>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

L 1021-12

:2007 (ISO 10361:2000)

(1)

まえがき

この規格は,工業標準化法第 12 条第 1 項の規定に基づき,日本カーペット工業組合(JCMA)/日本規格

協会(JSA)から,工業標準原案を具して日本工業規格を制定すべきとの申出があり,日本工業標準調査会の

審議を経て,経済産業大臣が制定した日本工業規格である。

これによって,JIS L 1021:1999,JIS L 1022:1992 及び JIS L 1023:1992 は廃止され,JIS L 1021-1JIS L 

1021-19

に置き換えられた。

制定に当たっては,日本工業規格と国際規格との対比,国際規格に一致した日本工業規格の作成及び日

本工業規格を基礎にした国際規格原案の提案を容易にするために,ISO 10361:2000,Textile floor coverings

―Production of changes in appearance by means of Vettermann drum and hexapod tumbler testers を基礎として用

いた。

この規格の一部が,特許権,出願公開後の特許出願,実用新案権又は出願公開後の実用新案登録出願に

抵触する可能性があることに注意を喚起する。経済産業大臣及び日本工業標準調査会は,このような特許

権,出願公開後の特許出願,実用新案権又は出願公開後の実用新案登録出願に係る確認について,責任は

もたない。

JIS L 1021

の規格群には,次に示す部編成がある。

JIS L 1021-1

第 1 部:物理試験のための試験片の採取方法

JIS L 1021-2

第 2 部:く(矩)形の繊維製床敷物の寸法測定方法

JIS L 1021-3

第 3 部:厚さの測定方法

JIS L 1021-4

第 4 部:質量の測定方法

JIS L 1021-5

第 5 部:単位長さ及び単位面積当たりのパイル数測定方法

JIS L 1021-6

第 6 部:静的荷重による厚さ減少試験方法

JIS L 1021-7

第 7 部:動的荷重による厚さ減少試験方法

JIS L 1021-8

第 8 部:パイル糸の引抜き強さ試験方法

JIS L 1021-9

第 9 部:はく離強さ試験方法

JIS L 1021-10

第 10 部:水及び熱の影響による寸法変化の試験方法

JIS L 1021-11

第 11 部:摩耗強さ試験方法

JIS L 1021-12

第 12 部:ベッターマンドラム試験機及びヘキサポッドタンブラー試験機による外観変

化の作製方法

JIS L 1021-13

第 13 部:外観変化の評価方法

JIS L 1021-14

第 14 部:改良形ベッターマンドラム試験機によるカットエッジの機械的損傷試験方法

JIS L 1021-15

第 15 部:ファイバーバインド試験方法

JIS L 1021-16

第 16 部:帯電性―歩行試験方法

JIS L 1021-17

第 17 部:電気抵抗測定方法

JIS L 1021-18

第 18 部:汚れ試験方法

JIS L 1021-19

第 19 部:クリーニング試験方法


L 1021-12

:2007 (ISO 10361:2000)

(2)

目  次

ページ

序文

1

1.

  適用範囲

1

2.

  引用規格

1

3.

  定義

2

4.

  原理

2

5.

  ベッターマンドラム試験方法−

2

5.1

  装置

2

5.2

  調整及び試験の温湿度条件

4

5.3

  試験片の採取及び準備

4

5.4

  手順

4

6.

  ヘキサポッド試験方法−

5

6.1

  装置

5

6.2

  調整及び試験の温湿度条件

7

6.3

  試験片の採取及び準備

7

6.4

  手順

8

7.

  試験報告書

8

 


日本工業規格

JIS

 L

1021-12

:2007

(ISO 10361

:2000

)

繊維製床敷物試験方法−

第 12 部:ベッターマンドラム試験機及び

ヘキサポッドタンブラー試験機による

外観変化の作製方法

Textile floor coverings

−Part 12: Production of changes in appearance by

means of Vettermann drum and hexapod tumbler testers

序文  この規格は,2000 年に第 1 版として発行された ISO 10361,Textile floor coverings―Production of

changes in appearance by means of Vettermann drum and hexapod tumbler testers

を翻訳し,技術的内容及び規格

票の様式を変更することなく作成した日本工業規格である。

なお,この規格で点線の下線を施してある箇所は,原国際規格にはない事項である。

1.

