>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

L 0212-1

:2010

(1)

目  次

ページ

序文

1

1

  適用範囲

1

2

  引用規格

1

3

  共通用語

2

4

  構造による繊維製床敷物

2

4.1

  パイルのある繊維製床敷物(パイルカーペット)

2

4.2

  パイルのない繊維製床敷物

12

4.3

  マットに関する用語

12

5

  使用面に関する用語

14

6

  基部を構成する要素に関する用語

18

7

  繊維製床敷物の柄及び色に関する用語

20

8

  繊維製床敷物の施工及び使用に関する用語

21

9

  繊維製床敷物の使用適性評価に関する用語

22

附属書 JA(参考)JIS と対応国際規格との対比表

29


L 0212-1

:2010

(2)

まえがき

この規格は,工業標準化法第 14 条によって準用する第 12 条第 1 項の規定に基づき,日本カーペット工

業組合(JCMA)及び財団法人日本規格協会(JSA)から,工業標準原案を具して日本工業規格を改正すべ

きとの申出があり,日本工業標準調査会の審議を経て,経済産業大臣が改正した日本工業規格である。

これによって,JIS L 0212-1:1999 は改正され,この規格に置き換えられた。

この規格は,著作権法で保護対象となっている著作物である。

この規格の一部が,特許権,出願公開後の特許出願,実用新案権又は出願公開後の実用新案登録出願に

抵触する可能性があることに注意を喚起する。経済産業大臣及び日本工業標準調査会は,このような特許

権,出願公開後の特許出願,実用新案権及び出願公開後の実用新案登録出願にかかわる確認について,責

任はもたない。

JIS L 0212

の規格群には,次に示す部編成がある。

JIS

L

0212-1

  第 1 部:繊維製床敷物

JIS

L

0212-2

  第 2 部:繊維製インテリア製品

JIS

L

0212-3

  第 3 部:寝具及びその他の繊維製品


日本工業規格

JIS

 L

0212-1

:2010

繊維製品用語(衣料を除く繊維製品)−

第 1 部:繊維製床敷物

Glossary of textile terms (except clothes)

−Part 1: Textile floor coverings

序文

この規格は,2007 年に第 4 版として発行された ISO 2424 を基に,表形式に変更して作成した日本工業

規格である。

なお,この規格で点線の下線を施してある箇所は,対応国際規格を変更している事項である。変更の一

覧表にその説明を付けて,

附属書 JA に示す。

1

適用範囲

この規格は,繊維製品(衣料を除く。

)のうち,繊維製床敷物の用語及び定義について規定する。

注記 1  一つの用語に二つ以上の用語を併記してある場合は,記載してある順に従って優先的に用い

るのがよい。

注記 2  用語の読みが紛らわしいものは,用語の下に読みを表している。

注記 3  この規格の対応国際規格及びその対応の程度を表す記号を,次に示す。

ISO 2424:2007

,Textile floor coverings−Vocabulary(MOD)

なお,対応の程度を表す記号“MOD”は,ISO/IEC Guide 21-1 に基づき,

“修正している”

ことを示す。

2

引用規格

次に掲げる規格は,この規格に引用されることによって,この規格の規定の一部を構成する。これらの

引用規格は,記載の年の版を適用し,その後の改正版(追補を含む。

)は適用しない。

JIS L 1021-3:2007

  繊維製床敷物試験方法−第 3 部:厚さの測定方法

注記  対応国際規格:ISO 1766:1999,Textile floor coverings−Determination of thickness of pile above

the substrate

(MOD)

JIS L 1021-4:2007

  繊維製床敷物試験方法−第 4 部:質量の測定方法

注記  対応国際規格:ISO 8543:1998,Textile floor covering−Methods for determination of mass(MOD)


2

L 0212-1

:2010

3

共通用語

番号,用語,定義及び対応英語(参考)は,次による。

番号

用語

定義

対応英語(参考)

1000 

繊維製床敷物, 
カーペット

使用面が繊維素材で構成され,一般に床敷物とし

て使用されるもの。

textile floor covering,

carpet

1010

パイルのある繊維製床

敷物,

パイルカーペット

基部に糸又は繊維の層を打ち込んで形成された

繊維の使用面をもつ,織り又は織り以外の工程で
製造された床敷物。 
注記 1  パイルの定義は,4010 参照。 
注記 2  床敷物とは,使用面及び基部の境界がは

っきりしているもの(異質のもの)又は
繊維が表面から裏面の一部を構成して

いるもの(同質のもの)を指す。

textile floor covering with

pile,

pile carpet

1020 

パイルのない繊維製床

敷物

使用面がパイルを形成していない繊維で形成さ
れた床敷物。基部がある場合とない場合がある。

textile floor covering

without pile

1100 

使用面

直接歩行作用を受ける繊維製床敷物の部位。 use-surface

1200

基部 
(きぶ)

使用面と一体となる構造体で,1 層又は複数層か

らなり,使用面の保持機能をもつ部位。 
注記 1  基部は寸法安定性の付与及び/又はク

ッションの機能をもつ。

注記 2  パイルのない繊維製床敷物の中には,使

用面とは異なる基部を必要としないも
のもある。

注記 3  織じゅうたん,編みカーペットでは地組

織,タフテッドカーペット,ニードルパ
ンチカーペット,ボンデッド・カーペッ

トでは,バッキング部という。用語の説
明文及び説明図で,織じゅうたん,編み
カーペットにあっては地組織,タフテッ

ドカーペットにあってはバッキング部
と表示し,その他共通事項にあっては基
部として表示する。

substrate

1300 

地組織 
(じそしき)

パイルを打ち込む織り基布又は織り組織の集合

体。

ground weave

4

構造による繊維製床敷物

4.1

パイルのある繊維製床敷物(パイルカーペット)[Textile floor covering with pile(pile carpet)]

番号,用語,定義及び対応英語(参考)は,次による。

番号

用語

定義

対応英語(参考)

2000 

織機で織られたパイル

のある繊維製床敷物

織機で織られ,パイルが地糸と絡み,保持されて
形成されるパイルカーペット。

woven textile floor covering

with pile,

woven pile carpet

2010

ワイヤ・ウィルトン・カ

ーペット

ワイヤ・ウィルトン・カーペット織機の全幅に対

して,よこ方向にワイヤを挿入して織られたパイ
ルカーペット。 
注記 1  図 及び図 に例を示す。 
注記 2  シングル・ウィルトン・カーペットとも

いう。

wire Wilton carpet


3

L 0212-1

:2010

番号

用語

定義

対応英語(参考)

1

パイルワイヤ  2 カットパイル  3 地糸:しめ糸,緩み糸又は結び糸  4 地組織の中の沈みパイル

5

地糸:覆いたて糸又は張り糸  6 地糸:下よこ糸

図 1−ワイヤ・ウィルトン・カーペット

カットパイル

たて方向断面図

1

ループパイルワイヤ  2 ループパイル糸  3 地糸:しめ糸,緩み糸又は結び糸  4 地組織の中の沈みパイル

5

地糸:覆いたて糸又は張り糸  6 地糸:下よこ糸

図 2−ワイヤ・ウィルトン・カーペット

ループパイル)(たて方向断面図)

2011

無地織りワイヤ・ウィル

トン・カーペット

一般的には,たて糸の糸立ては単色で,パイル糸

の選択をせずに同色で織るパイルカーペット(無
地織り)

注記  図 に例を示す。

plain wire Wilton carpet

1

パイルワイヤ  2 カットパイル  3 地糸:しめ糸,緩み糸又は結び糸  4 地糸:覆いたて糸又は張り糸

5

地糸:下よこ糸

図 3−ワイヤ・ウィルトン・カーペット

カットパイル)(たて方向断面図)


4

L 0212-1

:2010

番号

用語

定義

対応英語(参考)

