>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

L 0211

:2006

(1)

まえがき

この規格は,工業標準化法第 14 条によって準用する第 12 条第 1 項の規定に基づき,社団法人繊維評価

技術協議会(JTETC)/財団法人日本規格協会(JSA)から,工業標準原案を具して日本工業規格を改正すべき

との申出があり,日本工業標準調査会の審議を経て,経済産業大臣が改正した日本工業規格である。

これによって,JIS L 0211:1986 は改正され,この規格に置き換えられる。

この規格の一部が,技術的性質をもつ特許権,出願公開後の特許出願,実用新案権,又は出願公開後の

実用新案登録出願に抵触する可能性があることに注意を喚起する。経済産業大臣及び日本工業標準調査会

は,このような技術的性質をもつ特許権,出願公開後の特許出願,実用新案権,又は出願公開後の実用新

案登録出願にかかわる確認について,責任はもたない。


日本工業規格

JIS

 L

0211

:2006

繊維用語−ニット部門

Glossary of terms used in textile industry

Knitting section

序文  この規格の名称は,一般に使用される用語が“メリヤス”から“ニット”へと変遷してきたことか

ら,1986 年版まで使用していた“メリヤス部門”から“ニット部門”に変更した。

1. 

適用範囲  この規格は,繊維工業においてニット部門の組織,生地,操作などに用いる主な用語につ

いて規定する。

2. 

分類  用語は,次のとおり分類する。

a) 

一般

b) 

組織

c) 

生地

d)

操作

3. 

番号,用語,読み方及び定義  番号,用語,読み方及び定義は,次のとおりとする。

なお,参考として対応英語を示す。

a) 

一般

番号

用語

読み方

定義

対応英語(参考)

101

ループ

屈曲したわな(輪奈)

付図 101a)b)参照]。 loop

102

編目

あみめ

ループの組合せの単位[

付図 102a)b)  参照]。 knitted

loop

103

ニードルルー 

ループの山の部分[

付図 103a)b)参照]。 needle

loop

104

シンカループ

ループの谷の部分[

付図 104a)b)参照]。 sinker

loop

105

閉じ目

とじめ

たて編の基礎編目で,交差したループ(

付図 105

参照)

closed loop

106

開き目

ひらきめ

たて編の基礎編目で,交差しないで左右に開いた
ループ(

付図 106 参照)。

open loop

107

表目

おもてめ

前のループを通して,次のループを手前に引き出
して,できた編目[

付図 107a)b)  参照]。

face stitch

108

裏目

うらめ

前のループをくぐって手前から向こう側へ引き出
された編目[

付図 108a)b)  参照]。

back stitch

109

ウエール

たてに連続したループの列[

付図 109a)b)の(A−

B)

参照]

wale

110 

コース

よこに並んだループの列[

付図 109a)b)の(C−D)

参照]

course

111 

メリヤス

ニットと同義語。狭義的にはアンダーウェアをい
う意味がある。

hosiery

knit goods


2

L 0211

:2006

b) 

組織

番号

用語

読み方

定義

対応英語(参考)

201

平編

ひらあみ

1

列の針で編目(102)をすべて一方向に引き出して

編まれた,よこ編の組織(

付図 201 参照)。

plain stitch

202

ゴム編

ごむあみ

2

列の針で表目(107)と裏目(108)のウエール(109)

を交互に配列した,よこ編の組織。リブ編ともい
う(

付図 202 参照)。

rib stitch

203

パール編

ぱーるあみ

表目(107)と裏目(108)のコース(110)を交互に配列
した,よこ編の組織。ガータ編,リンクス編,両

頭編ともいう(

付図 203 参照)。

purl stitch

garter stitch

204

タック編

たっくあみ

あるコース(110)で編目(102)を脱出させずに,その
後のコースで複数ループ(101)を脱出させた,よこ

編の組織(

付図 204 参照)。

tuck stitch

205

移し編

うつしあみ

編目(102)を前後又は左右に移した,よこ編の組

織。

loop transfer stitch

番号

用語

読み方

定義

対応英語(参考)

112 

ニット

a)

編目を連結すること。

b)

