>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

L 0222 : 2001

(1) 

まえがき

この規格は,工業標準化法第 14 条において準用する同法第 12 条第 1 項の規定に基づき,日本不織布協

会 (ANNA) /財団法人日本規格協会 (JSA) から工業標準原案を具して日本工業規格を制定すべきとの申

出があり,日本工業標準調査会の審議を経て,経済産業大臣が制定した日本工業規格である。

JIS L 0222

には,次に示す附属書がある。

附属書(参考)  JIS と対応する国際規格との対比表


日本工業規格

JIS

 L 0222

: 2001

不織布用語

Glossary of terms used in nonwoven industry

序文  この規格は,1988 年に第 1 版として発行された ISO 9092, Textiles−Nonwovens−Definition 及び 1998

年に改定の ISO/DIS 11224 Textiles−Nonwovens−Web formation and bonding−Vocabulary を元に,対応する

部分については,技術的内容を変更することなく作成した日木工業規格であるが,対応国際規格に規定さ

れていない規定項目を日本工業規格として追加している。

なお,この規格で下線を施してある箇所は,原国際規格にはない事項である。

1.

適用範囲  この規格は,不織布全般に関する用語,製造に関する用語(ウェブ製造工程,ウェブ間結

合工程,及び材料)及び試験に関する用語について規定する。

備考  この規格の対応国際規格を次に示す。

なお,対応の程度を表す記号は,ISO/IEC Guide 21 に基づき,MOD(修正している)とする。

ISO 9092 : 1988, Textiles

−Nonwovens−Definition (MOD)

ISO/DIS 11224 : 1998, Textiles-Nonwovens

−Web formation and bonding−Vocabulary (MOD)

2.

分類  不織布用語は,次の 3 分類とする。これらの分類を含む 3 けたの番号を用語の見出し番号とす

る。

a)

不織布全般に関する用語

b)

製造に関する用語

1)

ウェブ製造工程

2)

ウェブ間結合工程

3)

材料

c)

試験に関する用語

3.

番号,用語及び定義  番号,用語及び定義は,次による。

なお,対応英語を参考として示す。


2

L 0222 : 2001

a)

不織布全般に関する用語

番号

用語

定義

対応英語(参考)

101 

不織布

繊維シート,ウェブ又はバットで,繊維が一方向又はランダ

ムに配向しており,交絡,及び/又は融着,及び/又は接着
によって繊維間が結合されたもの。ただし,紙,織物,編物,
タフト及び縮じゅう(絨)フェルトを除く。

nonwovens

102 

短繊維不織布

短繊維を空気中でカード方式又はその他の方式でシート状
に積層し,一つ又は二つ以上の結合方法で作られた不織布。

staple nonwoven

103 

長繊維不織布又は
連続繊維不織布

フィラメント(長繊維不織布又は連続繊維不織布)をシート
状に積層し,一つ又は二つ以上の結合方法で作られた不織
布。

filament nonwoven

104 

湿式不織布

抄紙方式で,繊維を水に分散し,それらをシート状に集積し,
一つ又は二つ以上の結合方法で作られた不織布。

wetlaid nonwoven

105 

乾式不織布

紡績工程でのカードを使用し,又は空気中に分散した繊維を
シート状に積層し,一つ又は二つ以上の結合方法で作られた
不織布。

drylaid nonwoven

106 

エアレイド不織布

繊維を空気中に分散し,加圧又は吸引によってスクリーン上
に積層し,一つ又は二つ以上の結合方法で作られた不織布。

airlaid nonwoven

107 

乾式パルプ不織布

パルプを空気中に分散し,加圧又は吸引によってシート状に
集積し,一つ又は二つ以上の結合方法で作られた不織布。

airlaid pulp nonwoven

108 

カード式不織布

紡績工程でのカード機を使用して繊維をシート状に積層し,
一つ又は二つ以上の結合方法で作られた不織布。

carded nonwoven

109 

パラレル式不織布

繊維の方向が,ほぼたて方向に配向されるように作られた繊

維シートに,一つ又は二つ以上の結合方法で作られた不織
布。

parallel-laid nonwoven

110 

クロス式不織布

繊維の方向が,ほぼよこ方向に配向されるように作られた繊
維シートに,一つ又は二つ以上の結合方法で作られた不織
布。

cross-laid nonwoven

111 

ランダム不織布

繊維の方向が,本質的にランダムに配列されるように作られ
た繊維シートに,一つ又は二つ以上の結合方法で作られた不
織布。

random-laid nonwoven

112 

スパンボンド不織

ポリマーの溶融又は溶解によって,ノズルから紡糸された連
続繊維(フィラメント)を動くスクリーン上に積層し,一つ

又は二つ以上の結合方法で作られた不織布。

spunlaid nonwoven

(spunbonded)

