>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

L 0212-2 : 1999

(1) 

まえがき

この規格は,工業標準化法第 12 条第 1 項の規定に基づき社団法人日本インテリアファブリックス協会か

ら工業標準原案を具して日本工業規格を制定すべきとの申し出があり,日本工業標準調査会の審議を経て,

通商産業大臣が制定した日本工業規格である。

JIS L 0212-2

には,次に示す附属書がある。

附属書(参考)

  インテリア製品のうち繊維製に限定されない用語


日本工業規格

JIS

 L 0212-2

: 1999

繊維製品用語

(衣料を除く繊維製品)

−第 2 部:繊維製インテリア製品

Glossary of textile terms (except clothes)

Part 2 : Textile interior products

序文  この規格は,JIS L 0212 : 1984[繊維製品用語(寝具・床敷物・室内装飾品等)]を対応する国際規

格  (ISO 2424 : 1992, Third edition, Textile floor coverings−Vocabulary)  に整合させるため,JIS L 0212 : 1984

に規定されていた用語で対応国際規格に規定されていない用語を製品別に分割し,1999 年に JIS L 0212-2

を制定した。

1.

適用範囲  この規格は,繊維製品(衣料を除く。)のうち,繊維製インテリア製品に関する用語につい

て規定する。

2.

分類  繊維製品用語(衣料を除く繊維製品)は,次の 4 分類とする。

a)

繊維製床敷物

b)

繊維製インテリア製品

c)

寝具

d)

その他の繊維製品

3.

番号,用語及び定義  番号,用語及び定義は,次のとおりとする。なお,参考として対応英語を示す。

番号

用語

定義

対応英語(参考)

100

ファニシングテキ
スタイル

室内の装備,装飾に使用する(カーテン,カーペット,
壁布,いす張りなど)比較的耐久性が求められる繊維
製品の総称。

furnishing textile

110

ソフトファニシン

ファニシング用品の中で家具,照明などのハードなも
のに対して,カーテン,カバー類,クッションなど布

地を使った室内装飾品の総称。

soft furnishing

120

マルチファブリッ
クス

多目的な用途に使用可能な生地の総称。

130

いす(椅子)張り地  ソファーやいすの張り生地,側生地のこと。

参考  物性(堅ろう度,強度など)に優れたものが適

する。

upholstery fabrics


2

L 0212-2 : 1999

番号

用語

定義

対応英語(参考)

140

織物壁紙

綿・麻・レーヨンなどの植物繊維又は再生繊維を主素
材とする織物状の壁紙,及びそれに表面化粧・裏打ち
などを施したもの。

wall covering cloth

200

ウィンドートリー
トメント

窓回りの装飾,演出,及びそのための製品の総称。 window

treatment

210

カーテン

光,温度,音の調整,遮へいなどの機能的な役割に加
え,室内装飾などに用いる窓掛け類の総称(

付図 1)。

curtain

211

ドレープカーテン

カーテン用の裂地の総称で,一般的には厚地の生地で
作ったカーテン。

drapery curtain

212

レースカーテン

種々の編物(レース生地)で作ったカーテン。昼間の

遮へい,調光として使われる。

lace curtain

213

シアーカーテン

レース以外の地薄で透けて見える細番手で密度の粗い

織物地を使ったカーテンの総称。 
参考  ポリエステルが一般的だが絹,綿などもある。

sheer curtain

214

ケースメント(カー
テン)