連続された編目で構成された布,又はその製
品。

knit

knit goods

113

編物

あみもの

ニットと同義語。 
織物に対応する名称。

knit fabric

114

よこ編

よこあみ

よこ方向にループをつなぎ合わせたニット。 weft

knit

115

たて編

たてあみ

たて方向にループをつなぎ合わせたニット。 warp

knit

116

透かし目

すかしめ

レース状に穴のあいた編目。

117

ファッショニ 
   

ングマーク

成形(412)の目移し(408)によってできたマーク。フ

ァッションマークともいう。

fashioning mark

118

セルベッジ

成形(412)によってできた編地の耳の部分。 selvedge,

selvage

l19

ルーズコース

リンキング(424)を容易にするための普通より大き
なループのコース。さし目ともいう。

loose course

120

地糸

じいと

編地の基礎となる糸。 groun yarn

121

抜き糸

ぬきいと

編目を分離するために用いる糸。 draw

thread

122

捨て糸

すていと

捨て編(422)に用いる糸。

123

ゴアライン

靴下のかかと又はつま先部の成形(412)された線。 gore

line

124

補強糸

ほきょうし

靴下のかかと又はつま先部などに補強のために用

いる糸。

splicing yarn

125

密度

みつど

単位長間のウエールとコースの数。 density

126

度目

どもく

ニットの密度を表す慣用語。

127

引き目度目

ひきめどもく

編地をたて方向に引っ張ったときの密度。

128

ゲージ

編機の単位長間にある針数。 gauge

129

ループ長

るーぷちょう

1

ループを編むために必要な糸の長さ。編目長と

もいう。

loop length

stitch length

130

カバーファク 
  タ

編地の面積に対する糸の占める面積の割合。 cover

factor


3

L 0211

:2006

番号

用語

読み方

定義

対応英語(参考)

206

片あぜ編

かたあぜあみ

ゴム編を変化させたもので,片面だけをタック

(426)

した組織(

付図 205 参照)。

half cardigan stitch

royal rib

207

両あぜ編 

りょうあぜあ 
  み

ゴム編で両面を交互にタック(426)した組織(

付図

206

参照)

full cardigan stitch

208 

両面編 
 

りょうめんあ 
  み

二つのゴム編を重ね合わせた組織。スムース編と
もいう(

付図 207 参照)。

interlock stitch

209

振り編

ふりあみ

片側の針床を 1 針間ずつ左右に数段振って(407)
編まれた,よこ編の組織(

付図 208 参照)。

racked stitch

210

ペレリン編

ぺれりんあみ

シンカループ(104)を隣の針に引っ掛けて編まれ
た透かし目(116)のよこ編の組織。アイレット編と
もいう(

付図 209 参照)。

pelerine stitch

eyelet stitch

211

レース編

れーすあみ

移し編の一種で,レース状の透かし目(116)の組
織。

lace stitch

212

浮き編

うきあみ

ある部分で糸を針に掛けずに,編地の裏で浮かせ
た組織(

付図 210 参照)。

float stitch

213

パイル編

ぱいるあみ

編地の面にリング状にわなを出した組織(

付図

211

参照)

pile stitch

terry stitch

214

添え糸編

そえいとあみ

2

種類の糸を用いて,一方の糸で他方を覆うよう

にして編まれた組織。プレイティング編ともいう

付図 212 参照)。

plated stitch

215

縄編

なわあみ

平編の幾つかのウエール(109)を交互に移し替え
て縄状に編まれた組織(

付図 213 参照)。

cable stitch

216

インターシア

表の模様の色糸が裏に回らないようにして編ま
れた,よこ編の組織。

intarsia

217

ラップ編

らっぷあみ

地糸(120)を編むとき,別の柄糸を針に巻き付け
て,ししゅう柄を出したよこ編の組織。絡み添え

糸編ともいう。靴下ではボス柄という。

wrapping stitch

warp-plated stitch

embroidery stitch

218

ノンラン組織  のんらんそし

  き

編目(102)のラン(伝線)を防ぐためのよこ編の組
織。

run-proof stitch

219

鎖編

くさりあみ

毎コース(110)同一針にラッピング(414)させた鎖
状の編目(102)のたて編の組織(

付図 214 参照)。

pillar stitch

chain stitch

220

シングルトリ 
  コット編

しんぐるとり 
  こっとあみ

1

枚のおさのたて糸を,隣接する針に交互にラッ

ピング(414)させた,たて編の基本組織。シングル

デンビ編ともいう(

付図 215 参照)。

single tricot stitch

single denbigh stitch

221

シングルコー 
  ド編

しんぐるこー

  どあみ 

1

枚のおさのたて糸を,1 針おいた次の針に交互

にラッピング(414)させた,たて編の組織(

付図 216

参照)

