>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

L 0850

:2015

(1)

目  次

ページ

序文  

1

1

  適用範囲  

1

2

  引用規格  

1

3

  用語及び定義  

2

4

  原理 

2

5

  試験の種類及び試験条件  

2

6

  装置及び材料  

3

7

  試験片の調製  

3

8

  試験操作  

4

8.1

  乾熱試験機法(法)の場合  

4

8.2

  電気アイロン法(法)の場合  

4

9

  判定 

5

10

  試験報告書  

5

附属書 JA(参考)JIS と対応国際規格との対比表  

6


L 0850

:2015

(2)

まえがき

この規格は,工業標準化法第 14 条によって準用する第 12 条第 1 項の規定に基づき,公益財団法人スガ

ウェザリング技術振興財団(SWTF)及び一般財団法人日本規格協会(JSA)から,工業標準原案を具して

日本工業規格を改正すべきとの申出があり,日本工業標準調査会の審議を経て,経済産業大臣が改正した

日本工業規格である。これによって,JIS L 0850:1994 は改正され,この規格に置き換えられた。

この規格は,著作権法で保護対象となっている著作物である。

この規格の一部が,特許権,出願公開後の特許出願又は実用新案権に抵触する可能性があることに注意

を喚起する。経済産業大臣及び日本工業標準調査会は,このような特許権,出願公開後の特許出願及び実

用新案権に関わる確認について,責任はもたない。


日本工業規格

JIS

 L

0850

:2015

ホットプレッシングに対する染色堅ろう度試験方法

Test method for colour fastness to hot pressing

序文 

この規格は,1994 年に第 4 版として発行された ISO 105-X11 を基とし,我が国の試験・評価の実態を反

映させるため技術的内容を変更して作成した日本工業規格である。

なお,この規格で側線又は点線の下線を施してある箇所は,対応国際規格を変更している事項である。

変更の一覧表にその説明を付けて,

附属書 JA に示す。

適用範囲 

この規格は,

染色した繊維製品のホットプレッシングに対する染色堅ろう度試験方法について規定する。

注記  この規格の対応国際規格及びその対応の程度を表す記号を,次に示す。

ISO 105-X11:1994

,Textiles−Tests for colour fastness−Part X11: Colour fastness to hot pressing

(MOD)

なお,対応の程度を表す記号“MOD”は,ISO/IEC Guide 21-1 に基づき,

“修正している”

ことを示す。

引用規格 

次に掲げる規格は,この規格に引用されることによって,この規格の規定の一部を構成する。これらの

引用規格は,その最新版(追補を含む。

)を適用する。

JIS K 0557

  用水・排水の試験に用いる水

JIS L 0105

  繊維製品の物理試験方法通則

注記  対応国際規格:ISO 139,Textiles−Standard atmospheres for conditioning and testing(MOD)

JIS L 0801

  染色堅ろう度試験方法通則

注記  対応国際規格:ISO 105-A01,Textiles−Tests for colour fastness−Part A01: General principles of

testing

(MOD)

JIS L 0803

  染色堅ろう度試験用添付白布

注記  対応国際規格:ISO 105-F02,Textiles−Tests for colour fastness−Part F02: Specification for cotton

and viscose adjacent fabrics

(MOD)

JIS L 0804

  変退色用グレースケール

注記  対応国際規格:ISO 105-A02,Textiles−Tests for colour fastness−Part A02: Grey scale for

assessing change in colour

(MOD)

JIS L 0805

  汚染用グレースケール

注記  対応国際規格:ISO 105-A03,Textiles−Tests for colour fastness−Part A03: Grey scale for


2

L 0850

:2015

assessing staining

(MOD)

JIS L 0879

  乾熱処理に対する染色堅ろう度試験方法

注記  対応国際規格:ISO 105-P01,Textiles−Tests for colour fastness−Part P01: Colour fastness to dry

heat (excluding pressing)

(MOD)