適度の調光性と遮光性を兼ね備えた,ドレープとレー

スの中間のような粗い織物の生地のカーテン。

casement curtain

220

スタイルカーテン

一般のプリーツカーテンに対して,縫製や附属品によ

って装飾性を高めたカーテン。 
参考  多彩なスタイルで窓の演出ができる(付図 2)。

stylish curtain

221

センタークロスス
タイル

上部を中央で止め,左右に分けてセットアップしたス

タイル。

centercrossing style

222

クロスオーバース
タイル

上部中央をゆったりと交差させてセットアップしたス

タイル。

crossing over style

223

ハイギャザースタ
イル

カーテンの裾及び下方に長めのギャザーフリルを付け
たスタイル。

pleated bottom style

224

セパレートスタイ

小窓や出窓にカーテンを数枚に分割して,より装飾性
を重視してつるスタイル。

separated divided style

225

スカラップスタイ

カーテンのすそをアーチ形やスカラ状に仕上げたスタ
イル。 
参考  内と外の両面から見た美しさをもっている。

scalloped style

226

カフェスタイル

カフェの窓に使ったことに由来する丈の短いカーテン
で,窓の途中の目線を隠す高さに取り付ける。

cafe-curtain style

230

ドアーカーテン

ドアーのガラス部分の目隠し用に使われるカーテン。
上下両端を袋縫いしパイプを通して取り付け,中央を
ベルトで絞ったスタイル。上下を縫っただけのシンプ

ルなひだなしカーテン。

door-window curtain

231

パネルカーテン

ひだをとらないカーテンの総称。 
参考  絵羽柄やサイド,下部をボーダー柄などでデザ

インされたものもある。

panel curtain

240

機能カーテン

使用目的や場所に合わせて,特定な機能をもたせたカ

ーテン。

functional curtain

241

遮光カーテン

光を遮断して部屋を暗くするためのカーテン。 blackout

curtain

242

ウォッシャブルカ
ーテン

家庭用洗濯機で丸洗い可能の,収縮率が少なく,堅ろ
うで色落ち,色あせしにくくなっているカーテン。

machine washable curtain

243

防炎カーテン(難燃
カーテン)

“消防法施行規則”に基づく防炎性能試験に合格した,
燃えにくい素材及び後加工を施したカーテン。

flame retardant curtain

244

制電カーテン

静電気を帯びにくい機能を付加したカーテン。 
参考  ほこり,ちりなどの付着も低減する効果がある。

anti-static curtain


3

L 0212-2 : 1999

番号

用語

定義

対応英語(参考)

300

トップトリートメ
ント

窓装飾の上部,すなわち上飾り,カーテン本体の上部
仕様,レールや附属品などによって演出すること,及
びそのための製品の総称。

top treatment

310 TOP

の仕様

カーテンの上部 (TOP) の部分,部材,また,縫製の仕
様全体のこと(

付図 3)。

heading style

311

つまみひだ(プリー
ツ)

上部をつまみ上げて仕上げたひだのこと。フランスひ
だやタックともいう。 
参考  二つ山や三つ山の種類が一般的。

pinch pleats

312

箱ひだ

つまんだひだ部分を左右平均につぶして,平たく箱状
に縫いとめたひだ。

box pleats

313

スモックひだ

ギャザーテープを絞ったときにでるひだの一種で,ひ
だのふくらみとへこみが交互にでるひだ。

smocked pleats

314

ペンシルプリーツ

ギャザーテープを絞ったときに,縦に等間隔に鉛筆を
並べたような形に見えるひだ。

pencil pleats

315

ゴブレット

足付きグラスの形に似たひだがでる上部仕様の一種。 goblet

top

316

片ひだ

ひだを片方向にだけたたみ,平たく縫いとめて仕上げ
たひだ。

knife pleats

317

タブ

上部のつり部分がのれんのようにテープを輪状にした
ものや,リボンで結んでつり下げるスタイルの総称。

tab top

320

上飾り(バランス及
びペルメット)

カーテンの上部に取り付け,装飾性だけでなく,光を
遮ったり,省エネルギー効果を高める機能としても使
用するもの。 
参考  しん(芯)板を入れてボックス状にしたハード

なものと,布だけで作る方法がある(

付図 4)。

valance

(pelmets)

