>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

L 0878

:2005

(1)

まえがき

この規格は,工業標準化法第 14 条によって準用する第 12 条第 1 項の規定に基づき,財団法人スガウェ

ザリング技術振興財団(SWTF)/ 財団法人日本規格協会(JSA)から,工業標準原案を具して日本工業規

格を改正すべきとの申出があり,日本工業標準調査会の審議を経て,経済産業大臣が改正した日本工業規

格である。これによって,JIS L 0878:1995 は改正され,この規格に置き換えられる。

改正に当たっては,日本工業規格と国際規格との対比,国際規格に一致した日本工業規格の作成及び日

本工業規格を基礎にした国際規格原案の提案を容易にするために,ISO 105-P02:2002,Textiles―Tests for

colour fastness

―Part P02:Colour fastness to pleating:Steam pleatig を基礎として用いた。

この規格の一部が,技術的性質をもつ特許権,出願公開後の特許出願,実用新案権,又は出願公開後の

実用新案登録出願に抵触する可能性があることに注意を喚起する。経済産業大臣及び日本工業標準調査会

は,このような技術的性質をもつ特許権,出願公開後の特許出願,実用新案権,又は出願公開後の実用新

案登録出願にかかわる確認について,責任はもたない。

JIS L 0878

には,次に示す附属書がある。

附属書(参考)JIS と対応する国際規格との対比表


L 0878

:2005

(2)

目  次

ページ

序文

1

1.

  適用範囲

1

2.

  引用規格

1

3.

  要旨

2

4.

  試験の種類

2

5.

  装置及び材料

2

6.

  複合試験片の調製

3

7.

  操作

3

8.

  判定

5

9.

  記録

5

附属書(参考)JIS と対応する国際規格との対比表

6

 


日本工業規格

JIS

 L

0878

:2005

蒸気プリーチングに対する染色堅ろう度

試験方法

Test methods for colour fastness to steam pleating

序文  この規格は,2002 年に第 3 版として発行された ISO 105-P02:2002,Textiles―Tests for colour fastness

―Part P02:Colour fastness to pleating:Steam pleating を翻訳し,技術的内容を変更して作成した日本工業規

格である。

なお,この規格で点線の下線を施してある箇所は,原国際規格にはない事項である。変更の一覧表をそ

の説明を付けて,

附属書(参考)に示す。

1.

適用範囲  この規格は,染色した繊維製品の蒸気プリーチングに対する染色堅ろう度試験方法につい

て規定する。

備考  この規格の対応国際規格を,次に示す。

なお,対応の程度を表す記号は,ISO/IEC Guide 21 に基づき,IDT(一致している)

,MOD

(修正している)

,NEQ(同等でない)とする。

ISO 105

-P02:2002,Textiles―Tests for colour fastness―Part P02:Colour fastness to pleating:Steam

pleating

(MOD)

2.

引用規格  次に掲げる規格は,この規格に引用されることによって,この規格の規定の一部を構成す

る。これらの引用規格は,その最新版(追補を含む。

)を適用する。

JIS L 0801

  染色堅ろう度試験方法通則

備考  ISO 105-A01:1994  Textiles−Tests for colour fastness−Part A01:General principles of testing から

の引用事項は,この規格の該当事項と同等である。

JIS L 0803

  染色堅ろう度試験用添付白布

備考  ISO 105-F:1985  Textiles−Tests for colour fastness−PartF:Standard adjacent fabrics 及び ISO 

105

-F10:1989  Textiles−Tests for colour fastness−PartF10:Specification for adjacent fabric:Multifibre

からの引用事項は,この規格の該当事項と同等である。

JIS L 0804

  変退色用グレースケール

備考  ISO 105-A02:1993  Textiles−Tests for colour fastness−Part A02:Grey scale for assessing change in

colour

からの引用事項は,この規格の該当事項と同等である。

JIS L 0805

  汚染用グレースケール

備考  ISO 105-A03:1993  Textiles−Tests for colour fastness−Part A03:Grey scale for assessing staining か

らの引用事項は,この規格の該当事項と同等である。


2

L 0878

:2005

3.

