>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

日本工業規格

JIS

 L

3108

-1992

畳へり地

Edging cloths for TATAMI

1.

適用範囲  この規格は,畳へり地について規定する。

備考1.  この規格の引用規格を,次に示す。

JIS L 0841

  日光に対する染色堅ろう度試験方法

JIS L 0842

  カーボンアーク灯光に対する染色堅ろう度試験方法

JIS L 0849

  摩擦に対する染色堅ろう度試験方法

JIS L 1013

  化学繊維フィラメント糸試験方法

JIS L 1030

  繊維混用率試験方法

JIS L 1095

  一般紡績糸試験方法

JIS L 1096

  一般織物試験方法

2.

この規格の中で{  }を付けて示してある単位及び数値は,従来単位によるものであって,

参考として併記したものである。

2.

種類  畳へり地の種類は,次のとおりとする。

(1)

  柄へり地(

1

1

∼7 号

(2)

  綿・P へり地(

2

1

∼4 号

(3)

  P・P へり地(

3

1

∼2 号

(4)

  金糸へり地(

4

1

∼3 号

(5)

  綿糸へり地(

5

1

∼7 号

(

1

)

柄へり地とは,たて糸・よこ糸に合成繊維糸又は綿糸を用いて柄織に製織したものをいう。

(

2

)

綿・P へり地とは,たて糸に綿糸,よこ糸に合成繊維糸を用いて平織に製織したものをいう。

(

3

)  P

・P へり地とは,たて糸・よこ糸ともに合成繊維糸を用いて平織に製織したものをいう。

(

4

)

金糸へり地とは,たて糸に合成繊維糸を用い,よこ糸に合成繊維糸と金糸とをより合わせた糸

を用いて平織に製織したもの,又はたて糸に綿糸を用い,よこ糸に綿糸と金糸をより合わせた

糸を用いて平織に製織したものをいう。

(

5

)

綿糸へり地とは,たて糸・よこ糸ともに綿糸を用いて平織に製織したものをいう。

備考  耳色糸は,任意の糸を用いることができる。

3.

品質

3.1

外観  畳へり地は,適度のつやがあり,色むら,汚れ,織むら,織りきずなどの欠点が少なく均整

でなければならない。

3.2

寸法  畳へり地の幅は 7.6±0.3cm とし,長さは長尺 40m 以上,並尺 38.5m 以上とする。


2

L 3108-1992

3.3

構造・性能  畳へり地の構造・性能は,付表 による。

3.4

染色竪ろう度  畳へり地の耐光堅ろう度は 5 級以上,摩擦堅ろう度は 4 級以上とする。ただし,綿

糸を使用した畳へり地の場合,直接染料を使用して栗茶色などに染色したものの耐光堅ろう度は 4 級以上

とする。

4.

材料  用糸は・畳へり地に適したもので,付表 に示すたて糸とよこ糸を使用する。綿糸の番手(見

掛)の許容差は±3.0%とし,合成繊維糸の繊度(見掛)の許容範囲は

付表 による。

合成繊維糸の場合は,原液着色されたフィラメント糸を用いる。

5.

加工方法  綿糸の場合は製織前に染色,ろう引きつや付け加工を施す。

6.

試験方法

6.1

製品試験

6.1.1

長さ及び幅試験  JIS L 1096 による。

6.1.2

用糸の混用率試験  JIS L 1030 の絶乾混用率による(耳色糸の部分は除く。)。

6.1.3

摩耗強さ試験  JIS L 1096 の屈曲法による。ただし,引張荷重は 17.79N {1.814kgf},押圧荷重は

8.89N {0.907kgf}

とする。

6.1.4

引張強さ試験  JIS L 1096 のストリップ法による。ただし,たて・よこ両方向から 5 枚の試験片(

6

)

を採り,

引張試験機を用いて試験片を上下のつかみでつかみ(

7

)

