>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

L 0805

:2005

(1) 

まえがき

この規格は,工業標準化法第 14 条によって準用する第 12 条第 1 項の規定に基づき,財団法人スガウェ

ザリング技術振興財団(SWTF)/財団法人日本規格協会(JSA)から,工業標準原案を具して日本工業規格を

改正すべきとの申出があり,日本工業標準調査会の審議を経て,経済産業大臣が改正した日本工業規格で

ある。これによって,JIS L 0805:1998 は改正され,この規格に置き換えられる。

改正に当たっては,日本工業規格と国際規格との対比,国際規格に一致した日本工業規格の作成及び日

本工業規格を基礎にした国際規格原案の提案を容易にするために,ISO 105-A03:1993,Textiles−Tests for

colour fastness

−Part A03 : Grey scale for assessing staining を基礎として用いた。

この規格の一部が,技術的性質をもつ特許権,出願公開後の特許出願,実用新案権,又は出願公開後の

実用新案登録出願に抵触する可能性があることに注意を喚起する。経済産業大臣及び日本工業標準調査会

は,このような技術的性質をもつ特許権,出願公開後の特許出願,実用新案権,又は出願公開後の実用新

案登録出願にかかわる確認について,責任はもたない。

JIS L 0805

には,次に示す附属書がある。

附属書 1(規定)アダムス−ニッカーソンの色差式による色差

附属書 2(参考)JIS と対応する国際規格との対比表


L 0805

:2005

(2) 

目  次

ページ

序文 

1

1.

  適用範囲

1

2.

  引用規格

1

3.

  定義

1

4.

  色票の色

1

5.

  構造,形状及び寸法

2

6.

  外観

3

7.

  測色方法

4

8.

  検査方法

4

附属書 1(規定)アダムス−ニッカーソンの色差式による色差

5

附属書 2(参考)JIS と対応する国際規格との対比表

6

 


     

日本工業規格

JIS

 L

0805

:2005

汚染用グレースケール

Grey scale for assessing staining

序文  この規格は,1993 年に第 4 版として発行された ISO 105-A03 Textiles−Tests for colour fastness−Part

A03 : Grey scale for assessing staining

を翻訳し,技術的内容を変更して作成した日本工業規格である。

なお,この規格で側線又は点線の下線を施してある箇所は,原国際規格を変更している事項である。変

更の一覧表をその説明を付けて,

附属書 2(参考)に示す。

1. 

適用範囲  この規格は,染色堅ろう度試験の結果,白布に生じた汚染の程度を視感によって判定する

場合,その判定基準として用いる汚染用グレースケール(以下,汚染用グレースケールという。

)について

規定する。

備考  この規格の対応国際規格を,次に示す。

なお,対応の程度を表す記号は,ISO/IEC Guide21 に基づき,IDT(一致している)

,MOD(修

正している)

,NEQ(同等でない)とする。

ISO 105-A03:1993

,Textiles−Tests for colour fastness−Part A03 : Grey scale for assessing staining

(MOD)

2. 

引用規格  次に掲げる規格は,この規格に引用されることによって,この規格の規定の一部を構成す

る。これらの引用規格は,その最新版(追補を含む。

)を適用する。

JIS Z 8105

  色に関する用語

JIS Z 8721

  色の表示方法−三属性による表示

JIS Z 8722

  色の測定方法−反射及び透過物体色

JIS Z 8730

  色の表示方法−物体色の色差

3. 

定義  この規格で用いる主な用語の定義は,次による。

a) 

無彩色  色相をもたない色(JIS Z 8105 を参照)。

b)  L

*

a

*

b

*

表色系による色差(⊿E

ab

)  JIS Z 8722 の 5.(分光測色方法)又は 6.(刺激値直読方法)によ

って測定し,標準の光 D

65

による X

10

D65

Y

10

D65

Z

10

D65

を用い,JIS Z 8730 の 7.1L

*

a

*

b

*

表色系に

よる色差)によって求めた数値。

c) 

アダムス−ニッカーソンの色差式による色差(⊿E

AN

)  JIS Z 8722 の 5.又は 6.によって測定し,標準

の光 C による X

2

C

Y

2

C

Z

2

C

を用い,

附属書 1(規定)(アダムス−ニッカーソンの色差式による

色差)によって求めた数値。

4. 

