>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

L 0844

:0000

(1)

著作権法により無断での複製,転載等は禁止されております。

目  次

ページ

序文 

1

1

  適用範囲

1

2

  引用規格

1

3

  要旨

2

4

  試験の種類 

2

5

  装置及び材料 

3

6

  複合試験片の調製

6

6.1

  法(石けん,又は石けん及び炭酸ナトリウムによる洗濯法) 

6

6.2

  法(家庭及び商業洗濯法) 

7

7

  試験操作

8

7.1

  法(石けん,又は石けん及び炭酸ナトリウムによる洗濯法) 

8

7.2

  法(家庭及び商業洗濯法) 

8

8

  判定

9

9

  記録

9

附属書 A(規定)法(ISO 法) 

10

附属書 B(規定)法(ISO 法) 

13

附属書 C(規定)法(ISO 法) 

15

附属書 JA(参考)有効塩素及び有効酸素測定方法

18

附属書 JB(参考)JIS と対応国際規格との対比表 

19


L 0844

:0000

(2)

著作権法により無断での複製,転載等は禁止されております。

まえがき

この規格は,工業標準化法第 14 条によって準用する第 12 条第 1 項の規定に基づき,財団法人スガウェ

ザリング技術振興財団(SWTF)及び財団法人日本規格協会(JSA)から,工業標準原案を具して日本工業

規格を改正すべきとの申出があり,日本工業標準調査会の審議を経て,経済産業大臣が改正した日本工業

規格である。

これによって,JIS L 0844:2005 は改正され,この規格に置き換えられた。

この規格は,著作権法で保護対象となっている著作物である。

この規格の一部が,特許権,出願公開後の特許出願又は実用新案権に抵触する可能性があることに注意

を喚起する。経済産業大臣及び日本工業標準調査会は,このような特許権,出願公開後の特許出願及び実

用新案権に関わる確認について,責任はもたない。


著作権法により無断での複製,転載等は禁止されております。

日本工業規格(案)

JIS

 L

0844

:0000

洗濯に対する染色堅ろう度試験方法

Test methods for colour fastness to washing and laundering

序文 

この規格は,2010 年に第 4 版として発行された ISO 105-C06,2010 年に第 2 版として発行された ISO 

105-C08

,2001 年に第 1 版として発行された ISO 105-C09,2006 年に第 1 版として発行された ISO 105-C10

及び 2004 年に第 1 版として発行された ISO 105-C12 を基とし,規格の構成及び技術的内容を変更して作

成した日本工業規格である。

なお,この規格で点線の下線を施してある箇所は,対応国際規格を変更している事項である。変更の一

覧表にその説明を付けて,

附属書 JB に示す。また,附属書 JA は対応国際規格にはない事項である。

適用範囲 

この規格は,染色した繊維製品の洗濯に対する染色堅ろう度試験方法について規定する。

なお,この規格で,C

法(ISO 105-C08),法(ISO 105-C09)及び 法(ISO 105-C12)を用いる場合

は,箇条 5∼箇条 は適用しないで,

附属書 A∼附属書 を適用する。

注記  この規格の対応国際規格及びその対応の程度を表す記号を,次に示す。

ISO 105-C06:2010

,Textiles−Tests for colour fastness−Part C06: Colour fastness to domestic and

commercial laundering

ISO 105-C08:2010

,Textiles−Tests for colour fastness−Part C08: Colour fastness to domestic and

commercial laundering using a non-phosphate reference detergent incorporating a low-temperature

bleach activator

ISO 105-C09:2001

,Textiles−Tests for colour fastness−Part C09: Colour fastness to domestic and

commercial laundering

−Oxidative bleach response using a non-phosphate reference detergent

incorporating a low temperature bleach activator

ISO 105-C10:2006

,Textiles−Tests for colour fastness−Part C10: Colour fastness to washing with

soap or soap and soda

ISO 105-C12:2004

,Textiles−Tests for colour fastness−Part C12: Colour fastness to industrial

laundering

(全体評価:MOD)

なお,対応の程度を表す記号“MOD”は,ISO/IEC Guide 21-1 に基づき,

“修正している”

ことを示す。

引用規格 

次に掲げる規格は,この規格に引用されることによって,この規格の規定の一部を構成する。これらの

引用規格は,その最新版(追補を含む。

)を適用する。


2

L 0844

:0000

著作権法により無断での複製,転載等は禁止されております。

JIS G 4303

  ステンレス鋼棒

JIS K 0557

  用水・排水の試験に用いる水

JIS K 3302

  固形洗濯石けん

JIS K 3371

  洗濯用合成洗剤

JIS K 8355

  酢酸(試薬)

JIS K 8625

  炭酸ナトリウム(試薬)

JIS L 0801

  染色堅ろう度試験方法通則

注記  対応国際規格:ISO 105-A01,Textiles−Tests for colour fastness−Part A01: General principles of

testing

(MOD)

JIS L 0803

  染色堅ろう度試験用添付白布

注記  対応国際規格:ISO 105-F01,Textiles−Tests for colour fastness−Part F01: Specification for wool

adjacent fabric

ISO 105-F02,Textiles−Tests for colour fastness−Part F02: Specification for cotton

and viscose adjacent fabrics

, ISO 105-F03 , Textiles − Tests for colour fastness − Part F03:

Specification for polyamide adjacent fabric

ISO 105-F04,Textiles−Tests for colour fastness−Part

F04: Specification for polyester adjacent fabric

ISO 105-F05,Textiles−Tests for colour fastness

−Part F05: Specification for acrylic adjacent fabric,ISO 105-F06,Textiles−Tests for colour

fastness

−Part F06: Specification for silk adjacent fabric,ISO 105-F07,Textiles−Tests for colour

fastness

−Part F07: Specification for secondary acetate adjacent fabric,及び ISO 105-F10,Textiles

−Tests for colour fastness−Part F10: Specification for adjacent fabric: Multifibre(全体評価:

MOD

JIS L 0804

  変退色用グレースケール

注記  対応国際規格:ISO 105-A02,Textiles−Tests for colour fastness−Part A02: Grey scale for

assessing change in colour

(MOD)

JIS L 0805

  汚染用グレースケール

注記  対応国際規格:ISO 105-A03,Textiles−Tests for colour fastness−Part A03: Grey scale for

assessing staining

(MOD)

要旨 

複合試験片を,規定する方法に基づいて試験液に入れて処理し,水洗して乾燥した後,試験片の変退色

及び添付白布の汚染の程度を,

それぞれ変退色用グレースケール及び汚染用グレースケールと比較するか,

又は計器によって変退色等級及び汚染等級を求めて,その堅ろう度を判定する。

試験の種類 

試験の種類は,試験方法によって

表 のとおり区分する。


3

L 0844

:0000

著作権法により無断での複製,転載等は禁止されております。

表 1−試験の種類

試験の種類

試験の種類の細分

(号)