要旨  この試験は,複合試験片を規定の方法に基づいて高温度で蒸熱処理を行い,乾燥後試験片の変

退色と添付白布の汚染の程度を,それぞれ変退色用グレースケール及び汚染用グレースケールと比較する

か,又は計器によって変退色等級及び汚染等級を求めて,その堅ろう度を判定する。

4.

試験の種類  この試験には,表 に示すように,処理温度及び時間が異なる 3 種類の試験があり,こ

のうちから試験の目的又は繊維の種類に適した試験を選んで行う。

  1  蒸気プリーチング試験の種類及び条件

種類

圧力

kPa

温度

時間

min

A

法(弱) 135±2 108

5

B

法(中) 170±2 115

10

C

法(強) 270±2 130

20

5.

装置及び材料  装置及び材料は,次のものを用いる。

a)

高温蒸熱試験器  複合試験片を保持する試験片ホルダ,試験片ホルダを収容する長方形金属製容器及

び加圧スチーマで構成されたもの。その一例を,

図 に示す。

単位  mm

  1  試験片ホルダを収容した長方形のステンレス鋼製容器

1)

試験片ホルダ  外径約 80 mm,厚さ約 1.5 mm,長さ約 200 mm のステンレス鋼製シリンダ(以下,

シリンダという。

)をカバー布で覆ったもの(

図 参照)。カバー布は,直径 6 mm,長さ約 220 mm


3

L 0878

:2005

のステンレス鋼棒を両端に縫い付けて止めた長さ約 240 mm,幅約 195 mm の漂白綿布(約 200 g/m

2

(

1

)

とする。また,ステンレス鋼棒の両端は,シリンダに巻き付けたカバー布がしっかりと密着する

ように,ばねで 2 本を止める。ばねは,2 本のステンレス鋼棒の片側に取り付け,他の 1 本へ容易

にフックがけのできるものがよい。

(

1

)

市販品では,あや織,帆布などにこれに類するものがある。

2)

長方形金属製容器  試験片ホルダを収容できる大きさのステンレス鋼製のもの。例えば,幅約 100

mm

,長さ約 240 mm,高さ約 70 mm の長方形の上部開放容器で,底部に等間隔に直径 1 mm の孔が

10

個あり,底部を少しへこませて凝縮水を速やかに排除できるようにしたもの。

3)

加圧スチーマ  圧力が正確に測定でき,試験中に入れた試験片に水がかからないような構造のもの

で,試験片ホルダを収容した長方形金属容器を十分に収容できる大きさのもの。

備考  家庭用圧力なべを用いてもよい。ただし,C法に用いてはならない。

単位  mm

  2  試験片ホルダ

b)

添付白布  JIS L 0803 に規定するもの。

c)

変退色用グレースケール  JIS L 0804 に規定するもの。

d)

汚染用グレースケール  JIS L 0805 に規定するもの。

6.

複合試験片の調製  複合試験片の調製は,次の事項を除き,JIS L 0801 の 6.(試験片及び複合試験片

の調製)による。

a)

複合試験片の添付白布 2 枚は,試験片と同種のものを用いる。

b)

試験片の大きさは 10 cm×4 cm とし,これと同じ大きさの添付白布 2 枚の間に挟み,白綿縫糸で短辺

側の 1 辺を粗く縫い合わせる。

c)

添付白布に多繊交織布を用いてもよい。

7.

操作  操作は,次による。


4

L 0878

:2005

a)

高温蒸気試験器の試験片ホルダのシリンダに,

図 に示すように,内側から漂白綿布(添付白布  綿)

を 6 重に堅く巻く。その上に複合試験片を重ねて巻き,更にその上からカバー布で巻き押さえ,両端

のステンレス鋼製棒は,ばねで止める。いずれも乾燥された状態で行う。

  3  試験片ホルダへの複合試験片の保持状態

b)

試験片ホルダにポリエステルフィルムのような耐熱性のあるフィルムを

図 に示すように 1 層巻く。

フィルムは,ホルダの各端から 10 mm 余分にはみ出した形に包む。これを長方形金属製容器の中に入

れる。

c)

