>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

日本工業規格

JIS

 L

0858

-1994

亜硫酸ガス漂白に対する

染色堅ろう度試験方法

Testing method for colour fastness to stoving

1.

適用範囲  この規格は,染色した繊維品の亜硫酸ガス漂白に対する染色堅ろう度試験方法について規

定する。

備考1.  この規格の引用規格を,次に示す。

JIS K 3302

  固形洗濯石けん

JIS K 8088

  硫黄(試薬) 

JIS K 8355

  酢酸(試薬) 

JIS K 8951

  硫酸(試薬) 

JIS K 8986

  硫酸ナトリウム十水和物(試薬) 

JIS L 0801

  染色堅ろう度試験方法通則 

JIS L 0803

  染色堅ろう度試験用添付白布 

JIS L 0804

  変退色用グレースケール 

JIS L 0805

  汚染用グレースケール 

2.

この規格の対応国際規格を,次に示す。

ISO 105-N05

  Textiles−Tests for colour fastness−Part N05 : Colour fastness to stoving

2.

要旨  この試験は,複合試験片に,これと同量の石けん液を含ませたものを,規定の方法に基づいて

亜硫酸ガス中に暴露し取り出して,乾燥後,試験片の変退色と添付白布の汚染の程度を,それぞれ変退色

用グレースケール又は汚染用グレースケールと比較して,その堅ろう度を判定する方法である。

なお,この試験には,試験操作を正確に行うために,テストコントロール試験片を使用する。

3.

装置及び材料  装置及び材料は,次のものを用いる。

(1)

試験容器  亜硫酸ガスを入れる容量約 10

λ

のもの。

(2)

脱水用機器  JIS L 0801 の 6.(4)(脱水用機器)に規定するもの。

(3)

乾燥機  JIS L 0801 の 6.(5)(乾燥機)に規定するもの。

(4)

添付白布  JIS L 0803 に規定するもの。

(5)

変退色用グレースケール  JIS L 0804 に規定するもの。

(6)

汚染用グレースケール  JIS L 0805 に規定するもの。

(7)

テストコントロール試験片  10×4cm の大きさの染色布。

なお,染色布は,次のとおり調製したものを用いる。


2

L 0858-1994

(7.1)

布(添付白布  毛)を,まず水で十分に湿潤させた後,次の染浴に入れ,昇温して 30 分間で沸騰さ

せ,さらに 30 分間煮沸を続ける。

なお,必要に応じて,繊維の質量に対して 1∼3%の酢酸 (30%)(

1

)

又は 1%の硫酸(比重 1.84)(

2

)

を,

あらかじめ水でよく希釈し,注意して染浴に追加し,

さらに 15 分間煮沸して染料を吸尽させる。

(a)

  C. I.  アシッドレッド 163 2.5%(繊維質量に対し)

(b)

  結晶硫酸ナトリウム(

3

) 10%

(繊維質量に対し)

(c)

  酢酸 (30%)(

1

) 3%

(繊維質量に対し)

(d)

  温度 40℃

(e)

  浴比

40 : 1

(

1

)

酢酸 (30%) は,JIS K 8355に規定する酢酸を用いて作る。

(

2

)  JIS K 8951

に規定するものを用いる。

(

3

)  JIS K 8986

に規定するものを用いる。

(7.2) 

最後に被染布を染浴から取り出し,水道水で洗い,乾燥させる。

(8)

硫黄  JIS K 8088 に規定するもの。

(9)

石けん  JIS K 3302 に規定する無添剤(1 種)のもの。

4.

複合試験片及びテストコントロール複合試験片の調製  複合試験片の調製は,JIS L 0801 の 7.3(複合

試験片の調製)による。ただし,第 2 添付白布は,いずれの場合でも毛とする。

また,テストコントロール複合試験片は,テストコントロール試験片を用い,複合試験片と同様に調製

する。

5.

操作  操作は,次のとおり行う。

(1)

複合試験片及びテストコントロール複合試験片を,それぞれ 0.5%石けん溶液に 25±2℃で 5 分間浸せ

きし,十分に石けん液を飽充させた後,同じ質量の石けん液を含有する程度に絞る。

(2)

試験容器内に,複合試験片とテストコントロール複合試験片とをつるし,この両試験片の下部で 5g

の硫黄を燃焼し,亜硫酸ガスを充満させ,容器を密閉し,そのまま 16 時間放置する。

(3)

複合試験片及びテストコントロール複合試験片を容器から取り出し,各々の試験片の 3 辺の縫い合わ

せ糸をほぐし,両者とも水洗することなく,少なくとも 2 時間空気中に懸垂して乾燥させる。

なお,複合試験片にセルロース繊維が混用されている場合には,試験容器から取り出した後直ちに

蒸留水で水洗し,次に水道水中で水洗した後,JIS L 0801 の 9.6 によって脱水し,乾燥させる。

(4)

テストコントロール試験片の変退色の程度を,JIS L 0801 の 10.(判定)によって判定し,その等級が

3

級でなければ,試験の操作は正確に行われなかったものとして,複合試験片及びテストコントロー

ル複合試験片を新たに調製し,再び前記の試験操作を繰り返す。

6.

判定  試験片の変退色及び添付白布の汚染の判定は,JIS L 0801 の 10.による。

7.

記録  試験結果は,JIS L 0801 の 11.(表示)によって次の例のように記録する。

  亜硫酸ガス漂白試験変退色  4 級,汚染  4 級(綿),5 級(毛)