321

スワッグ

上飾りの一種で,ファブリックスの中央を自然なカー

ブにたるませた飾りのこと。 
参考  swaddling clotthes 細長い布の意から出た言葉。

swag

322

テール

カーテンの上飾りの左右に垂れ下げた飾りのこと。 
参考  もともとは,しっぽのこと。

tail

323

タイ

連続したスワッグのつなぎ目,縫い目を隠すための帯

状の飾りで,ネクタイに似ていることでタイという。

tie

324

カスケード

幾重にもひだを滝のように落とした縁取り。ドレッシ

ーな生地を片ひだをとって流すようにした表現。

cascade

325

ビショップ

中世ヨーロッパの僧(司教)が身に着ける服の袖のよ
うに,カーテンの途中でふくらみをもたせてセットし

た方法。

bishop

(sleeve)

326

スローイングオー
バー

装飾レールなどに生地を投げかけるように巻き付け,

バランスやサイドドレープ的に演出する方法。

throwing over

327

天がい(蓋)

防寒や装飾性を高めるものとしてベッドの上部にフレ
ームやレールを取り付け,布地でベッドを覆ったもの。

canopy

330 TOP

の附属品

フックやギャザーテープなど,カーテンを美しくつる
ために使用する部品。

accessories for curtain

331

ギャザーテープ

ギャザーひだを取るためのテープ。カーテンの上部裏
面に縫い付けて,ひもを引くだけでギャザーができる
ようになっている。

gather tape

332

プリーツテープ

カーテン上部裏面に縫い付けて使用するテープ。 
参考  専用のヒルカンを差し込むだけでプリーツを簡

単につくれる。

pleat tape


4

L 0212-2 : 1999

番号

用語

定義

対応英語(参考)

333

カーテン用しん
(芯)地

カーテンのトップ部分を腰をもたせてしっかりとさせ
るために使用するしん地。 
参考  半透明や不織布,また,のり付きなどがある。

inter facings

340

サイドの部品,仕様  タッセルやブレード,房掛けなど,カーテンのセット

アップのための部品(小道具)や仕様のこと。 
参考  部品や仕様を組み合わせて使うことによって室

内の表情が変わる(

付図 5)。

341

タッセル

房,飾り房。カーテンを取り寄せたときに用いるバンド。

参考  共生地のものが一般的だが,房付きやコード,

チェーンなど,色,形,素材など豊富にある。

tie back

342

リターン

カーテンのサイドのすき間が開かないように,少し幅
広に仕立て,光漏れやレースを隠すもの。 
参考  専用のパーツがある。

return

350

ボトムの部品,仕様  カーテンのすそ部分に使用される部品や仕様のこと。

一般的なフリルやトリミングをする以外に,ひだを美
しく出したり,風によるまくれを防いだり,両端に美

しい垂れを出すための特殊なウェートがある。

360

カーテントリミン
グ(材)

装飾用附属品の総称。上飾り,サイド,すそなどにフ

リンジやブレードで飾り付けること(

付図 5)。

curtain trimming

361

フリル

布地を帯状に裁断し,ひだをとった縁飾り。スタイル
カーテンなどに使用する。

frill

(ruffle)

362

スカラップ

形を貝状にした縁加工や縁飾りの一種。 scallop

363

フリンジ

カーテンやいす張りの仕上げに使われるトリミングの

一種。ヘリ,縁に使われる房飾り。

fringe

364

ブレード

装飾用資材の一種。編んだり,組んだりして作る飾り

ひも又はテープ状のもの。

braids

365

レース

レースで作られた細幅のテープ状のもの。 trim

lace

366

フリンジの一種で房のついたタイプ,又は房そのもの。

 tassel

400

シェード

光の調整,遮へいを目的にしたもので,上下に開閉す
る機能をもったものの総称。

shade

410

ローマンシェード

左右に開閉するカーテンに対して,ひもを操作するこ
とによって,上下に昇降させるスタイルの総称(

付図

6

roman shade

411

プレーンスタイル

下げたときは,平面(フラット)な状態になり,引き
上げると横段のひだを作りながら畳み上がるスタイ

ル。

plain style

412

シャープスタイル

シェードの裏にバーを入れて,引き上げると規則正し

く面を作りながら畳み上がるスタイル。

sharp style

413

バルーンスタイル

シェードを下げたときは普通のひだの付いたカーテン
と同じだが,引き上げるとすそにふっくらとした風船

(バルーン)のような丸みがでるスタイル。

balloon style

414

オーストリアンス
タイル

シェード全体に丸みのある細かいタック(ウェーブ)