用語及び定義 

この規格で用いる主な用語及び定義は,JIS L 0801 の箇条 3(用語及び定義)による。

原理 

試験片をホットプレスし,試験片の変退色及び試験片とともに使用した白綿布の汚染の程度を,それぞ

れ変退色用グレースケール及び汚染用グレースケールと比較するか,又は計器によって変退色等級及び汚

染等級を求めて,その堅ろう度を判定する。

試験の種類及び試験条件 

試験の種類及び試験条件は,

表 の乾熱試験機法(A 法)又は表 の電気アイロン法(B 法)による。

なお,温度は,必要に応じて他の温度を用いてもよい。この場合,その温度を試験報告書に記録する。

表 1−乾熱試験機法(法) 

試験の方法

温度区分

時間

圧力

a)

区分の記号

温度

s

kPa

乾燥試験

A-1

110

±2

15

4

±1

A-2

150

±2

A-3

200

±2

湿潤

試験

強試験

A-1

110

±2

A-2

150

±2

A-3

200

±2

弱試験

A-1

110

±2

A-2

150

±2

A-3

200

±2

a)

圧力は,試験片面積に対する値である。


3

L 0850

:2015

表 2−電気アイロン法(法) 

試験の方法

温度区分

時間

圧力

a)

区分の記号

温度

b)

s

kPa

乾燥試験

B-1

110

±5

15

2.5

±0.5

B-2

150

±5

B-3

200

±5

湿潤
試験

強試験

B-1

110

±5

B-2

150

±5

B-3

200

±5

弱試験

B-1

110

±5

B-2

150

±5

B-3

200

±5

a)

圧力は,試験片面積に対する値である。

b)

温度は,使用始めの電気アイロン底面中央部の表面温度である。

装置及び材料 

装置及び材料は,次による。

6.1 

乾熱試験機  JIS L 0879 の 5.a)(乾熱試験機)に規定するものとする。ただし,加熱は上部加熱板だ

けとし,下部加熱板の電源は切ったまま使用する。

6.2 

電気アイロン  表面温度を 110  ℃∼200  ℃の範囲で±5  ℃に調節できるものとする。

注記 1  電気アイロンの表面温度の測定には,熱電対式表面温度計,抵抗式表面温度計などを用いる。

注記 2  試験片に規定の圧力(2.5 kPa)を加えるには,電気アイロンの質量が 1.0 kg のものを用いれ

ばよい。ただし,電気アイロンの質量が 1.0 kg に満たない場合には,電気アイロンの上にお

もりを載せて 1.0 kg にする。

6.3 

ホットプレス台  厚さ 3 mm∼6 mm の平らな断熱性のある板の上に,単位面積当たりの質量が約 260

g/m

2

の羊毛フランネルを 2 枚重ねて厚さ約 3 mm とし,大きさ 100 mm×40 mm となるようにしたものとす

る。ただし,羊毛フランネルに代えて,羊毛フェルト又は同等の滑らかな毛織物を厚さ約 3 mm にして使

用してもよい。

なお,

平らな断熱性のある板の大きさは,

乾熱試験機又は電気アイロンの加熱板より大きいものとする。

6.4 

白綿布  JIS L 0803 に規定する綿の添付白布 3-1 号で,100 mm×40 mm よりやや大きいものとする。

6.5 

変退色用グレースケール  JIS L 0804 に規定するものとする。

6.6 

汚染用グレースケール  JIS L 0805 に規定するものとする。

6.7 

水  JIS K 0557 に規定する A1 の水又はこれと同等以上の水とする。

試験片の調製 

試験片の調製は,次によるほか,JIS L 0801 の箇条 6(試験片及び複合試験片の調製)による。

a) 

試料が布の場合  試験片の大きさは 100 mm×40 mm とする。

b) 

試料が糸の場合  次のいずれかとする。

1)  a)

と同じ大きさに編んだものを用いる。

2)

長さ約 100 mm,質量約 0.5 g の試験片を採取し,これを a)  と同じ大きさに白綿布上に薄い層にし

て並べ,両端近くを白綿糸で縫うか,セロハン粘着テープを貼るなど,適切な方法で留める。


4

L 0850

:2015

なお,白綿布は,必要に応じて試験片と同種繊維の添付白布に代えてもよい。この場合,添付白

布の繊維の種類を試験報告書に記録する。

試験操作 

8.1 

乾熱試験機法(法)の場合 

8.1.1 

乾燥試験 

乾燥試験は,次による。

a)

乾熱試験機の下部加熱板

1)

にホットプレス台を載せる。

b)