適用範囲  この規格は,機械的作用によって生じる表面構造及び色の変化に伴う繊維製床敷物の外観

変化を生じさせるために,ベッターマンドラム試験機及びヘキサポッドタンブラー試験機を用いる方法に

ついて規定する。ただし,機械的作用以外によって発生するピリング又は色の変化は含まない。また,こ

れらのドラム試験機によって生じた外観変化は,JIS L 1021-13 に従って評価する。

備考  この規格の対応国際規格を,次に示す。

なお,対応の程度を表す記号は,ISO/IEC Guide 21 に基づき,IDT(一致している)

,MOD

(修正している)

,NEQ(同等でない)とする。

ISO 10361:2000

Textile floor coverings

−Production of changes in appearance by means of Vettermann

drum and hexapod tumbler testers (IDT)

2.

引用規格  次に掲げる規格は,この規格に引用されることによって,この規格の規定の一部を構成す

る。これらの引用規格のうちで,発効年を付記してあるものは,記載の年の版だけがこの規格の規定を構

成するものであって,その後の改正版・追補には適用しない。発効年を付記していない引用規格は,その

最新版(追補を含む。

)を適用する。

JIS K 7215:1986

  プラスチックのデュロメータ硬さ試験方法

備考  ISO 868:2003,Plastics and ebonite−Determination of indentation hardness by means of a durometer

(Shore hardness)

からの引用事項は,この規格の該当事項と同等である。

JIS L 0105:2006

  繊維製品の物理試験方法通則

備考  ISO 139:2005,Textiles−Standard atmospheres for conditioning and testing からの引用事項は,こ

の規格の該当事項と同等である。


2

L 1021-12

:2007 (ISO 10361:2000)

JIS L 0212-1

  繊維製品用語(衣料を除く繊維製品)−第 1 部:繊維製床敷物

備考  ISO 2424:1992,Textile floor coverings−Vocabulary からの引用事項は,この規格の該当事項と

同等である。

JIS L 1021-1

  繊維製床敷物試験方法−第 1 部:物理試験のための試験片の採取方法

備考  ISO 1957:2000,Machine-made textile floor coverings−Selection and cutting of specimens for

physical tests

が,この規格と一致している。

JIS L 1021-13

  繊維製床敷物試験方法−第 13 部:外観変化の評価方法

備考  ISO 9405:2001,Textile floor coverings−Assessment of changes in appearance が,この規格と一

致している。

3.

定義  この規格で用いる主な用語の定義は,JIS L 0212-1 による。

4.

原理  突起の付いた鋼球又はヘキサポッドが回転するドラム内を不規則に転がり,ドラムに固定され

た繊維製床敷物の試験片に機械的な損傷を与える。

試験後の試験片の外観を JIS L 1021-13 によって,評価する。

5.

ベッターマンドラム試験方法−

5.1

装置  装置は,次による。

5.1.1

ベッターマンドラム試験機  次の寸法の金属製ドラムをもつ装置(図 参照)。

a)

ドラムの内径:730 mm±10 mm

b)

ドラムの内側の奥行き:270 mm±5 mm

c)

有効奥行き(試験片が作用を受ける幅)

:240 mm±7 mm

d)

ドラムの板厚:8 mm±0.5 mm

ドラムは,1 秒間に 0.266±0.016 回(16 rpm)の速度で回転し,5 分間ごとに反転する。ただし,回転方向

が変わるとき,約 1 秒間停止する。

ドラム装置には,回転回数計数器及びドラムの内側の両端に,試験片を固定するための 4 枚の試験片固

定板(厚さ:15 mm±1 mm)を装備する。

試験を行うときに,試験片から脱落したパイル繊維は,試験片表面にわずかに接触するように調整され

た回転形ブラシによって除去し,電気掃除機によって連続的に取り除く。

図 にドラムの断面図を示す。

長さ 2 320 mm,幅 270 mm,厚さ 1.5 mm,20  ℃における密度が 1.1 g/cm

3

∼1.3 g/cm

3

の加硫した繊維製

のバッキングシートを,ドラムの内側に固定しないで,敷く。

このシートは,ドラムの内側に常備する。


3

L 1021-12

:2007 (ISO 10361:2000)

単位  mm

  1  ベッターマンドラム試験機

5.1.2

鋼球  14 個の円柱状のゴム製突起が球上に等間隔で取り付けられたもの。この突起は,取り替え

が可能で,鋼球表面上を平面状に切削した部分にねじ込み式で取り付けられる構造にする。

図 に完全な

形状の鋼球を示す。

a)

鋼球の直径:120 mm±0.2 mm

b)

鋼球表面上を切削して作成した平面部分間の距離:118 mm±0.1 mm

c)