国際規格の種類

対応国際規格番号

(参考)

A-1 Test

1

  A(1)

A-2 Test

2

  B(2)

A-3 Test

3

  C(3)

A-4

A-5

A-6 Test

4

  D(4)

A

 

A-7 Test

5

  E(5)

ISO 105-C10 

B-1 A1S

B-2 A1M

B-3 A2S

B-4 B1S

B-5 B1M

B-6 B2S

B-7 C1S

B-8 C1M

B-9 C2S

B-10 D1S

B-11 D1M

B-12 D2S

B-13 D3S

B-14 D3M

B-15 E1S

B

 

B-16 E2S

ISO 105-C06 

C-1

C-2

C-3

C

 

C-4

ISO 105-C08 

D

 

ISO 105-C09 

E

 

ISO 105-C12 

注記  欄中の“−”は,該当がないことを示す。

装置及び材料 

装置及び材料は,次による。

a)

洗濯試験機  洗濯試験機は,試験瓶,試験瓶の回転装置及び試験瓶内の試験液を恒温に保つための恒

温水槽又は恒温槽とからなり,それぞれ次の規定に適合するものとする。

装置の一例を,

図 及び図 に示す。

1)

試験瓶  複合試験片又は試験片,試験液及びステンレス鋼球を入れる,ガラス製又はステンレス鋼

製のもので,回転に耐える密閉形の容量 550 mL±50 mL(内径 75 mm±5 mm)の円筒形の瓶

2)

回転装置  電動機,回転軸及び回転軸に放射状に取り付けてある試験瓶保持器からなり,試験瓶保

持器の保持軸の中心線と試験瓶の中心線とが同一線上になるように試験瓶が取り付けられるもので,

1

分間当たりの回転数は 40 回±2 回で,恒温水槽又は恒温槽中で試験瓶を回転できるもの。

なお,回転軸の中心から試験瓶の底までの寸法は,45 mm±10 mm とする。


4

L 0844

:0000

著作権法により無断での複製,転載等は禁止されております。

3)

恒温水槽又は恒温槽  加熱装置をもち,回転する試験瓶内の試験液を所定温度±2  ℃に保持できる

もの

4)

ステンレス鋼球  JIS G 4303 の SUS304 で直径約 6 mm のもの

図 1−洗濯試験機の一例(恒温水槽によるもの)

図 2−洗濯試験機の一例(恒温槽によるもの)

b)

石けん(法に用いる。)  JIS K 3302 に規定する無添剤(又は 1 種)又は無添剤のもの

c)

炭酸ナトリウム(A-3A-7 号及び B-7B-16 号に用いる。)  JIS K 8625 に規定の特級のもの

d)

合成洗剤(法に用いる。)  合成洗剤は,表 に示す 1 号及び表 に示す 2 号の 2 種類とし,目的に

よっていずれかを用いる。合成洗剤は,

表 及び表 によって各成分を正しくはかりとり,乳鉢及び

乳棒を用いてよくすり合わせ,必要に応じて乾燥し,均一な粉末として用いる。必要に応じて JIS K 

3371

の規定に適合する市販の合成洗剤を用いてもよい。その場合には,用いた合成洗剤の品名を試験

報告書に付記する。


5

L 0844

:0000

著作権法により無断での複製,転載等は禁止されております。

表 2−合成洗剤 号の成分

単位  %

成分

質量比

直鎖アルキルスルホン酸ナトリウム塩(LAS) 18.0 
アルミノけい酸ナトリウム 25.0 
炭酸ナトリウム 18.0

けい酸ナトリウム(SiO

2

/Na

2

O=2/1

) 0.50

硫酸ナトリウム 22.13 
ポリエチレングリコール 2.76

ポリアクリル酸ナトリウム 3.50 
シリコン(石けんの泡抑制剤) 0.04 
水分 10.0

その他の界面活性剤 0.07

注記  合成洗剤 1 号は,ISO 105-C06 の 4.4.2 に規定するものと同等である。

表 3−合成洗剤 号の成分

単位  %

成分

質量比

直鎖アルキルベンゼンスルホン酸ナトリウム

(パラフィン鎖の平均長さ:炭素数にして 11.5) 
エトキシル化  牛脂  アルコール(14EO) 
石けん

C

12

−C

16

:13∼26 %

C

18

−C

22

:74∼87 %

トリポリりん酸ナトリウム

けい酸ナトリウム(SiO

2

/Na

2

O=3.3/1

けい酸マグネシウム 
カルボキシメチルセルロースナトリウム(CMC)

EDTA

ナトリウム塩

硫酸ナトリウム 

8.0

2.9

3.5

43.7

7.5

1.9

1.2

0.2

21.2

9.9

±0.02

注記  合成洗剤 2 号は,ISO 105-C06 の 4.4.3 に規定するものと同等である。

e)

酢酸(A 法に用いる。)  JIS K 8355 に規定するもの

f)

次亜塩素酸ナトリウム溶液(A-4 号,B-13 号及び B-14 号に用いる。)  有効塩素 1 %を含むもの(有効

塩素試験方法は,

附属書 JA 参照)。

g)

過炭酸ナトリウム(A 法に用いる。)  有効酸素 12 %以上,pH10∼pH11(3 %溶液)のもの(有効酸素

試験方法は,

附属書 JA 参照)。

h)

水  JIS K 0557 に規定する A1 の水

i)

変退色用グレースケール  JIS L 0804 に規定するもの

j)

汚染用グレースケール  JIS L 0805 に規定するもの

k)

添付白布  JIS L 0803 に規定するもの

なお,脱水用機器及び乾燥機は,JIS L 0801 に規定するものを用いる。


6

L 0844

:0000

著作権法により無断での複製,転載等は禁止されております。

複合試験片の調製 

6.1 A

法(石けん,又は石けん及び炭酸ナトリウムによる洗濯法) 

複合試験片の調製は,JIS L 0801 の 6.2(複合試験片の調製)による。ただし,必要であれば,次の a)

c)  のいずれによってもよい。また,添付白布に単一繊維布を使用するときは,試験片に添付する 2 枚の

添付白布は,1 枚(第 1 添付白布)は,通常,試験片と同じ種類,他の 1 枚(第 2 添付白布)は

表 によ

るものを用いる。試験片が混用品の場合は,第 1 添付白布は,混用率の最も大きい繊維と同じ種類のもの

を用い,第 2 添付白布は,

表 によるもの,又はその次に混用率の大きい繊維と同じ種類のものを用いる。

多繊交織布を用いるときは,多繊交織布交織 1 号(以下,交織 1 号という。

)及び多繊交織布交織 2 号(以

下,交織 2 号という。

)については A-1 号∼A-2 号試験,多繊交織布交織 3 号(以下,交織 3 号という。

については A-3 号∼A-7 号試験だけとする。

表 4−添付白布の組合せ(法)

