>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

L 1021-19

:2007

(1)

まえがき

この規格は,工業標準化法第 12 条第 1 項の規定に基づき,日本カーペット工業組合(JCMA)/財団法人

日本規格協会(JSA)から,工業標準原案を具して日本工業規格を制定すべきとの申出があり,日本工業標準

調査会の審議を経て,経済産業大臣が制定した日本工業規格である。

これによって JIS L 1021:1999,JIS L 1022:1992 及び JIS L 1023:1992 は廃止され,JIS L 1021-1JIS L 

1021-19

に置き換えられた。

制定に当たっては,日本工業規格と国際規格との対比,国際規格に一致した日本工業規格の作成及び日

本工業規格を基礎にした国際規格原案の提案を容易にするために,ISO 11379:1997,Textile floor coverings

−Laboratory cleaning procedure using spray extraction を基礎として用いた。

この規格の一部が,特許権,出願公開後の特許出願,実用新案権又は出願公開後の実用新案登録出願に

抵触する可能性があることに注意を喚起する。経済産業大臣及び日本工業標準調査会は,このような特許

権,出願公開後の特許出願,実用新案権又は出願公開後の実用新案登録出願に係る確認について,責任は

もたない。

JIS L 1021-19

には,次に示す附属書がある。

附属書 1(参考)JIS と対応する国際規格との対比表

JIS L 1021

の規格群には,次に示す部編成がある。

JIS L 1021-1 

第 1 部:物理試験のための試験片の採取方法

JIS L 1021-2 

第 2 部:く(矩)形の繊維製床敷物の寸法測定方法

JIS L 1021-3 

第 3 部:厚さの測定方法

JIS L 1021-4 

第 4 部:質量の測定方法

JIS L 1021-5 

第 5 部:単位長さ及び単位面積当たりのパイル数測定方法

JIS L 1021-6 

第 6 部:静的荷重による厚さ減少試験方法

JIS L 1021-7 

第 7 部:動的荷重による厚さ減少試験方法

JIS L 1021-8 

第 8 部:パイル糸の引抜き強さ試験方法

JIS L 1021-9 

第 9 部:はく離強さ試験方法

JIS L 1021-10 

第 10 部:水及び熱の影響による寸法変化の試験方法

JIS L 1021-11 

第 11 部:摩耗強さ試験方法

JIS L 1021-12

第 12 部:ベッターマンドラム試験機及びヘキサポッドタンブラー試験機による外観変

化の作製方法

JIS L 1021-13 

第 13 部:外観変化の評価方法

JIS L 1021-14 

第 14 部:改良形ベッターマンドラム試験機によるカットエッジの機械的損傷試験方法

JIS L 1021-15 

第 15 部:ファイバーバインド試験方法

JIS L 1021-16 

第 16 部:帯電性−歩行試験方法

JIS L 1021-17 

第 17 部:電気抵抗測定方法

JIS L 1021-18 

第 18 部:汚れ試験方法

JIS L 1021-19 

第 19 部:クリーニング試験方法


L 1021-19

:2007

目  次

ページ

序文

1

1.

  適用範囲

1

2.

  引用規格

1

3.

  スプレー抽出法によるクリーニング試験方法

1

3.1

  原理

2

3.2

  装置及び洗剤

2

3.3

  調整及び試験条件

2

3.4

  試験片の採取及び準備

2

3.5

  手順

3

3.6

  試験報告書

4

4.

  ロータリ形クリーニング試験機によるクリーニング試験方法

4

4.1

  原理

4

4.2

  装置及び洗剤

4

4.3

  試験片の準備

5

4.4

  手順

5

4.5

  試験結果

5

4.6

  試験報告書

5

附属書 1(参考)JIS と対応する国際規格との対比表

7

 


日本工業規格

JIS

 L

1021-19

:2007

繊維製床敷物試験方法−

第 19 部:クリーニング試験方法

Textile floor coverings

−Part 19: Assessing methods for cleaning

序文  この規格は,1997 年に第 1 版として発行された ISO 11379,Textile floor coverings−Laboratory cleaning

procedure using spray extraction

を基に,対応する部分については対応国際規格を翻訳し,技術的内容を変更

することなく作成した日本工業規格であるが,対応国際規格には規定されていない規定項目を日本工業規

格として追加している。

なお,この規格で側線又は点線の下線を施してある箇所は,原国際規格を変更している事項である。変

更の一覧表をその説明を付けて,

附属書 1(参考)に示す。

1.