突起物を装着した場合の鋼球の質量:6 800 g±100 g

d) 14

個の突起を装着しているときの鋼球の質量:7 600 g±100 g

突起は,明るい灰色の合成ゴムで,これにねじを一体成形した金属製部品(金属台座)をは(貼)り合

わせたもの。

a)

突起物の直径:40 mm±0.5 mm

b)

突起物の高さ[金属製部品(金属台座)の厚さを含み,ねじの長さを含まない高さ]

:15 mm±0.5 mm

c)

ねじの長さ:20 mm

d)

金属製部品(金属台座)の厚さ:3 mm

e)

JIS K 7215

によって,測定したゴムのショアーA 硬度:48±3

試験終了後(22 000 回転後)に向かい合っているゴム製突起物を順次 2 個ずつ新品に取り替える。これ

は,最も長期間使用したものから順次,取り替えるものとする。

参考  新品のゴム製突起は,Schönberg GmbH,Posffach 200364,40777 Monheim,ドイツから入手で

きる。

なお,この情報は,この規格の利用者の便宜を図るものであって,製品を保証するものでは

ない。この製品と同等の性能であり,同じ試験結果が得られるものであれば,それを使用する

ことも可能である。

1

脱落繊維の吸引方向

2

ゴム製突起

3

鋼球

4

加硫した繊維製のバッキングシート

5

金属製ドラム

6

回転形ブラシ


4

L 1021-12

:2007 (ISO 10361:2000)

単位  mm

表面粗さ  µm

  2  鋼球

5.1.3

直立形電気掃除機  吸い込み口の幅は,少なくとも試験片の幅に等しい大きさをもつもの。

5.2

調整及び試験の温湿度条件  試験片の調整及び試験は,JIS L 0105 の 5.1.1(標準状態)で行う。

5.3

試験片の採取及び準備  試験片の採取及び準備は,次による。

5.3.1

試験片の採取  JIS L 1021-1 によって,当該試料を代表する部分から試験片を採取するが,採取す

る前に,パイルの傾斜方向を試験片の裏面に矢印で記入しておく。

備考  色及び柄は,外観の維持性の評価に大きな影響を与えるため,試験片の採取に当たっては,留

意すべきである。

5.3.2

試験片の数及び寸法  生産方向に対して平行に 570 mm,直角に 265 mm の試験片を 4 枚採取する。

比較用の試料として用いるため,同じ寸法の試験片を同じ部分から 1 枚採取する。

パイルの傾斜方向が明確な試料の場合は,

生産方向に対して平行及び直角の両方向について試験を行う。

備考  繊維がないか又は入手先不明の試料で,生産管理のために試験を行う場合は,厚さがほぼ同じ

の異なる試験片 4 枚を同時に試験してもよい。

5.3.3

試験片の準備  5.4 によって,試験片及び比較のための試験片を直立形電気掃除機によって掃除す

る。その後,各試験片を平らに,1 枚ずつ,パイルを上にして 24 時間以上調整する。

なお,試験片端部のほつれを防ぐために,試験片の端部に粘着テープをは(貼)る。

5.4

手順  ドラムの中に,試験片の使用面がドラムの中心を向くようにして,その両側端部をドラムの

円弧状に合わせて試験片を固定する。試験片の端部が試験片固定板の中央付近になる位置に試験片を動か

し,確実に固定する。

フォームバッキングのない繊維製床敷物でアンダーレイ上での試験が要求された場合には,前記の方法

によってドラムに試験片を固定するときにアンダーレイを敷き,この状態で試験を行ってもよい。

備考  試験結果は,試験片と試験に使用したアンダーレイとの組合せに限定されものである。したが


5

L 1021-12

:2007 (ISO 10361:2000)

って,使用したアンダーレイについて,次の項目を表示するのが望ましい。

:材質,単位面積当

たりの質量及び厚さ。

鋼球及び突起を装着した鋼球の状態を確認し,汚れを除去する。必要に応じて,クリーンティシュ及び

適切な溶剤で汚れを拭き取る。

ドラム内に鋼球を置き,

回転回数計数器を次のいずれかの回数に設定する。

a) 22

000

回:

(試験時間は,約 23 時間とする。

,過酷な摩耗状況下における長期間の使用に該当する。

b) 5

000

回:使用初期の外観変化又はさほど過酷ではない摩耗状況における使用に該当する。

その後,試験を開始する。

試験後,直立形電気掃除機によって,試験片を掃除する。掃除は,試験片の長さ方向に対して平行に前

後 4 回行い,試験片全体に清掃が行き渡るように行い,最後に,パイルの傾斜方向に対して逆(逆目方向)

から吸引を行う。

JIS L 1021-13

によって評価を行う 24 時間以上前に,各試験片を平らにして,1 枚ずつ,パイルを上にし

て調整する。

試験の途中で評価を行う場合は,試験終了後の最終評価のときに実施する清掃及び再調整は行わず,速

やかに評価を行う。

6.