色票の色  色票の色は,次による。


2

L 0805

:2005

     

a) 

図 における 5 号の色票 a

5

,b

5

並びに 4-5 号∼1 号の色票のうち,a

4-5

,a

4

,a

3-4

,a

3

,a

2-3

,a

2

,a

1-2

及び

a

1

は無彩色で,刺激値 Y

10

D65

が(85 ± 2)%のものとする。

b)  4-5

号∼1 号の色票のうち b

4-5

,b

4

,b

3-4

,b

3

,b

2-3

,b

2

,b

1-2

及び b

1

は無彩色であって,それと対をなす

色票より反射率の小さいものとする。

c) 

5

号∼1 号の各組の対をなす 2 枚の色票間には,

表 又は表 の色差がなければならない。

d) 

各号の色票は,蛍光がなく,かつ,光沢及び経時変化がほとんどないものとする。

e) 

本体の色票面以外の部分及びマスクの表面の色は,JIS Z 8721 の無彩色の記載方式による約 N2.5 のも

のとする。

  1  各号色票の色差                            表  2  各号色票の色差

    (L

*

a

*

b

*

表色系による色差⊿E

ab

)                        (アダムスーニッカーソンの色差式による色差⊿E

AN

色票(号)

色差

色票(号)

色差

5

4-5

4

3-4

3

2-3

2

1-2

1

      0

2

.

0

0

+

2.3 ± 0.3

4.5 ± 0.3

6.8 ± 0.4

9.0 ± 0.5

12.8 ± 0.7

18.1 ± 1.0

25.6 ± 1.5

36.2 ± 2.0

5

4-5

4

3-4

3

2-3

2

1-2

1

      0

2

.

0

0

+

2.0 ± 0.3

4.0 ± 0.3

6.0 ± 0.4

8.0 ± 0.5

11.3 ± 0.7

16.0 ± 1.0

22.6 ± 1.5

32.0 ± 2.0

5. 

構造,形状及び寸法  構造,形状及び寸法は,次による。

a) 

汚染用グレースケールは,本体及びマスクで構成する。

b) 

本体は,

図 に示すとおり,5 号∼1 号の間を 9 段階に分け,各色票を台紙の上に示す。

c) 

各号の色票は,各号 a,b の色票を組にし,隣接して配置する。

単位  cm

  1  本体

d) 

マスクの形状及び寸法は,

図 による。

なお,目的に応じ,

図 及び図 に示すものを用いてもよい。


3

L 0805

:2005

     

単位  cm

  2  マスク

単位  cm

  3  同一寸法の窓を二つ並べたマスク(一例)

単位  cm

  4  同一寸法の窓(円)を二つ並べたマスク(一例)

6. 

外観  汚染用グレースケールには,次のような欠点があってはならない。

a) 

各色票の色むらなど。

b) 

各色票の表面状態の汚れ,こすれなど。

c) 

マスク表面の色及び表面状態の凹凸むらなど。

      8

    8

      8

        8

  3

  3


4

L 0805

:2005

     

7. 

測色方法  色票の測色は,JIS Z 8722 の 5.又は 6.に規定する方法によって行う。

8. 

検査方法  汚染用グレースケールは,4.5.及び 6.について検査を行う。


5

L 0805

:2005

     

附属書 1(規定)アダムス−ニッカーソンの色差式による色差

1. 

適用範囲  この附属書は,アダムス−ニッカーソンの色差式による色差の求め方について規定する。

2.

色差の計算方法  アダムス−ニッカーソンの色差式による色差は,次の式(1)によって計算する。

            ⊿E

AN

=40〔[0.23⊿V

Y

]

2

+[⊿(V

X

V

Y

)]

2

+[0.4⊿(V

Z

V

Y

)]

2

1

2

  ・・・・・・・・・・・・・・・(1)

ここに,

E

AN

アダムス-ニッカーソンの色差式による色差

V

Y

アダムス-ニッカーソンの色差式における明度指数の

⊿(V

X

V

Y

)

⊿(V

Z

V

Y

)

アダムス-ニッカーソンの色差式における色座標(V

X

V

Y

)

,(V

Z

V

Y

)

 の差

V

X

V

Y

V

Z

の値は,標準の光 C を用い,JIS Z 8722 に規定する三刺激値 XYを次の式(2)の A に,

1.019 98X

及び 0.846 72を代入して求める。

                        V(A)

=2.492 68A

1

3

−1.156 4−〔−0.985/[(0.107 3A−3.084)

2

+7.54]〕

+0.013 3/A

2.3

+0.008 4sin(4.1A

1

3

+1)

+(0.022 1/A)sin[0.39(A−2)]

−(0.003 7/0.44A)sin[1.28(A−0.53)](A>0.9 のとき)・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・(2)

ここに,  V(A): XYZ 表色系の三刺激値 XYにおける V

X

V

Y

V

Z


6

L 0805

:2005

附属書 2(参考)JIS と対応する国際規格との対比表

JIS L 0805

:2005  汚染用グレースケール

ISO 105-A03

:1993,繊維−色堅ろう度試験−パート A03:汚染用グレースケール

(

Ⅰ) JIS の規定

(

Ⅲ)  国際規格の規定

(

Ⅳ)  JIS と国際規格との技術的差異の項目

ごとの評価及びその内容

  表示箇所:本体,附属書 
  表示方法:点線の下線又は実線の側線

(

Ⅴ) JIS と国際規格との技術的差異の理由

及び今後の対策

項目 
番号

内容

(

Ⅱ )  国 際 規

格番号

項目
番号

内容

項 目 ご と
の評価

技術的差異の内容

1.

