102BE6 104BE7

チェスト

94 96 98

100 102 104

ウエスト

90 92 94 96  98  100

基本身
体寸法

身長

155 160 165 170  175  180


5

L 4004 : 2001

表 11  体型

単位 cm

呼び方 94E2

96E3

98E4

100E5

102E6

104E7

チェスト

94 96 98  100  102  104

ウエスト

94 96 98  100  102  104

基本身 
体寸法

身長

155 160 165  170  175  180

8.

単数表示  単数表示は,表 12.1,表 12.2 又は表 13 による。

表 12.1  単数表示−チェスト及び身長による表示

単位 cm

呼び方

82-2 82-3 82-4 86-2 86-3 86-4 86-5

86-6 90-2 90-3

チェスト

82 82 82 86 86 86 86 86 90 90

基本身 
体寸法

身長

155 160 165 155 160 165 170 175 155 160

呼び方

90-4 90-5 90-6 90-7 94-2 94-3 94-4

94-5 94-6 94-7

チェスト

90 90 90 90 94 94 94 94 94 94

基本身

体寸法

身長

165 170 175 180 155 160 165 170 175 180

呼び方

98-2 98-3 98-4 98-5 98-6 98-7 98-8

102-4 102-5

チェスト

98 98 98 98 98 98 98 102 102

基本身

体寸法

身長

155 160 165 170 175 180 185  165  170

呼び方

102-6 102-7 102-8 102-9

チェスト 102 102 102 102

基本身 
体寸法

身長

175 180 185 190

表 12.2  単数表示−チェスト及び身長による表示

単位 cm

呼び方

84-2  84-3 84-4

84-5

88-2

88-3

88-4

88-5 88-6 92-2

チェスト 84  84 84 84 88 88 88 88 88 92

基本身

体寸法

身長

155  160 165 170 155 160 165 170 175 155

呼び方

92-3  92-4 92-5

92-6

92-7

96-2

96-3

96-4 96-5 96-6

チェスト 92  92 92 92 92 96 96 96 96 96

基本身 
体寸法

身長

160  165 170 175 180 155 160 165 170 175

呼び方

96-7 96-8 100-3 100-4 100-5 100-6 100-7 100-8

チェスト 96  96 100 100 100 100 100 100

基本身 
体寸法

身長

180 185 160 165 170 175 180 185

呼び方

100-9 104-5 104-6 104-7 104-8 104-9

チェスト 100 104 104 104 104 104

基本身 
体寸法

身長

190 170 175 180 185 190


6

L 4004 : 2001

表 13  単数表示−ウエストによる表示

単位 cm

呼び方

67 70

73

76

79

82

85

88

91 94 97 100

基本身体寸法

ウエスト 67 70

73

76

79

82

85

88

91 94 97 100

呼び方 105

110

115

120

125

基本身体寸法

ウエスト 105 110

l15 120

125

9.

範囲表示  範囲表示は,表 14 による。

表 14  範囲表示

単位 cm

呼び方 PB

SA

SB

MY

MA

MB

チェスト 80∼88 80∼88 88∼96 80∼88 88∼96 96∼104

身長 145∼155 155∼165 155∼165 165∼175 165∼175 165∼175

ウエスト 68∼76 68∼76 76∼84 68∼76 76∼84 84∼94

呼び方 LY

LA

LB

TY

チェスト 88∼96 96∼104 104∼112 96∼104

身長 175∼185 175∼185 175∼185 185∼195

ウエスト 76∼84 84∼94 94∼104 84∼94

備考 “SA”,“MA”  及び “LA” は,それぞれ “S”,“M”  及び “L” としてよ

い。

10.

服種別及び着用区分ごとのサイズの表示方法  サイズの表示方法については,次の 10.110.3 による。

ただし,

附属書 1(規定)によってもよい。この場合,サイズの種類は特に規定しない。

10.1

基本身体寸法及び特定衣料寸法の表示  既製衣料品のサイズは,次の a)又は b)に示す方法によって

表示する。サイズの表示に当たっては,

付表 の左欄に示す服種及び着用区分ごとに,同表の右欄に示す

基本身体寸法及び特定衣料寸法を同表の中央欄に示すサイズの表し方によって表示する。

備考1.  表214に該当しない任意のサイズを表示する場合は,基本身体寸法については範囲表示とし,

その着用できる範囲を示さなければならない。

2.