ヘキサポッド試験方法−

6.1

装置  装置は,次による。

6.1.1

ヘキサポッドタンブラ試験機  プラスチック製で次の寸法の装置。

a)

ドラムの内径:305 mm±1 mm

b)

ドラムの板厚:約 8 mm

c)

ドラムの内側の奥行き:200 mm±1 mm

ドラムは,1 秒間に 0.583±0.033 回(35±2 rpm)の速度で回転し,15 分間ごとに反転する。ただし,回転

方向が変わるとき,約 1 秒間停止する。ドラム装置は,回転回数計数器及び回転駆動系からなり,ドラム

のふた(蓋)には,ドラムの内壁面に対して試験片の裏面に敷くポリエチレン製シートの位置を定めるた

めの溝を備える。

図 にふた(蓋)を外したドラムの図を,図 にドラムの断面図を示す。

  3  ヘキサポッドタンブラ試験機


6

L 1021-12

:2007 (ISO 10361:2000)

単位  mm

  4  ヘキサポッドタンブラー断面図

6.1.2

試験片の裏面に敷くポリエチレン製のシート  シートの寸法は,950 mm×215 mm×2 mm とする。

6.1.3

ヘキサポッド  50 mm の軟鋼製の立方体の各面に 25 mm のわん(碗)状の部品を接合したもの。

突起物を装着し,ヘキサポッドを水平な平滑平面上に置いたときに,平滑平面にヘキサポッドの金属部分

が接触しないように,わん(碗)状の部品の外側は丸みを与えておく(

図 参照)。

ねじの付いた金属板が裏面には(貼)り合わせてある脱着可能なポリウレタン製の突起物をヘキサポッ

ドの各面の中央にねじ止めする。

a)

突起物の直径:40 mm±1 mm

b)

突起物の高さ:15 mm±1 mm

c)

突起物先端の半径:15 mm±1 mm

d)

裏面の金属板の厚さ:3 mm±0.25 mm

e)

JIS K 7215

によって,測定したゴムのショアーA 硬度:85∼100

f) 6

個の突起物を装着したヘキサポッドの質量:3.8 kg±0.1 kg

突起物が摩耗若しくは損傷を受けた場合,又は 2 年間使用した場合は交換する。

参考  ヘキサポッドタンブラー試験機の新品の突起物は,BTTG,Wira House,West Park Ring Road,

Leeds LS16 6Ql

,英国から入手できる。

なお,この情報は,この規格の利用者の便宜を図るものであって,製品を保証するものでは

ない。この製品と同等の性能であり,同じ試験結果が得られるものであれば,それを使用する

ことも可能である。

1

プラスチック製ドラム

2

試験片の裏面に敷くポリエチレン製のシート

3

ヘキサポッド


7

L 1021-12

:2007 (ISO 10361:2000)

単位  mm

表面粗さ  µm

  5  ヘキサポッド

6.1.4

両面粘着テープ  幅 50 mm の両面粘着テープ。

6.1.5

直立形電気掃除機  吸い込み口の幅は,少なくとも試験片に等しい大きさをもつもの。

6.1.6

方形の清掃用フレーム  試料と同じもので方形の清掃用フレームを準備する。清掃用フレームの大

きさは,1 000 mm×300 mm で,中央に 940 mm×200 mm の窓をあける。

なお,裏面に強固な板をはり合わす。

6.2

調整及び試験の温湿度条件  試験片の調整及び試験は,JIS L 0105 の 5.1.1(標準状態)で行う。

6.3

試験片の採取及び準備  試験片の採取及び準備は,次による。

6.3.1

試験片の採取  JIS L 1021-1 によって,当該試料を代表する部分から試験片を採取するが,採取す

る前にパイルの傾斜方向を,試験片の裏面に矢印で記入しておく。

備考  色及び柄は,外観の維持性の評価に大きな影響を与えるため,試験片の採取に当たっては,留

意すべきである。

6.3.2

試験片の数及び寸法  試験片の数及び寸法は,次のいずれかとする。

a)