加圧スチーマの中に長方形金属製容器に入った試験片ホルダを入れて密閉し,

表 の温度の蒸気で約

2

分間空気を追い出しながら空気と蒸気を置換した後,

表 の圧力まで速やかに上げ,その温度を圧

力を保ったまま,

表 の時間高温蒸熱処理を行う。蒸気を外部から入れる場合は,複合試験片に部分

的な過熱蒸気が直接当たらないようにする必要がある。

d)

蒸熱処理が終わったならば,2 分間以内に,蒸気を抜いて圧力を下げ,試験片ホルダを取り出し,ば

ねを緩めてカバー布を除き,複合試験片を取り出す。

e)

試験片と添付白布が接触しないようにして温度 60  ℃を超えない空気中で乾燥する。

f)

次に,温度 20℃±2  ℃,相対湿度(65±2)% の標準状態  (

2

)

で 4 時間以上放置する。


5

L 0878

:2005

(

2

)  JIS L 0801

の 7.(試験片,添付白布などの水分調整)の a)  参照。

8.

判定  試験片の変退色及び添付白布の汚染の判定は,JIS L 0801 の 10.(染色堅ろう度の判定)による。

9.

記録  試験結果は,JIS L 0801 の 11.(記録)によって,次の例のように記録する。

1.  蒸気プリーチング試験  (A 法)変退色  4 級,汚染  4 級(ナイロン)

2.  蒸気プリーチング試験  (B 法)変退色  4 級,汚染  3 級(ポリエステル)(計器法)


附属書(参考)JIS と対応する国際規格との対比表

JIS L 0878

:2005  蒸気プリーチングに対する染色堅ろう度試験方法

ISO 105

-P02:2002  繊維―染色堅ろう度試験―パート

P02

:プリーチングに対する染色堅ろう度:蒸気プリーチング

(

Ⅰ) JIS の規定

(

Ⅲ)  国際規格の規定

(

Ⅳ)  JIS と国際規格との技術的差異

の項目ごとの評価及びその内容 
  表示箇所:本体

  表示方法:点線の下線

項目番号

内容

(

Ⅱ )  国 際 規

格番号

項目番号

内容

項 目 ご と の
評価

技術的差異の内容

(

Ⅴ)  JIS と国際規格との技術的差異の理

由及び今後の対策

1.

適用範

染色した繊維製品の蒸気
プリーチングに対する染

色堅ろう度試験方法につ
いて規定。

ISO 105-P02

1.

IDT

2.

引用規

JIS L 0801

(染色堅ろう度

試験方法通則)

JIS L 0803

(染色堅ろう度

試験用添付白布)

JIS L 0804

(変退色用グレ

ースケール)

JIS L 0805

(汚染用グレー

スケール)

2.

ISO 105

-A01

ISO 105

-A02

ISO 105

-A03

ISO 105

-F

ISO 105

-F10

ISO 139 

IDT

IDT

IDT

IDT

IDT

ISO 139

の内 容 は

JIS L 0801

に含む。

3.

要旨

複合試験片を規定の方法
に基づいて高温度で蒸熱
処理を行い,乾燥後試験片

の変退色と添付白布の汚
染の程度を,それぞれ変退
色用グレースケール及び

汚染用グレースケールと
比較するか,計器によって
変退色等級及び汚染等級

を求めて,その堅ろう度を
判定。

3.

IDT

6

L

 0878


2005


(

Ⅰ) JIS の規定

(

Ⅲ)  国際規格の規定

(

Ⅳ)  JIS と国際規格との技術的差異

の項目ごとの評価及びその内容 
  表示箇所:

  表示方法:

項目番号

内容

(

Ⅱ )  国 際 規

格番号

項目番号

内容

項 目 ご と の

評価

技術的差異の内容

(

Ⅴ)  JIS と国際規格との技術的差異の理

由及び今後の対策

4.

試験の

種類

A

法(弱)

B

法(中)

C

法(強)

7. f)

弱 

IDT

ISO

に提案。

類似の ISO 105-P01 では A,B,C,

となっていて,ISO 規格自体,統一
性がとれていない。

a)

高温蒸熱試験器

1)

試験片ホルダ

4.