113 

メルトブローン不
織布

ポリマーを高速熱ガス流中に紡糸して繊維状にし,冷却後,
動くスクリーンに集積し,一つ又は二つ以上の結合方法で作

られた不織布。

meltblown nonwoven

114 

フラッシュ紡糸不
織布

ポリマー溶液を一定条件でノズルから紡糸し,紡糸直後に溶

剤を蒸発させ,これらの繊維を動くスクリーン上に積層し,
一つ又は二つ以上の結合方法で作られた高度にフィブリル
化した形状のフィラメントによる不織布。

flashspun nonwoven

115 

ケミカルボンド不
織布

接着剤又は溶剤を含む化学薬品を使用して,ウェブ中の繊維
間を接着して作られた不織布。

chemical bonded

nonwoven

116 

水流交絡不織布

高圧水流によってウェブ中の短繊維又はフィラメントを交
絡して作られた不織布。

参考  付加的に他の技術によって追加の結合が行われる

こともある。

hydroentangled

nonwoven

117 

ニードルパンチ不
織布

金属製ニードルの往復運動によって,ニードルに繊維束を引
っ掛けてウェブ内に押し込み,繊維相互間を交絡して作られ

た不織布。

needlepunched

nonwoven

118 

ステッチボンド不

フィラメント又は紡績糸を用いて,ウェブ中の繊維間を編む

stitchbonded


3

L 0222 : 2001

番号

用語

定義

対応英語(参考)

織布

ことによって交絡して作られた不織布。 nonwoven

119 

サーマルボンド不
織布

熱又は超音波によって溶融する単成分又は 2 成分繊維若しく

は粉末(繊維)を含むウェブを,加圧又は無加圧下で熱処理
し,ウェブを全面又は部分的に結合することによって作られ
た不織布。

thermobonded

nonwoven

120 

バーストファイバ
ー不織布

発泡剤を含むポリマーを溶融し,紡糸工程で発泡(バースト)
した極微細な網目状の連続繊維状シートの不織布。

burst fiber nonwoven

121 

トウ開繊不織布

フィラメント束を延伸けん(捲)縮し,幅方向に開繊,拡幅
した繊維層を積層し,更に延展してウェブを作り,繊維間を
接着した不織布。

tow opening

nonwoven

122 

スプリットファイ
バー不織布

特殊フィルムを高延伸工程でスプリット化し,たてよこに積
層して作られた不織布。

film split nonwoven

123 

複合不織布

2

種類又はそれ以上の明らかに異なる材料の組合せによっ

て,各材料間に明白な境界面がある不織布。

備考1.  複合の主要部分が不織布であることが認められ

る場合に適用する。

2.

上記判断をしにくい場合は,不織布の構成部分
が他の構成部分より多い場合に複合不織布と呼

称する。

3.

複合不織布は,あらかじめ接着された不織布に
フィラメント又は紡績糸が加えられてもよい。

4.

複合不織布が各々異なった層の積層の場合,各
層の特性又はその接着の方法によって別の呼称
を用いてもよい。

composite nonwoven

124 

積層不織布

二つ又はそれ以上のウェブ又は不織布で積層された不織布。 complex

nonwoven

125 

コーテッド不織布

片面又は両面に全面又は部分的に均一にコーティング材料

が処理されている不織布。

coated nonwoven

126 

ラミネート不織布

少なくとも 1 層が不織布であり,2 層又はそれ以上の層をラ
ミネート接着した不織布。

laminated nonwoven

b)

製造に関する用語

1)

ウェブ製造工程

番号

用語

定義

対応英語(参考)