適用範囲

汚染用グレースケール

ISO 105-A03

1

IDT

2.

引用規格

JIS Z 8105

JIS Z 8721

JIS Z 8722

JIS Z 8730 

− 
− 

MOD/

追加

MOD/

追加

MOD/

追加

MOD/

追加

ISO

規格は測色に関する引

用規格はないが,JIS は引
用規格のそれぞれ 4 規格を

追加。

いずれも技術的差異は軽微である。

3.

定義 a)無彩色

b)L*a*b*

表 色 系 に よ る 色 差

(⊿E*

ab

c)

アダムス-ニッカーソンの

色差式による色差(⊿E

AN

MOD/

追加

MOD/

追加

MOD/

追加

ISO

規格は定義の項なし。

JIS

は明確にするため,定

義を追加。

ISO

規格は定義の項なし。

JIS

は明確にするため,定

義を追加。

ISO

規格にはアダムス−ニ

ッカーソンはないが,技術
的に JIS の方が合理的。

構成の変更のため,技術的差異なし。

構成の変更のため,技術的差異なし。

ISO

に提案。

4.

色票の色

a)

b)

c)

2

2.1

び 2.3

2.4

原理

MOD/

変更

MOD/

追加

MOD/

変更

JIS

は,ISO 規格の 2.原理を

4.

色票の色として規定。

JIS

は数値が ISO 規格と若

干異なっているが,旧規格
どおりとした。

ISO

に提案を検討。


7

L 0805

:2005

(

Ⅰ) JIS の規定

(

Ⅲ)  国際規格の規定

(

Ⅳ)  JIS と国際規格との技術的差異の項目

ごとの評価及びその内容 
  表示箇所:本体

  表示方法:点線の下線又は実線の側線

(

Ⅴ) JIS と国際規格との技術的差異の理由

及び今後の対策

項目 
番号

内容

(

Ⅱ )  国 際 規

格番号

項目
番号

内容

項 目 ご と
の評価

技術的差異の内容

 d)

e)

2.1

2.5

使用法

MOD/

変更

MOD/

追加

MOD/

削除

JIS

は数値が ISO 規格と若

干異なっているが,旧規格

どおりとした。 
表 2 を追加

JIS

では,使用法は JIS L 

0801

で規定しているため削

除。 

5.

構造,形状

及び寸法

a)

b)

c)

d)

2.1

− 

MOD/

追加

MOD/

変更

MOD/

追加

MOD/

追加

ISO

規格は構造の規定がな

い。JIS は具体的に規定し,
図 1∼4 を追加した。

(図 1)

(図 2∼4)

グレースケールを具体的に製作するた
めには構造,形状及び寸法は必要。国
際規格の見直しのとき,提案を検討す

る。

6.

外観

2.5

MOD/

変更  ISO 規格は外観の項目がな

く,2.5 で規定。JIS は項目
を設けた。

国際規格の見直しのとき,提案を検討
する。

7.

測色方法

2.2

MOD/

変更  ISO 規格は測色法を 2.原理

の項で説明。JIS は項目を

設け,具体的に記述。

国際規格の見直しのとき,提案を検討
する。

8.

検査方法

MOD/

追加  ISO 規格は検査項目なし。

JIS

は常識的事項を具体的

に記述。

国際規格の見直しのとき,提案を検討
する。

附属書 1(規

定)

MOD/

選択  ISO 規格は CIELAB 色差

式,JIS はアダムス−ニッ
カーソン色差式を追加し,
その詳細を附属書に規定し

た。

JIS

方式について提案を検討する。

JIS と国際規格との対応の程度の全体評価:MOD


8

L 0805

:2005

備考1.  項目ごとの評価欄の記号の意味は,次のとおりである。

    ―  IDT………………  技術的差異がない。

    ―  MOD/削除………  国際規格の規定項目又は規定内容を削除している。 
    ―  MOD/追加………  国際規格にない規定項目又は規定内容を追加している。 
    ―  MOD/変更………  国際規格の規定内容を変更している。

    ―  MOD/選択………  国際規格の規定内容と別の選択肢がある。

2.  JIS

と国際規格との対応の程度の全体評価欄の記号の意味は,次のとおりである。

    ―  MOD……………  国際規格を修正している。