ホットプレス台上に白綿布

2)

1

枚を載せ,さらに,その上に試験片

2)

1

枚を上部加熱板のほぼ中央部が

接するように載せる。

なお,箇条 7 b) 2)  で試験片を調製した場合は,試験片を留める白綿布をホットプレス台上に載せる。

c)

あらかじめ

表 のいずれかの温度に加熱した上部加熱板を重ね,試験片に 4 kPa±1 kPa の圧力を 15

秒間加えた後,試験片及び白綿布を取り出す。

1)

下部加熱板の電源は切っておく。

2)

  JIS L 0105

の 5.1.1(標準状態)に規定する標準状態で 4 時間以上放置する。

8.1.2 

湿潤試験 

湿潤試験は,次による。

8.1.2.1 

強試験の場合 

強試験は,次による。

a)

乾熱試験機の下部加熱板

1)

にホットプレス台を載せる。

b)

試験片及び白綿布の各 1 枚をあらかじめ水に浸し,絞って標準状態の質量とほぼ同質量の水分を含ま

せ,湿潤試験片及び湿潤白綿布を作る。次に,ホットプレス台上に別の白綿布

2)

1

枚を載せ,その上

に湿潤試験片 1 枚,さらに,その上に湿潤白綿布 1 枚を載せる

3)

c)

あらかじめ

表 のいずれかの温度に加熱した上部加熱板を重ね,試験片に 4 kPa±1 kPa の圧力を 15

秒間加えた後,試験片及び白綿布を取り出して自然乾燥させる。

3)

箇条 7 b) 2)  で試験片を調製した場合は,これによって湿潤布(湿潤試験片及び湿潤白綿布を合

わせたもの)を作り,ホットプレス台上に敷いた白綿布上に糸の方を下にして載せる。

8.1.2.2 

弱試験の場合 

弱試験は,次による。

a)

乾熱試験機の下部加熱板

1)

にホットプレス台を載せる。

b)

あらかじめ白綿布を水に浸し,絞って標準状態の質量とほぼ同質量の水分を含ませ,湿潤白綿布 1 枚

を作る。次に,試験片

2)

をホットプレス台上に載せ,その上に湿潤白綿布 1 枚を載せる

4)

c)

あらかじめ

表 のいずれかの温度に加熱した上部加熱板を重ね,試験片に 4 kPa±1 kPa の圧力を 15

秒間加えた後,試験片及び白綿布を取り出して自然乾燥させる。

4)

箇条 7 b) 2)  で試験片を調製した場合は,ホットプレス台上に糸の方を上にして載せる。

8.2 

電気アイロン法(法)の場合 

8.2.1 

乾燥試験 

乾燥試験は,次による。

a)

ホットプレス台上に白綿布

2)

1

枚を載せ,さらに,その上に試験片

2)

1

枚を載せる。

b)

あらかじめ

表 のいずれかの温度に加熱した電気アイロンを底面のほぼ中央部が接するように置き,


5

L 0850

:2015

試験片に 2.5 kPa±0.5 kPa の圧力を,15 秒間加えた後,試験片及び白綿布を取り出す。

8.2.2 

湿潤試験 

8.2.2.1 

強試験の場合 

強試験は,次による。

a)

試験片及び白綿布の各 1 枚をあらかじめ水に浸し,絞って標準状態の質量とほぼ同質量の水分を含ま

せ,湿潤試験片及び湿潤白綿布を作る。次に,ホットプレス台上に別の白綿布

2)

1

枚を載せ,その上

に湿潤試験片 1 枚,さらに,その上に湿潤白綿布 1 枚を載せる

3)

b)

あらかじめ

表 のいずれかの温度に加熱した電気アイロンを底面のほぼ中央部が接するように置き,

試験片に 2.5 kPa±0.5 kPa の圧力を,15 秒間加えた後,試験片及び白綿布を取り出して自然乾燥させ

る。

8.2.2.2 

弱試験の場合 

弱試験は,次による。

a)

あらかじめ白綿布を水に浸し,絞って標準状態の質量とほぼ同質量の水分を含ませ,湿潤白綿布 1 枚

を作る。次に,試験片

2)

をホットプレス台上に載せ,その上に湿潤白綿布 1 枚を載せる

4)

b)