を付けた優雅なスタイル。 
参考  一般的には下げた状態で使用され,ボイル地の

ような薄く柔らかい生地が適している。

austrian style

415

ピーコックスタイ

下げた状態ではシャープスタイルだが,引き上げたと
きに下部が半円のシルエットになるスタイル。 
参考  その形状が“くじゃく”に似ていることからピ

ーコックという。

peacock style


5

L 0212-2 : 1999

番号

用語

定義

対応英語(参考)

416

ムーススタイル

中央を 1 本のコードで引き上げて作るスタイル。 
参考  ファブリックスの柔らかさによって,すそに独

特なスタイルが生まれる。

mousse style

500

ブラインド及びス
クリーン

光を調節する機能的な窓掛け類の総称。 blind

510

ベネシャンブライ
ンド

水平に組まれたスラット(羽根)をコードや操作棒に
よって回転させ,調光を行い,上下に開閉できる横形
のブラインドのこと。

venetian blind

511

スラット

ベネシャンブラインドに使う薄い枝(羽根)の呼称。 slat

520

バーチカルブライ
ンド

垂直につられたルーバー(羽根)をコードや操作棒に

よって回転させ,調光や,左右に開閉できる縦形のブ
ラインドのこと。

vertical blind

521

ルーバー

バーチカルブラインドに使う薄い板(羽根)の呼称。 louver

530

ロールスクリーン

パイプにスクリーンを取り付け,パイプに内蔵された
スプリングによって上下に巻き取り開閉するブライン

ド。

roller blind

540

パネルスクリーン

布(フラットな状態のスクリーン)をレールにつり,

左右に開閉するもの。パネルトラックとも呼ばれる。

panel screen

550

プリーツスクリー

スクリーン部分をプリーツ加工したもので,スクリー
ン部分を上下に開閉するスクリーン(ブラインド)

pleated screen

560

ハニカムスクリー

スクリーン部分を二重にして,蜂の巣状の断面をもっ
たプリーツスクリーン(ブラインド)

honeycomb screen

600

間仕切り

一つの部屋(空間)を仕切ったり,部屋と部屋の間の
簡易的な仕切りや目隠しをする用品の総称。

610

アコーディオンド

折畳み式の簡易仕切り。 
参考  形式が楽器のアコーディオンの蛇腹部分に似て

いることからアコーディオンドアという。

accordion door

620

プリーツカーテン

カーテン類の一種で,織りや編みの組織,またプリー
ツセットで折畳み式のひだが出やすいように工夫され
たカーテン。 
参考  主に間仕切りに使用する。

pleated curtain

630

ディバイダー

のれんは主に出入口に使用されるのに対し,一つの部

屋を布をパネル状にしたものをつり下げ間仕切りする
もの。

divider

640

のれん(暖簾)

主に出入口の装飾,又は標識用の垂れ布。 noren

700

インテリアアクセ
サリー

クッション,カバー類,マット,オーナメントなど,
室内の装飾として用いられる小物類の総称。

interior accessories

710

クッション

中に綿や羽毛など柔らかく弾力性のある中材を袋状の
ものにつめたもので,家具と身体との緩衝材としての
役割とインテリアのアクセサリーやインテリアコーデ

ィネートのアクセントとして使われる。

cushion

711

背当てクッション

ソファーやベッドの上に置いて用い,身体と家具の間

の緩衝材の機能とインテリアのアクセントやアクセサ
リーとして使う。

cushion

712

シートクッション

ダイニングいすの座面に敷いて使うクッション。落ち

ないように後部のひもを結び付けて使用するタイプの
クッション。

seat cushion

713

ボルスタークッシ
ョン

円筒状,くさび形,長方形の固めの中材を入れたクッ
ションで,背当てやひじ置きとして使う。

bolster cushion


6

L 0212-2 : 1999

番号

用語

定義

対応英語(参考)