4.1

 MOD

/変更

ISO

規格では銅製

の管。一方,JIS 
ステンレス鋼製。技

術的差異は小さい。
ア ウ タ ー カ バ ー は

ISO

規格では約 185

g/m

2

の漂白綿布を

直径 6 mm の軟鋼棒
に ス プ リ ン グ で 固

定するが,JIS では
長さ約 240 mm,幅
約 195 mm の約 200

g/m

2

の漂白綿布と

直径 6 mm,長さ約

220 mm

のステンレ

ス 鋼 棒 を 両 端 に 縫
い付けて止める。技
術的に軽微な差異。

5.

装置及

び材料

2)

長方形金属製容器

4.2

MOD

/追加

容 器 の 大 き さ を

ISO

規格では規定

はないが,JIS では
例 と し て 具 体 的 に
記載。

技術的に軽微な差。

6

L

 0878


2005


(

Ⅰ) JIS の規定

(

Ⅲ)  国際規格の規定

(

Ⅳ)  JIS と国際規格との技術的差異

の項目ごとの評価及びその内容 
  表示箇所:

  表示方法:

項目番号

内容

(

Ⅱ )  国 際 規

格番号

項目番号

内容

項 目 ご と の

評価

技術的差異の内容

(

Ⅴ)  JIS と国際規格との技術的差異の理

由及び今後の対策

3)

加圧スチーマ

4.2

IDT

b)

添付白布

4.3

4.3.1

4.3.2

 IDT

MOD

/追加

JIS

は,引用 JIS L 

0803

の中で JIS 

自 の 添 付 白 布 と

ISO

規格の添付白

布を併記し,どちら
で も よ い と し て い

る。技術的差異は軽
微。

ISO

規格のものは我が国では生産さ

れていないので,ISO 規格に整合化
することを考慮する。

c)

変退色用グレースケー

4.5

IDT

d)

汚染用グレースケール

4.5

MOD

/追加

JIS

はアダムスニッ

カ ー ソ ン 色 差 を 追
加。

いずれかによるので,整合はとれて
いる。

6.

複合試

験片の調

a)

b)

c)

 5.

5.1

5.2 

 MOD

/変更

ISO

規格は 4 辺を縫

う。JIS は 1 辺だけ
を縫う。軽微な差。

a)

4.1

IDT

ISO

規格では装置

の項で記載。

b)

4.2

IDT

c)

6.2

6.3 

 MOD

/追加

JIS

では約 2 分間空

気 を 追 い 出 し な が
ら 空 気 と 蒸 気 を 置

換すると,具体的に
規定。ISO 規格に規
定はないが同等。

d)

6.4

IDT

7.

操作

e)

6.5

IDT

8

L

 0878


2005


(

Ⅰ) JIS の規定

(

Ⅲ)  国際規格の規定

(

Ⅳ)  JIS と国際規格との技術的差異

の項目ごとの評価及びその内容 
  表示箇所:

  表示方法:

項目番号

内容

(

Ⅱ )  国 際 規

格番号

項目番号

内容

項 目 ご と の

評価

技術的差異の内容

(

Ⅴ)  JIS と国際規格との技術的差異の理

由及び今後の対策

f)

6.5

MOD

/追加

放置時間を ISO 
格は 4 時間,JIS 

4

時間以上。JIS 

方が合理的。軽微な
差。

8.

判定

6.6

IDT

9.

記録

7.

MOD

/追加

JIS

では結果の表示

を例示し,常識的な
記述をしている。 

JIS

と国際規格との対応の程度の全体評価:MOD

備考1.  項目ごとの評価欄の記号の意味は,次のとおりである。

−IDT  ……………………………  技術的差異がない。

−MOD/削除……………………  国際規格の規定項目又は規定内容を削除している。 
−MOD/追加……………………  国際規格の規定項目又は規定内容を追加している。 
−MOD/変更……………………  国際規格の規定内容を変更している。

2. JIS

と国際規格との対比の程度の全体評価欄の記号の意味は,次のとおりである。

−MOD……………………………  国際規格を修正している。

8

L

 0878


2005