>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

L 0856 : 2002

(1) 

まえがき

この規格は,日本工業標準調査会の審議を経て,経済産業大臣が改正した日本工業規格である。これに

よって JIS L 0856 : 1995 は改正され,この規格に置き換えられる。

JIS L 0856

には,次に示す附属書がある。

附属書 1(参考)  JIS と対応する国際規格との対比表


日本工業規格

JIS

 L

0856

 : 2002

塩素漂白に対する染色堅ろう度試験方法

Test methods for colour fastness to bleaching with hypochlorite

序文  この規格は,1993 年に第 2 版として発行された ISO 105-N01 (Textiles−Tests for colour fastness−Part

N01 : Colour fastness to bleaching : Hypochlorite)

を翻訳し,技術的内容を変更して作成した日本工業規格で

ある。

なお,この規格で点線の下線を施してある箇所は,原国際規格を変更している事項である。変更の一覧表

をその理由を付けて,

附属書 1(参考)に示す。

今回の改正では,引用規格の改正に伴い引用規格の名称を変更し,JIS Z 8301(規格票の様式)に基づき

様式を変更し,更に

附属書 1(参考)を追加している。

1.

適用範囲  この規格は,主に染色した天然及び再生セルロースの繊維製品の塩素漂白に対する染色堅

ろう度試験方法について規定する。

備考  この規格の対応国際規格を,次に示す。

なお,対応の程度を表す記号は,ISO/IEC Guide 21 に基づき,IDT(一致している)

,MOD

(修正している)

,NEQ(同等でない)とする。

ISO 105-N01 : 1993 Textiles

−Tests for colour fastness−Part N01 : Colour fastness to bleaching :

Hypochlorite (MOD)

2.

引用規格  次に掲げる規格は,この規格に引用されることによって,この規格の規定の一部を構成す

る。これらの引用規格は,その最新版(追補を含む。

)を適用する。

JIS K 3302

  固形洗濯石けん

JIS K 8059

  亜硫酸水素ナトリウム(試薬)

JIS K 8230

  過酸化水素(試薬)

JIS L 0801

  染色堅ろう度試験方法通則

JIS L 0804

  変退色用グレースケール

JIS Z 8802

  pH 測定方法

3.

要旨  試験片を規定の方法に基づいて次亜塩素酸ナトリウム溶液又は次亜塩素酸リチウム溶液で処理

し,水洗し,更に過酸化水素溶液又は亜硫酸水素ナトリウム溶液で処理し,水洗し,乾燥した後,試験片

の変退色を変退色用グレースケールと比較して,染色堅ろう度を判定する。

4.

種類  試験の種類は,表 に示すように弱試験及び強試験の 2 種類とし,目的に応じてそのうちの 1

種類又は両方を行う。


2

L 0856 : 2002

表 1  塩素漂白試験の種類及び条件

試験液

試験の種類

有効塩素量

g/L

pH

液温

浴比

時間

min

弱試験

約 0.5

強試験

約 2.0

11

±0.2 20±2 50 : 1

60

5.

装置及び材料  装置及び材料は,次のものを用いる。

a)

ビーカー  容量 300ml のもの。

b)

恒温水槽  JIS L 0801 の 4.(1)(恒温水槽)に規定するもの。

c)

脱水用機器  JIS L 0801 の 4.(2)(脱水用機器)に規定するもの。

d)

乾燥機  JIS L 0801 の 4.(3)(乾燥機)に規定するもの。

e)

変退色用グレースケール  JIS L 0804 に規定するもの。

f)

試験液  次亜塩素酸ナトリウム溶液又は次亜塩素酸リチウム溶液を調製して表 の有効塩素量を含む

ようにしたもの。

g)

過酸化水素溶液  2.5ml/L 過酸化水素 (30%)(

1

)

(

1

)  JIS K 8230

に規定する過酸化水素を用いて調製したもの。

h)

亜硫酸水素ナトリウム溶液  5g/L 亜硫酸水素ナトリウム(

2

)

(

2

)  JIS K 8059

に規定する亜硫酸水素ナトリウムを用いて調製したもの。

i)

石けん水 (5g/L)    JIS K 3302 に規定する無添剤の石けんを用いて調製したもの。

6.