基本身体寸法及び特定衣料寸法を表示する場合は,単位を示す cm の文字を省略することが

できる。

a)

サイズ絵表示(ピクトグラム)による方法  サイズ絵表示による表示方法は,図 に示す図柄を用い,

次による。

1)

基本身体寸法の表示  図 に示すように,基本身体寸法を表示する欄は,身長については図の右側

に,チェスト及びウエストについては,図の左側に示し,その欄に数値を表示する[

付図 (1.1)

など参照]

2)

特定衣料寸法の表示  図 の下側に特定衣料寸法の名称及びその数値を併記して表示する[付図 1

(1.2)参照]


7

L 4004 : 2001

図 1  サイズ絵表示

図 2  サイズ絵表示による表示方法

備考1.  図の大きさは,任意の見やすい大きさとする。

2.

数値を示す欄は,枠で囲む。ただし,枠は省略することができる。 

b)

寸法列記による方法  “サイズ”,“SIZE”などの文字を用いて,これに基本身体寸法及び特定衣料寸

法の名称並びにその数値を併記して表示する[

付図 (2.1)など参照]。この場合,基本身体寸法及び

特定衣料寸法の表示順位は,原則として

付表 の右欄に示す順位とし,上から下,又は左から右の順

に表示する。

備考  上衣とズボンなど,二つ以上の服種が一そろいとして販売される既製衣料品については,それ

ぞれの服種に表示する基本身体寸法及び特定衣料寸法を,そのいずれかの服種に一括して表示

することがきる[

付図 (1.3)及び(2.3)参照]。

10.2

基本身体寸法及び特定衣料寸法以外の表示  10.1 による表示をした場合に限り,その他の身体部位

及び/又は衣料部位のサイズを表示することができる。ただし,この場合は,10.1 による表示と区別して

表示する。

10.3

記号の表示  10.1 による表示が,この規格の各表に示された数値である場合に限り,それらの数値

に対応する呼び方の記号を付記することができる。ただし,この場合,10.1 及び 10.2 による表示と区別し

て表示する[

付図 (1.1)(2.1)など参照]。

備考1.  表214に該当しない任意のサイズを表示する場合は,規定された呼び方又はこれらと紛ら

わしい記号を使用してはならない。

2.

呼び方の記号だけによるサイズの表示はしてはならない。

11.

表示票  10.による表示は,表示票(

1

)

に表示者の氏名又は名称を付記し,見やすい箇所に見やすいよう

に表示する。

なお,表示票に 10.による表示を行った場合に限り,表示票以外に表示を行う場合には,呼び方の記号だ

けを表示してもよい。

(

1

)

下げ札,包装などをいう。

12.

表示の適合性  表示された数値が次の場合には,それぞれに規定する適合性をもつものとする。

a)

基本身体寸法の場合  表示された数値が基本身体寸法である場合の着用範囲は,次による。

1)

表示された数値が体型区分表示又は単数表示である場合には,当該既製衣料品は,次の範囲の着用

者に適正に着用できなければならない。

÷

÷
ø

ö

ç

ç
è

æ

2

値に最も近い小さい値

この規格の表中の表示

表示値

表示値−

から 


8

L 4004 : 2001

÷

÷
ø

ö

ç

ç
è

æ

2

値に最も近い大きい値

この規格の表中の表示

表示値

表示値−

まで 

備考1.  表示値に最も近い小さい値とは,表示値が規格の表中の一番小さい値の場合は,表示値に最

も近い大きい値を利用する。

2.

表示値に最も近い大きい値とは,表示値が規格の表中の一番大きい値の場合は,表示値に最

も近い小さい値を利用する。

2)

表示された数値が範囲表示である場合には,当該既製衣料品は,その範囲の着用者に適正に着用で

きなければならない。

b)

特定衣料寸法の場合  表示された数値が特定衣料寸法である場合には,その許容範囲は,表 15 による。

表 15  特定衣料寸法の許容範囲

単位 cm

特定衣料寸法

許容範囲

また下丈

+2.0 
−1.0


9

L 4004 : 2001

付表 1  服種別サイズの表し方

基本身体寸法及び特定衣料寸法の表示順位

服種及び着用区分

サイズの表し方

1 2 3

フィット性を必要と
するもの

7.