第 1 添付白布

第 2 添付白布

試験温度 40  ℃

及び 50  ℃

第 2 添付白布

試験温度 60  ℃,

70

℃,80  ℃及び 95  ℃

綿

レーヨン又はナイロン

綿

綿

レーヨン

綿

アセテート

レーヨン又は綿

レーヨン又は綿

ナイロン

毛又は綿

綿

ポリエステル

毛又は綿

綿

アクリル

毛又は綿

綿

なお,受渡当事者間の協定によって,他の種類のものを用いてもよい。ただし,この場合には,試験報

告書に記録する。

さらに,A-4 号試験において,試験液に次亜塩素酸ナトリウムを添加する場合,複合試験片の調製は,

表 に示す添付白布を用いる。

a)

試料が布の場合は,次のいずれかによる。

1) 100

mm

×40 mm の試験片の表面に,50 mm×40 mm の添付白布(単一繊維布)2 枚を隣り合わせに

並べて添付する。次に,白綿縫糸で試験片の 4 辺を粗く縫い付けるか又は添付白布を内側にして 50

mm

×40 mm の二つ折りとし,試験片のほぼ中央を白綿縫糸で折り目に平行に粗く縫い付ける。

2) 100

mm

×40 mm の試験片に,同じ大きさの添付白布(多繊交織布)1 枚を添付し,白綿縫糸で 4 辺

を粗く縫い付ける。

b)

試料が糸の場合は,次のいずれかによる。

1)

長さ 100 mm,質量が添付白布 2 枚の約 1/2 の試料を取り,100 mm×20 mm の添付白布(単一繊維

布)2 枚の間に薄い層にして並べ,白綿縫糸で 4 辺を粗く縫い付ける。

2)

長さ 100 mm,質量が添付白布 2 枚の約 1/2 の試料を取り,束にして両端をくくり,50 mm×40 mm

の添付白布(単一繊維布)2 枚を隣り合わせに並べてそれぞれ二つ折りにした間に,両添付白布に

またがるように平たくして挟み,白綿縫糸で折り目以外の外周に沿って(短辺部では試料糸の束を

貫通して)粗く縫い付ける。


7

L 0844

:0000

著作権法により無断での複製,転載等は禁止されております。

3)

長さ 100 mm,質量が添付白布 2 枚の約 1/2 の試料を取り,100 mm×40 mm の添付白布(多繊交織

布)を短辺の中央で二つ折りにした間に,試料糸の方向が添付白布の長辺に平行になるように薄い

層にして並べ,白綿縫糸で折り目以外の 3 辺を粗く縫い付ける。

c)

試料がばら繊維の場合は,次のいずれかによる。

1)

質量が添付白布 2 枚の約 1/2 の試料を取り,くし削って押し付け,50 mm×40 mm の薄い層にして,

これと同じ大きさの添付白布(単一繊維布)2 枚の間に挟み,白綿縫糸で 4 辺を粗く縫い付ける。

2)

質量が添付白布 2 枚の約 1/2 の試料を取り,くし削って押し付け,50 mm×40 mm の薄い層にして,

100 mm

×40 mm の添付白布(多繊交織布)を長辺の中央で二つ折りにした間に挟み,白綿縫糸で折

り目以外の 3 辺を粗く縫い付ける。

表 5−次亜塩素酸ナトリウム添加試験に用いる添付白布の繊維の種類

試験片

第 1 添付白布

第 2 添付白布

綿

綿

レーヨン又は 
ポリエステル

レーヨン

レーヨン又は 
ポリエステル

綿

キュプラ

キュプラ

レーヨン又は綿

アセテート

アセテート又は

ポリエステル

レーヨン又は綿

ポリエステル

ポリエステル

綿

アクリル

アクリル

綿

6.2 B

法(家庭及び商業洗濯法) 

a)

単一繊維布の場合  JIS L 0803 に規定する添付白布を表 の組合せによって使用する。また,試験片

が混用品の場合で単一繊維布を使用するときは,第 1 添付白布は,混用率の最も大きい繊維と同じ種

類のものを用い,第 2 添付白布は,その次に混用率の大きい繊維と同じ種類のものを用いる。

なお,受渡当事者間の協定によって,他の種類のものを用いてもよい。ただし,この場合には,試

験報告書に記録する。

表 6−添付白布の組合せ(法)

第 2 添付白布

第 1 添付白布

B-1

∼B-6 試験 B-7∼B-16 試験

綿

レーヨン又は

ナイロン

綿

綿

レーヨン

綿

アセテート

レーヨン又は綿

レーヨン又は綿

ナイロン

毛又は綿

綿

ポリエステル

毛又は綿

綿

アクリル

毛又は綿

綿

b)

多繊交織布の場合  試験温度によって,JIS L 0803 に規定する交織 2 号及び交織 3 号を,次のように

用いる。


8

L 0844

:0000

著作権法により無断での複製,転載等は禁止されております。

1)

試験温度が 40  ℃及び 50  ℃(60  ℃で使用することもある。この場合には,その旨を試験報告書に

記録する。

)の場合は交織 1 号又は交織 2 号を使用する。

2)

試験温度が 70  ℃及び 95  ℃(60  ℃で使用することもある。

)の場合は交織 3 号を使用する。

試験操作 

7.1 A

法(石けん,又は石けん及び炭酸ナトリウムによる洗濯法) 

A

法は,表 に示すように,条件の異なる 7 種類の試験とする。

表 7法の種類及び条件

試験液

試験の種
類の細分

(号)

石けん

g/L

炭酸ナト

リウム

g/L

mL

ステンレ

ス鋼球

温度

時間

min

ISO 105-C10

の試験番号

(参考)

A-1 40

±2

30 A

(1)

A-2

50

±2

30 B

(2)

A-3

60

±2

30 C

(3)

A-4 70

±2

A-5 80

±2

45

A-6 30

D

(4)

A-7

5

2

100

10

a)

95

±2

240 E

(5)

注記  試験液の液量は,ISO 105-C10 では,試験片質量に対し,浴比 50:1 となっている。

また,A-2 号に対応する ISO 105-C10 の時間は,45 分となっている。 

a)

試験片が毛,絹又はこれらの混用品の場合は,ステンレス鋼球を用いない。

表 によって,試験液及びステンレス鋼球の規定個数を規定容量の試験瓶の中へ入れ,試験瓶を予熱し

て試験液を規定の温度にした後,これに複合試験片を入れて密閉し,洗濯試験機に取り付ける。試験機を

規定時間運転した後,複合試験片を試験瓶から取り出し,水洗(25  ℃±2  ℃の水 100 mL で 1 分間)を 2

回繰り返した後,JIS L 0801 に規定する方法によって脱水,乾燥する。

なお,水洗後,必要に応じて,更に,約 0.1 g/L の希酢酸溶液(25  ℃±2  ℃)100 mL で 1 分間処理して

もよい。また,試験の目的によって試験液に漂白剤を添加する必要があるときは,次の a)c)  のいずれか

1

種類を選び,複合試験片を試験瓶の中に入れる直前に試験液に規定量を添加する。ただし,次亜塩素酸

ナトリウムは,試験片が毛,絹,ナイロン又はこれらの混用品でない場合に限り A-4 号を用いることがで

きる。

a)