試験片の調製  JIS L 0801 の 5.1(試験片の調製)による。

7.

試験液の調製

7.1

弱試験の場合  水 1L 中に有効塩素約 0.5g を含む pH11±0.2 の弱試験液の調製は,次のとおりとする。

a)

次亜塩素酸ナトリウム溶液中の有効塩素を定量し(

3

)

,1L 中に有効塩素約 1.0g を含むように調製し,

これを原液  (

α

)

とする。この原液は,使用する直前に調製しなければならない。

(

3

)

有効塩素の定量は,次のとおり行う。

1)

次亜塩素酸ナトリウム溶液約 15ml を採取し,その質量を正確に量り,1L のメスフラスコ中

に速やかに移し,水を標線まで加え,十分に振る。

2)

その 50ml を 300ml の三角フラスコにとり,よう化カリウム 2g を加える。

3)

次に,酢酸 (1+1) 10ml を加えた後,0.1mol/L チオ硫酸ナトリウム溶液で滴定し,溶液がう

す黄色になってからでん粉溶液 1ml を加え,生じた青色が消えるまで更に滴定を続け,次の

式によって有効塩素を算出する。

100

000

1

50

545

0.003

×

×

×

S

G

H

ここに,

H

有効塩素 (%)

G

0.1mol/L

チオ硫酸ナトリウム溶液の使用量 (ml)

S

次亜塩素酸ナトリウム溶液の質量 (g)

4)

別によう化カリウムについて同一条件で空試験を行い,その使用量を差し引く。


3

L 0856 : 2002

b)

この原液  (

α)  を 500ml 採取し,これに緩衝液

(

4

)

300ml

と原液  (

α) 500ml を中和するのに必要な塩酸

(

5

)

を加え,更に,水を加えて全容が 1L となり,かつ,pH が 11±0.2 になるように調整する。pH の測定

は,

JIS Z 8802

によって測定する。

(

4

)

緩衝液は,1mol/L 炭酸ナトリウム溶液500ml に0.1mol/L 塩酸100ml を加えた後,水を加えて全

容を1L としたもの。

(

5

)

過酸化水素 (10%) 200ml にフェノールフタレイン溶液を指示薬として加え,極めてわずかな赤

色が現れるまでアンモニア水を加える。このように調製した溶液 50ml と原液  (

α) 40ml に水を

加えて 50ml とした溶液とを混合し,酸素を発生させる。酸素の発生が終わったら更にフェノー

ルフタレイン溶液 3∼4 滴を加え,0.1mol/L 塩酸で滴定して,原液  (

α)  を中和するのに必要な

塩酸の量を決定する。

7.2

強試験の場合

  水 1L 中に有効塩素約 2.0g を含む pH11±0.2 の強試験液は,

次のいずれかの方法によ

って調製した溶液を用いる。これらの溶液は,いずれも使用する直前に調製しなければならない。

a)

次亜塩素酸ナトリウム溶液 A

  次のとおり調製したもの。

1)

次亜塩素酸ナトリウム溶液中の有効塩素を定量し

(

3

)

1L

中に有効塩素約 4.0g を含むように調製し,

これを原液  (

β)  とする。

2)

原液  (

β)  を 500ml 採取し,これに緩衝液

(

4

)

300ml

と原液  (

β) 500ml を中和するのに必要な塩酸

(

6

)

加え,更に水を加えて全容が 1L となり,かつ,pH が 11±0.2 になるように調整する。pH の測定は,

JIS Z 8802

によって測定する。

(

6

)

過酸化水素 (10%) 200ml にフェノールフタレイン溶液を指示薬として加え,極めてわずかな赤

色が現れるまでアンモニア水を加える。このように調製した溶液50ml と原液  (

β) 10ml に水を加

えて50ml とした溶液とを混合し,酸素を発生させる。酸素の発生が終わったら更にフェノール

フタレイン溶液3∼4滴を加え,0.1mol/L 塩酸で滴定して,溶液  (

β)  を中和するのに必要な塩酸

の量を決定する。

b)

