>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

 

1

L

 1908

 : 20

00
 解

解説表 6  JIS と対応する国際規格との対比表

JIS L 1908 : 2000

  ジオテキスタイル試験方法

ISO 139 : 1973

  繊維製品−試験及び調整用標準大気

ISO 554 : 1976

  調整及び試験用の標準大気−詳細

ISO 9862 : 1990

  ジオテキスタイル−サンプリングと試験試料の準備

ISO 9863 : 1990

  ジオテキスタイル−規定圧力下における厚さの測定

ISO 9864 : 1990

  ジオテキスタイル−単位面積当たりの質量の測定

ISO 10318 : 1990

  ジオテキスタイル−用語

ISO 10319 : 1993

  ジオテキスタイル−広幅の引張試験

ISO 10320 : 1991

  ジオテキスタイル及びその関連製品−現場における同定

(I)  JIS

の規定

(III)

国際規格の規定

(IV) JIS

と国際規格との技術的差異の

項目ごとの評価及びその内容

  表示箇所: 
  表示方法:

項目 
番号

内容

(II)

国 際 規

格番号

項目 
番号

内容

項目ごとの

評価

技術的差異の内容

(V)  JIS

と国際規格との技術的差異の理由及

び今後の対策

ISO 139 

1.

目的・適
用範囲

試験及び調整用の大気

ISO 554 

同上

調整及び試験用の標準
大気

ISO 9862 

1.

範囲

サンプリングと試料の

準備

ISO 9863 

同上

規定圧力下の厚さの測
定方法

ISO 9864 

同上

単位面積当たりの質量
の測定方法

ISO 10318

1.

適 用 範

機能用語と製品用語

ISO 10319

同上

広幅試料の引張試験方

1.

適 用
範囲

ジオテキスタイル試験方法

ISO 10320

1.

範囲

製品を同定するための
情報

IDT

2.

引 用

規格

JIS B 7721

JIS L 0105JIS Z 

8401


 

2

L

 1908

 : 20

00
 解


解説表 6  JIS と対応する国際規格との対比表(続き)

(I)  JIS

の規定

(III)

国際規格の規定

(IV) JIS

と国際規格との技術的差異の

項目ごとの評価及びその内容

  表示箇所: 
  表示方法:

項目 
番号

内容

(II)

国 際 規

格番号

項目 
番号

内容

項目ごとの

評価

技術的差異の内容

(V)  JIS

と国際規格との技術的差異の理由及

び今後の対策

ISO 10319

3.

定義

初荷重の伸張,最大荷
重,割線係数,ゲージ長
など

JIS L 0221

たて引張強さ及び伸び率

ISO 10318

3.

機 能 用

排水,ろ過,保護など

3.

用 語
の 定

よこ引張強さ及び伸び率

4.

製 品 用

ジオテキスタイル,ジオ
グリットなど

IDT

厚さ

ISO 9863 

厚さ

単位面積当たりの質量

ISO 9864 

単位面積当たりの質量

4.

種類

引張強さ・伸び率及び割線係
数,幅,長さ

ISO 10319

引張試験

IDT

試料及び試験片の採取及び
準備

ISO 139 

2.

基 本 的
定義

相対湿度,温度 MOD

/削除

温度のうち 27±2℃を規
定していない

27

℃は熱帯地方を想定したもので,日本

の気温を考慮し規定しなかった。

ISO 554 

2.

詳細

温度,相対湿度

/削除

気圧 86∼106kPa を規定
していない

日本の通常の気圧は,この範囲を満足す
ることから規定しなかった。

5.

共 通
的 な
条件

試験場所

ISO 9862 

3.

操作

サンプリング,試料の準

/変更

試料の採取方法を変更

している

ISO

の方法では採取できないものがある

ことから変更して規定した。


 

3

L

 1908

 : 20

00
 解

解説表 6  JIS と対応する国際規格との対比表(続き)

(I)  JIS

の規定

(III)

国際規格の規定

(IV) JIS

と国際規格との技術的差異の

項目ごとの評価及びその内容

  表示箇所: 
  表示方法:

項目 
番号

内容

(II)

国 際 規

格番号

項目 
番号

内容

項目ごとの

評価

技術的差異の内容

(V)  JIS

と国際規格との技術的差異の理由及

び今後の対策

厚さ

ISO 9863 

6.

操作

厚さ MOD

単位面積当たりの質量

引張強さ・伸び率及び割線係
数,幅,長さ 
記録

ISO 9864 

ISO 10319

ISO 10320

4.

操作

8.

手順

9.

計算

単位面積当たりの質量

引張試験

/追加

/変更

幅及び長さの測定方法

を追加している 
厚さ測定時の加圧時間

30

±0.1s を変更してい

ISO

では規定していない測定方法,測定

読み値及び数値の丸め方を規定した。

ISO

の条件は,現状においては厳しいた

め変更して規定したが,次期改正時に検

討する。

6.

方法

/追加

引張試験の試料幅 5cm
を追加している

幅による有意差は認められなかったこと
から追加して規定したが,次期改正時に

検討する。

JIS

と国際規格との対応の程度の全体評価:ISO 139 : 1973 ; MOD ISO 554 : 1976 ; MOD ISO 9862 : 1990 ; MOD ISO 9863 : 1990 ; MOD ISO 9864 : 1990 ; MOD ISO

10318 : 1990 ; IDT ISO 10319 : 1993 ; MOD ISO 10320 : 1991 ; MOD

備考1.  項目ごとの評価欄の記号の意味は,次のとおりである。

―IDT

:技術的差異がない。

―MOD/削除:国際規格の規定項目又は規定内容を削除している。 
―MOD/追加:国際規格にない規定項目又は規定内容を追加している。 
―MOD/変更:国際規格の規定内容を変更している。

2. JIS

と国際規格との対応の程度の全体評価欄の記号の意味は,次のとおりである。

―IDT  :国際規格と一致している。 
―MOD :国際規格を修正している。