次亜塩素酸ナトリウムを有効塩素濃度が 0.01 %になるように添加する。

b)

ペルオキソほう酸ナトリウム 2.5 g/L を添加する。

c)

過炭酸ナトリウム 2.5 g/L を添加する。

これらの処理を行った場合には,試験報告書に記録する。

7.2 B

法(家庭及び商業洗濯法) 

B

法は,表 に示すように,条件の異なる 16 種類の試験とする。

表 によって,試験液及びステンレス鋼球の規定個数を試験瓶の中へ入れ,試験瓶を予熱して試験液を規

定の温度にした後,これに複合試験片を入れて密封し,洗濯試験機に取り付ける。試験機を規定時間運転

した後,複合試験片を試験瓶から取り出し,水洗(25  ℃±2  ℃の水 100 mL で 1 分間)を 2 回繰り返し

た後,JIS L 0801 に規定する方法によって脱水,乾燥する。


9

L 0844

:0000

著作権法により無断での複製,転載等は禁止されております。

なお,次亜塩素酸ナトリウムは,B-13 号及び B-14 号において,試験片が毛,絹,ナイロン又はこれら

の混用品でない場合に限り用いることができ,有効塩素濃度が 0.015 %になるように添加する。

表 8法の種類及び条件

試験液

試験の種類の

細分(号)

合成洗剤

1

号又は 2 号

g/L

pH

液量

mL

有効

塩素

%

ペルオキソ

ほう酸ナト

リウム

g/L

ステンレス

鋼球

温度

時間

min

B-1

10

a)

 30

B-2

10 45

B-3 1

10

a)

40

±2

B-4

25

a)

30

B-5

50 45

B-6

− 150

1 25

a)

50

±2

B-7

25

30

B-8

50 45

B-9 1

60

±2

B-10

25 30

B-11

100 45

B-12

1

B-13

25 30

B-14

0.015

100

70

±2

45

B-15

B-16

4

10.5

±0.1

(20  ℃のとき)

50

1

25 95

±2 30

a)

試験片が毛,絹又はこれらの混用品の場合は,ステンレス鋼球を用いない。

判定 

試験片の変退色及び添付白布の汚染の判定は,JIS L 0801 の箇条 10(染色堅ろう度の判定)の規定によ

る。

記録 

洗濯堅ろう度は,JIS L 0801 の規定によって,次の

例 1∼例 のように試験報告書に記録する。

なお,B 法によった場合には,試験の種類は,

例 のように表 の国際規格の種類によって記録しても

よい。多繊交織布の汚染は,最も汚染程度の著しい部分の等級及びその構成糸の繊維名だけを記録する。

ただし,必要がある場合には,全ての繊維名及びその等級を記入するか又は必要でないものを除外して記

入してもよい。

例 1  洗濯試験  A-3 号  変退色 4 級  汚染 3 級(綿)  3−4 級(毛)

例 2  洗濯試験  A-3 号  変退色 4 級  汚染 3 級(綿)  3−4 級(毛)(計器法)

例 3  洗濯試験  B-3 号(合成洗剤 1 号)  変退色 4−5 級  汚染 3 級(交織 1 号・ナイロン)

例 4  洗濯試験  A1M 号(合成洗剤 2 号)  変退色 4 級  汚染 3 級(交織 2 号・毛)

例 5  洗濯試験  B-2 号(市販洗剤名)  変退色 4 級  汚染 3 級(ナイロン)

例 6  洗濯試験  A-4 号(次亜塩素酸ナトリウム添加)  変退色 3 級  汚染 3 級(綿)  4−5 級(ポリ

エステル)


10

L 0844

:0000

著作権法により無断での複製,転載等は禁止されております。

附属書 A

(規定)

C

法(ISO 法)

A.1 

概要 

この試験は,ISO 105-C08 に規定する低温漂白活性剤を含有した無りんの標準洗剤を使用する家庭及び

商業洗濯試験方法に対する染色堅ろう度試験である。

A.2 

原理 

添付白布に接した繊維の試験片を洗濯処理し,水洗し,乾燥する。試験片の洗濯処理は,試験結果が短

時間で得られるように,温度,アルカリ度,漂白及び摩擦作用の条件下で行う。摩擦作用は,適切な数の

鋼球の使用で達成する。試験片の変退色及び添付白布の汚染は,グレースケール又は計器を用いて,原布

と比較して評価する。

A.3 

一般 

A.3.1 

装置及び材料 

装置及び材料は,次による。

a)

洗濯試験機  洗濯試験機は,箇条 の a)  による。ただし,試験液を所定の試験温度まで 1.5  ℃/min

±0.5  ℃/min の昇温速度で昇温させることのできる昇温速度調整装置を具備する。

b)

かくはん機  試験液を調製するもので,回転数 1 000 min

1

以上のかくはんができるもの

c)

合成洗剤 号  合成洗剤 3 号は,表 A.1 によって各成分を正しくはかりとり,乳鉢及び乳棒を用いて

よくすり合わせ,必要に応じて乾燥し,均一な粉末としたもの

表 A.1−合成洗剤 号の成分

単位  %

成分

質量比

直鎖アルキルベンゼンスルホン酸ナトリウム 
(パラフィン鎖の平均長さ:C

11.5

エトキシル化牛脂アルコール C

12

13

(7EO)

石けん,鎖の長さ C

12

17

 46 %

:C

18

20

 54 %

消泡剤(DC-42485)

けい酸アルミニウムナトリウム(ゼオライト 4A)
炭酸ナトリウム 
アクリル酸及びマレイン酸重合体のナトリウム塩

けい酸ナトリウム(SiO

2/

:Na

2

O

=3.3:1)

カルボキシメチルセルロースナトリウム(CMC)
ジエチレン・トリアミン・ペンタ

(メチレン・フォスフォニックアシッド) 
硫酸ナトリウム 

9.7

5.2

3.6

4.5

32.5

11.8

5.2

3.4

1.3

0.8

9.8

12.2

±0.02

注記  合成洗剤 3 号は,ISO 105-C08 の A.1 に規定するものと同等である。

必要に応じて次の酵素を添加することができる。その添加割合は,酵素を加えた合成洗剤の全体量

に対して,次のとおりである。


11

L 0844

:0000

著作権法により無断での複製,転載等は禁止されております。

−  プロテアーゼ(Savinase 12T) :0.5 %

−  リパーゼ(Lipolase100T)