2012

柄織りワイヤ・ウィルト

ン・カーペット 

ジャカード又はその他の柄出し装置をもつ織機
で織られ,あらかじめ準備されたたて糸から必要
とする色相のパイル糸を選択することによって

柄を表現したカーペット。選択されなかったパイ
ル糸は地組織の中で沈みパイルとなる。 
注記  図 4∼図 に例を示す。

patterned wire Wilton carpet

図 4−パイルがスルーバックしておらず,地組織の中に沈みパイルのある 1/2 V-織り

二越織り)(たて方向断面図)

図 5−パイルがスルーバックしており,地組織の中に沈みパイルのある 1/2V-織り

二越織り)(たて方向断面図)

図 6−パイルがスルーバックしておらず,地組織の中に沈みパイルのある 2/3V-織り

三越織り)(たて方向断面図)

2020

フェイス・ツゥ・フェイ

ス織りパイルカーペ
ット

パイルによって連結された二つの地組織が向き

合った形で織機で織られるパイルカーペット。 
二つの地組織の間のパイル糸をナイフで切断し
てボトムカーペット(BC)及びトップカーペッ

ト(TC)が生産される。 
注記 1  図 に例を示す。 
注記 2  フェイス・ツゥ・フェイスカーペットに

は三つの織り技法がある:シングル・レ
ピア,ダブル・レピア及びトリプル・レ
ピア。

注記 3  ダブルフェイス・カーペットともいう。

face-to-face woven pile

carpet


5

L 0212-1

:2010

番号

用語

定義

対応英語(参考)

1

よこ糸  2 地糸:張り糸又は覆いたて糸  3 地組織の中の沈みパイル  4 しめ糸,緩め糸又は結び糸

5

パイル

図 7−フェイス・ツゥ・フェイス・カーペット

たて方向断面図)

2021

シングル・レピア織り技

1

回の織りサイクルごとによこ糸が 1 本だけ挿入

される技法。最初のサイクルではトップカーペッ

ト(TC)用のひぐち(杼口)に挿入され,次の
織りサイクルではボトムカーペット(BC)用の
ひぐちに挿入される。 
注記 1  シングル・レピア技法で織られたカーペ

ットは,それぞれのよこ糸においてパイ
ル列が作成される。

図 に例を示す。

注記 2  この織り技法は地組織の中に沈みパイ

ルのないカーペットを織る場合にも使
用できる。

single rapier weaving

technique

図 8−パイルがスルーバックしており,地組織の中に沈みパイルのある 1/1 V-織り

一越織り)

2022

ダブル・レピア織り技法  1 回の織りサイクルごとに 2 本のよこ糸を同時に

挿入する技法。1 本のよこ糸はトップカーペット
(TC)のひぐち(杼口)に挿入され,もう 1 本

のよこ糸はボトムカーペット(BC)のひぐちに
挿入される。 
注記  トリプル・レピア技法で織られたカーペッ

トは

(織機が 2 回転するたびに上下同時に)

2

本のよこ糸ごとにパイル列が形成され

る。

図 及び図 10 に例を示す。

double rapier weaving

technique


6

L 0212-1

:2010

番号

用語

定義

対応英語(参考)

図 9−パイルがスルーバックしており,地組織の中に沈みパイルのある 1/2 V-織り

二越織り)(たて方向断面図)

図 10−パイルがスルーバックしておらず,地組織の中に沈みパイルのない 1/2 V-織り

二越織り)(たて方向断面図)

2023

トリプル・レピア織り技

 

1

回の織りサイクルごとに 3 本のよこ糸を同時に

挿入する技法。最初の織りサイクルでは 2 本のよ

こ糸はトップカーペット(TC)のひぐち(杼口)
に挿入され,もう 1 本のよこ糸はボトムカーペッ
ト(BC)のひぐちに挿入される。次の織りサイ

クルでは 2 本のよこ糸はボトムカーペット(BC)
に挿入され,もう 1 本のよこ糸はトップカーペッ
ト(TC)に挿入される。 
注記  トリプル・レピア技法で織られたカーペッ

トは

(織機が 2 回転するたびに上下同時に)

3

本のよこ糸ごとにパイル列が形成され

る。

図 11 に例を示す。

triple rapier weaving

technique

図 11−パイルがスルーバックしており,地組織の中に沈みパイルのある 2/3 V-織り

三越織り)(たて方向断面図)


7

L 0212-1

:2010

番号

用語

定義

対応英語(参考)

2030

アキスミンスター・カー

ペット

あらかじめ定められた順序に従って,色糸を連続
したタフトの列に織り込んで作成したカットパ
イルカーペット。 
注記  このため,この種類のカーペットは沈みパ

イルを含まない。

Axminster carpet

2031

スプール・アキスミンス

ター・カーペット

織機で織られたパイルカーペット。各よこ糸列の

パイル糸は要求された柄に従ってそれぞれ単独
のスプールにま(捲)き付けられている。タフト
は基部へ挿入された時点でパイル糸から切断分

離される。 
注記  図 12 に例を示す。

spool Axminster carpet

1

カットパイル  2 しめ糸  3 覆いたて糸  4 よこ糸

図 12−スプール・アキスミンスター・カーペット

たて方向断面図)

2032

グリッパー・アキスミン

スター・カーペット

ジャカード織機で作成したパイルカーペット。あ

らかじめ選択したクリールから引き出されたパ
イル糸は切断され,織り込まれる時点でパイル糸
としてグリッパーによって挿入する。 
注記  図 13 及び図 14 に例を示す。図 14 に示し

たのはもう一つの方法で,カーダックスと
呼ばれている織り方である。

gripper Axminster carpet

1

カットパイル  2 短いしめ糸  3 長いしめ糸    4  覆いたて糸  5 よこ糸

図 13−グリッパー・アキスミンスター・カーペット

たて方向断面図)


8

L 0212-1

:2010

番号

用語

定義

対応英語(参考)

1

タフト  2 短いしめ糸  3 長いしめ糸  4 覆いたて糸  5 よこ糸

図 14−グリッパー・アキスミンスター・カーペット

カーダックス)

2033

グリッパー・スプール・

アキスミンスター・カ
ーペット

スプール・アキスミンスター織りと同じく,それ
ぞれ単独のスプールにま(捲)き付けられたパイ
ル糸によって作成したパイルカーペット。グリッ

パー・アキスミンスターと同じく,切断されたパ
イル糸は織り込まれる時点でパイルとしてグリ
ッパーによって挿入する。

gripper-spool Axminster

carpet

2100

パイルのあるタフテッ

ド繊維製床敷物,

タフテッドパイルカー

ペット

既成の基布にパイルが挿入され,基布又は接着に
よって固着したパイルカーペット。 
注記 1  図 15 及び図 16 に例を示す。 
注記 2  糸は一次基布の下側に位置するフック

に把持され,ニードルが上昇して一次基
布を外れたときにループを形成する。ル

ーパー及びニードルの相対運動によっ
て形成されたループは,ルーパーごとに
接触して取り付けられたナイフによっ

て切断される。これによって毛先が開い
たタフトと呼ばれるカットパイルが形
成される。カットとループとの組み合わ

せもできる。

tufted textile floor covering

with pile,

tufted pile carpet

1

ループパイル  2 一次基布  3 コーティング

図 15−タフテッドループパイルカーペット

たて方向断面図)


9

L 0212-1

:2010

番号

用語

定義

対応英語(参考)

1

カットパイル  2 一次基布  3 コーティング

図 16−タフテッドカットパイルカーペット

たて方向断面図)

2200 

パイルのある編み繊維

製床敷物,

ニットパイルカーペッ

 

たて編機で作成したパイルカーペット。 
注記  図 17 に例を示す。

knitted textile floor covering

with pile,

knitted pile carpet

図 17−たて編みパイルカーペット

たて方向断面図)

2300

ヒュージョン・ボンデッ

ド・パイル繊維製床敷
物,

ボンデッド・パイルカー

ペット

糸,繊維のプリーツシート,その集合体をホット
メルト接着剤で固着するか又は全体的に補強体

を形成する PVC などに直接固着して作成したパ
イルカーペット。 
注記  図 18 及び図 19 に例を示す。

fusion-bonded textile floor

covering with pile,

bonded pile carpet

1

繊維又は糸のプリーツシート(ループパイル)  2 接着剤(塗布剤) 3 補強布はく(帛)