の体型区分表示(

表 211)による。 チェスト

ウエスト

身長

コート類

フィット性をあまり
必要としないもの

8.

の単数表示(

表 12.1 又は表 12.2)又は

9.

の範囲表示(

表 14)による。

チェスト

身長

背広服類(

2

)

7.

の体型区分表示(

表 211)による。 チェスト

ウエスト

身長

フィット性を必要と
するもの

7.

の体型区分表示(

表 211)による。 チェスト

ウエスト

身長

上衣類

フィット性をあまり
必要としないもの

8.

の単数表示(

表 12.1 又は表 12.2)又は

9.

の範囲表示(

表 14)による。

チェスト

身長

長ズボンであって,
すそ上げが完成して
いるもの(

3

)

ウエスト(

4

)

また下丈(

5

)

ズボン類

その他

8.

の単数表示(

表 13)又は 9.の範囲表示

表 14)による。

ウエスト(

4

)

全身用

8.

の単数表示(

表 12.1 又は表 12.2)又は

9.

の範囲表示(

表 14)による。

チェスト

身長

上半身用

チェスト

身長

事務服及び

作業服類

下半身用

8.

の単数表示(

表 13)又は 9.の範囲表示

表 14)による。

ウエスト(

4

)

セータ,カーディガン,プルオー
バなどのセータ類

9.

の範囲表示(

表 14)による。

チェスト

身長

シャツ類(

6

)

9.

の範囲表示(

表 14)による。

チェスト(

4

)

寝衣類

9.

の範囲表示(

表 14)による。

チェスト

身長

全身用

チェスト

身長

上半身用

チェスト(

4

)

下着類

下半身用

9.

の範囲表示(

表 14)による。

ウエスト(

4

)

水着類

9.

の範囲表示(

表 14)による。

ウエスト(

4

)

(

2

)

背広服類のズボンで,必要がある場合は,ウエストだけの表示とすることができる。

(

3

)

トレーニングパンツなどの運動用ズボンについては,また下丈を省略することができる。

(

4

)

範囲表示による場合であって,呼び方の記号を付記するときは,

“SA”

“MA”

“LA”又は“LB”を用いる。

ただし,

“SA”

“MA”

“LA”は,それぞれ“S”

“M”

“L”としてよい。

(

5

)

当該衣料の実寸法を表示する。

(

6

)

ワイシャツについては,JIS L 4107 によることができる。


10

L 4004 : 2001

付図 1  主な表示例


11

L 4004 : 2001

付図 1  主な表示例(続き)


12

L 4004 : 2001

附属書 1(規定)  ISO 規格に基づくサイズの表示

序文  この附属書は 1977 年に第 1 版として発行された ISO 3636 (Size designation of clothes−Men’s and

boys’ outerwear garments)

及び 1981 年に第 1 版として発行された ISO 4415 (Size designation of clothes−

Men’s and boys’ underwear, nightwear and shirts)

を翻訳し,技術的内容を変更することなく統合して作成した

附属書である。ただし,成人男子用だけを適用範囲にしている。

なお,この附属書で点線の下線を施してある箇所は,原国際規格にはない事項である。

1.

適用範囲  この附属書は,ISO 規格に基づいて,成人男子用の外衣(ニットウェア及び水着を含む。),

下着,寝衣及びシャツを次のとおり分類してサイズの表示システムを規定したもので,一般の衣服及びユ

ニフォームに適用する。また,サイズの表示システムに基づく基本身体寸法及び追加情報(衣服のラベル

に呼びサイズを表示する方法)についても規定する。

a)

全身用

b)

上半身用

c)

下半身用

2.

引用規格  次に掲げる規格は,この附属書に引用されることによって,この附属書の一部を構成する。

ISO 3635

  衣料品のサイズの表示−定義及び身体測定手順

3.

定義  この規格で用いる用語の定義は,ISO 3635 によるほか,次による。

成人男子  身長の成長が止まった男子。

4.