:0.1 %

−  アミラーゼ(Thermamyl 60T):0.3 %

−  セルラーゼ(Celluzyme 0.7T) :0.3 %

注記  それぞれの酵素は,Novo Nordisk Bio-industrials 社の製品である。ただし,同等の効果が得ら

れる他の製品でもよい。

d)

漂白活性化剤[テトラアセチルエチレンジアミン(TAED)]  ISO 105-C08 に規定するもの

e)

水  JIS K 0557 に規定する A1 の水

f)

変退色用グレースケール  JIS L 0804 に規定するもの

g)

汚染用グレースケール  JIS L 0805 に規定するもの

h)

添付白布  JIS L 0803 に規定するもの

なお,脱水用機器及び乾燥機は,JIS L 0801 に規定するものを用いる。

i)

ステンレス鋼球

j)

てんびん  ±0.01 g まで正確にはかれるもの

k)

酢酸液  氷酢酸 0.2 g のもの。酸処理を必要とする場合に用いる。

A.3.2 

複合試験片の調製 

複合試験片の調製で,使用する添付白布は,次によるほか,JIS L 0801 の 6.2 の規定による。

a)

単一繊維布の場合  JIS L 0803 に規定する添付白布を表 A.2 の組合せによって使用する。また,試験

片が混用品の場合で単一繊維布を使用するときは,第 1 添付白布は,混用率の最も大きい繊維と同じ

種類のものを用い,第 2 添付白布は,その次に混用率の大きい繊維と同じ種類のものを用いる。

なお,受渡当事者間の協定によって,他の種類のものを用いてもよい。ただし,この場合には,試

験報告書に記録する。

表 A.2−添付白布の組合せ(法)

第 2 添付白布

第 1 添付白布

C-1

及び C-2 試験 C-3 及び C-4 試験

綿

レーヨン

綿

綿

レーヨン

綿

アセテート

レーヨン

レーヨン

ナイロン

毛又は綿

綿

ポリエステル

毛又は綿

綿

アクリル

毛又は綿

綿

b)

多繊交織布の場合  試験温度によって,JIS L 0803 に規定する交織 2 号及び交織 3 号を,次のように

用いる。

なお,2 種類の多繊交織布の組成は,

表 A.3 のとおりとする。

1)

試験温度が 40  ℃及び 50  ℃(60  ℃で使用することもある。この場合には,その旨を試験報告書に

記録する。

)の場合は毛,アセテートを含む交織 2 号を使用する。

2)

試験温度が 95  ℃(60  ℃で使用することもある。

)の場合は毛,アセテートを含まない交織 3 号を

使用する。


12

L 0844

:0000

著作権法により無断での複製,転載等は禁止されております。

表 A.3法に用いる多繊交織布の組成

種類

多繊交織布交織 2 号

多繊交織布交織 3 号

よこ糸

アセテート

綿 
ナイロン 
ポリエステル

アクリル 

トリアセテート

綿 
ナイロン 
ポリエステル

アクリル 
レーヨン

たて糸

ポリエステル

ポリエステル

A.3 

操作 

C

法は,表 A.4 に示すように,温度条件の異なる 4 種類の試験とし,目的に応じて選択し用いる。

合成洗剤 3 号 4 g,漂白活性化剤 0.15 g,及びペルオキソほう酸ナトリウム四水和物 1 g を 1 000 mL の水

に加え,かくはん機で完全に分散させる。この操作は 25  ℃±5  ℃で 10 分間行って試験液を調製する。

一つの複合試験片に対し,質量比で 50 倍の試験液をとり,複合試験片及び 25 個のステンレス鋼球とと

もに試験瓶に入れて蓋を固定し,洗濯試験機内にセットする。洗濯試験機は 25  ℃から運転を開始し,規

定の試験温度に達するまで 1.5  ℃/min±0.5  ℃/min の昇温速度で加熱する。試験温度に達した後,その温

度で 30 分間運転する。運転終了後,複合試験片を取り出して,大容量のビーカーに入れた 2 L の室温の水

に投入し,1 分間かくはんする。さらに,10 分間流水洗浄した後,60  ℃以下で風乾する。乾燥機を用いて

もよい。

表 A.4法の種類及び条件

試験液

試験の種類

の細分(号)

合成洗剤

3

g/L

液量

(試験液:

複合試験片)

ステンレス

鋼球

温度

時間

min

C-1 40

±2

C-2 50

±2

C-3 60

±2

C-4

4 50

:1 25

a)

95

±2

30

a)

試験片が毛,絹又はこれらの混用品の場合は,ステンレス鋼球を用いない。

A.4 

判定 

試験片の変退色及び添付白布の汚染の判定は,JIS L 0801 による。

A.5 

記録 

洗濯堅ろう度は,次の

例のように試験報告書に記録する。

多繊交織布の汚染は,最も汚染程度の著しい部分の等級及びその構成糸の繊維名だけを記録する。ただ

し,必要がある場合には,全ての繊維名及びその等級を記入するか,又は必要でないものを除外して記入

してもよい。

例  洗濯試験  C-3 号  変退色 4 級  汚染 3 級(綿)  3−4 級(毛)


13

L 0844

:0000

著作権法により無断での複製,転載等は禁止されております。

附属書 B

(規定)

D

法(ISO 法)

B.1 

概要 

この試験方法は,ISO 105-C09 に規定する酸化漂白剤及び低温漂白活性剤を添加した無りん標準洗剤を

用いた家庭洗濯及び商業洗濯に対する染色堅ろう度試験方法である。

B.2 

装置及び材料 

装置及び材料は,次による。

a)

洗濯試験機  洗濯試験機は,箇条 5 a)  による。ただし,試験液を所定の試験温度まで 1.5  ℃/min±

0.5

℃/min の昇温速度で昇温させることのできる昇温速度調整装置を具備する。

b)

かくはん機  試験液を調製するのもので,回転数 1 000 min

1

以上のかくはんができるもの

c)

合成洗剤 号  合成洗剤 3 号は,表 B.1 によって各成分を正しくはかりとり,乳鉢及び乳棒を用いて

よくすり合わせ,必要に応じて乾燥し,均一な粉末としたもの

表 B.1−合成洗剤 号の成分

単位  %

成分

質量比

直鎖アルキルベンゼンスルホン酸ナトリウム

(パラフィン鎖の平均長さ)

:C

11.5

エトキシル化牛脂アルコール C

12-13

(7EO)

石けん

C

12

17

 46 %

:C

18

20

 54 %

消泡剤(DC2-4245) 
けい酸アルミニウムナトリウム(ゼオライト 4A)

炭酸ナトリウム 
けい酸ナトリウム(SiO

2

/Na

2

O

=3.3/1)