あらかじめ

表 のいずれかの温度に加熱した電気アイロンを底面のほぼ中央部が接するように置き,

試験片に 2.5 kPa±0.5 kPa の圧力を,15 秒間加えた後,試験片及び白綿布を取り出して自然乾燥させ

る。

判定 

試験片の変退色及び白綿布の汚染の判定は,標準状態又はこれに近い温度の空気中で約 4 時間放置した

ものについて JIS L 0801 の箇条 10(染色堅ろう度の判定)によって行う。ただし,試験終了直後の判定も

必要な場合は,試験片の変退色の判定に限り行うものとする。

乾燥試験は試験片の熱板接触側及び白綿布の試験片との接触側の面,湿潤試験は試験片と湿潤白綿布と

の接触側の面について判定する。

なお,湿潤白綿布の汚染が,熱板接触側の面の方が大きくなる場合は,熱板接触側の汚染の大きい面で

判定する。

10 

試験報告書 

試験結果の報告は,JIS L 0801 の箇条 11(試験報告書)による。

なお,試験終了直後の判定を行った場合には,括弧をつけて試験報告書に記録する。

例 

ホットプレッシング試験(A-2 号)

乾燥

変退色

5

級,  汚染

5

乾燥(直後)

変退色

4

級,

例 

ホットプレッシング試験(A-3 号)

湿潤(強)

変退色

3

級,  汚染

3

例 

ホットプレッシング試験(B-3 号)

湿潤(弱)

変退色

4

級,  汚染

4


6

L 0850

:2015

附属書 JA

(参考)

JIS

と対応国際規格との対比表

JIS L 0850:2015

  ホットプレッシングに対する染色堅ろう度試験方法

ISO 105-X11:1994

,Textiles−Tests for colour fastness−Part X11: Colour fastness to

hot pressing

(I)JIS の規定

(II)

国際

規格

番号

(III)国際規格の規定

(IV)JIS と国際規格との技術的差異の箇条ごと
の評価及びその内容

(V)JIS と国際規格との技術的
差異の理由及び今後の対策

箇条番号

及び題名

内容

箇条番号

内容

箇条ごと

の評価

技術的差異の内容

3

用語及び

定義

JIS L 0801

による。

追加

JIS

として必要な用語及び定義を

規定した。

実質的な技術的差異はない。

5

試験の種

類及び試験

条件

乾熱試験機法(A 法) 
電気アイロン法(B 法)

3

JIS

とほぼ同じ

選択

国内の現状に合わせ,選択とした。 ISO 規格の見直しの際,提案を

する。

6

装置及び

材料

4

JIS

とほぼ同じ

追加

JIS

は 6.2(電気アイロン)を追加

した。

電気アイロン試験方法を追加し

たためであり,ISO 規格を見直
しの際,提案をする。

7

試験片の

調製

5

JIS

とほぼ同じ

追加

JIS

は糸及びばら繊維の場合を追

加するため,JIS L 0801 の箇条 6 に

よる。とした。

ISO

規格の見直しの際,提案を

する。

8

試験操作

6

追加

JIS

は 8.2(電気アイロン法)を追

加した。

ISO

規格の見直しの際,提案を

する。

9

判定

変更

JIS L 0801

の箇条 10 を引用し計器

法を追加。

ISO

規格の見直しの際,提案を

する。

10

試 験 報

告書

7

変更

ISO

規格は a)∼e)  までの項を規定

しているが,JIS は JIS L 0801 の箇
条 11 を引用。

ISO

規格の見直しの際,提案を

する。

JIS

と国際規格との対応の程度の全体評価:ISO 105-X11:1994,MOD

6

L

 0

850


20
15


7

L 0850

:2015

注記 1  箇条ごとの評価欄の用語の意味は,次による。

    −  追加……………… 国際規格にない規定項目又は規定内容を追加している。

    −  変更……………… 国際規格の規定内容を変更している。

    −  選択……………… 国際規格の規定内容とは異なる規定内容を追加し,それらのいずれかを選択するとしている。

注記 2  JIS と国際規格との対応の程度の全体評価欄の記号の意味は,次による。

    −  MOD……………  国際規格を修正している。

7

L

 0

850


20
15