図 18−ボンデッド・パイルカーペット

ループパイル)(たて方向断面図)


10

L 0212-1

:2010

番号

用語

定義

対応英語(参考)

1

糸のプリーツシート(カットパイル)  2 接着剤(塗布剤)  3 補強布はく(帛)

図 19−ボンデッド・パイルカーペット

カットパイル)(たて方向断面図)

2310

フェイス・ツゥ・フェイ

ス・ボンデッド・パイ
ルカーペット

フェイス・ツゥ・フェイス繊維製床敷物を製造す

る機械で作成したパイルカーペット。パイル構成
材は,一方のバッキング部からもう一方のバッキ
ング部へ交互に進み,接着によって固着される。
注記 1  図 20 に例を示す。 
注記 2  二つの基布の間で形成されたパイル構

成材を切断することによって 2 枚のカッ

トパイルを作成する。

face-to-face bonded-pile

carpet

1

使用面(パイル)  2 パイル形成ブレード  3 バッキング部  4 糸  5 カッター

図 20−フェイス・ツゥ・フェイス・ボンデッド・パイルカーペット

たて方向断面図)

2311

柄のあるヒュージョン・

ボンデッドパイル繊
維製床敷物

アキスミンスター調のデザインを与えるため,ヒ
ュージョンボンディング工程に仕掛ける前に糸
を柄出し装置によって作成するカーペット。

fusion-bonded textile floor

covering with pile,

patterned

2400

パイルのあるフロック

繊維製床敷物,

フロックパイルカーペ

ット

短繊維を静電気又はその他の方法によって接着
剤を塗布したバッキング部に植毛することによ
って作成したカーペット。 
注記 1  図 21 に例を示す。 
注記 2  電着カーペットともいう。

flocked textile floor covering

with pile,

flocked pile carpet


11

L 0212-1

:2010

番号

用語

定義

対応英語(参考)

1

パイル  2 接着剤(塗布剤)  3 補強布はく(帛)

図 21−フロックパイルカーペット

2500

ニードリングによって

形成されたパイルの
ある繊維製床敷物

繊維素材をニードリング(3010 参照)

,物理的工

程若しくは化学的工程,又は二つの工程を組み合
わせてボンディングして作成したパイルカーペ
ット。 
注記 1  図 22 に例を示す。 
注記 2  パイルはカットパイル又はループパイ

ルのいずれかである。

注記 3  ニードルパンチカーペットともいう。

needled textile floor covering

with pile,

needled pile textile floor

covering

1

パイルを形成する繊維  2 基部と一体化した繊維  3 コーティング層

図 22−ニードリングによって形成されたパイルのある繊維製床敷物の例

2510

立毛タイプのニードル

パイル床敷物

ニードリング作用を追加することによって立毛

使用面が得られるニードルパイル床敷物。 
注記  立毛ニーパン(立毛パンチ)ともいう。

structured needled floor

covering

2520

一体構造で形成された

ニードルパイル床敷

製品全体が繊維素材及び/又はボンディング素
材によって一体構造で形成されたニードルパイ

ル床敷物。

homogeneous needled floor

covering with pile

2530

構造の異なるニードル

パイル床敷物

異なる別個の繊維層及び/又は含浸させた繊維
層で,ボンディングコンパウンドを床敷物の裏面

に塗布したニードルパイル床敷物。ボンディング
コンパウンドは使用面に達していない。このた
め,この部位はニードルパイル床敷物の下層にだ

け位置する。

heterogeneous needled floor

covering with pile


12

L 0212-1

:2010

番号

用語

定義

対応英語(参考)

2600 

結びパイルをもつ繊維

製床敷物,

結びパイルカーペット 

パイルを形成する糸を基布のたて糸に回してパ
イルを作成したパイルカーペット。 
注記  ペルシャ結び及びトルコ結びの例を,図 23

及び

図 24 に示す。

knotted textile floor covering

with pile,

knotted pile carpet

図 23−ペルシャ結びの例

よこ方向断面図)

 

図 24−トルコ結びの例

よこ方向断面図)

2610

手結びパイルカーペッ

パイルを構成する糸を手で結ぶことによって作

成したパイルカーペット。

hand-knotted pile carpet

2620

機械結びパイルカーペ

ット

パイルを自動的に(機械的に)結ぶことによって

作成したパイルカーペット。

machine-knotted pile carpet

4.2

パイルのない繊維製床敷物(Textile floor covering without pile)

番号

用語

定義

対応英語(参考)

2700

パイルのない繊維製床

敷物

基部あり又は基部なしでパイル繊維の使用面の

ない床敷物。

textile floor covering without

pile

2800

パイルのない織り繊維

製床敷物

織機で織られた,パイルのない繊維製床敷物。 
注記  平織りともいう。

woven textile floor covering

  without pile

2900

パイルのない編み繊維

製床敷物

編機で編まれた,パイルのない繊維製床敷物。

knitted textile floor covering

without pile

3000

パイルのないボンデッ

ド繊維製床敷物

使用面の繊維素材が物理的,機械的又は化学的工
程で,それらの二つ又はそれ以上の工程の組み合

わせによって,絡み合って形成されたパイルのな
い繊維製床敷物。

bonded textile floor covering

  without pile

3010

ニードリングによって

形成されたパイルの
ない繊維製床敷物

1

層又は複数層からなる打ち延べ綿シートを,か

えりのあるニードルで数多く打ち込んで絡み合
わせて作成した繊維製床敷物。 
注記 1  図 25 に例を示す。 
注記 2  このタイプの床敷物には,補強布はく

(帛)ありの場合となしの場合がある
2520 及び 2530 参照)

needled textile floor covering

without pile,

flat needled floor covering

3100

パイルのない編み込ま

れた繊維製床敷物

機械で組みひもを縫い合わせて作成するパイル
のない繊維製床敷物。 
注記  チューブマットともいう。

braided textile floor covering

without pile

4.3

マットに関する用語(Terms relating to the mat)

注記  32103310 は,ISO 11861:1999 から引用。

番号

用語

定義

対応英語(参考)

3200

コイア・マット

7040

を参照。 coir mats


13

L 0212-1

:2010

番号

用語

定義

対応英語(参考)

3210

コイア

水浸による生分解,又は機械的抽出によってココ
ナツ(ココヤシの果実)から得られる繊維。

coir

3220

ビット・マット

少量のよこ糸をしめ糸に交互に挿入することに

よって形成されたパイルをもつマット。

bit mat

3230

コリドア・マット

たて糸及びよこ糸とも,縫い合わせたり接着した

りせず,連続的につながっている長手のマット。
注記  コリドア・ランナー(corridor runner)とも

いう。

corridor mat

1

かえりのあるニードル  2 積層繊維シート  3 絡み合った繊維  4 一次基布

5

ニードリングによって一次基布を貫通した繊維

図 25−一次基布にニードリングすることによって作成する繊維製床敷物の原理

3240

クリール・マット

2

本又はそれ以上のしめ糸でつくられたマット。

1

本は結束のための糸(よこ糸を束ねる縛りしめ

糸)で,他の糸はパイルとなるべき緩みを形成す
る。パイルは,緩いしめ糸を縛りしめ糸と緩いし

め糸の間に適宜挿入された溝付きロッドを引き
戻すことによって切断してつくられる。

creel mat

3250

繊維マット

2

本のしめ糸でつくられたマット。1 本はタフト

の押さえ糸で,他の糸は縛り糸となる。パイルは
押さえ糸であるしめ糸ごとにコイア繊維のタフ

トを挿入して形成されている。

fiber mat

3260

体育館用(屋内競技場

用)マット

よこ糸に沿った溝付きロッドに把持されたり,ま
(捲)き付けられた 3 本又はそれ以上の糸束を切

断して形成されたパイルのあるマット。 
注記  特定の要求事項に適合する厚さのパイル

を形成することができる。

gymnasia mat

3270

ループ・マット

3

本のしめ糸でつくられたマット。1 本は結び糸

で,他の糸は緩み糸としてパイルのような形態を

しているか,又は製織中に緩みしめ糸でループを
形成したパイルを結束する。

loop mat

3280

メッシュ・マット

コイア糸を枠に固定した多数のくぎ(釘)の間に

十文字に交差させて置き,その交差した箇所をコ
イアで結んでつくったマット。

mesh mat

3290

ロッド・マット

2

本又はそれ以上の束を切断し,よこ糸と交互に

配された溝付き鋼製ロッドにま(捲)き付けてパ
イルを形成しているマット。

rod mat


14

L 0212-1

:2010

番号

用語

定義

対応英語(参考)