714

トスクッション

ベッドやソファーのアクセントとして使う,小ぶりの
飾りクッション。

throw pillows toss

cushion

715

フロアークッショ

床の上に置いて座ったり,くつろいだりするときに使
う大形のクッション。

floor cushion

720

クッション中材

クッション用に使われる中材。 
参考  合繊(ポリエステル)カボック,羽毛,ウレタ

ン,発泡ビーズなどがある。

cushion filling

730

壁掛け(ウォールア
クセサリー)

壁面に使う装飾性又は実用性をもたせた布製の壁掛け
の総称。

wall hanging

731

タペストリー

つづり織りなど,手織りや絵画的な味わいのある布を

壁面の装飾用にしたもの。

tapestry

732

ウォールポケット

ポケットを付けた壁掛け。 wall

pocket

740

いすカバー

いす類に使うカバー類(

付図 7)。

741

ソファーカバー

一枚の大きな布をソファーに覆うようにかぶせて使う

カバー(

付図 7)。

742

チェアーカバー

ソファーやダイニングチェアーなどの形に合わせ着脱
できるようにしたカバー(

付図 7)。

743

いす掛け

ソファーの背やひじ掛けの部分だけにアクセサリーと
して使うカバー(

付図 7)。

744

マルチカバー

ソファー,ベッド,テーブルクロスなど,多目的なカ
バーを目的として作成したカバー(

付図 7)。

multi use cover

750

ピアノ掛け

縦形ピアノ(アップライト形)のトップに掛けるカバ
ー,及び全体に掛けるカバーがある(

付図 7)。

760

ひざ掛け

ひざに掛けたり,仮眠のときにかける小形の毛布。 
参考  ソファーのアクセントやカバーとしても使われる。

throw blanket

770

その他カバー類

室内で使用されるその他のカバー類。

771

ティシュボックス
カバー

ティシュペーパーボックスのカバー。

tissue paper box cover

772

ドアノブカバー

ドアノブの冷たさや静電気防止及び装飾用として用い
るカバー

door knob cover

800

リネンズ用品

元来,白い麻,綿で作られていた住まいのための布製

品の総称。 
参考  ホームユースとコマーシャルユースのものがあ

る。一般家庭で使われるものがホームリネンズ

と呼ばれる。

linens

810

テーブルリネンズ

テーブル回りや食事の際に使用する。繊維製品の総称

(リネン類)

table linens

811

テーブルクロース

テーブルに掛ける装飾用の布の一般的名称。食卓掛け,
テーブルの保護,又は隠すことにプラスして,食事の

TPO

に合わせて掛ける装飾用の布。

table cloth

812

アンダークロース

食器をテーブルに置くとき音がでないようにテーブル

クロースの下にクッション性をもたせたり,テーブル
クロースがずれないようにするためのもの。

under cloth

813

トップクロース

テーブルのトップ部分だけに掛けるクロース。 
参考  一般のクロースと併せて二重に使われることも

ある。

top cloth

814

はっ水性のテーブ
ルクロース

テーブルを汚さないように生地にはっ水加工をしたも
の。

water-repellent table cloth

815

テーブルスカート

テーブルの周囲全体と床までの長さにひだを取った布

をスカート状にセットしたもの。

table skirt


7

L 0212-2 : 1999

番号

用語

定義

対応英語(参考)