適用範囲  この規格は,スプレー抽出法によるカーペットのクリーニング試験方法及びロータリ形ク

リーニング試験機を用いた 2−ステップ法によるカーペットのクリーニング試験方法について規定する。

備考  この規格の対応国際規格を,次に示す。

なお,対応の程度を表す記号は,ISO/IEC Guide 21 に基づき,IDT(一致している)

,MOD

(修正している)

,NEQ(同等でない)とする。

ISO 11379:1997

,Textile floor coverings−Laboratory cleaning procedure using spray extraction (MOD)

2.

引用規格  次に掲げる規格は,この規格に引用されることによって,この規格の規定の一部を構成す

る。これらの引用規格は,その最新版(追補を含む。

)を適用する。

JIS K 0557

  用水・排水の試験に用いる水

JIS L 0105

  繊維製品の物理試験方法通則

備考  ISO 139:2005,Textiles−Standard atmospheres for conditioning and testing からの引用事項は,こ

の規格の該当事項と同等である。

JIS L 0804

  変退色用グレースケール

JIS L 1021-1

  繊維製床敷物試験方法−第 1 部:物理試験のための試験片の採取方法

備考  ISO 1957:2000,Machine-made textile floor coverings−Selection and cutting of specimens for

physical tests

が,この規格と一致している。

JIS L 1021-18

  繊維製床敷物試験方法−第 18 部:汚れ試験方法

JIS Z 8730

  色の表示方法−物体色の色差

3.

スプレー抽出法によるクリーニング試験方法

参考  調査を実施した特性に関しては,このクリーニング試験方法は,試験試料の汚れの落ちやすさ,

外観の変化,洗剤の効果,耐久性など,多くの性能が評価できるものである。


2

L 1021-19

:2007

3.1

原理  一定の方法で汚染した繊維製床敷物の試験片にスプレー抽出形クリーニング機を用いて,ク

リーニングを施す。

3.2

装置及び洗剤  装置及び洗剤は,次による。

3.2.1

スプレー抽出形クリーニング機  クリーニング溶液を 3.75 L/m

2

±0.25 L/m

2

で表面に噴霧でき,ク

リーニング口が 40 mm/s±5 mm/s の速度で移動する能力をもつクリーニング機。

備考1.  クリーニング口の幅が 100 mm±5 mm で,噴霧量 0.9 L/m

2

±0.1 L/m

2

のクリーニング機を用い

るか,又はクリーニング口の幅が 200 mm±10 mm で,噴霧量 1.8 L/m

2

±0.2 L/m

2

のクリーニ

ング機を用いるとよい。

2.

消泡剤は,スプレー抽出形クリーニング機の排水用タンクで使い,供給用タンクには使わな

い。

3.2.2

試験場所  例えば,作業台,テーブルの上,床など。

3.2.3

床敷物粘着剤又は両面粘着テープ

3.2.4

吸引専用掃除機  吸引面の大きさが(125 mm±25 mm)×(15 mm±2.5 mm)で,空気流速が 25 L/s±5

L/s

の吸引専用の掃除機。

3.2.5

クリーニング溶液

3.2.5.1

標準クリーニング溶液  次によって,調整した溶液。

ドデシル硫酸ナトリウム(一般的な試薬)0.5 g

C

12

/C

13

アルコールエトキシレート(7 mol のエトキシレート)0.2 g

エチレンジアミン四酢酸ナトリウム(一般的な試薬)0.1 g

これらを JIS K 0557 の 3 級に相当する水で 1 L に希釈する。この洗剤は強力な洗浄作用があるが,これ

以上希釈しないで用いる。

3.2.5.2

クリーニング溶液の評価  クリーニング溶液(洗剤)の洗浄性能を評価する場合は,製造元の仕

様書に基づいて調製した洗剤を用いる。

3.3

調整及び試験条件  調整及び試験は,JIS L 0105 の 5.1.1(標準状態)で行う。

3.4

試験片の採取及び準備  JIS L 1021-1 によって,試料及び試験片を選定する。各試料から適切な大き

さ,例えば,200 mm×300 mm,の試験片を採取するが,

図 に示すように試験片の長辺を生産方向に一

致させる。

床敷物用粘着剤又は圧着性粘着テープを用いて,試験場所に試験片を固定する。次に,床敷物用粘着剤

又は圧着性粘着テープを用いて,固定した試験片と同等の構造及び厚さの 100 mm 以上の大きさの材料で

試験片の周りを囲む(

図 参照)。この材料は,試験片に色移りしないものであることを確認する。

備考  試験片を他の試験,例えば,汚れ試験などに供するような場合は,あらかじめ寸法を測定し,

配置も目的に応じて調整する。


3

L 1021-19

:2007

単位  mm

  1  試験片の寸法及び配置

3.5

手順  手順は,次による。

a)