3300

ロープ・マット(ラブ・

ノット・マット)

コイアロープを平滑な表面に固定した多数のく
ぎ(釘)を通じて誘導し,形をつくったマット。

rope mat

(lover’s knot mat)

3310

セネット・マット

3

本又はそれ以上の糸束を編んだ[又はよ(撚)

り合わせた]コイア糸を枠の中で縫い上げてつく
ったマット。

sinnet

(sennit)mat

5

使用面に関する用語(Terms relating to the use-surface)

番号,用語,定義及び対応英語(参考)は,次による。

番号

用語

定義

対応英語(参考)

4010

パイル

糸又は繊維で構成された繊維製床敷物の一部分。
カットとループとがあり,基部から突き出して使

用面としての働きをもつ。

pile

4011

パイルの方向

カーペットが押しつぶされていない本来の状態

にあって,基部から突き出したパイル繊維の方
向。 
注記  パイルの毛並みの向きともいう。

pile lay

4020

ループ

基部の中の最も低い位置の二つの交接点の間で
連続する形状をしたカーペットのパイルを形成

する糸又は繊維の長さ。 
注記 1  図 26 に例を示す。 
注記 2  二つ又はそれ以上のパイル糸が一つの

交接点に供給されたときは,一つのルー
プを形成したとする。

loop

1

ループパイル  2 一次基布  3 接着剤

図 26−連続したループパイル

たて方向断面図)

4030

タフト

カーペットのパイルを形成する J-,U-,W-など
の形状をした糸の長さ又は結び目,脚又は複数の
脚等の形状をした糸の長さ。 
注記 1  図 27 にタフトの例を示す。また,図 28

に結び目の例を示す。

注記 2  フロックカーペット及びある種のボン

デッドカーペットについてはタフトを
形成しているとはしない。ジャカード織
りの場合はカーペットの中のある部分

から表面の 1 色を引き抜いたものをタフ
トの長さとする。

注記 3  2 本以上のパイル糸が一つの交接点に供

給されたとき,一つのタフトを形成する
もの。

tuft


15

L 0212-1

:2010

番号

用語

定義

対応英語(参考)

図 27−“U”タフト,“W”タフト及び“J”タフトの例

図 28−結び目を形成したタフトの例

4040

ループパイル

切断していないループで形成されたカーペット
のパイル。

loop pile

4050

カットパイル

タフトの脚又は個々の繊維で構成されたカーペ

ットのパイル。

cut pile

4060

カット/ループパイル

カーペットの製造中に長さが異なるか又は同じ

長さのタフトとループとで形成されたカーペッ
トのパイル。 
注記  図 29 に例を示す。

cut/loop pile

1

タフト  2 ループ  3 基部

図 29−カット/ループパイル

たて方向断面図)

4070

レベルパイル

すべてのループ又はタフト長さが実質的に同じ
パイル。

level pile

4080

マルチ・レベルパイル

幾つかのループ又はタフト長さが実質的にほか

よりも長く,彫刻されたような外観又は柄になっ
ているパイル。

multi-level pile

4090

カールドパイル

強ねん(撚)又はその他の方法によってパイル糸
にねじれが生じたカーペットのパイル。結果的に
フリーズカーペットスタイルとなる。

curled pile

4100

テクスチャー加工した

表層

タフティング,エンボス,多様なニードリング加
工などによって変化が生じた表層。

textured surface

4110

チップ・シェアドパイル  本来長さの異なるループからなり,カーペットを

製造後にシャーリング工程を通して長いパイル
ループの先端をカットしたカーペットのパイル。
注記  図 30 に例を示す。

tip-sheared pile


16

L 0212-1

:2010

番号

用語

定義

対応英語(参考)

1

(シャーリングした)タフト  2 ループ  3 基部

図 30−チップ・シェアドパイル

たて方向断面図)

4120

カーブドパイル

一般的には,パイルによって表層にある特定の図
柄を表現するため,カーペット製造後に選択シャ

ーリングによってパイルの高さを変化させて作
成するパイルのカーペット。

carved pile

4130

スカルプチャードパイ

パイル長さの異なる部分の面積及び/又はある

部分のパイルを刈り取って柄を表現したカーペ
ットのパイル。

sculptured pile

4140

サキソニー

まっすぐな,ねん(撚)糸セットをしたパイル糸
を使用してタフト表面が平滑になっているカッ
トパイルカーペット。

saxony

4150

シャグ

通常のパイル高さよりもかなり高く,タフトの間
隔も広い構造をもつ,粗くタフトされたカットパ
イルカーペット。

shag

4160

ベロア・カーペット

比較的密度が高く,通常はかなり短いか又はほと
んどパイルのない均一なカットパイルカーぺッ

ト。これによって,使用面は繊維束が平行に配列
されたような外観をもつ。

velour carpet

4170

ベルベット・カーペット,
プラッシュ・カーペット,
ベルベット・プラッシ

ュ・カーペット

よ(撚)りの非常に少ないパイル糸を使用するこ

とで,繊維束が混じり合い,タフトパイルが見え
ないほど平滑で整然としたカットパイルカーペ
ット。

velvet carpet,

plush carpet,

velvet plush carpet

4180 

タフト列

製造方向に直交したタフト。 tuft row

4181

よこ列数

製造方向の単位長さ当たりのタフト列数,又はル

ープ数。 
注記 1  ビートアップ(beat-up)又はショッテー

ジ(shottage)ともいう場合がある。

注記 2  織じゅうたんではよこ列数のことを打

ち込み段数という。

row count

4182

ステッチ数

製造方向の単位長さ当たりの打ち込み数。 stitch

rate

4190

ループのよこ列

製造方向に直交したループ。 loop row

4200

タフトのたて列

製造方向に平行したタフトの列。 tuft

column

4201

たて列数

製造方向に直交する単位長さ当たりのタフトの

数又はループの数。 
注記 1  ピッチともいう。 
注記 2  織じゅうたんでは,たて列数のことをお

さは(筬羽)数という。

column count


17

L 0212-1

:2010

番号

用語

定義

対応英語(参考)

4202

ゲージ

製造方向に対して直交するタフトのたて列又は
ループのたて列の中心から中心を直線で測定し
た間隔。

gauge

4210

ループのたて列

製造方向に平行したループの列。 loop

column

4220

ピッチ

(手織りカーペット)6.452 6 cm

2

(1 平方インチ)

当たりの結び数。

pitch

4221

ピッチ

(ウィルトン)686 mm 当たりの段数。 pitch

4222

ピッチ

(アキスミンスター)25.4 mm 幅当たりの段数。 pitch

4300

トータルパイル

沈みパイルを含む基部の中から基部の上のタフ
ト若しくはループを形成したすべての糸又は繊

維。

total pile

4310

有効パイル

基部上のパイル部分。 
注記  図 31 に例を示す。

effective pile

1

基部上のパイル長さ(有効パイル)  2 パイルルート  3 基部  4 沈み糸(沈みパイル)

図 31−パイルルート

たて方向断面図)