201 

ウェブ

繊維だけで構成されたシート。 web

202 

フィブリル化

繊維を物理的・化学的手法で細かく枝分かれさせる方法。 fibrillation

203 

湿式積層

抄紙技術で,水に分散した繊維層からウェブを作る方式。 wetlaying

204 

湿式ウェブ

湿式積層によって作られたウェブ。 wetla

web

205 

乾式積層

カーディング又はエアレイで,ウェブを作る方式。 drylaying

206 

乾式ウェブ

乾式積層によって作られたウェブ。 drylai web

207 

エアレイ又は空気
積層

繊維を空気中に分散し,動くスクリーン上に加圧又は吸引に

よって集積してウェブを作る方式。

airlaying

208 

エアレイドウェブ

エアレイド又は空気積層の方式によって作られたウェブ。 airlaid

web

209 

カーディング

紡績工程でのカード機でウェブを作る方式。 carding

210 

カードウェブ

カーディングによって作られたウェブ。 carded web

211 

パラレル積層

短繊維又はフィラメントの方向が,ほぼたて方向に配向され
るようにウェブを作る方式。

parallel laying

212 

パラレルウェブ

パラレル積層によって作られたウェブ。 parallel-laid

web

213 

クロス積層

下方に設けたコンベアー上に,その進行方向に対し直角にウ
ェブを振り落として,多層のウェブを作る方式。

参考  繊維の方向は,ウェブの送り出される速度と集積

cross-laying


4

L 0222 : 2001

番号

用語

定義

対応英語(参考)

コンベアーの速度に左右される。

214 

クロスウェブ

クロス積層によって作られたウェブ。 Cross-la

web

215 

ランダム積層

短繊維又はフィラメントが,本質的にランダムに配列される
ようにウェブを作る方式。

random laying

216 

ランダムウェブ

ランダム積層によって作られたウェブ。 random-lai web

217 

セミランダム積層

短繊維又はフィラメントが,ある程度ランダムな方向に配列
されるようにウェブを作る方式。

semirandom-laying

218 

セミランダムウェ

セミランダム積層によって作られたウェブ。 semirandom-laid

web

219 

スパンボンド積層

溶融又は溶解されたポリマーをノズルから押し出し,フィラ
メントを動くスクリーン上に積層して,ウェブを作る方式。

spunlaying

220 

スパンボンドウェ

スパンボンド積層によって作られたウェブ。 spunlaid

web

221 

メルトブロー積層

溶融ポリマーを,高速高温ガス流中に押し出して繊維とし,

動くスクリーン上に積層して,ウェブを作る方式。

meltblowing

222 

メルトブローンウ
ェブ

メルトブロー積層によって作られたウェブ。 meltblown

web

223 

フラッシュ紡糸積

ポリマーの溶液を一定条件でノズルから紡糸し,紡糸直後に
溶剤が蒸発し,個々のフィラメントが高度にフィブリル化さ

れ,動くスクリーン上に積層して,ウェブを作る方式。

flashspinning

224 

フラッシュ紡糸ウ
ェブ

フラッシュ紡糸積層によって作られたウェブ。 flashspun

web

225 

静電気積層

ポリマーの溶液,エマルジョン又は溶融ポリマーから静電気
を利用して,極細繊維のウェブを作る方式。

electrostatically laying

226 

静電気積層ウェブ

静電気積層によって作られたウェブ。 electrostatically laid

web

227 

バーストファイバ
ーウェブ

発泡剤を含むポリマーを溶融し,紡糸工程で発泡(バースト)
した極微細な網目状の連続繊維で作られたウェブ。

burst fiber web

228 

トウ開繊ウェブ

フィラメント束を延伸けん(捲)縮し,幅方向に開繊,拡幅
した繊維層を積層し,更に延展して作られたウェブ。

tow opening web

229 

スプリットファイ
バーウェブ

特殊フィルムを高延伸工程でスプリット化し,たてよこに積

層して作られたウェブ。

film split web

2)

ウェブ間結合工程

番号

用語

定義

対応英語(参考)

251 

結合

接着剤及び/又は溶剤などの化学的手段を用い又は加熱な
どの物理的手段,若しくは交絡によって繊維ウェブを結合す

る方法。

参考  接着は全幅にわたり全面又は部分的に,場合によ

ってあらかじめ決められたパターンでのポイント

接着又はプリント接着で行われる。

bonding

252 

化学的接着

接着剤及び溶剤を含む化学薬品を用いて浸せき,スプレー,

プリント及び泡加工のうち,一つ又は複数の方式でウェブを
接着する方法。

参考1.  化学的接着よりも化学薬品を用いた接着といっ

た方が適切である。

2. 

厳密な化学的接着とは化学反応,例えば,架橋
反応のある分散剤でだけ行われる。 

3. 

