>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

L 1066

:2004

(1)

まえがき

この規格は,工業標準化法第 14 条によって準用する第 12 条第 1 項の規定に基づき,社団法人繊維評価

技術協議会(JTETC)/財団法人日本規格協会(JSA)から,工業標準原案を具して日本工業規格を改正すべき

との申出があり,日本工業標準調査会の審議を経て,経済産業大臣が改正した日本工業規格である。

これによって,JIS L 1066:1963 は改正され,この規格に置き換えられる。

この規格の一部が,技術的性質をもつ特許権,出願公開後の特許出願,実用新案権,又は出願公開後の

実用新案登録出願に抵触する可能性があることに注意を喚起する。経済産業大臣及び日本工業標準調査会

は,このような技術的性質をもつ特許権,出願公開後の特許出願,実用新案権,又は出願公開後の実用新

案登録出願にかかわる確認について,責任はもたない。


L 1066

:2004

(2)

目  次

ページ

序文 

1

1.

  適用範囲

1

2.

  引用規格

1

3.

  定義

1

4.

  試料又は試験片の採取及び準備

1

5.

  試験条件

2

6.

  種類

2

7.

  試験方法

2

8.

  染色堅ろう度 

3

9.

  試験報告書 

3

 


日本工業規格

JIS

 L

1066

:2004

ウレタン衣料生地試験方法

Testing methods for polyurethane foam laminated fabrics

1. 

適用範囲  この規格は,ウレタン衣料生地(以下,生地という)の試験方法について規定する。

2. 

引用規格  次に掲げる規格は,この規格に引用されることによって,この規格の規定の一部を構成す

る。これらの引用規格は,その最新版(追補を含む。

)を適用する。

JIS B 7512

  鋼製巻尺

JIS B 7516

  金属製直尺

JIS B 7522

  繊維製巻尺

JIS B 7721

  引張・圧縮試験機―力計測系の校正・検証方法

JIS K 1521

  パークロロエチレン(テトラクロルエチレン)

JIS K 3302

  固形洗濯石けん

JIS L 0105

  繊維製品の物理試験方法通則

JIS L 0842

  紫外線カーボンアーク灯光に対する染色堅ろう度試験方法

JIS L 0844

  洗濯に対する染色堅ろう度試験方法

JIS L 0860

  ドライクリーニングに対する染色堅ろう度試験方法

JIS L 1018

  ニット生地試験方法

JIS L 1096

  一般織物試験方法

JIS Z 8401

  数値の丸め方

3. 

定義  この規格で用いる主な用語の定義は,次による。

a)

ウレタン衣料生地  基布(ニット生地,織物又は不織布)にポリウレタンフォームをラミネートした

もの。

4. 

試料又は試験片の採取及び準備  JIS L 0105 の 5.3 によって試料を採取する。また,試験に用いる試

験片は,試験前に JIS L 0105 の 4.3(1)によって標準状態にしておく。

5. 

試験条件  JIS L 0105 の 4.1 及び 4.2 によって標準状態の試験場所で試験を行う。試験場所が標準状態

に保てない場合は,できる限り標準状態に近い場所で試験を行い,試験時の温度及び湿度を試験報告書に

記載する。


2

L 1066

:2004

6. 

種類  試験の種類は,次による。

a)

b) 

長さ

c) 

寸法変化率

1)

浸透浸せき法

2)

石けん液浸せき法

d) 

はく離強さ

1)

石けん液法

2)

パークロロエチレン法

e) 

染色堅ろう度

1)

耐光堅ろう度

2)

洗濯堅ろう度

3)

ドライクリーニング堅ろう度

7. 

試験方法  試験方法は,次による。

a)

幅  生地を平らな台の上に置き,不自然なしわ及び張力を除いて,異なる 5 か所以上について全幅(

1

)

(cm)

をスケール(

2

)

で測り,その平均値を算出し,JIS Z 8401 によって小数点以下 1 けたに丸める。

(

1

)

全幅とは,両端にある不完全な部分を除いた幅をいう。

(

2

)  JIS B 7516

に規定する金属製直尺,JIS B 7512 に規定する鋼製巻尺又はこれらと同等以上の精

度をもつもの。

備考  測定箇所は,通常,長さ 50 m につき 5 か所とする。

b)

長さ  生地を平らな台の上に置き,不自然なしわ及び張力を除いて,繊維製巻尺(

3

)

を用いて全長(m)

を小数点以下 2 けたまで測る。

(

3

)  JIS B 7522

に規定する繊維製巻尺又はこれらと同等以上の精度をもつもの。

備考1.  両端末の不完全な部分は除く。

2.