4420

パイルルート

5070

参照。 pile root

4430

有効パイル厚さ

基準圧力下で測定した,基部上のパイルを刈り取

る前と刈り取った後との厚みの差。 
測定方法は,JIS L 1021-3 の 4.又は 5.による。

effective pile thickness

thickness of the pile above

the substrate

4440

有効パイル長さ

基部から突き出したタフトの最下部から最先端

までの繊維の長さ,又は基部から突き出した 2 点
間のループの半分の長さ。 
注記  パイル長さと称する場合がある。

length of effective pile

4450

単位面積当たりのパイ

ル糸の全質量

単位面積当たりのパイル糸の質量。基部上のタフ
トと基部中に存在しているパイル糸を含めるが,

パイル糸に付着しているバッキング成分は除く。
パイル糸だけを他の繊維から分離した後,ひょう
(秤)量して求める。

測定方法は,JIS L 1021-4 の 7.による。

total pile mass per unit area

4460 

単位面積当たりの基部

上のパイル質量

基部上のパイル刈取り前と刈取り後とのカーペ
ットの質量差。

測定方法は,JIS L 1021-4 の 8.による。

mass of pile per unit area

above substrate


18

L 0212-1

:2010

番号

用語

定義

対応英語(参考)

4470 

見掛けの表面パイル密

標準圧力下において測定した基部上のパイルの
体積と基部上のパイル質量との比。 
測定方法は,JIS L 1021-4 の 9.による。

measured surface pile

density

4480

見掛けのパイル繊維の

体積比

単位面積当たりのパイル構成繊維の質量を構成
繊維の密度で除したもので,単位面積当たりを占
めているパイルを構成する繊維の量。

測定方法は,JIS L 1021-4 の 9.による。

measured pile fiber volume

ratio

4490

フレーム数

ワイヤ織りカーペット,フェイス・ツゥ・フェイ

スカーペット及びグリッパー・アキスミンスタ
ー・カーペットで,ジャカード装置が図柄によっ
て選択した同じ色糸又は異なった色糸の分離し

たフレームの数。 
注記  単色のカーペットは一つのフレームで作

成する。

frameage,

number of frames,

chores

4500 

パイルブラッシング

カットパイルのカーペットの外観を,この工程に
通すことによって,元の見掛けのボリュームより
も大きくすること。 
注記  けわり(毛割り)ともいう。

pile brushing

4510

接着剤

要求された組織の構造を維持する目的で,繊維及
び糸の集合体に塗布される剤。

bonding agent

4520

打ち延べ綿シート 
(うちのべわたしーと)

不織布繊維製床敷物の製造に用いるシート状の

繊維。

batt

4530

タフト(パイル)引き抜

き強さ

タフト(パイル)の固着強さ。カーペットからタ

フト又はパイル糸を引き抜くときに要する力。

tuft bind strength,

tuft lock strength

4540 

ファイバーバインド

機械的又は化学的作用を受けたときの繊維製床
敷物の使用面の繊維の固定性。 
注記  遊び毛又は毛羽立ち若しくはピリングの

発生に大きく関与する性能である。

fiber bind

6

基部を構成する要素に関する用語(Terms relating to the subtrate)

番号,用語,定義及び対応英語(参考)は,次による。

番号

用語

定義

対応英語(参考)

5010

たて糸

織り繊維製床敷物の長手方向に通された糸。 warp

yarn

5020

よこ糸

織りタイプの繊維製床敷物のたて糸に直交して
耳から耳に通された糸。

weft yarn,

filling yarn

5030

覆いたて糸 
(おおいたていと)

織りカーペットの基部を補強するたて糸。 stuffer

yarn

5040

たて糸

織機の同じおさは(筬羽)の間に通された糸の集

合体。通常,しめ糸 2 本,覆いたて糸及びパイル
糸で構成されている。

broche

5050

しめ糸

ショット(下よこ糸)の上,下及び 1 本又はそれ
以上の上よこ糸に対して,通常交互に二対で織り
込むたて糸。覆いたて糸及びタフトとループのパ

イルを把持する。

chain warp

5060

織物の耳

織りタイプの繊維製床敷物の耳部で,たて糸とよ
こ糸を絡み合わせ,ほつれないようにした構造。

selvedge

5070

パイルルート

基部の一部を構成する沈みパイルを除いたタフ
ト及び/又はループの一部分。

pile root


19

L 0212-1

:2010

番号

用語

定義

対応英語(参考)

5080

沈みパイル 
(しずみパイル)

ジャカード織機で表面に立ち上がらない多層構
造のカーペットの中のパイル糸で,有効パイル及
びパイルルートを形成するすべての糸を除く。 
注記 1  基部の下側にあって,浮いた状態の糸

(浮き沈みパイル),又は基部と一体化
した糸(一体化した沈み糸)を沈みパイ

ルという。

図 31 に例を示す。

注記 2  日本では沈み糸が慣用句となっている。

dead pile

5090

デッド繊維

基部を構成するか又は一体化して,基部上のパイ

ル厚さは形成しないニードルパイル繊維製床敷
物を構成する繊維の一部。

dead fiber

5100

デッドフレームヤーン

地組織の厚みの変動を防止するため,一つ以上の
フレームにパイルを置き換えたとき,地組織に完
全に沈んだパイル糸。デッドフレームヤーンはす

べて地組織の中に収まるため,地組織に充てん
(填)効果,クッション効果を与える。この場合
は,覆いたて糸がその役割を果たす。 
注記  地組織を構成するパイル沈み糸。

dead frame yarn

5110

ピック

個々のよこ糸。 pick

5120

ショット

(織りパイル床敷物の用語で)よこ糸挿入機構が

1

駆動することによって形成されるよこ糸。

shot

5130

カーペットバッキング

パイルをもつ床敷物のパイル糸以外のすべての

材料。

carpet backing

5140

一次基布

使用面の固定材として作用する材料。他の基部構

成材の固定材としても使用される。

primary backing,

support fabric,

base fabric

5150

二次基布

一次基布の下側に張り合わせたり,接着して寸法

安定性を付与する層。 
注記  二次基布には繊維,ゴム又はフォーム層な

どがあり,一次基布の下側の面に融着した

り,張り合わせたりする。

secondary backing

5160

ウーブンバッキング

カーペットの製造前又は製造途中で織りによっ

て作成するカーペットバッキング。

woven backing

5170

ニットバッキング

カーペットの製造前又は製造途中で編みによっ
て作成するカーペットバッキング。

knitted backing

5180

ノンウーブンバッキン

織り又は編み以外の製造技術で作成するカーペ
ットバッキング。

non-woven backing

5190

ノンテキスタイルバッ

キング

繊維以外の材料で作成するカーペットバッキン
グ。通常,高分子樹脂又はゴムで構成される。

non-textile backing

5200

サイズドバッキング

タフトバインドと寸法安定性を向上させるため
に軽くのり付けするカーペットバッキング。 
注記  サイジングともいう。

sized backing

5210

コーテッドバッキング

繊維製床敷物の裏面に高分子配合物の層を塗布
したバッキング。 
注記  コーティングともいう。

coated backing

5220

アタッチドアンダーレ

イ,

コンバインドバッキン

グ,

クッションバッキング

寸法安定性,厚さ及びクッション性を付与するた
め,繊維製床敷物の裏面に取り付けられる,あら
かじめ形成されたアンダーレイ。

attached underlay,

combined backing,

cushion backing


20

L 0212-1

:2010

番号

用語

定義

対応英語(参考)

5230 

フォームバッキング

繊維製床敷物の裏面に塗布される機械的に又は
化学的に発泡した高分子配合物。

foam backing

5240

エンボスバッキング

繊維製床敷物の裏面に塗布された発泡又は非発

泡の高分子配合物で,その表面に浮き出し模様を
付与したもの。

embossed backing

5250

不透過性のバッキング

液体を透過しない樹脂タイプのバッキング。 impervious

backing

5260

プレコーティング

繊維製床敷物の裏面にコーティング加工を行い,
一次基布又はパイルルートに十分浸透させるこ

と。使用面には出てこない。

pre-coating

5270

含浸

繊維製床敷物に,接着剤及び/又は仕上げ剤を浸

透させること。

impregnation

5280

バッキングのクリープ

時間の経過とともに,また,材料によって加えら
れる不断の力によって生じる変形(ずれ,ひず

み)

creep of backing

5290

フォームバッキングの

ぜい(脆)化

フォームバッキングが実用上の応力によって容

易に破壊したり,砕けたりすること。

friability of foam backing

5300

フェルトバッキング

繊維製床敷物の裏面に張り合わされたニードリ
ングされた繊維層。

felt backing

5310

一体成形のバッキング

ゴム分含有量の高いラテックス又はホットメル
ト樹脂合成物のポリマー材料を使用して,カーペ

ットに強度,抜糸強度及び寸法安定性を 1 工程で
付与するバックコーティング。

unitary backing

7

繊維製床敷物の柄及び色に関する用語(Terms relating to the patterning and colouring of textile floor

covering

注記  繊維製床敷物は,無地又は柄物である。

番号,用語,定義及び対応英語(参考)は,次による。

番号

用語

定義

対応英語(参考)