生産方向に対して平行に 940 mm,直角に 200 mm の試験片を 1 枚採取する。比較用の試料として用い

るため,同じ寸法の試験片を同じ部分から 1 枚採取する。

b)

繊維がないか又は入手先不明の試料の場合は,厚さが同じであれば,小さな試験片 4 枚を採取しても

よい。この場合,各試験片の試験片間に 5 mm∼10 mm 切り,つなぎ合わせて総長が 940 mm になる

ようにする。ただし,各試験片のパイルの傾斜方向がドラムの回転方向に一致するようにし,ドラム

の回転方向に対して横方向に設置してはならない。

また,つなぎ目は完全にふさぐ。

パイルの傾斜方向が明確な試料の場合は,

生産方向に対して平行及び直角の両方向について試験を行う。

6.3.3

準備  試験片の裏面に敷くポリエチレン製シートの両側端及び両端末から約 5 mm あけて両面粘着

テープを強くはり付ける。複数の試験片を同時に試験を行う場合は,各試験片のつなぎ目にも適切な大き

1

ポリウレタン製の突起


8

L 1021-12

:2007 (ISO 10361:2000)

さの両面粘着テープを付ける。試験片の使用面を上にして,ドラムに固定するときの曲率を考慮し,ポリ

エチレン製の試験片の裏面に敷くポリエチレン製シートの端から 5 mm の間隔をあけて試験片をはり,各

試験片間は 5 mm∼10 mm の間隔をあけてはり付ける。試験片の裏面に敷くポリエチレン製シートをドラ

ム内に固定したとき,

各試験片が適切に固定できていることを確認し,必要に応じてその長さを調整する。

フォームバッキングのない繊維製床敷物でアンダーレイの上での試験が要求された場合には,前記の方

法によって試験片の裏面に敷くポリエチレン製シートにアンダーレイを固定し,そのアンダーレイの上に

試験片を固定し,試験を行ってもよい。このとき,試験片の裏面に敷くポリエチレン製シートをドラムの

曲率に沿って固定されており,試験片も円滑に固定されていることを確認し,必要に応じてその長さを調

整する。

試験片を 6.4 に示す方法で直立電気掃除機を用いて掃除した後,平らに,1 枚ずつ,パイルを上にして

24

時間以上調整する。

6.4

手順  試験片の裏面に敷くポリエチレン製シートに試験片を固定し,ドラム内に設置する。これに

よって,試験片は,ドラムの内側の円周に沿って円滑に設置され,ドラムの溝に確実に固定する。

ヘキサポッドの突起物を洗浄し,汚れが付着していないことを確認する。必要に応じて,クリーンティ

シュ及び適切な溶剤で汚れを拭き取る。ヘキサポッドをドラム内に置き,ふた(蓋)を閉じる。

次に,回転回数を 2 000 回(試験時間は約 1 時間)に設定し,試験を開始する。2 000 回終了後,試験片

を取り出し,方形の清掃用フレームに置き,直立形電気掃除機で清掃する。清掃は,試験片の長さ方向に

対して平行に前後 4 回行い,試験片全体に清掃が行き渡るように行い,最後にパイルの傾斜方向に対して

逆(逆目方向)から吸引を行う。

上の手順をドラムの回転回数が,次のいずれかの回数に達するまで繰り返す。

a) 12

000

回:過酷な摩耗状況下における長期間使用に該当する。

b) 4

000

回:使用初期の外観変化又はさほど過酷ではない摩耗状況に該当する。

前記の方法で最終的に掃除した試験片を回収する。

JIS L 1021-13

によって評価を行う 24 時間以上前に,各試験片を平らに,1 枚ずつ,パイルを上にして調

整する。

試験の途中で評価を行ってもよいが,この場合は,最終評価をするときに実施する清掃及び再調整は行

わず,速やかに評価を行う。

7.

試験報告書  試験報告書には,次の事項を記入する。

a)

試験年月日

b)

試験実施者名

c)

試料の明細を,JIS L 0212-1 によって記載する

d)

実施した試験方法(A 法又は B 法)

e)

試験の回数

f)

アンダーレイを用いたか否か。用いた場合は,アンダーレイの詳細

g)  JIS L 1021-13

によって評価した外観変化の等級値の中央値及び最も激しい外観変化の状態

h)

使用した直立形電気掃除機の種類

i)

試験後の試験片に関して特に観察された点

j)

標準的な手順と相違があれば,それに関する内容の詳細