基本身体寸法  基本身体寸法は,附属書 表 及び附属書 表 による。

附属書 表 1  外衣(ニットウエア及び水着を含む。)

衣服の種類

基本身体寸法

(1)

チェスト

(2)

ウエスト

ニットウエア以外のもの

(3)

身長

(1)

チェスト

上半身又は

全身用

ニットウエア

(2) 

身長 

(1)

ウエスト

水着以外のもの

(2)

またの高さ

下半身用

水着

(1)

ウエスト

参考  ISO 3636 で規定する表示事項 


13

L 4004 : 2001

附属書 表 2  下着,寝衣及びシャツ

衣服の種類

基本身体寸法

(1)

チェスト

全身用

(2)

身長

(1)

けい(頸)囲

フォーマルシャツ及びユニフォームシャ

(2)

腕の長さ

上半身用

フォーマルシャツ及びユニフォームシャ

ツ以外のもの

(1)

チェスト

下半身用

(1)

ウエスト

参考  ISO 4415 で規定する表示事項 

5.

サイズの表示  サイズの表示は,次による。

a)

衣服のサイズの表示は,その衣服の着用者の基本身体寸法を cm の単位で表す(4.参照)

。サイズの表

示をするときは,ISO 3635 で示す標準の絵表示に基本身体寸法の数値を書く(6.4 参照)

。また,絵表

示を使用しないときは,4.に示すチェスト,ウエストなどの用語に基本身体寸法の数値を書き,4.に示

す順序に並べる。

なお,次のように表示してもよい。また,関係する各国の標準化機関によって規定された表示方法

によってもよい。

1)

一つ又は二つの適切な基本身体寸法によるサイズの表示。

2)

基本身体寸法を最小値と最大値の範囲で示したサイズの表示。最小値と最大値は,斜線又はハイフ

ンで分離して表す。

b)

衣服の寸法を表示する場合は,衣服のサイズの表示と区分して表示できる(6.3 参照)

6.

ラベル付け

6.1

方法  サイズの表示は,ラベル及び/又は下げ札に,明りょうに,目立つように,かつ,簡素に読

みやすく示さなければならない。絵表示は,見たときに理解できる十分な大きさで,数字は容易に読み取

れなくてはならない。

6.2

取付け  サイズ表示しているラベル及び/又は下げ札は,衣服の見やすい箇所に確実に取り付けな

ければならない。

6.3

追加の情報  サイズの表示に関連する追加の情報は,サイズの表示が読みとりやすい状態であれば,

ラベル及び/又は下げ札にサイズの表示と分けて表示してもよい。

追加の情報には,

サイズのコード番号,

基本身体寸法及び衣服寸法がある。

6.4

ラベルの例  附属書 図 及び附属書 図 に示したラベルの例は,基本身体寸法の表示に,衣服

寸法及びサイズのコード番号のような追加情報を区分して加え,表示の記載方法を図示したものである。

なお,サイズ項目の文字を英語で表示する場合は,日本語を併記することが望ましい。


14

L 4004 : 2001

(

1

)  6.3

に従って表示した追加情報の例

附属書 図 1  外衣


15

L 4004 : 2001

附属書 図 2  シャツ及び下着


 

16

L

 4004

 : 20

01

附属書 2(参考)  JIS と対応する国際規格との対比表

JIS L 4004 : 2001

  成人男子用衣料のサイズ

ISO 3636 : 1977

  衣料品のサイズ表示−成人男子用及び少年用アウター

ウ 
              エア

ISO 4415 : 1981

  衣料品のサイズ表示−成人男子用及び少年用アンダー

ウ 
              エア,ナイトウエア及びシャツ

(I)JIS

の規定 (III)国際規格の規定 (IV)JIS と国際規格との技術的差異の項

目ごとの評価及びその内容

項目番号

内容

(II)

際規格

番号

項目番号

内容

項 目 ご と の
評価

技術的差異の内容

(V)JIS

と国際規格との技術的

差異の理由及び今後の対策

1.

適 用 範

成人男子用の既製衣料品
( 和 服 及 び 和 装 品 を 除
く。

)のサイズ及び表示方

法を適用範囲にしている。

ISO 

3636

1.