6010

無地

使用面が単一の色の繊維又は糸,及び均一な構造
及び表面形状で構成された繊維製床敷物。

plain

6020

色調”効果

簡単には柄を識別できないが,異なった色の繊維
又は糸で構成された使用面をもつ繊維製床敷物。

tonal effect

6030

ヘザー

異なる色をもつ繊維を混繊した紡績パイル糸,又
は異なる色の連続したパイル糸をコーミングル

したフィラメント糸によって得られる,繊細なマ
ルチカラー効果。 
注記 1  エアータングル(エアージェットによっ

て異なる色相の糸を一定の間隔に固定
すること。)したり,異なる色相の繊維
を混繊して紡績したり,異染によってヘ

ザーが得られる。

注記 2  異染タイプの繊維を使用して異染する

と,1 回の染色でマルチカラーカーペッ

トが得られる。

heather


21

L 0212-1

:2010

番号

用語

定義

対応英語(参考)

6040

バーバー

北アフリカの部族によって,現地の羊毛から手で
紡がれた糸を用いて手織りされた,生なりの羊毛
及び単純な部族の模様を帯びている,方形に製造

されたカーペット。 
注記  近年では,この用語は一般的にホームスパ

ン調の外観をもつ機械織りカーペットに

ついて使用されている。

berber

6050

二つ又はそれ以上の色で簡単に識別できる繊維
若しくは糸の部位,又は単一色で異なる構造で構

成され,あらかじめ設定された表面形状で構成さ
れた繊維製床敷物。

patterned

6060

フリーズ

仕上げたカーペットの使用面によじれ及びカー
ル効果を得るため,パイル糸に強いよ(撚)りを
かけたカーペット。

frieze

8

繊維製床敷物の施工及び使用に関する用語(Terms relating to the fitting and the use of textile floor

covering

番号,用語,定義及び対応英語(参考)は,次による。

番号

用語

定義

対応英語(参考)

7010

ウォール・ツゥ・ウォー

部屋の床全体を完全に覆う繊維製床敷物。 wall-to-wall

7020

広幅カーペット

伝統的には 1.83 m(2 ヤード)又はそれ以上の幅
で製造されたカーペット。

broadloom

7030

ランナー

床面の長手方向に,及び幅に対して部分的に使用
される繊維製床敷物。

runner

7040

ラグ, 
マット

あらかじめ定められた形と限定された大きさで,

それ自体で形成されたもので,床又は他の床敷物
の上に部分的に敷いて使用される繊維製床敷物。

rug,

mat

7050

カーペットタイル, 
モジュラーカーペット

モジュール方式で使用することを目的として,あ
らかじめ決められた形状と大きさで作成された
繊維製床敷物。 
注記  タイルカーペットともいう。

carpet tile,

modular carpet

7060

シーミング

二つ又はそれ以上の繊維製床敷物を製造方向に

沿ってつなぎ合わせること。

seaming

7070

クロスジョイニング, 
クロスシーミング

二つ又はそれ以上の繊維製床敷物を,その製造方

向の直交方向でつなぎ合わせること。

cross-joining

cross-seaming

7080

エッジ仕上げ

繊維製床敷物の使用中に生じるほつれを防止す
るための処置。

edge-finishing

7090

アンダーレイ, 
クッション

繊維製床敷物と床面との間に置かれる弾性のあ
る繊維及び/又は他の素材の層。

underlay,

cushion

7100

インターレイ

いろいろな目的によってカーぺット又はアンダ
ーレイの下に置かれる薄くて柔軟な層。 
注記  中間材ともいう。

interlay

7110

ストレッチング施工

いろいろな方法で張力をかけて,繊維製床敷物を
引っ張って床面に施工すること。

installation by stretching

7120

全面接着施工

繊維製床敷物を接着剤で床面全面に固定するこ
と。

installation by full adhesion

 


22

L 0212-1

:2010

番号

用語

定義

対応英語(参考)

7130

部分接着施工

繊維製床敷物を床面に対して接着剤で,例えば,
端部周り及び/又は一定の間隔で,部分的に固定
すること。

installation by perimeter

fixing

7140

置き敷き施工

繊維製床敷物を床面に対して固定せず施工する
こと。

loose installation,

free installation

7150

住居用途

家庭用途又は非業務用途で使用されるカーペッ
ト。

residential use,

domestic use

7160

業務用途

ホテル,ビジネスオフィス,ショッピングセンタ

ーなどで使用されるカーペット。

commercial use,

contract use

7170

段鼻 
(だんばな)

階段の蹴込み(けこみ)及び踏み面(ふみづら)

の接合する角。

stair nosing

7180

段鼻保護材

段鼻部を覆った,カーペットを曲げる必要がな
く,カーペットの寿命を延ばす金属,ビニル,木

材その他の素材の曲がった取付金具及び装飾具。

protective stair nosing

7190

又 
(また)

階段の蹴込み(けこみ)下部及び踏み面(ふみづ

ら)奥の接合点。

crotch

7200

二重接着施工

床面にアンダーレイを固着させた後にカーペッ
トを敷設する施工方法。

installation by double stick,

double glue

9

繊維製床敷物の使用適性評価に関する用語(Terms relating to the estimation of fitness for use of textile

floor covering

番号,用語,定義及び対応英語(参考)は,次による。

番号

用語

定義

対応英語(参考)

8000 

耐久性

wear

characteristics

8100

使用面の減少

loss of use-surface material

8110

摩耗

磨滅又は他の機械的作用によって繊維製床敷物
の使用表面材料が進行的に減少する程度が激し

い状態。 
注記  摩耗の程度がきわめてわずかな状態(遊び

毛又は落ち毛)から,摩耗の程度が激しい

状態(バッキング材に達する状態)にいた
るまで,その中間の状態は使用時間又は使
用の頻度によって決まる。

wearing out

8120

遊び毛, 
落ち毛

使用する初期の段階で繊維製床敷物の表面から
抜け出し,ブラッシング又は吸引によって除去さ

れ製造中に固着されなかった短繊維。

shedding,

fluffing

8130

タフティングアウト

繊維製床敷物の使用面から抜けたタフト。 
注記  パイル抜け又は糸抜けともいう。

tufting out

8140

バッキング材にいたる

摩耗

繊維製床敷物の基部又はバッキング材がむき出

しになる状態。

wear to backing

8200

厚さ減少

使用中に糸が傾いたり及び/又は構成材が損失
したりして,繊維,張り合わせたアンダーレイ又

はフォームバッキングの回復性が減少し,繊維製
床敷物がへん(扁)平になること。

loss of thickness

8210

回復性

静的,動的荷重を受けた後,厚さが回復する繊維
製床敷物の性能。

resilience


23

L 0212-1

:2010

番号

用語

定義

対応英語(参考)