検尺装置による場合は,置尺を基準とする。

c)

寸法変化率  試験片は折りたたまず,毛繊維が 50 %以上混用のものは 1)で,それ以外のものは 2)で処

理した後,試験片を乾燥布の間に挟み軽く押えて液を除き,65  ℃±5  ℃の恒温乾燥機で乾燥し,1 時

間以上放置する。

寸法変化率の測定は JIS L 1096 に,計算は JIS L 1018 による。

1)

浸透浸せき法  試験片を非イオン系界面活性剤 0.05 %を含む 25  ℃±2  ℃の水溶液中に 30 分間浸せ

きし,十分に浸透させる。

2)

石けん液浸せき法  試験片を JIS K 3302 に規定の無添剤(1 種)のもの 0.5 %を含む 40  ℃±2  ℃の水

溶液中に 20 分間浸せきする(浴比 50:1)。次に,試験片を取り出して,40  ℃±2  ℃の温水で 20 分

間水洗する。

d)

はく離強さ  試料のたて及びよこ両方向から,約 16×4 cm の試験片をそれぞれ 6 枚ずつ切りとり,1)

又は 2)で処理したものについて,たて及びよこ両方向に各 15×2.5 cm の試験片をつくる。さらに試験

片の長さの方向に辺から 5 cm を正確にはく離し,自記記録装置付低速伸張形引張試験機(

4

)

を用い,つ

かみ間隔を 5 cm,引張速度を 10 cm/min として 5 cm はく離する。計算は極大値(N)及び極小値(N)をそ

れぞれ 3 個とり,その平均値を算出し,たて及びよこ両方向のそれぞれ 6 個の平均値を求める(整数位


3

L 1066

:2004

まで)。

(

4

)

試験機の検証を行う場合は,JIS B 7721 に規定する方法を参考とする。

備考1.  6 回の測定値のうち,すべてが完全にはく離した場合はその平均値をとる。

2.

6

回の測定値のうち,完全にはく離したもの及び途中まではく離しフォームで切断した場合

は,それらの平均値をとる。

3.

6

回の測定値のうち,完全にはく離したもの,途中まではく離したもの及びフォームで切断

した場合は,フォームで切断したものを除いた平均値をとる。

4.

6

回の測定値のすべてがフォームで切断した場合は,その平均値をとりその旨を付記する。

1)

石けん液法  洗濯試験機(

5

)

を用い標準ガラス試験瓶中に JIS K 3302 に規定の無添剤(1 種)のもの

0.5 %

を含む約 40  ℃の試験液 300 ml 及びステンレス鋼球 20 個を入れ,40  ℃±2  ℃に調節した後試

験片 3 枚を入れ,密閉して試験機回転軸に取り付け,42 r/min±2 r/min の速度で 30 分間操作する。

次に冷却することなく直ちに試験瓶から試験片を取り出し,40  ℃±2  ℃の温水 300 ml で 1 分間洗

い,さらに常温水で 1 分間洗った後乾燥布の間に挟み,軽く押し付けて液を除き,65  ℃±5  ℃の恒

温乾燥機で乾燥する。

(

5

)

洗濯試験機は,JIS L 0844 の 5.a)に規定する試験機とする。

2)

パークロロエチレン法  洗濯試験機(

5

)

を用い標準ガラス試験瓶中に約 30  ℃のパークロロエチレン

(

6

)300 ml

及びステンレス鋼球 20 個を入れ,30  ℃±2  ℃に調整した試験片 3 枚を入れ,密閉して試

験機回転軸に取り付け,42 r/min±2 r/min の速度で 30 分間操作した後乾燥布の間に挟み,軽く押し

付けて液を除き,65  ℃±5  ℃の恒温乾燥機で乾燥する。この操作を再度繰り返す。

(

6

)

パークロロエチレンは,JIS K 1521 による。

8. 

染色堅ろう度  染色堅ろう度は,次による。

a)

耐光堅ろう度  JIS L 0842 による。

b)

洗濯堅ろう度  JIS L 0844 を用い,毛繊維が 50 %以上混用のものは A法を,それ以外のものは A

法による。

c)

ドライクリーニング堅ろう度  JIS L 0860 による。

9. 

試験報告書  試験報告書には,次の事項を記載する。

a)

試験の種類

b)

試験の結果

c)

試験条件