適 用 範

成 人 男 子 用 及 び 少 年 用 の 外 衣
( ニ ッ ト ウ エ ア 及 び 水 着 を 含
む。

)のサイズ表示システム,サ

イズ表示システムを基にした基
本身体寸法及び追加情報の表示
方法を適用範囲にしている。

MOD

/変更

JIS

は,ISO 3636 及び ISO 

4415

の規定を統合して規

定しているが,少年用を

除外している。

JIS

は,成人男子用と少年用と

を別々に規定しており,少年
用については JIS L 4002 で規

定している。

ISO 

4415

1.

適 用 範

成人男子用及び少年用のアンダ
ーウェア,ナイトウェア及びシ

ャツのサイズ表示システム,サ
イズ表示システムを基にした基
本身体寸法及び追加情報の表示

方法を適用範囲にしている。

2.

引 用 規

JIS L 0111

JIS L 0112

JIS L 0215

JIS L 4017

ISO 3635 

ISO 

3636 

ISO 

4415

2.

引 用 規

ISO 3635 MOD

/追加

JIS

は,衣料のための用語

JIS

を追加している。


 

17

L

 4004

 : 20

01

(I)JIS

の規定 (III)国際規格の規定 (IV)JIS と国際規格との技術的差異の項

目ごとの評価及びその内容

項目番号

内容

(II)

際規格
番号

項目番号

内容

項 目 ご と の
評価

技術的差異の内容

(V)JIS

と国際規格との技術的

差異の理由及び今後の対策

3.

定義

JIS L 0111

JIS L 0112JIS 

L 0215

によるほか,成人

男子,既製衣料品,既製衣
料品のサイズ,基本身体寸

法,特定衣料寸法を定義し
ている。

ISO 

3636 

ISO 

4415

3.

定義

ISO 3635

によるほか,成人男子,

少年を定義している。

MOD

/変更

JIS

は,既製衣料品,既製

衣料品のサイズ及び特定
衣料寸法を追加している。
また,少年を除外してい

る。

JIS

は表示者,消費者などが理

解しやすいように用語の定義
を追加している。 
少年用については JIS L 4002

で規定している。

4.

着 用 区

a)

全身用

b)

上半身用

c)

下半身用

に区分している。

ISO 

3636

ISO 

4415

1.

適 用 範

1.

適 用 範

a)

上半身用又は全身用

b)

下半身用  に区分している。

a)

上半身用

b)

全身用

c)

下半身用  に区分している。

IDT

5.

基 本 身

体寸法及
び特定衣
料寸法

・基本身体寸法は,チェス

ト,ウエスト及び身長

・特定衣料寸法は,また下

ISO 

3636

4.

基 本 身

体寸法

a)

上半身用又は全身用

・ニットウエア以外のもの

チェスト,ウエスト,身長

・ニットウエア

チェスト,身長

b)

下半身用

・水着以外のもの

ウエスト,またの高さ

・水着

ウエスト

MOD

/変更

ISO

規格では,基本身体寸

法として,ズボンのまたの
高さ,シャツ類のけい(頸)
囲,腕の長さを規定してい

るのに対し,JIS ではズボ
ンのまた下丈を規定し,シ
ャツ類のけい囲,腕の長さ

を規定していない。

JIS

は着用実態にあったまた

下 丈 の 実 寸 法 を 規 定 し て い
る。また,ISO 規格に規定する
シャツ類のけい囲,腕の長さ

については,

付表 で JIS L 

4107

によって表示することが

できる旨規定している。

ISO 

4415

 a)

全身用 
チェスト,ウエスト

b)

上半身用

・フォーマルシャツなど

けい(頸)囲,腕の長さ

・フォーマルシャツなど以外

チェスト

c)

下半身用

ウエスト


 

18

L

 4004

 : 20

01

(I)JIS

の規定 (III)国際規格の規定 (IV)JIS と国際規格との技術的差異の項

目ごとの評価及びその内容

項目番号

内容

(II)

際規格
番号

項目番号

内容

項 目 ご と の
評価

技術的差異の内容

(V)JIS

と国際規格との技術的

差異の理由及び今後の対策

6.

サ イ ズ

の表し方
の種類

a)

体型区分表示

b)

単数表示

c)

範囲表示

− MOD/追加

7.