けい酸マグネシウム

カルボキシメチルセルロースナトリウム(CMC)
ジエチレン・トリアミン・ペンタ 
(メチレン・フォスフォニックアシッド)

硫酸ナトリウム 

9.7

5.2

3.6

4.5

32.5

11.8

5.2

3.4

1.3

0.8

9.8

12.2

±0.02

注記  合成洗剤 3 号は,ISO 105-C08 の A.1 に規定するものと同等である。

d)

低温漂白活性化剤(TAED

e)

ペルオキソほう酸ナトリウム四水和物(NaBO

3

・4H

2

O

f)

変退色用グレースケール  JIS L 0804 に規定するもの

g)

てんびん  ±0.01 g まで正確にはかれるもの

h)

水  JIS K 0557 に規定する A1 の水

i)

ろ紙

j)

未染布  ポリプロピレン製のものなど。


14

L 0844

:0000

著作権法により無断での複製,転載等は禁止されております。

B.3 

試験片 

試験片は,次のいずれかによる。

a)

試料が布の場合は,試験片の大きさは 100 mm×50 mm とする。

b)

試料が糸の場合は,長さ 100 mm,直径約 5 mm の太さに平行に束ね両端を結ぶか又は 100 mm×50 mm

のポリプロピレン布の上に並べ縫い付ける。

B.4 

操作 

D

法は,表 B.2 に示すように,合成洗剤 3 号 10 g,テトラアセチルエチレンジアミン(TAED)1.8 g,及

びペルオキソほう酸ナトリウム四水和物 12 g を 1 000 mL の水に加え,かくはん機(1 000 min

1

以上)に

よって完全に分散させて,25  ℃±5  ℃で,10 分間処理して試験液を調製する。

一つの試験片に対し,質量比で 100 倍の試験液をとり,試験片とともに試験瓶に入れて蓋を固定し,洗

濯試験機内にセットする。洗濯試験機は 25  ℃から運転を開始し,60  ℃±2  ℃に至るまで 1.5  ℃/min±

0.5

℃/min の昇温速度で加熱する。60  ℃±2  ℃に達した後,その温度で 30 分間運転する。運転終了後,

試験片を取り出して,大容量のビーカーに入れた 2 L の室温の水に投入し,1 分間かくはんする。さらに,

10

分間流水洗浄した後,60  ℃以下で風乾する。

表 B.2法の試験条件

試験液

合成洗剤

3

g/ L

ペルオキソ

ほう酸ナトリウム

g/ L

TAED

g/L

初期温度

昇温速度

℃/min

温度

時間

min

10 12

1.8

25

±5 1.5±0.5 60±2 30

B.5 

判定 

試験片の変退色の判定は,JIS L 0801 による。

B.6 

記録 

洗濯堅ろう度は,JIS L 0801 によって,次の

例のように試験報告書に記録する。

例  洗濯試験  法  変退色 4 級


15

L 0844

:0000

著作権法により無断での複製,転載等は禁止されております。

附属書 C 
(規定)

E

法(ISO 法)

C.1 

概要 

この試験方法は,ISO 105-C12 に規定する試験方法で,全ての繊維製品の工業洗濯処理に対する染色堅

ろう度試験方法である。

C.2 

装置及び材料 

装置及び材料は,次による。

a)

洗濯試験機  洗濯試験機は,箇条 の a)  による。

b)

かくはん機  試験液を調製するのもので,回転数が少なくとも 1 100 rpm±100 rpm 又は同等のかくは

んができるもの

c)

ステンレス鋼球  直径約 6.0 mm,腐食性でないもの。

d)

添付白布  ISO 105-F10 に規定する多繊交織布 3 号(TV),又は綿(ISO 105-F02 に規定のもの)及び

ポリエステル(ISO 105-F04 に規定のもの)による 2 種類の単一繊維布。必要に応じ,非染色布(例

えば,ポリプロピレンなどで,編物を機械的に安定させるもの)を用いてもよい。

e)

変退色用グレースケール(JIS L 0804 に規定のもの)及び汚染用グレースケール(JIS L 0805 に規定

のもの)

又はこれらを判定できる計器

f)

アイロン  2.5 kg を超えない質量のもので,プレス処理が必要な場合に温度表示ができるアイロン

g)

合成洗剤 号  合成洗剤 4 号は,表 C.1 によって各成分を正しくはかりとり,乳鉢及び乳棒を用いて

よくすり合わせ,必要に応じて乾燥し,均一な粉末としたもの

表 C.1−合成洗剤 号の成分(法)

単位  %

成分

質量比

直鎖アルキルベンゼンスルホン酸ナトリウム 
(パラフィン鎖の平均長 C12)

0.425

非イオン界面活性剤(C13-15, 7EO 又は C12-14 7EO)

6.0

けい酸ナトリウム二水和物 5.0

ヒドロキシエチリデンジホスホン酸ナトリウム 
(C

2

H

4

Na

4

O

7

P

2

1.0

無水メタケイ酸塩 42.3

ポリマレイン酸 2.0

消泡剤(臭酸エステル) 3.0

炭酸ナトリウム 39.5

水 0.475

h)

氷酢酸 0.2 g/L を含む液  酸性処理を行う場合に用いる。

i)

過酸化水素水  30 %のもの

j)

水酸化ナトリウム  ペレット状のもの

k)

漂白活性化剤(TAED


16

L 0844

:0000

著作権法により無断での複製,転載等は禁止されております。

l)

ペルオキソほう酸ナトリウム

m)

水  JIS K 0557 に規定する A1 の水

C.3 

試験片 

C.3.1 

布状の試験片 

布試験片は,縦方向及び横方向に 80 mm×160 mm に 2 枚カットして作る。

編物の場合には,二つの試験片を準備する。試験片の質量(g)を小数点 2 桁まではかる。

試験片の中心で短辺に沿って,布面を外側にして二つに折って重ねる。寸法の安定した糸を用いて,両

側に沿って袋状に縫い合わせる。各袋にステンレス鋼球を 25 個入れる。

C.3.2 

添付白布 

添付白布は,次のいずれかによる。

a)