816

テーブルランナー

細長い布をテーブルに対し,縦,又は横に部分的に敷
く布製品。

table runner

817

ナプキン

食事のとき衣服を汚さないためにひざに掛け,食事後
は口や手をふく布製品。

napkin

818

プレスマット

メインディッシュとフォーク,ナイフ,スプーンが置

ける程度の大きさに敷いて使う布。 
参考  アメリカではランチョンマットとも呼ぶ。

place mat

819

テーブルセンター

テーブルやサイドボードなどの中央に置いて装飾とテ
ーブルの保護を兼ねた布やレース類。

table center

820

ドイリー

花びん敷 doily

821

ティーコゼ

ティーポットなどを冷やさないようにかぶせるもの。
羽毛,又は綿入りの厚い保温のためのカバー。

tea cozy

822

ポットカバー

ポットの汚れを,防止及び保温するためのカバー。 pot

cover

823

ナプキンリング

ナプキンを畳んだり,丸めたり束ねたものをセットし

ておくリング状のもの。

napkin ring

830

キッチンリネンズ

調理及びキッチンルームで使用される繊維製品の総
称。

kitchen linens

831

ダスター

皿ふき,ふきん,台ふきんなど,食器類をふくための
吸水性に富んだ布。

duster

832

なべつかみ

熱いなべやケトルなどを持つときに使用する。キルト
状で耐熱性のある布製品。 
参考  オーブン用のミット形(ミトン)などのほか,

丸,四角など種々の形がある。

oven mitten

840

バスリネンズ

洗面,入浴で使われる布製品の総称。 bath

linens

841

バスマット

バスから上がったときの足ふき用のマット bath

mat

842

洗面マット

洗面所の洗面台の足元に敷くマット。

wash room mat

843

トイレ足元マット

トイレの便座の足元に敷くマット。 toile mat

844

シートウォーマー

便座のカバー seat cover

845

便座ふた(蓋)カバ

便器のふたカバー。

toilet lid cover

846

ぺ一パーホルダー
カバー

トイレットペーパーのホルダーにスペアーをストック
する機能をもたせたカバー。

paper holder cover

850

シャワーカーテン

シャワーを浴びるために浴槽の回りを囲うカーテン。 
参考  一般的にはポリエステルや塩化ビニル系の耐水

性の素材で作られたものが多い。

shower curtain

900

仕切り,遮へい,装飾などに用いる大きな布。

910

舞台幕

劇場や宴会場の舞台で使われる各種の幕。 stage

curtain

911

どん(緞)帳

舞台上演の区切り,転換を客席から見えないようにす
るための機能をもつ。舞台と客席とを仕切る最も豪華
な幕。

参考 

舞台の用途や規模によってつづ

(綴)れにしき(錦)織・フック織・刺しゅう
(繡)

・アップリケなどが用いられるが,一般的

な学校・講堂・公共施設関係には厚地のジャガ
ード紋織どん(緞)帳地や別珍などが用いられ
ることが多い。昇降方式にはとばし上げ式・畳

上げ(折上げ)式・ドラム巻上げ(巻取り)式・
絞りあげ式,開閉方式には両開き式(引割り・
割どん)

,片引き式などがある(

付図 8)。


8

L 0212-2 : 1999

番号

用語

定義

対応英語(参考)

912

引割りどん帳

舞台の左右に引き分けて開閉する幕。 
参考  通常 2∼4 枚程度設置し,設置位置によって前

幕・中幕・後幕などと呼ばれる。舞台の規模に

よっては,前幕が第 2 どん帳としての機能を求
められることが多く,豪華なものが使用される。

913

絞り上げどん帳

歌劇,音楽会などに欠かせないものとしてどん帳と共
に装置するどん帳。 
参考  昇降方式によって均等に上がる“定形”と変化

づけられた“変形”に分けられる。

opera curtain

914

諸幕 
(しょまく)

舞台の装置などの器材を隠す幕。 
参考  舞台の開口部の調整や装飾を兼ねて使用される

幕で,見切り幕とも呼ばれ上部に使われるもの
と,脇(そで)幕,前,中,後の引き幕などが
ある(

付図 9)。

915

一文字幕 
(いちもんじまく)