試験片の掃除をツーダブルストローク法で,吸引専用掃除機を用いて行う。ツーダブルストローク法

は,前から後ろ方向へ続けて 2 回,後ろから前方向に 2 回掃除を行う方法とする。掃除は,すべての

試験片に均等に行き渡るように次の方法で行う。最初のツーダブルストローク法は,掃除機の吸込み

口の約 50 %が試験片上に,

約 50 %が試験片の周囲を囲んでいるカーペット上に載るようにして行う。

その後の掃除は,最初のストローク方向に対して平行な方向に掃除済みの部分が 50 %ずつ重なるよう

に行い,反対側の試験片の周囲を囲んでいるカーペット上に掃除機の吸込み口が到達した段階で,掃

除を終了する。

b)

標準クリーニング溶液又は評価を行うクリーニング溶液を用意する。スプレー抽出形クリーニング機

に用意したクリーニング溶液を入れる。クリーニングヘッドに取り付け,クリーニング前に,クリー

ニング溶液の噴射温度を含めた適切な条件を得るためにクリーニング機を始動しておく。

c) 40

mm/s

±5 mm/s の速度でクリーニングヘッドを移動させ,噴射及び抽出を行う。そのとき,クリー

ニングの方向は,パイルの傾斜方向に対して順方向(順目方向)及び逆方向(逆目方向)に行い,単

位面積当たりの噴霧量が得られるまで行う。最初のストロークは,クリーニング機のヘッドの約 50 %

が試験片上に,約 50 %が試験片の周囲を囲んでいるカーペット上に載るようにして行う。その後のク

リーニングは,クリーニング済みの部分が 50 %ずつ重なるように行い,反対側の試験片の周囲を囲ん

でいるカーペット上にクリーニング機のヘッドが到達した段階で,クリーニングを終了する。

なお,ごしごし洗うような操作は,行ってはならない。

d)

試験片を 180°入れ換え,3.5 c)に規定する方法でクリーニングを行う。

e)

試験片を十分乾燥し,その後 24 時間以上標準状態下で調整するか,又は引き続き行う試験によって規

定されている条件へ進める。

f)

最後に,3.5 a)に規定する方法で,試験片を掃除する。掃除は,パイル列に平行な方向で行う。

1

  試験片を囲むカーペット

2

  試験片


4

L 1021-19

:2007

3.6

試験報告書  試験報告書には,次の事項を記入する。

a)

試験年月日

b)

試験実施者名

c)

試験は,この規格に従った旨

d)

繊維製床敷物試料の明細など

e)

使用したスプレー抽出形クリーニング機

f)

使用した標準状態

g)

クリーニング溶液を評価した場合は,クリーニング溶液の内容

h)

クリーニング溶液噴射の割合及び温度

i)

この試験を行った目的

4.

ロータリ形クリーニング試験機によるクリーニング試験方法

4.1

原理  ロータリ形クリーニング試験機を用いて,2−ステップ法で繊維製床敷物の汚染した試験片に

クリーニングを施し,試験前後の試験片の色相を比較して,評価を行う。

4.2

装置及び洗剤  装置及び洗剤は,次による。

4.2.1

ロータリ形クリーニング試験機  図 に示すように正転,逆転運動する円形試験台,水噴射ノズル

を備えたバキューム装置及び試験台とは独立に回転する回転ブラシからなる試験機。主要部の仕様は,次

による。

a)

試験台の回転数は,20 rpm±1 rpm とし,正転,逆転が可能である。

b)

ブラシの回転数は,240 rpm±20 rpm とする。

c)

ブラシは上下に移動することができ,試験片への食い込み量を自由に変えることができる。

d)

回転ブラシ及びブラシ毛は,次による。

1)