非反応型ポリマー接着剤(例えば,繊維,接着
剤又はラテックス)を用いた通常の接着は物理

chemical bonding


5

L 0222 : 2001

番号

用語

定義

対応英語(参考)

的接着である。 

253 

物理的交絡又は物
理的接着

物理的交絡又は接着,例えば,機械的又は熱的処理によって

ウェブを交絡又は接着する方法。

physical bonding

254 

機械的交絡

ウェブを結合する方法で,繊維をニードル,ステッチ,高圧
空気流又は水流で交絡する方法。

mechanical bonding

255 

熱的接着

加圧又は無加圧下で,加熱又は超音波を用いてウェブを接着
する方法。

参考1.  熱に可溶な材料,低融点繊維,2成分繊維又はパ

ウダーがウェブの全体若しくは部分的に使用さ
れている。

2.

熱接着は,全体(例えば,全面又は部分的)又
はあらかじめ決められた場所(すなわち,ポイ
ント接着)に限定されている。

thermal bonding

256 

カレンダー接着

片方又は両方のロールが加熱された一対のロールのニップ
点にウェブを通過させて接着する方法。

参考  平面又はパターン(柄)のついたロールが使用さ

れているが,場合によって,ブランケット・カレ
ンダーが使用されることもある。

calender bonding

257 

熱風接着

ウェブを無加圧で熱風内を通過させて,繊維間を接着させる
方法。

参考  熱に可溶な材料,低融点繊維,2 成分繊維又はパ

ウダーが,ウェブの全体又は部分的に使用されて
いる。

hot air-through

bonding

258 

ポイント接着又は
プリント接着

あらかじめ決められたパターンに従って,熱的又は化学的に

ウェブを接着する方法。

point/print bonding

259 

浸せき法

ウェブを接着剤の溶液に浸せきしてから絞り,乾燥し,必要

に応じてヒートセットして,ウェブを接着する方法。

dipping

260 

スプレー法

接着剤の溶液をウェブ上に噴霧して乾燥し,必要に応じてヒ
ートセットして,ウェブを接着する方法。

spray bonding

261 

泡まつ法

接着剤の液を泡状にして,ウェブの片面又は両面に塗布して
乾燥し,必要に応じてヒートセットして,ウェブを接着する

方法。

foam bonding

262 

水流交絡法

高圧水流で短繊維又はフィラメントを交絡して,ウェブを結
合する方法。

hydroentangling

263 

ニードルパンチ法

金属製ニードルの往復運動によって,ニードルに繊維束を引
っ掛けてウェブ内に押し込み,繊維相互間の交絡を行う方

法。

needlepunching

264 

ステッチボンド法

ウェブをフィラメント又は紡績糸を用いて,繊維間を編むこ
とによって作る方法。

stitchbonding

265 

超音波接着法

超音波加熱によって,ウェブの繊維表面を溶融してウェブを
接着する方法。

ultrasonic bonding

266 

コーティング法

ウェブの片面又は両面に連続若しくは模様状に高分子物質
を均一にコーティングする方法。

coating

267 

高周波接着法

高周波加熱によって,ウェブの繊維表面を溶融して繊維を接
着する方法。

welderbonding

3)

材料

番号

用語

定義

対応英語(参考)

271 

接着剤又はバイン
ダー

接着用で,一般に固体状(粉体,フィルム又は繊維),泡状
又は液体状(エマルジョン,分散液又は溶液)で接着又は粘

着力を高め,ウェブ中の繊維間の結合に用い,強力,その他

binder


6

L 0222 : 2001

番号

用語

定義

対応英語(参考)

の物性を付与するもの。

272 

接着繊維

接着用で次の 2 種類がある。

1.

ウェブを構成している主な繊維に対して融点の低い繊
維。

2.

繊維表面が特定の溶剤に可溶性のある繊維。

binder fiber

fusible fiber

273 

2

成分繊維

種類の異なる二つのポリマーで構成されたフィラメント又
は短繊維。

bi-component fiber

274 

分割繊維

1

本の繊維から複数の繊維に分割される特性をもつ繊維。 splittable

fiber

c)

試験に関する用語

番号

用語

定義

対応英語(参考)

301 

目付

単位面積当たりの質量を表す単位で,1m

2

当たりのグラム数。

  mass per unit area

302 

地合い

不織布全体の質量分布の状態。 uniformity

303 

たてよこ比又は
MD/CD

不織布のたて方向とよこ方向の物性値の比。

参考1.  方向性の検討に使用されている。

2.