single cord stitch

222

シングルアト 
  ラス編

しんぐるあと

  らすあみ

1

枚のおさのたて糸を,隣接する針の方向に,数

回次々にラッピング(414)させ,その後同じ回数を
逆方向にラッピングさせた,たて編の組織。シン
グルバンダイク編ともいう(

付図 217 参照)。

single atlas stitch

single vandyke stitch

223

二目編

ふためあみ

1

本のたて糸を,同一コース(110)で隣接する 2 本

の針にオーバーラップ(415)させた,たて編の組織

付図 218 参照)。

two needle stitch

224

シングルサテ 
  ン編

しんぐるさて

  んあみ

1

枚のおさのたて糸を,2 本おいた次の針に交互

にラッピング(414)させた,たて編の組織(

付図 219

参照)

single satin stitch


4

L 0211

:2006

番号

用語

読み方

定義

対応英語(参考)

225

シングルベル 
  ベット編

しんぐるべる 
  べっとあみ

1

枚のおさのたて糸を,3 本おいた次の針に交互

にラッピング(414)させた,たて編の組織(

付図 220

参照)

single velvet stitch

226 

プレーントリ 
  コット編 

ぷれーんとり 
  こっとあみ

2

枚のおさのたて糸で,互いに反対方向にシング

ルトリコット編をさせた二重組織。ダブルデンビ

編ともいう(

付図 221 参照)。

plain tricot stitch

double denbigh stitch

227

ダブルアトラ 
  ス編

だぶるあとら 
  すあみ

2

枚のおさのたて糸で,互いに反対方向にシング

ルアトラス編をさせた二重組織。ダブルバンダイ
ク編ともいう(

付図 222 参照)。

double atlas stitch

double vandyke stitch

228

ダブルコード 
  編

だぶるこーど 
  あみ

2

枚のおさのたて糸で,互いに反対方向にシング

ルコード編をさせた二重組織。ダブルバーコード

編ともいう(

付図 223 参照)。

double cord stitch

double bar-cord stitch

229

ハーフトリコ 
  ット編

はーふとりこ 
  っとあみ

2

枚のおさのたて糸のうち,前おさのたて糸でシ

ングルコード編を,後おさのたて糸でシングルト

リコット編をさせた二重組織。シャルムーズ編と
もいう(

付図 224 参照)。

half tricot stitch

charmeuse stitch

230

逆ハーフ

ぎゃくはーふ

2

枚のおさのたて糸で,前おさ及び後おさの運動

をハーフトリコット編の場合とは逆にして編ま
れた二重組織(

付図 225 参照)。

back half

tricot stitch

231

クインズコー 
  ド編

くいんずこー 
  どあみ

2

枚のおさのうち,前おさで鎖編を,後おさでシ

ングルコード編,シングルサテン編,シングルベ

ルベット編などをさせた二重組織(

付図 226 

照)

queens cord stitch

232

サテントリコ 
  ット編

さてんとりこ 
  っとあみ

2

枚のおさのうち,前おさでシングルサテン編を,

後おさで前おさと反対方向にシングルトリコッ
ト編をさせた二重組織(

付図 227 参照)。

satin tricot stitch

233

ダブルトリコ 
  ット編

だぶるとりこ 
  っとあみ

2

列針床のトリコット編機で編まれたシングルト

リコット編の二重組織(

付図 228 参照)。

double tricot stitch

234

ベルベット編  べるべっとあ

  み

2

枚のおさのうち,前おさのたて糸でシングルベ

ルベット編を,後おさのたて糸でシングルトリコ
ット編をさせた二重組織(

付図 229 参照)。

velvet stitch

235

シェル編

しぇるあみ

糸抜きした 1 枚のおさで,シングルアトラス編を
編みながら,カットプレッサを作用させて編まれ

た,表面に凹凸のある組織。パイナップル編とも
いう。

shell stitch

pineapple stitch

236

ノップ編

のっぷあみ

同一糸を同一針に数回巻き付けることによって,
針のステムに糸を累積させ,その後カットプレッ
サで一度に編目(102)を脱出させて編まれた隆起

があるたて編の組織。及び同一針で複数回連続し
たタック編によって隆起させたよこ編の組織。

knop stitch

237

つづれ編

つづれあみ

2

枚のおさを用い,前おさのたて糸で鎖編を,後

おさのたて糸を数針間アンダーラップ(416)させ
て,鎖編のニードルループ(103)とシンカループ

(104)