回転ブラシの直径  46 mm

2)

ブラシ毛の素材  ポリアミド 66

3)

ブラシ毛の直径  0.3 mm

4)

ブラシ毛の長さ  15 mm

5)

植込み本数  1 ホール 70 本×24 ホール,計 1 680 本。

4.2.2

標準クリーニング液  純度 95 %以上,かつ,硫酸塩 0.2 %以下のラウリル硫酸ナトリウムを用いて,

JIS K 0557

の 3 級に相当する水で濃度 0.5 %に調整した溶液。

4.2.3

変退色用グレースケール  JIS L 0804 に規定するグレースケール。

4.2.4

測色計  繊維製床敷物の色を測ることができ,口径 20 mm±0.5 mm の測色部をもち,測色結果を,

JIS Z 8730

に規定の CIELAB 表色系における

Δ

E

ab

又は

Δ

L

として表すことができる装置。


5

L 1021-19

:2007

  2  ロータリ形クリーニング試験機

4.3

試験片の準備  JIS L 1021-18 の 5.によって,汚染した試験片を 2 枚準備する。また,これと同じ大

きさで,未汚染の試験片を 1 枚準備する。

4.4

手順  手順は,次による。

a)  JIS L 1021-18

の 5.によって,汚染した試験片を

図 に示すクリーニング試験機の試験台に固定し,回

転ブラシを試験片のパイル長さ(

1

)

の約 1/2 の深さまで食い込ませる。このとき回転ブラシが屈曲して

いないことを確認する。回転ブラシに屈曲が認められたときは,食い込み量を少なくし,その旨を付

記する。

注(

1

)

パイルの長さは,表面パイルに直定規を垂直に入れ,測定する。

b)

回転ブラシを回転させつつ,ピペットなどを用いて回転ブラシに標準クリーニング液を 5 mL (

2

)

滴下

しながら,同時に試験台を回転させ,試験片表面を正転 5 回,逆転 5 回,正転 5 回,逆転 5 回の計 20

回クリーニングを行う。

注(

2

)

泡立ちが不十分な試料については,泡立つのに十分な標準クリーニング液を用い,総量を付記

する。

c)

クリーニング終了後,直ちにバキューム圧 1.5 kPa で正転 5 回吸引し,洗剤の泡を除去し,次に噴射ノ

ズルから水を 80 mL/min の流量で噴射しつつバキュームで正転 5 回リンスを行い,その後再び,バキ

ューム圧 1.5 kPa で正転 10 回の吸引を行う。

4.5

試験結果  試験結果は,次による。

試験前の試験片とクリーニング試験後の試験片との間に見える色の開きを,JIS L 1021-18 の 5.6 と同様

の方法によって判定又は測色する。

4.6

試験報告書  試験報告書には,次の事項を記入する。

a)

試験年月日

b)

試験実施者名

c)

試験は,この規格に従った旨

d)

測色計による評価か,又はグレースケールによる評価かの別

e)

試験結果


6

L 1021-19

:2007

f) 5

mL

以上の標準クリーニング液を用いた場合は,使用した総液量(mL)

g)

結果に影響を与えた可能性のある,この箇条に規定外の事項


7

L 1021-19

:2007

附属書 1(参考)JIS と対応する国際規格との対比表

JIS L 1021-19:2007

  繊維製床敷物試験方法−第 19 部:クリーニング試験方法

ISO 11379:1997

繊維製床敷物−スプレー抽出法によるクリーニング試験方法

(

Ⅰ) JIS の規定

(

Ⅲ)  国際規格の規定

(

Ⅳ)  JIS と国際規格との技術的差異

の項目ごとの評価及びその内容 
  表示箇所:本体 
  表示方法:側線又は点線の下線

項目 
番号

内容

(

Ⅱ )  国 際

規格番号

項目 
番号

内容

項 目 ご と
の評価

技術的差異の内容

(

Ⅴ)  JIS と国際規格との技術的差異の

理由及び今後の対策

1.