,引張速度を 20cm/min で切断強さ (N) {kgf}

を測り,たて・よこそれぞれ 5 回の平均値を小数点以下 1 けたまでで表す。ただし,つかみの近くで切断

したものは除く。

(

6

)

試験片は初め2.5cm 幅に採り,幅の両側から大体同数の糸を取り去り,幅2cm 又はこれに最も

近くする。

(

7

)

つかみ間隔は,たて方向は 20cm,よこ方向は 4cm とする。

6.1.5

染色堅ろう度試験  耐光試験は,JIS L 0841 又は JIS L 0842 の第 3 露光法による。摩擦試験は,JIS 

L 0849

の乾燥試験とし,試験機は II 形摩擦試験機を用いる。

6.2

材料試験  綿糸の番手(見掛)は,JIS L 1095 による。

また,合成繊維糸の繊度(見掛)は,JIS L 1013 による。

7.

検査  畳へり地の検査は,外観,寸法,用糸の混用率,摩耗強さ,引張強さ及び染色堅ろう度につい

て行う。

8.

表示  畳へり地には,次の事項を適切な方法によって表示する。

(1)

種類(

例  柄へり地 1 号)

(2)

製造業者名又はその略号


3

L

 3108-

199

2

付表 1  構造・性能

種類

構造

摩耗強さ回数

引張強さ N {kgf}

用糸

密度本/5cm

へり

番号

組織

たて糸

たて糸許容範囲

よこ糸

よこ糸許容範囲

たて 許容差 よこ 許容差

たて

よこ

たて

よこ

1

上糸合成繊維糸 27.8tex {250D}

下糸合成繊維糸 29.4tex {265D}

合成繊維糸 26.1tex {235D}  ∼29.4tex {265D}

合成繊維糸 27.8tex {250D}  ∼31.1tex {280D}

210

63

2

上糸合成繊維糸 27.8tex {250D}

下糸合成繊維糸 22.2tex {200D}

合成繊維糸 26.1tex {235D}  ∼29.4tex {265D}

合成繊維糸 20.6tex {185D}  ∼23.9tex {215D}

210

63

3

上糸合成繊維糸 32.2tex {290D}

下糸合成繊維糸 30  tex {270D}

合成繊維糸 30.6tex {275D}  ∼33.9tex {305D}

合成繊維糸 28.3tex {255D}  ∼31.7tex {285D}

210

63

4

上糸合成繊維糸 27.8tex {250D}

下糸合成繊維糸 33.3tex {300D}

合成繊維糸 26.1tex {235D}  ∼29.4tex {265D}

合成繊維糸 31.7tex {285D}  ∼35.0tex {315D}

210

63

5

上糸合成繊維糸 27.8tex {250D}

下糸合成繊維糸 33.3tex {300D}

合成繊維糸 26.1tex {235D}  ∼29.4tex {265D}

合成繊維糸 31.7tex {285D}  ∼35.0tex {315D}

243

63

6

上糸合成繊維糸 27.8tex {250D}

下糸合成繊維糸 40.6tex {365D}

合成繊維糸 26.1tex {235D}  ∼29.4tex {265D}

合成繊維糸 38.9tex {350D}  ∼42.2tex {380D}

合成繊維糸

21.1tex

×2 {190D×2}

合成繊維糸

20tex

×2 {180D×2}

∼22.2tex×2 {200D×2}

210

63

柄へ

り地

7

柄織

上糸合成繊維糸 22.2tex {200D}

下糸綿糸       37  tex {16

s

}

合成繊維糸 20.6tex {185D}  ∼23.9tex {215D}

綿糸 37tex {16

s

}

237

83

1 000

以上

600

以上

490 {50}

以上

340 {35}

以上

1

綿糸 37tex {16

s

}

合成繊維糸

20tex

×2 {180D×2}

合成繊維糸

18.3tex

×2 {165D×2}

∼21.7tex×2 {19.5D×2}

122

79

2

綿糸 37tex {16

s

}

31.1tex {280D}

28.9tex {260D}

∼33.3tex {300D}