8300

外観変化

目視で識別可能な変化の原因となる繊維製床敷
物の形態,厚さ,色及び/又は柄の変化。 
注記 1  以上の要因は,相互に関連しているた

め,必ずしも明確に区分できない場合が
ある。

注記 2  これらの変化に対する繊維製床敷物の

耐久性を示す用語として,“外観保持
性”がよく使用される。

change in appearance

8310

表面形状の変化, 
構造の変化

繊維製床敷物の使用面のループ,タフト及び/又

は繊維の形態が目視で識別できるほどに変化し
ていること。

textural change,

change in structure

8311 

パイル立ちの損失

繊維製床敷物の使用面(カットパイル又はループ
パイル)のパイル糸が割れたり,開繊したり,よ
り戻りしたり及び/又は繊維のクリンプがなく

なったりすること。これによって,パイル立ちの
保持が損なわれる原因となる。

loss of tuft definition

8312

つぶれ, 
へたり

動的又は静的荷重の作用によって,繊維製床敷物

の厚さが減少すること。

crushing,

flattening

8313

フィブリル化

個々の短繊維が繊維方向に細かく分離したり,枝

毛状に裂ける繊維の損傷。

fibrillation

8314

フェルト化, 
マット化

パイル繊維が絡み合ったり,圧縮を受けることに
よって,繊維製床敷物の厚さが減少すること。

felting,

matting

8315

ヘアリネス, 
フィラメント化

繊維製床敷物で,通常の使用面高さレベルよりも
繊維が突出している状態のこと。ブラッシング又

は吸引によって除去できないもの。

hairiness,

filamentation

8316

絡み合い

ヘアリネス/フィラメント化の程度がさらに強
まり,繊維が絡み合って使用面に小さなウェブを

形成すること。

cobwebbing

8317

ピリング

ヘアリネス/フィラメント化の程度がさらに強

まり,繊維が絡み合って使用面に小さな集合体を
形成すること。この集合体は繊維だけで他の材料
は含まない。 
注記  毛玉ともいう。

pilling

8318

ひげ

繊維製床敷物の製造中に,何らかの原因で混入し

た,規格よりもかなり長いタフト脚が,使用中に
取れたり表面に出てくること。

sprouting

8319

パイルの向きによって

生じる外観変化

繊維製床敷物の繊維,タフト又はループの方向
が,本来の方向に対して部分的に異なる方向に向
くことによって生じる外観変化のこと。 
注記  本来の色相が変化したのではなく,光の反

射の差異によるものである。一時的なシェ
ーディング,足跡又はパイルの逆向きによ

って生じることがある。

change in pile lay

8319-1

一時的なシェーディン

通常の使用状態で,繊維製床敷物の本来のパイル
方向が部分的に,可逆的に変化すること。 
注記  ある特定のカットパイル繊維製床敷物に

ついては,通常の性質であるとされてい
る。

temporary shading


24

L 0212-1

:2010

番号

用語

定義

対応英語(参考)

8319-2

足跡

同じ箇所を繰り返し歩行することによって本来
のパイルの向きが逆になり,繊維製床敷物の外観
が部分的に狭い幅で,端から中央部に徐々に変化

すること。パイルの方向が,本来の向きに戻らな
い場合がある。

tracking

8319-3

パイルの逆向き, 
パーマネントシェーデ

ィング,

ウォーターマーキング, 
ペイリング

通常のパイル方向と逆向きのパイル方向の接点

で,その境界部が荒れたり,マット化して,繊維
製床敷物のパイルの向きが部分的に変化するこ
と。 
注記  この現象は各国でそれぞれ異なった呼称

が使用されている。

pile reversal,

permanent shading,

water-making,

paling

8320

色の変化

change in colour

8321

チョーキング, 
白化 
(はっか)

繊維製床敷物を使用する過程で,退色又はパイル
の方向性とは関係なく発現する淡色化現象。 
注記  この現象は,例えば,フィブリル化,繊維

に含浸若しくは塗布している配合物の分
解,又はバックコーティング材が移動する

ことによって生じる。

chalking,

whitening

8322

退色

繊維製床敷物の一部又は全体の色濃度が,進行的

かつ不可逆的に低下すること。淡色化又は色相の
変化は,染料又は顔料に対して光,ガスその他の
外的作用によって生じる。

fading

8323

光沢化

繊維製床敷物の使用面の反射率が進行的かつ不
可逆的に増加すること。 
注記  この現象は,繊維断面が機械的作用によっ

て変形すること。

glossing

8324

色泣き

繊維製床敷物の染料が,液体の作用によって他の

場所に移動すること。 
注記  泣き出しともいう。

colour bleeding

8325

クロッキング, 
摩擦堅ろう度

(あらかじめ設定された方法による)湿潤又は乾
燥摩擦によって,繊維製床敷物から他の素材に染
着物質が移動すること。

crocking,

rubbing fastness

8326

汚染

(例えば,飲食物などの)着色剤が繊維製床敷物
に偶発的に移行して着色すること。この汚れは標

準的なクリーニングによって除去できる。

staining

8330

柄の鮮明さの変化

柄のある繊維製床敷物の外観が,機械的作用によ
って色彩的に変化すること。

change of pattern definition

8340

その他の要素

other

factors

8341

はく離

繊維製床敷物の使用面及び/又は一次基布が,二

次基布から分離すること。

delamination

8342

ほつれ

繊維製床敷物の裁断した端部で,パイル又は基部

材料が損傷又は損失すること。

fraying

8343

伝線, 
シューティング

繊維製床敷物の使用面から,同じたて方向に連続
するループが損失すること。

laddering,

shooting

8344

折れ目

繊維製床敷物を施工する前に発生する折れ,しわ
又はうね状のこと。

creasing

8345

しわ, 
バックリング

繊維製床敷物を施工した後に発生する折れ,しわ
又はうね状のこと。

rucking,

buckling

8346

湾曲

繊維製床敷物の製造時に生じた,たて方向又はよ
こ方向の曲がり。

bowing


25

L 0212-1

:2010

番号

用語

定義

対応英語(参考)

8347

斜行 
(しゃこう)

繊維製床敷物のたて方向とよこ方向の状態。たて
方向とよこ方向とはまっすぐであっても,互いに
直角でない状態。

skewness

9000

その他の性能

other

properties

9010

燃焼性

着火のしやすさ又は燃焼の持続しやすさ。

reaction to fire

9020

帯電性

繊維製床敷物の使用面を人が歩行したことによ
って,繊維製床敷物が帯電する性質。

electrostatic propensity

9030

熱伝導 
C 

等温下にある厚板又は何らかの材料において,そ
の表面の異なる 2 点で温度差が生じたとき,その

2

点間を伝わる単位面積当たりの熱移動。

注記  熱伝導は W/(m

2

・K)で表す。

thermal conductance, 

9040  

熱伝導率 
λ 

均質で長さが一定な材料において,その表面に一
定の温度差が生じたとき,温度の異なる 2 点間の

単位面積を伝わった熱移動。 
注記  熱伝導率は W/(m・K)で表す。

thermal conductivity,

λ

9050

吸音性

衝撃音,その伝ぱ(播)の減少及び周囲の音の吸
収に関する繊維製床敷物の性能。

acoustic absorption

9060

空中伝ぱ(播)音の吸音

性,

ASA 

会話,オーディオ装置などによって空中を伝ぱ

(播)する音を吸収低減する繊維製床敷物の性
能。

airborne sound absorption,

ASA

9070

衝撃音の遮音性

カーペット又はカーペットと床全体を介した衝
撃伝ぱ(播)音を(カーペットを敷かない状態と
比較して)吸収低減させる繊維製床敷物の性能。

acoustical insulation from

impact noise

9080

汚れ

汚れ物質が使用面にたい(堆)積する過程。外観
が変化する原因となる。 
注記  乾汚れともいう。

soiling

9090

しみ汚れ抵抗性

しみ汚れ物質の吸着速度を減少させる繊維製床
敷物の使用面の性能。

stain resistance

9100

クリーナビリティ

適切な工程を用いることによって,繊維,色及び
基部に損傷を与えることなく,固体粒子汚れ又は
液体汚れを除去する繊維製床敷物の性能。

cleanability

9110

寸法安定性

機械的作用,環境湿度及び/又は温度の変化,水
への浸せき及び乾燥にさらされたときに,その寸

法を保持する繊維製床敷物の性能。

dimensional stability

9120

平滑でないパイルのひ

ず(歪)み

カーペットを加湿,加熱などの特殊条件下で処理
した後に生じるパイルの垂直方向のひずみ。

distortion out-of-plane

9130

染色堅ろう度

種々の要因が作用した後,その色を維持する繊維
製床敷物の性能。 
注記  要因の例としては光,水,クリーニング剤

などがある。

colour fastness

9140

歩行快適性

歩行によって生じた運動エネルギーを減衰させ

る繊維製床敷物の性能を官能的に認識すること。

walking comfort

9150

摩擦抵抗性

他の表面材によって受ける様々な摩擦に対する

カーペットの使用面の抵抗性(摩擦強さ)