次亜塩素酸ナトリウム溶液 B

  次のとおり調製したもの。

1)

有効塩素が 140∼160g/L の次亜塩素酸ナトリウム溶液 20ml に水を加えて 1L にする。

2)

この溶液 25ml に過剰のよう化カリウムと塩酸を加え,でん粉溶液を指示薬として 0.1mol/L チオ硫

酸ナトリウム溶液で遊離よう素を滴定する。このときの 0.1mol/L チオ硫酸ナトリウム溶液の使用量

V

ml

とする。

3)

V

100

14

ml

の希釈した次亜塩素酸ナトリウム溶液に炭酸ナトリウム

10g

を加え,更に水を加えて全容

1L

となり,かつ,

pH

11

±

0.2

になるように調整する。

pH

の測定は,

JIS Z 8802

によって測定

する。

c)

次亜塩素酸リチウム溶液

  次亜塩素酸リチウム

(

7

)

10g

を水に溶解して全容を

1L

とする。次に,

b)

1)

及び

2)

と同じ方法で溶液を調製し,かつ,

pH

11

±

0.2

になるように調整する。

(

7

)

 1kg

当たり約

300g

の次亜塩素酸リチウムを含むものを用いる。

8.

操作

  操作は,次のとおり行う。

a)

試験片をあらかじめ水で湿し,もし水分が十分に浸透しにくいときは,石けん水

 (5g/L)

に漬け,こ

れを堅く絞った後,しわを伸ばしてビーカーに入れ,浴比が

50 : 1

になるように弱試験液又は強試験

液を加え,直射日光を避けながら

20

±

2

℃で

60

分間浸せきする。この間

3

5

分ごとにガラス棒でか


4

L 0856 : 2002

き混ぜる。

b)

試験片を取り出し,堅く絞った後,冷流水で十分に洗浄する。

c)

次に,試験片を

a)

と同じ浴比で過酸化水素溶液又は亜硫酸水素ナトリウム溶液中で

10

分間室温でか

き混ぜる。

d)

最後に冷流水で十分に洗浄した後,

JIS L 0801

7.(6)

によって脱水し,乾燥する。

9.

判定

  試験片の変退色の判定は,

JIS L 0801

9.

(染色堅ろう度の判定)による。

10.

記録

  試験結果は,

JIS L 0801

10.

(記録)によって次の例のように記録する。

1.

塩素漂白試験(弱)

4

 (Y)  

2.

塩素漂白試験(強)

2

 (B1)  


5

L 0856 : 2002

附属書 1(参考)  JIS と対応する国際規格との対比表 

JIS L 0856

  塩素漂白に対する染色堅ろ

う度試験方法

ISO 105-N01

  繊維−染色堅ろう度試験−パート N01:塩素漂白に対する染

色堅ろう度

(I)JIS

の規定 (III)国際規格の規定 (IV)JIS と国際規格との技術

的差異の項目ごとの評価及び

その内容

表示箇所: 
表示方法:

項目番号

内容

(II)

国際

規格 
番号

項目
番号

内容

項 目 ご と
の評価

技術的差異の内容

(V)JIS

と国際

規 格 と の 技 術

的 差 異 の 理 由
及 び 今 後 の 対

1.

適用

範囲

主 と し て 染 色 し た 天
然,再生セルロースの
繊維製品の塩素漂白染

色堅ろう度試験方法

ISO 

105-

N01

1

営業用の漂白につ
いて規定するほか
は,JIS と同じ

MOD/

変更

JIS

は 営 業 用 の

漂白に限定して
いない。

ISO

は営業用

漂 白 を 対 象 に
し て い る が ,

JIS

は家庭用漂

白 も 適 用 範 囲
に含めている。

2.

引用

規格

JIS K 3302

JIS K 8059

JIS K 8230

JIS L 0801

JIS L 0804

JIS Z 8802

を引用

同上 2

ISO 105/A01

ISO 105/A02

ISO 105/C01

を引

MOD/

追加

JIS

は 使 用 す る

試薬及び測定方

法 を 規 定 し た

JIS K 8059

JIS 

K 8230

, JIS Z 

8802

を追加して

いる。

3.