117

83

3

綿糸 37tex {16

s

}

40tex

{360D}

37.8tex

{340D}

∼42.2tex {380D}

122

83

綿

P



4

綿糸 37tex {16

s

}

31.1tex {280D}

28.9tex {260D}

∼33.3tex {300D}

132

83

1 000

以上

1 000

以上

290 {30}

以上

340 {35}

以上

1

合成繊維糸 26.7tex {240D}

合成繊維糸 25.6tex {230D}  ∼27.8tex {250D}

20tex

×2 {180D×2} 18.3tex×2 {165D×2}

∼21.7tex×2 {195D×2}

118

67

P

P



2

平織

合成繊維糸 31.1tex {280D}

合成繊維糸 30tex {270D}  ∼32.2tex {290D}

31.1tex {280D}

28.9tex {260D}

∼33.3tex {300D}

118

±10

75

±2

1 000

以上

1 000

以上

390 {40}

以上

340 {35}

以上


4

L

 3108-

199


種類

構造

摩耗強さ回数

引張強さ N {kgf}

用糸

密度本/5cm

へり

番号

組織

たて糸

たて糸許容範囲

よこ糸

よこ糸許容範囲

たて 許容差 よこ 許容差

たて

よこ

たて

よこ

1

合成繊維糸 28.9tex {260D}

合成繊維糸 27.8tex {250D}  ∼30tex {270D}

合成繊維糸と金糸のより合わせ 112

63

2

合成繊維糸 31.1tex {280D}

合成繊維糸 30tex {270D}  ∼32.2tex {290D}

合成繊維糸と金糸のより合わせ 109

63

1 000

以上

400

以上

390 {40}

以上

340 {35}

以上

金糸へり地

3

綿糸 37tex {16

s

}

綿糸と金糸のより合わせ 125

63

1

000

以上

600

以上

290 {30}

以上

250 {25}

以上

1

綿糸 37tex {16

s

}

綿糸 59tex {10

s

}

119

79

2

綿糸 37tex {16

s

}

綿糸 59tex {10

s

}

133

79

3

綿糸 37tex {16

s

}

綿糸 59tex {10

s

}

127

87

4

綿糸 37tex {16

s

}

綿糸 42tex {14

s

}

127

79

5

綿糸 37tex {16

s

}

綿糸 37tex {16

s

}

127

91

6

綿糸 42tex {14

s

}

綿糸 59tex {10

s

}

120

83

綿糸

へり地

7

綿糸 29.5tex×2 {20/2

s

}

又は 20

tex

×3 {30/3

s

}

綿糸 29.5tex×2 {20/2

s

}

又は 20tex×3 {30/3

s

} 107

87

1 000

以上

700

以上

290 {30}

以上

250 {25}

以上


5

L 3108-1992

原案作成委員会  構成表

○印は,分科会委員

氏名

所属

石  川  章  一

東京工業大学名誉教授

中  西  光  次

財団法人繊維雑品検査協会

別  能  恒  夫

日本化学繊維協会

峯  岸  宏  治

通商産業省生活産業局繊維製品課

今  西  昭  男

通商産業省生活産業局繊維企画官付

奥      敏  夫

通商産業省工業技術院繊維化学規格課

下  高  一  雄

住宅・都市整備公団建築部

廣  田  欣  也

全国畳材商社会

小  林  茂  博

東京都畳材料商業協同組合

笠  原      賢

全国畳床工業会

清  水  長次郎

全日本畳組合連合会

小笠原  真  笑

主婦連合会

松  井  孝  雄

中国四国繊維雑品工業組合

西  本  孝  之

福井県繊維雑品工業組合

西  村  三  郎

関東繊維雑品工業組合

山  本  貞  男

日本繊維雑品工業組合連合会