たて (MD) は不織布の機械方向を示し,よこ

(CD)

は幅方向を意味する。

MD/CD ratio

304 

細孔径分布

不織布中の細孔の大きさの分布。

pore size distribution

305 

平均細孔径

不織布中の細孔の平均直径。

mean pore size

306 

脱落繊維

不織布の本体から脱落した繊維。

参考  繊維状のものと粒子状のものがある。

lint

307 

めくれ

不織布のウェブ製造工程での風などによって繊維層が部分
的にめくれた欠点。

fold over

308 

ぼたむら(斑)

不織布のウェブ製造工程での繊維の開繊不良などによって,
ウェブに生じた厚さむら。

cloud

309 

あな(孔)

不織布の製造工程で,何らかの原因で生じたあな欠点。 hole


7

L 0222 : 2001

附属書(参考)  JIS と対応する国際規格との対比表

JIS L 0222

不織布用語

ISO 9092 : 1988 Textiles

−Nonwovens−Definition

ISO/DIS 11224 : 1998 Textiles

−Nonwovens−Web formation and bonding

                    −Vocabulary

(I)JIS

の規定 (III)国際規格の規定 (IV)JIS と国際規格との技術的差

異の項目ごとの評価及びその内
容 
表示箇所:

表示方法:

項目番号

内容

(II)

国際規

格番号

項目

番号

内容

項 目 ご と の

評価

技術的差異の内容

(V)JIS

と国

際 規 格 と の
技 術 的 差 異
の 理 由 及 び

今後の対策

1.

適用範囲

不織布全般に関
する用語,製造

に関する用語,
試験に関する用

ISO 9092 

ISO/DIS 

11224

1

1

不織布の定義
不織布の製法

の用語,製品
に関する用語

MOD

/追加

JIS

は試験に関す

る用語を追加して

いる。

2.

分類

不織布全般に関
する用語,製造

に関する用語,
試験に関する用
語の 3 分類

ISO/DIS 

11224

2

3

4

ウェブ製造工

ウェブ間結合
工程 
その他

MOD

/追加

JIS

は試験に関す

る用語を追加して

いる。

3.

番号,用語

及び定義

分類ごとに用語
の定義を規定

ISO 9092 

ISO/DIS 

11224

1

2

3

4

不織布の定義
を規定

分類ごとに用
語の定義を規

MOD

/変更

MOD

/追加

ステッチボンドに
ついて,ISO では

編物として不織布
から除外している
が,JIS は不織布と

している。

JIS

は ISO にない

用語を追加してい

る。

試 験 方 法 に
関 す る 用 語

を含め,ISO
で 規 定 し て
い な い 用 語

の 定 義 に つ
いて,ISO 
提案する。

また,ステッ
チ ボ ン ド を
不 織 布 の 範

囲 に 入 れ る
こ と に つ い
て は , 現 在

TC

で検討中

であり,その
結 果 を 待 っ

て 対 応 を 検
討する。

JIS

と国際規格との対応の程度の全体評価:MOD

備考1.  項目ごとの評価欄の記号の意味は,次のとおりである。

− MOD/追加…………国際規格にない規定項目又は規定内容を追加している。

− MOD/変更…………国際規格の規定内容を変更している。

2.  JIS

と国際規格との対応の程度の全体評価欄の記号の意味は,次のとおりである。

− MOD ………………国際規格を修正している。


8

L 0222 : 2001

JIS L 0222

(不織布用語)原案作成委員会  構成表

氏  名

所  属

(委員長)

矢井田      修

京都女子大学家政学部

工  藤  正  敏

通商産業省生活産業局繊維課

野  呂  正  勝

財団法人日本繊維製品品質技術センター

橋  本      進

財団法人日本規格協会

佐  藤  俊  敏

財団法人日本化学繊維検査協会

中  林      喬

財団法人日本紡績検査協会

森      琢  夫

財団法人毛製品検査協会

丹  治  浩  之

社団法人日本衛生材料工業連合会

(ユニ・チャーム株式会社ベビー事業本部)

辻      一  誠

日本化学繊維協会(ユニ化工株式会社製造 2 課)

山  崎  康  行 

日本化学繊維協会[帝人株式会社産業資材開発センター
(不織布つめ綿グループ)]

近  野      良

日本化学繊維協会

古  屋  匡  藏

日本フェルト協会

細  井  一  夫

社団法人日本インテリアファブリックス協会

高  野  富士子

主婦連合会

石  田      功

日本バイリーン株式会社技術研究業務本部

藤  岡  良  一

日本フェルト工業株式会社開発部

松  田  憲  彦

デュポン株式会社高機能不織布事業部

(事務局)

吉  村  輝  夫

日本不織布協会

西  川  文子良

日本不織布協会

文責  西川文子良