の間に挿入(419)させた,たて編の組織(

付図

230

参照)

inlaid net

238

たて糸挿入編 

たていとそう

  にゅうあみ

前おさ 1 枚でシングルトリコット編を,後おさ 2

枚でブラインドラップ(417)とイベーションラッ
プ(418)をさせたたて糸の挿入(419)組織。むしろ編
ともいう(

付図 231 参照)。

warp inlay stitch


5

L 0211

:2006

番号

用語

読み方

定義

対応英語(参考)

239 

マーキーゼッ 
  ト 

前おさ 1 枚で鎖編を,後おさ 2 枚は互いに反対方
向に移動し,これらの鎖編をつなぐたて糸を挿入

(419)

して編まれた,正方形の透かし目(116)のたて

編組織(

付図 232 参照)。

marquisette stitch

240

落下板組織

らっかばんそ

  しき

ラッシェル編機で 2 枚のおさを用いて編むとき,

オーバーラップ(415)したおさの糸を落下板で針
のラッチの下に押し下げて編まれた,たて編の組
織(

付図 233 参照)。

fall plate stitch

241

ネット編

ねっとあみ

1

本おきに糸を通した 2 枚のおさを対称的にラッ

ピング(414)させたネット状の組織(

付図 234 

照)

net stitch

242

ミラニーズ編  みらにーずあ

  み

二群のたて糸が互いに反対方向に連続して編ま
れた,たて編の組織(

付図 235 参照)。

milanese stitch

243

たてよこ糸挿 
  入編

たてよこいと 
  そうにゅう

  あみ

落下板付きのラッシェル編機で,4 枚のおさを用
いて,おさ 1 で鎖編を,おさ 2 でこれらの鎖編を

連結させ,おさ 3 及びおさ 4 でたて糸を挿入(419)
させて編まれた織物状の組織(

付図 236 参照)。

warp and weft inlay

  stitch

244

よこ糸挿入編  よこいとそう

  にゅうあみ

編地の全幅にわたって,よこ糸を挿入(419)した組
織[

付図 237a)b)参照]。

weft inlay stitch

c) 

生地

番号

用語

読み方

定義

対応英語(参考)

301

よこ編生地

よこあみきじ

よこ編の組織で編まれた生地の総称。 weft

knitted

fabric

302

たて編生地

たてあみきじ

たて編の組織で編まれた生地の総称。

warp knitted fabric

303

丸編生地

まるあみきじ

丸編機で編まれた生地の総称。

circular knitted fabric

304

横編生地

よこあみきじ

横編機で編まれた生地の総称。

flat knitted fabric

305

トリコット生 
  地

とりこっとき

  じ

トリコット編機で編まれた生地の総称。 tricot

fabric

306

ラッシェル生 
  地

らっしぇるき 
  じ

ラッシェル編機で編まれた生地の総称。 raschel

fabric

307

ミラニーズ生 
  地

みらにーずき 
  じ

ミラニーズ編機で編まれた生地の総称。 milanese

fabric

308

天じく生地

てんじくきじ

平編(201)組織の生地の総称。

plain stitch fabric

309

フライス生地  ふらいすきじ  ゴム編機(フライス編機)で編まれたゴム編(202)

の生地の総称。

circular rib fabric

310

スムース生地  すむーすきじ  インタロック編機(両面編機)で編まれた両面編

(208)

の生地の総称。

interlock fabric

311

流し編生地

ながしあみき

  じ

よこ編機で編まれた長尺の生地の総称。一般には

丸編機で編まれたものをいう。

yard goods fabric

312

成形生地

せいけいきじ

成形(412)された編地の総称。 fashioning

fabric

313

ガーメントレ 
  ングス生地

がーめんとれ 
  んぐすきじ

ガーメントレングス丸編機で編まれたセータ用
などの半成形生地。

garment length fabric

314

ジャージ

外衣などに用いられる編地の総称。 jersey

315

ジャカード生 
  地

じゃかーどき

  じ

ジャカード装置付きの編機で編まれた生地の総

称。

jacquard fabric

316

裏毛生地

うらけきじ

挿入(419)した糸を浮かしたり又は起毛を施した

編地の総称。

fleecy fabric


6

L 0211

:2006

番号

用語

読み方

定義

対応英語(参考)