多繊交織布 3 号(ISO 105-F10)の場合には,1 枚を作り,質量(g)を小数点 2 桁まではかる。

b)  2

種類の単一繊維布,綿 3-2 及びポリエステル 8-2(ISO 105-F02 及び ISO 105-F04)の場合には,試験

片を 100 mm×80 mm にカットして作り,質量(g)を小数点 2 桁まではかる。

注記  2 枚の布試験片及び汚染用添付布は,縫い合わさない。これは,繊維同士の摩擦を起こすお

それがあるためである。

C.4 

操作 

C.4.1 

洗濯液の調製 

C.4.1.1 

過酸化水素を添加しない試験 

かくはん機を用いて,合成洗剤 4 号 5 g/L 基礎パウダー(蛍光増白剤の含まれていないもの)を常温の

水に 10±1 分間分散させる。溶液 1 L 当たり水酸化ナトリウム 1 g を加える。氷酢酸を用いて,pH を 12.0

∼12.5 の範囲になるように調節し,直ちに用いる。続いて C.4.2 の操作を行う。

C.4.1.2 

過酸化水素を添加した試験 

かくはん機を用いて,合成洗剤 4 号 5 g/L 基礎パウダー(蛍光増白剤の含まれていないもの)を常温の

水に 10±1 分間分散させる。液 1 L 当たり水酸化ナトリウム 1 g を加える。氷酢酸を用いて,pH を 11.0∼

11.5

の範囲になるように調節する。溶液 1 L 当たり 30 %過酸化水素 2 mL を加え,直ちに用いる。続いて

C.4.2

の操作を行う。

C.4.1.3 

ペルオキソほう酸ナトリウム及び漂白活性化剤[テトラアセチルエチレンジアミン(TAED)]を

添加した試験 

かくはん機を用いて,合成洗剤 4 号 5 g/L 基礎パウダー(蛍光増白剤の含まれていないもの)

,ペルオキ

ソほう酸ナトリウム 2 g 及び TAED(100 %活性)0.3 g を常温の水に 10±1 分間分散させる。水酸化ナトリ

ウムを用いて,pH を 10.0∼10.5 の範囲になるように調節し,直ちに用いる。続いて C.4.2 の操作を行う。

C.4.2 

洗濯試験の操作 

C.4.2.1

各容器に,液比 15:1[すなわち,試験片の総質量(g)に対し溶液 15 mL]で,洗濯液を加える。

調製した試験片及び添付白布の両方を 25 個のステンレス鋼球とともに容器に入れる。

容器を閉じて,洗濯試験機に取り付け,回転を開始し,1.5 °C/min±0.5 °C/min の昇温速度で

表 C.2 に規

定する温度に上げる。この温度で更に 60 分試験を続ける。


17

L 0844

:0000

著作権法により無断での複製,転載等は禁止されております。

表 C.2−試験条件(法)

試験液

試験
番号

合成洗剤 4 号

g/L

漂白剤の追加 pH

昇温速度

℃/min

温度

時間

min

1S

なし 12.0∼12.5 92±2 60

2S

なし 12.0∼12.5 75±2 60

1P 30

%

過酸化水素水

2 mL/L

11.0

∼11.5 75±2 60

2P

5

ペルオキソほう酸

ナトリウム 2 g/L

TAED 0.3 g/L

10.0

∼10.5

1.5

±0.5

75

±2 60

注記  試験中は,容器内で圧力が増える容器は,常に開く前に冷却し,圧を抜くことが必要である。

C.4.2.2

洗濯が終了した時点で,試験片及び添付白布を取り出し,水 100 mL で 1 分間のすすぎを 2 回行

う。

C.4.2.3

洗濯操作の終わりに酸性処理を行う場合には,次の操作を行う。

複合試験片を 30  ℃で 1 分間の酢酸溶液 100 mL で処理し,次に,100 mL の水で 1 分間すすぐ。

C.4.2.4

しごいて,布試験片から余分な水を取り除く。

C.4.2.5

測定のために,試験片を継ぎ目に沿って切り開き,空気の中につるして 60  ℃を超えない温度で

乾かす。

必要であれば,平面アイロンを用いて,試験布に適した温度で乾燥してもよい。ただし,どんな場合に

も 150  ℃を超えてはならない。試験片を標準状態で,少なくとも 4 時間で調節する。

C.4.2.6

グレースケールを用いるか,又は計器を用いて,洗濯をしていない布と比較して,試験片の変退

色あるいは添付白布の汚染を評価する。

折り目での変退色は,視感で評価し,試験報告書に記録する。

C.4.2.7

より多くの工業洗濯を予測するため,受渡当事者間の協定によって,同一試験片で,更に洗濯試

験を繰り返してもよい。

C.5 

判定方法 

試験片の変退色及び添付白布の汚染の判定は,JIS L 0801 の箇条 10 による。

C.6 

記録 

試験報告書には,次の情報を含める。

a)  ISO 105

の部(つまり ISO 105-C12

b)

変退色用グレースケール等級及び添付白布の汚染等級

c)

用いた試験番号

d)

酸処理を行ったかどうか

e)

試験片の乾燥は,空気乾燥か,又はプレスによって乾燥したか,その場合の温度

f)

洗濯,すすぎ及び乾燥サイクルの数

g)

試料の識別に必要な履歴

h)

試験者及び試験の日付


18

L 0844

:0000

著作権法により無断での複製,転載等は禁止されております。

附属書 JA

(参考)

有効塩素及び有効酸素測定方法

JA.1 

有効塩素測定方法 

試料約 15 mL を取り,その質量を正確にはかり,全量フラスコ 1 L 中に速やかに移し,水を標線まで加

えて薄め,十分に振る。その 50 mL を三角フラスコ 300 mL に取り,よう化カリウム 2 g を加え,次に酢

酸(1+1)10 mL を加えた後,0.1 mol/L チオ硫酸ナトリウム溶液で滴定し,溶液が淡黄色になってから,

でんぷん溶液 1 mL を加え,生じた青色が消えるまで,更に,滴定を続ける。別に空試験を行い,次の式

によって有効塩素(%)を算出する。

(

)

[

]

(

)

[

]

100

000

1

/

50

545

003

.

0

2

1

1

×

×

×

×

=

S

f

V

V

H

ここに,

H

1

有効塩素(%)

V

1

この試験における 0.1 mol/L チオ硫酸ナトリウム溶液使用量
(mL)

V

2

空試験における 0.1 mol/L チオ硫酸ナトリウム溶液使用量
(mL)

f

0.1 mol/L

チオ硫酸ナトリウム溶液のファクタ

S

試料の質量(g)

JA.2 

有効酸素測定方法 

溶存酸素を含まない水 100 mL を共通すり合わせ三角フラスコ 200 mL に入れる。これに,硫酸(1+15)

5 mL

,よう化カリウム 2 g 及び試料 0.2 g(0.1 mg の桁まではかる。

)を順次加え,直ちに栓をして穏やか

に振り混ぜて溶かす。これを暗所に 30 分間放置した後,0.1 mol/L チオ硫酸ナトリウム溶液で滴定する。

滴定は溶液が淡黄色になってから,でんぷん溶液 1 mL を加え,生じた青色が消えるまで続ける。別に空

試験を行い,次の式によって有効酸素(%)を算出する。

(

)

[

]

100

800

000

.