舞台最前部の上部につられる横長の幕。開口部(プロ
セニアム)の高さ調節と装飾とを兼ね備え,中央部に

は市章や校章などを取り付けることが多い。水引幕と
もいう。

916

そで(袖)幕(源氏
幕)

一文字幕の左右につり込む幕で,一文字幕と合わせて

舞台前面を区画する。 
参考  一文字幕と同一仕様で,寄贈者名などが入れら

れる場合が多い。

917

かすみ幕

舞台上部にどん帳と平行して 2∼3m 間隔でつられる横
長の幕。 
参考  天井上部のライトや目ざわりになる障害物など

を客席からの視界からさえぎり,また,舞台に
立体感をもたらす効果がある。

918

脇幕(見切り幕)

客席から舞台そで部分が見えないようにするため,舞
台両脇に“かすみ幕”と組み合わせてつり下げる幕。

919

暗転幕

暗転するときに使われる舞台前面の黒幕(片引き幕)

920

ホリゾント幕

舞台の後方をまたがった張り切りの水色の幕で包ん
で,観客から舞台内の視野を遮る幕で,主として青空

の効果を与えるためのもの。

921

定式幕 
(じょうしきまく)

“歌舞き(伎)

”に使われ,黒,かき(柿)

,もえぎ(萌

黄)の 3 色の片引き幕。

922

浅ぎ(葱)幕

ホリゾント幕と同じ目的で用いる。あさぎ色,つまり
緑がかった水色の木綿幕で,日中の屋外を表す古い芝

居の約束の一つ。

923

しゃ(紗)幕

舞台で霧の効果を出すためなどに使う,目の粗い布で

作られた幕。


9

L 0212-2 : 1999

付図 1  210  カーテン


10

L 0212-2 : 1999

付図 2  220  スタイルカーテン


11

L 0212-2 : 1999

備考  カーテンをつるためのフック 

付図 3  310  TOP の仕様


12

L 0212-2 : 1999

付図 4  320  上飾り(バランス及びペルメット)


13

L 0212-2 : 1999

付図 5  340  サイドの部品,仕様


14

L 0212-2 : 1999

付図 6  410  ローマンシェード


15

L 0212-2 : 1999

付図 7  740  いすカバー


16

L 0212-2 : 1999

付図 8  911  どん(緞)帳


17

L 0212-2 : 1999

付図 8  911  どん(緞)帳(続き)

付図 9  914  諸幕


18

L 0212-2 : 1999

附属書(参考)  インテリア製品のうち繊維製に限定されない用語

この附属書(参考)は,本体の規定に関連する事柄を補足するもので,規定の一部ではない。

インテリア製品のうち繊維製に限定されない用語は,

附属書表 のとおりとする。

附属書表 1  インテリア製品のうち繊維製に限定されない用語

番号

用語

定義

対応英語(参考)

001

はと(鳩)目 
(はとめ)

TOP

にはと目穴を開け,装飾レールを通したり,リボ

ンやひもを通して使用する上部仕様の一種。

eyelet top

002

びょう(屏)風 
(びょうぶ)

フラッシュなパネルに紙や布で表装し,2 連,3 連と連
ねることで,自立させて仕切りをする伝統的な用品。

003

衝立(ついたて)

自立形の間仕切りの一種。 
参考  可動式で簡単に移動ができる。

room divider

004

コースター

飲み物を入れたコップの水滴がテーブルにつかないよ

うにするためのコップ敷き。

coaster

005

ティーマット

ティーカップ,ソーサー及びケーキ皿を置く程度の大
きさ(約 20×30cm)の布ランチョンマットの小サイズ。

tea mat

006

テーブルアクセサ
リー

食卓上で使われる小物。

007

なべ(鍋)敷き 
(なべしき)

熱したなべをテーブルなどの上に置くときにテーブル
を保護するための敷物。

hot plate mat