要旨

試験方法の要旨を記述

同上 3

JIS

と同じ IDT

4.

種類

弱試験,強試験の 2 種
類とし,いずれか又は

両方の試験を行う。

同上

該当なし MOD/追加

JIS

は 項 目 を 追

加している。

JIS

は弱,強試

験 を 規 定 し て

いるため,当該
項 目 を 設 け て
いる。

5.

装置

及び材料

ビーカー,恒温水槽,
脱水用機器,乾燥機,
変退色用グレースケー

ル,試験液(次亜塩素
酸ナトリウム溶液,次
亜 塩 素 酸 リ チ ウ ム 溶

液)

,過酸化水素溶液,

亜硫酸水素ナトリウム
溶液,石けん水

同上 4

ガラス又は磁器容
器,

次亜塩素酸塩溶

液,

次亜塩素酸ナト

リウム溶液,

次亜塩

素酸リチウム溶液,
過酸化水素溶液,

けん液,

変退色用グ

レースケール,水

MOD/

削除

JIS

は 水 を 削 除

している。

JIS

で使用する

水 は , JIS L 

0801

で規定に

よ る こ と が 通
例 に な っ て い
る。

6.

試験

片の調製

JIS L 0801

による。

布:試験片の大きさは

通常,100mm×40mm 
糸:約 0.5g を平行かつ
密に並べる。

ばら繊維:約 0.5g をく
しけずって押し付け薄
い層にする。

同上 5

布:100mm×40mm
糸:100mm×40

mm

に編み,又は巻

き付ける。 
ばら繊維:100mm

×40mm に圧搾す
る。

MOD/

変更

JIS

は,糸及びば

ら繊維の試験片

の形状について,

ISO

を変更して

いる。

JIS

は,糸及び

ば ら 繊 維 の 試

験 片 の 形 状 を
他 の 染 色 堅 ろ
う 度 試 験 方 法

と 同 様 に 規 定
している。


6

L 0856 : 2002

(I)JIS

の規定 (III)国際規格の規定 (IV)JIS と国際規格との技術

的差異の項目ごとの評価及び
その内容

表示箇所:

表示方法:

項目番号

内容

(II)

国際 
規格 
番号

項目

番号

内容

項 目 ご と

の評価

技術的差異の内容

(V)JIS

と国際

規 格 と の 技 術
的 差 異 の 理 由
及 び 今 後 の 対

7.

試験

液の調製

7.1

弱 試

験の場合

有効塩素約 0.5g/L,

pH11

±0.2

同上

該当なし MOD/追加

JIS

は 弱 試 験 を

追加している。

JIS

は使用実態

に 即 し た 家 庭

漂 白 に 対 応 す
る 弱 試 験 を 追
加している。

7.2

強 試

験の場合

有効塩素約 2.0g/L

pH11

±0.2

次亜塩素酸ナトリウム
溶液 A 
次亜塩素酸ナトリウム

溶液 B 
次亜塩素酸リチウム溶

同上 4.2

4.2.1

4.2.2

JIS

と同じ

該当なし

次亜塩素酸ナトリ

ウム溶液 
次亜塩素酸リチウ
ム溶液

MOD/

変更

JIS

は 次 亜 塩 素

酸ナトリウム溶

液 A を追加し,
溶液 B に用いる
次亜塩素酸ナト

リウムの成分を
削除している。

従 来 か ら の 我
が 国 固 有 の 方

法(溶液 A)を
追加している。
成 分 の 削 除 は

技 術 的 に 軽 微
である。

8.

操作

水に湿し(石けん水に
漬け)→浴比 50 : 1,20
±2℃で 60 分間浸せき

→3∼5 分ごとにかくは
ん→冷流水洗浄→溶液
中で 10 分間かくはん→

冷流水洗浄,脱水,乾

同上 6

6.1

6.5

次を除き JIS と同
じ。 
石けん水の温度を

25

∼30℃

MOD/

変更

JIS

は 石 け ん 水

の温度を規定し
ていない。

石 け ん 水 の 温
度は,技術的に
軽微である。

9.