体 型 区

分表示

J

体型∼E 体型の 10 体型に

区分し,それぞれのサイズ
の種類及び呼び方を規定

している。

− MOD/追加

8.

単 数 表

呼び方と寸法を規定して
いる。

− MOD/追加

9.

範 囲 表

呼び方と寸法を規定して
いる。

− MOD/追加

10.

服 種

別及び着
用区分ご

とのサイ
ズの表示
方法

・サイズの表示方法は,本

体による。ただし,

附属書

1

によってもよい

・サイズ絵表示又は寸法列

記によって表示する。

・基本身体寸法及び特定衣

料寸法以外の表示は,上記
表示と区別して表示する。

・呼び方の記号を表示する

ことができ,上記表示と区
別して表示する。

ISO 

3636

ISO 

4415

5.

サ イ ズ

の表示

6.

ラ ベ ル

付け

ISO 3635

で示すサイズ絵表示又

は寸法列記によって表示する。
上記のサイズ表示が読み取りや

すい状態であれば,サイズ関連
の追加の情報はラベル及び下げ
札にサイズの表示と区別して表

示してよい。

MOD

/追加

JIS

では,表示は JIS 本体

によるか,

附属書 によっ

てもよいと規定している。

JIS

は,記号の表示を追加

している。

表示は,ISO 3636 及び ISO 

4415

を翻訳して規定した

附属

書 1(規定)によってもよいと
規定している。ただし,少年
用は除外している。

11.

表 示

表示票に表示者名を付記
し,見やすい箇所に見やす
いように表示する。

ISO 

3636

ISO 

4415

6.

ラ ベ ル

付け

ラベル及び/又は下げ札に,明
りょう(瞭)に目立つように,
かつ,簡素に読みやすく示さな

ければならない。衣服の見やす
い箇所に確実に取り付けなけれ
ばならない。

MOD

/追加

JIS

は,表示者名を付記す

ることを追加している。

12.

表 示

の適合性

表示された数値の着用範
囲及び許容範囲を規定し
ている。

− MOD/追加


 

19

L

 4004

 : 20

01

JIS

と国際規格との対応の程度の全体評価:MOD

備考1.  項目ごとの評価欄の記号の意味は,次のとおりである。

−  IDT  技術的差異がない。 
−  MOD/追加 国際規格にない規定項目又は規定内容を追加している。

−  MOD/変更 国際規格の規定内容を変更している。

2.  JIS

と国際規格との対応の程度の全体評価欄の記号の意味は,次のとおりである。

−  MOD 国際規格を修正している。 


20

L 4004 : 2001

JIS L 4004

改正原案作成本委員会  構成表

氏名

所属

(委員長)

清  水  二  郎

東京工業大学名誉教授

(委員)

三  吉  満智子

文化女子大学

大  塚  美智子

日本女子大学

熊  崎  高  道

杉野学園ドレスメーカー学院

立  石  譲  二

経済産業省製造産業局

橋  本      進

財団法人日本規格協会

宮  原  典  弘

財団法人日本繊維製品品質技術センター

草  薙      弘

財団法人日本繊維製品卸検査協会

加  藤  淳  吉

全日本紳士服工業組合連合会

中  野  勝  之

日本被服工業組合連合会(株式会社自重堂)

奥      利  江

主婦連合会

玉  本  雅  子

社団法人日本消費生活アドバイザー・コンサルタント協会

佐  藤  隆  三

旭化成工業株式会社

福  岡  正  次

大賀株式会社

岡      哲  雄

グンゼ株式会社

沼  田  喜四司

社団法人日本スポーツ用品工業協会

古  宮  郁  夫 39845 ワークステーション

湯  川  典  浩

株式会社オンワード樫山

久  保  忠  博

東レ ACS 株式会社

近  藤  繁  樹 JUKI 株式会社

永  野  孝  志

株式会社三陽商会

藤  吉  一  隆

株式会社レナウンアパレル科学研究所

菱  川  茂  樹

社団法人日本ボディファッション協会

(関係者)

菅  原  昭  栄

経済産業省産業技術環境局

(事務局)

坂  上      遜

日本アパレル工業技術研究会

中  山  悦  朗

日本アパレル工業技術研究会

備考  ○印は,分科会委員も兼ねる。