abrasion resistance

9160

抗菌性

細菌/微生物の成長及び増殖を抑制したり,遅ら
せる繊維製床敷物の性能(場合によっては特殊な

化学処理を施す)

antimicrobial properties


参考表  対応国際規格の番号と JIS の番号との対比

対 応 国 際 規 格

の番号

JIS

の番号

対 応 国 際 規 格

の番号

JIS

の番号

対 応 国 際 規 格

の番号

JIS

の番号

対 応 国 際 規 格

の番号

JIS

の番号

対 応 国 際 規 格

の番号

JIS

の番号

3.1

3.1.1

3.1.2

3.2

3.3

3.4

1000

1010

1020

1100

1200

1300

5.29

5.30

5.31

5.32

5.33

5.34

5.35

5.36

5.37

4460

4470

4480

4490

4500

4510

4520

4530

4540

6.20

6.21

6.22

6.23

6.24

6.25

6.26

6.27

6.28

6.29

6.30

6.31

5200

5210

5220

5230

5240

5250

5260

5270

5280

5290

5300

5310

7.1

7.2

7.2.1

7.2.2

7.3

7.4

6010

6020

6030

6040

6050

6060

4.1.7

4.1.7.1

4.1.7.2

4.2

4.2.1

4.2.2

4.2.3

4.2.3.1

4.2.4

4.3

4.3.1

4.3.2

4.3.3

4.3.4

4.3.5

4.3.6

4.3.7

4.3.8

4.3.9

4.3.10

4.3.11

2600

2610

2620

2700

2800

2900

3000

3010

3100

3200

3210

3220

3230

3240

3250

3260

3270

3280

3290

3300

3310

4.1.1

4.1.1.1

4.1.1.1.1

4.1.1.1.2

4.1.1.2

4.1.1.2.1

4.1.1.2.2

4.1.1.2.3

4.1.1.3

4.1.1.3.1

4.1.1.3.2

4.1.1.3.3

4.1.2

4.1.3

4.1.4

4.1.4.1

4.1.4.2

4.1.5

4.1.6

4.1.6.1

4.1.6.2

4.1.6.3

2000

2010

2011

2012

2020

2021

2022

2023

2030

2031

2032

2033

2100

2200

2300

2310

2311

2400

2500

2510

2520

2530

5.1

5.1.1

5.2

5.3

5.4

5.5

5.6

4010

4011

4020

4030

4040

4050

4060

5.7

5.8

5.9

5.10

5.11

5.12

5.13

5.14

5.15

5.16

5.17

5.18

5.18.1

5.18.2

5.19

5.20

5.20.1

5.20.2

5.21

5.22

5.22.1

5.22.2

5.23

5.24

5.25

5.26

5.27

5.28

4070

4080

4090

4100

4110

4120

4130

4140

4150

4160

4170

4180

4181

4182

4190

4200

4201

4202

4210

4220

4221

4222

4300

4310

4420

4430

4440

4450

6.1

6.2

6.3

6.4

6.5

6.6

6.7

6.8

6.9

6.10

6.11

6.12

6.13

6.14

6.15

6.16

6.17

6.18

6.19

5010

5020

5030

5040

5050

5060

5070

5080

5090

5100

5110

5120

5130

5140

5150

5160

5170

5180

5190

8.1

8.2

8.3

8.4

8.5

8.6

8.7

8.8

8.9

8.10

7010

7020

7030

7040

7050

7060

7070

7080

7090

7100

26

L

 0212-1


2

010


参考表  対応国際規格の番号と JIS の番号との対比(続き)

対 応 国 際 規 格

の番号

JIS

の番号

対 応 国 際 規 格

の番号

JIS

の番号

対 応 国 際 規 格

の番号

JIS

の番号

9.2.6

9.2.7

9.2.8

9.2.9

9.2.10

9.2.11

9.2.12

9.2.13

9.2.14

9080

9090

9100

9110

9120

9130

9140

9150

9160

8.11

8.12

8.13

8.14

8.15

8.16

8.17

8.18

8.19

8.20

7110

7120

7130

7140

7150

7160

7170

7180

7190

7200

9.1.3.1.9

9.1.3.1.9.1

9.1.3.1.9.2

9.1.3.1.9.3

9.1.3.2

9.1.3.2.1

9.1.3.2.2

9.1.3.2.3

9.1.3.2.4

9.1.3.2.5

8319

8319-1

8319-2

8319-3

8320

8321

8322

8323

8324

8325

9.1

9.1.1

9.1.1.1

9.1.1.2

9.1.1.3

9.1.1.4

9.1.2

9.1.2.1

9.1.3

9.1.3.1

9.1.3.1.1

9.1.3.1.2

9.1.3.1.3

9.1.3.1.4

9.1.3.1.5

9.1.3.1.6

9.1.3.1.7

9.1.3.1.8

8000

8100

8110

8120

8130

8140

8200

8210

8300

8310

8311

8312

8313

8314

8315

8316

8317

8318

9.1.3.2.6

9.1.3.2.7

9.1.4

9.1.4.1

9.1.4.2

9.1.4.3

9.1.4.4

9.1.4.5

9.1.4.6

9.1.4.7

9.2

9.2.1

9.2.2

9.2.3

9.2.4

9.2.5

9.2.5.1

9.2.5.2

8326

8330

8340

8341

8342

8343

8344

8345

8346

8347

9000

9010

9020

9030

9040

9050

9060

9070

27

L

 0212-1


20
1

0


28

L 0212-1

:2010

参考文献  ISO 11861:1999,Textile floor coverings−Coir mats−Types and specification

記号表

λ  [9040]

C [9030]


附属書 JA

参考)

JIS

と対応国際規格との対比表

JIS L 0212-1:2010

  繊維製品用語(衣料を除く繊維製品)−第 1 部:繊維製床敷物

ISO 2424:2007

  Textile floor coverings−Vocabulary

(I)JIS の規定

(III)国際規格の規定

(IV)JIS と国際規格との技術的差異の箇条

ごとの評価及びその内容

箇 条 番 号

及び題名

内容

(II)

国際規格
番号

箇条番号

内容

箇 条 ご と

の評価

技術的差異の内容

(V)JIS と国際規格との技術的差異

の理由及び今後の対策

1

適 用 範

繊維製品(衣料を除
く。)のうち,繊維

製 床 敷 物 の 用 語 及
び 定 義 に つ い て 規
定。

 1

JIS

と同じ

一致

ただし,JIS は注記で優先順位
及び読みの説明を追加。

実質的な技術的差異はないが,国際
規格の見直しの際に,提案を検討す

る。

2

引 用 規

2

3

共 通 用

語∼

9

繊 維 製

床 敷 物 の
使 用 適 性
評 価 に 関

する用語

共通用語を規定

3

∼9

JIS

とほぼ同じ

変更

番号を JIS は 4 けたの番号に変
更。 
なお,定義の欄に参考情報とし

て注記を追加している。 
本体末尾の参考表を参照。

実質的な技術的変更はないが国際
規格の見直しの際に,JIS の様式を
提案する。

JIS

と国際規格との対応の程度の全体評価:ISO 2424:2007,MOD

注記 1  箇条ごとの評価欄の用語の意味は,次による。

    −  一致……………… 技術的差異がない。

    −  変更……………… 国際規格の規定内容を変更している。

注記 2  JIS と国際規格との対応の程度の全体評価欄の記号の意味は,次による。

    −  MOD……………  国際規格を修正している。

29

L

 0212-1


2010