判定

変退色用グレースケー
ル と 比 較 し て 判 定 す
る。

同上 6.6  JIS と同じ IDT

10.

記録

試験方法の種類及び等
級を記録する。

同上 7

国際規格番号及び

JIS

と同様事項を

記録する。

MOD/

削除

JIS

は 国 際 規 格

番号の記録を削
除している。

JIS

では試験方

法 の 種 類 を 記
録 す る の で 不

要である。

JIS

と国際規格との対応の程度の全体評価:MOD

備考1.  項目ごとの評価欄の記号の意味は,次のとおりである。

    −  IDT…………… 技術的差異がない。

    −  MOD/削除…… 国際規格の規定項目又は規定内容を削除している。 
    −  MOD/追加…… 国際規格にない規定項目又は規定内容を追加している。 
    −  MOD/変更…… 国際規格の規定内容を変更している。

2.  JIS

と国際規格との対応の程度の全体評価欄の記号の意味は,次のとおりである。

    −  MOD…………  国際規格を修正している。


7

L 0856 : 2002

染色堅ろう度試験方法 JIS 改正原案作成委員会  構成表

氏名

所属

(委員長)

須  賀  長  市

日本学術振興会染色堅ろう度第

134

委員会

(財団法人スガウエザリング技術振興財団)

(委員)

関      成  孝

通商産業省生活産業局

岡  林  哲  夫

工業技術院標準部

吉  村  正  治

通商産業省通商産業検査所横浜支所

上  野  和  義

東京都立繊維工業試験場

山  形  昭  衛

日本繊維技術士センター

近  藤  一  夫

元日本女子大学

越  川  寿  一

杉野女子大学

池  田  順  一

財団法人日本規格協会

須  田  昌  男

財団法人日本産業技術振興協会

鈴  木  保  男

財団法人日本化学繊維検査協会

小  沢  紀  一

財団法人日本染色検査協会

井  口  耕  一

財団法人日本紡績検査協会

下  谷  忠  義

財団法人日本繊維製品品質技術センター

森      数  馬

財団法人毛製品検査協会

児  玉      肇

日本毛整理協会

川  島      悟

日本羊毛紡績会

片  岡  邦  彦

片岡毛織株式会社

井  上  哲  夫

日本化薬株式会社

橋  爪  修  平

住友化学工業株式会社

今  福  英  明

三菱化成ヘキスト株式会社

赤  井      稔

保土谷化学工業株式会社

高  野  富士子

主婦連合会

川  又  幸  子

全国地域婦人団体連絡協議会

伊  藤  康  江

消費科学連合会

(事務局)

須  賀  冨士夫

日本学術振興会染色堅ろう度第

134

委員会

(財団法人スガウエザリング技術振興財団)

三田村  勝  昭

日本学術振興会染色堅ろう度第

134

委員会

(財団法人スガウエザリング技術振興財団)


8

L 0856 : 2002

日本工業標準調査会標準部会  消費生活技術専門委員会  構成表

氏名

所属

(委員会長)

小  川  昭二郎

お茶の水女子大学

(委員)

秋  庭  悦  子

社団法人日本消費生活アドバイザー・コンサルタント協会

井  村  五  郎

千葉工業大学

入  江  稔  員

社団法人日本ガス石油機器工業会

長  見  萬里野

財団法人日本消費者協会

口ノ町  康  夫

独立行政法人産業技術総合研究所

小  熊  誠  次

社団法人日本オフィス家具協会

佐  野  真理子

主婦連合会

所  村  利  男

独立行政法人製品評価技術基盤機構

高  野  信  一

社団法人日本電機工業会

堤      暢  廣

社団法人繊維評価技術協議会

土  橋  明  美

文化女子大学

長久保      徹

財団法人製品安全協会

鍋  嶋  詢  三

社団法人消費者関連専門家会議

橋  本      享

株式会社西友

菱  木  純  子

全国地域婦人団体連絡協議会

肥  塚  忠  雄

社団法人日本住宅設備システム協会

万  代  善  久

財団法人共用品推進機構

村  田  政  光

財団法人日本文化用品安全試験所