0

2

1

2

×

×

×

=

S

f

V

V

H

ここに,

H

2

有効酸素(%)

V

1

この試験における 0.1 mol/L チオ硫酸ナトリウム溶液使用量
(mL)

V

2

空試験における 0.1 mol/L チオ硫酸ナトリウム溶液使用量
(mL)

f

0.1 mol/L

チオ硫酸ナトリウム溶液のファクタ

S

試料の質量(g)


附属書 JB

(参考)

JIS

と対応国際規格との対比表

JIS L 0844:0000

  洗濯に対する染色堅ろう度試験方法

下記の

注記 による。

(I)JIS の規定

(III)国際規格の規定

(IV)JIS と国際規格との技術的差異の箇条

ごとの評価及びその内容

箇条番号

及び題名

内容

(II) 国 際 規 格

番号

箇条

番号

内容

箇条ごと

の評価

技術的差異の内容

(V)JIS と国際規格と

の技術的差異の理由及
び今後の対策

1

適用範囲

染色した繊維製品の洗濯
に対する染色堅ろう度試

験 方 法 に つ い て 規 定 す
る。

ISO 105-C06

ISO 105-C08

ISO 105-C09

ISO 105-C10

ISO 105-C12 

1

JIS

とほぼ同じ

変更

一つの JIS に対して五つの国際
規格を統合した。

使用者にとって一つの
規格のほうが分かりや

すいため統合した。

2

引用規格

4

試験の種

A

法  7 種類

B

法  16 種類

ISO 105-C10

ISO 105-C06 

7.2

6.1

∼6.10

5

種類

16

種類

追加

JIS

は A 法に日本独自の方法を

二つ(A-4 及び A-5)追加

構成の変更で実質的な

技術的差異ない。

5

装置及び

材料

a)

洗濯試験機,b)石けんな

ど試験に必要な薬品を規

ISO 105-C10

ISO 105-C06 

4

,5

4

JIS

とほぼ同じ

変更

ISO

規格は,いずれも試験方法ご

との規格で規定。JIS は,箇条 5
にまとめて規定。

構成の変更で実質的な

技術的差異ない。

6

複合試験

片の調製

6.1

  A 法の場合

6.2

  B 法の場合

a)

単一添付白布の場合

b)

多繊交織布の場合

ISO 105-C10

ISO 105-C06 

6.1

∼6.2

5.1

∼5.2

JIS

とほぼ同じ

変更

ISO

規格は,いずれも試験方法ご

との規格で規定。JIS は,箇条 6
にまとめて規定。

構成の変更で実質的な

技術的差異ない。

7

試験操作

7.1

  A 法

7.2

  B 法

複合試験片又は試験片を
洗濯試験機の洗浄瓶の中
に試験液とともに入れ,

所定の温度・時間運転し
た後に水洗乾燥する。

ISO 105-C10 

ISO 105-C10 

6.1

∼6.10

5

JIS

とほぼ同じ

変更

ISO

規格は,いずれも試験方法ご

との規格で規定。JIS は,箇条 7

にまとめて規定。

構成の変更で実質的な
技術的差異ない。

19

L

 0

844


00
00

著作権法

によ

り無断

での複


,転載等

は禁

止され

ており


す。


(I)JIS の規定

(III)国際規格の規定

(IV)JIS と国際規格との技術的差異の箇条
ごとの評価及びその内容

箇条番号

及び題名

内容

(II) 国 際 規 格
番号

箇条

番号

内容

箇条ごと

の評価

技術的差異の内容

(V)JIS と国際規格と
の技術的差異の理由及
び今後の対策

8

判定

試験片の変退色及び添付

白布の汚染を視感法又は
計器法で判定。

ISO 105-C06 

6.10

視感法

追加

ISO

規格(C06 及び C10)は,い

ずれも視感法だけ。JIS は,計器
法を追加。

計器法は,ISO に提案

中。

9

記録

記録の例示を 1∼6 に記

録する。

ISO 105-C10

ISO 105-C06 

8

7

JIS

とほぼ同じ

変更

ISO

規格は,いずれも試験方法ご

との規格で規定。JIS は,箇条 9
にまとめて規定。

構成の変更で実質的な

技術的差異ない。

附属書 A

低温漂白活性剤の入った
非りん酸基準洗剤を使用
する家庭及び商業洗濯に

対する染色堅ろう度

ISO 105-C08 

4

∼8

低温漂白活性剤の入った
非りん酸基準洗剤を使用
する家庭及び商業洗濯に

対する染色堅ろう度

変更

本体に準じて変更

構成の変更で実質的な
技術的差異ない。

7

(A.10) 視感法又は計器法

変更

計器法は,JIS と ISO 規格とでは
等級対応値の計算法が異なる。

附属書 B

低温漂白活性剤を含んだ
非りん酸基準洗剤を使用
する酸化漂白反応

ISO 105-C09 

4

∼8

低温漂白活性剤を含んだ
非りん酸基準洗剤を使用
する酸化漂白反応

変更

本体に準じて変更

構成の変更で実質的な
技術的差異ない。

7

(A.9)

視感法又は計器法

変更

計器法は,JIS と ISO 規格とでは
等級対応値の計算法が異なる。

附属書 C

工業洗濯のための染色堅
ろう度

ISO 105-C12 

4

∼8

工業洗濯のための染色堅
ろう度

変更

本体に準じて変更

構成の変更で実質的な
技術的差異ない。

附属書 JA

(参考) 
有効塩素及
び有効酸素

測定方法

JIS

と国際規格との対応の程度の全体評価:

ISO 105-C06:2010,ISO 105-C08:2010,ISO 105-C09:2001,ISO 105-C10:2006,ISO 105-C12:2004,MOD) 

20

L

 0

844


00
00

著作権法

によ

り無断

での複


,転載等

は禁

止され

ており


す。


注記 1  箇条ごとの評価欄の用語の意味は,次による。 

−  追加 国際規格にない規定項目又は規定内容を追加している。

−  変更 国際規格の規定内容を変更している。

注記 2  JIS と国際規格との対応の程度の全体評価欄の記号の意味は,次による。 

−  MOD  国際規格を修正している。

注記 3  この規格の対応国際規格は,次による。

ISO 105-C06:2010

,Textiles−Tests for colour fastness−Part C06: Colour fastness to domestic and commercial laundering

ISO 105-C08:2010

,Textiles−Tests for colour fastness−Part C08: Colour fastness to domestic and commercial laundering using a non-phosphate reference detergent

incorporating a low-temperature bleach activator

ISO 105-C09:2001

,Textiles−Tests for colour fastness−Part C09: Colour fastness to domestic and commercial laundering−Oxidative bleach response using a

non-phosphate reference detergent incorporating a low temperature bleach activator

ISO 105-C10:2006

,Textiles−Tests for colour fastness−Part C10: Colour fastness to washing with soap or soap and soda

ISO 105-C12:2004

,Textiles−Tests for colour fastness−Part C12: Colour fastness to industrial laundering

21

L

 0

844


00
00

著作権法

によ

り無断

での複


,転載等

は禁

止され

ており


す。