適用範

 

試験の種類,目的

ISO 11379 

1 

試験の目的,適用範

MOD/

変更

国 際 規 格 と 我 が 国 独
自 の ク リ ー ニ ン グ 試
験 方 法 を ま と め て 一

つの規格としたため,
原 国 際 規 格 の 適 用 範
囲を書き改め,試験の

種 類 及 び 目 的 を 示 し
た。 
  な お , 国 際 規 格 の

NOTE

は 参 考 と し て

JIS

の 3.の次に記載し

ている。

対応国際規格の技術的内容を変更する
ものではない。

JIS L 0105 

ISO 139:1973

MOD/

変更

JIS

では,ISO 規格の

引 用 規 格 と 整 合 し た

JIS

を引用している。

JIS L 0105

は,ISO 規格と整合してい

る。

JIS L 0804

JIS L 1021-18

JIS Z 8730 

 MOD/

追加

追 加 し た 我 が 国 独 自

の試験方法(ロータリ
形 ク リ ー ニ ン グ 試 験
機 に よ る ク リ ー ニ ン

グ試験方法)に引用し
ている。

JIS

として必要なため,追加した。

2.

引用規

 

JIS L 1021-1 

ISO 11379 

2 

ISO 1957:2000 IDT

7

L

 1021-19


2007


8

L 1021-19

:2007

(

Ⅰ) JIS の規定

(

Ⅲ)  国際規格の規定

(

Ⅳ)  JIS と国際規格との技術的差異

の項目ごとの評価及びその内容 
  表示箇所:本体

  表示方法:側線又は点線の下線

項目

番号

内容

(

Ⅱ )  国 際

規格番号

項目

番号

内容

項 目 ご と

の評価

技術的差異の内容

(

Ⅴ)  JIS と国際規格との技術的差異の

理由及び今後の対策

2.

引 用 規

(続き)

JIS K 0557 

ISO 11379 

MOD/

追加

ISO

規 格 で は ISO 

3696

を引用している

が , こ れ に 該 当 す る

JIS

がないため,ISO

規格と整合しており,

かつ,技術的内容が同
等である JIS K 0557
を引用した。

3.

ス プ レ

ー抽出法

によるク
リーニン
グ試験方

3.1 

原理

3

JIS

に同じ。

IDT

3.2

装置及び洗剤

4

技術的内容は JIS 

同じ。

MOD/

変更

JIS

では,ISO 規格の

引 用 規 格 と 整 合 し た

JIS

を引用している。

JIS K 0557

は,ISO 規格と整合してい

る。

3.3

調整及び試験条件 5

JIS

に同じ。

IDT

3.4

試験片の採取及び準備

6

JIS

に同じ。

IDT

3.5

手順

7

JIS

に同じ。

IDT

3.6

試験報告書

ISO 11379 

8

JIS

に同じ。

IDT

8

L

 1021-19


2007


9

L 1021-19

:2007

(

Ⅰ) JIS の規定

(

Ⅲ)  国際規格の規定

(

Ⅳ)  JIS と国際規格との技術的差異

の項目ごとの評価及びその内容 
  表示箇所:本体

  表示方法:側線又は点線の下線

項目

番号

内容

(

Ⅱ )  国 際

規格番号

項目

番号

内容

項 目 ご と

の評価

技術的差異の内容

(

Ⅴ)  JIS と国際規格との技術的差異の

理由及び今後の対策

4.

ロ ー タ

リ形クリ

ーニング
試験機に
よるクリ

ーニング
試験方法

MOD/

追加

国 際 規 格 に は な い 規
定 項 目 を 追 加 し て い

る。

4.1

原理

MOD/

追加

4.2

装置及び洗剤

MOD/

追加

4.3

試験片の準備

MOD/

追加

4.4

手順

MOD/

追加

4.5

試験結果

MOD/

追加

4.6

試験報告書

MOD/

追加

JIS L 1021-18

の 5.によって汚染した試

験片のクリーニング方法を追加規定し

た。この試験方法は,我が国の土壌汚
れに近い標準汚染物質の落ちやすさを
評価する目的から考案された試験方法

であり,旧 JIS にも規定されていたも
のであり,我が国では広く利用されて
いる。

JIS

と国際規格との対応の程度の全体評価:MOD

備考1.  項目ごとの評価欄の記号の意味は,次のとおりである。

    ―  IDT 技術的差異がない。

    ―  MOD/追加 国際規格にない規定項目又は規定内容を追加している。 
    ―  MOD/変更 国際規格の規定内容を変更している。

2.  JIS

と国際規格との対応の程度の全体評価欄の記号の意味は,次のとおりである。

    ―  MOD  国際規格を修正している。

9

L

 1021-19


2007