317

かの子生地 

かのこきじ

コース(110)方向及びウエール(109)方向に交互に
タック(426)した編地の総称。

318

テレコ生地

てれこきじ

フライス生地などの表裏に針抜き(406)を施した
生地の総称。

319

パイル生地

ぱいるきじ

パイル糸を編み込んだ生地の総称。 pile

fabric

terry fabric

320

メッシュ生地  めっしゅきじ  網の目のような透かし目(116)の編地の総称。 mesh

fabric

321

バスケット生 
  地

ばすけっとき 
  じ

はちの巣状の透かし目(116)の編地の総称。 basket

fabric

322

レース生地

れーすきじ

レース編(211)の生地の総称。 lace

fabric

323

チュール

2

枚のフルセットのおさを用いて編まれたきっ甲

形のネット状生地の総称。

tulle

324

ブーレット生 
  地

ぶーれっとき 
  じ

編地の表面にふくらみを作らせた生地の総称。 bourette

fabric

325

パワーネット 
  生地

ぱわーねっと

  きじ

メッシュ生地にゴム,ポリウレタンなどの弾性糸

を挿入したたて編生地の総称。

power net fabric

d) 

操作

番号

用語

読み方

定義

対応英語(参考)

401

編出し

あみだし

編地を作るため の最初の ル ープ(101)のコース

(110)

を編むこと。

set up

402

整経

せいけい

たて糸をビームに巻く作業。 warping

403

度詰め

どづめ

編地の密度を詰めて編む方法,手法。

404

針上げ

はりあげ

a) 

不作用位置にある針を作用位置に置くこと。

b) 

靴下のかかと又はつま先を編むため,作用位

置にある針を不作用位置まで上げること。

405

針下げ

はりさげ

a) 

作用位置にある針を不作用位置に置くこと。

b) 

靴下のかかと又はつま先を編むため,不作用
位置にある針を作用位置まで戻すこと。

406

針抜き

はりぬき

a) 

よこ編で針床の中の特定の針を抜いて編む手

法。

draw off

b) 

たて編で特定の糸を導糸針に通さないで編む

手法。

407

振り

ふり

a) 

横編機で,片側の針床を左右に移動しながら
編む方法。

a) racking

b) 

たて編機で,おさを針列と平行によこ方向に
動かして編む方法。

b) shogging

408

目移し

めうつし

編目(102)をほかの針に移すやり方。 transferring

409

目拾い

めひろい

a) 

編目(102)を拾って針に掛ける操作。

b) 

補修のため編目を拾う操作。

hook up

410

目減らし

めべらし

成形生地(312)を編むとき,編目(102)数を減らして
生地幅を狭くする方法。

narrowing

411

目増やし

めふやし

成形生地(312)を編むとき,編目(102)数を増やして
生地幅を広くする方法。

widening

412

成形

せいけい

目減らし,目増やしを行って生地幅を増減し,製
品の形を作る手法。

fashioning

413

プレスオフ

編成中の編目(102)を針から外す操作。 press

off

414

ラッピング

針に糸を巻き付ける操作。 lapping


7

L 0211

:2006

番号

用語

読み方

定義

対応英語(参考)

415

オーバーラッ 
  プ

針のフックの付いているほうに糸を掛け渡して
おくこと。

over-lapping

416

アンダーラッ 
  プ

針の背中の方をおさが移動すること。 under-lapping

417

ブラインドラ 
  ップ

おさが左右にラッピングしないで,同一針間を前
後運動すること。アイドルスイングともいう。

blind-lapping

idle swing

418

イベーション 
  ラップ

後おさのおさが前おさと同一方向にアンダーラ

ップすること。

evasion-lapping

419

挿入

そうにゅう

編地のたて方向又はよこ方向へ編目(102)を作ら

ないで糸を入れる操作。

inlay

420

クリヤ

旧編目(102)を針のべらから外す操作。 clear

421

ノックオーバ 
  ー

旧編目(102)を針のフックから外して新編目を作
る操作。

knocking over

422

捨て編

すてあみ

リンキングを容易にするため,必要な寸法に編地
を編み終わった後,捨て糸(122)に切り替えて編む
手法。

waste course

423

止め編

とめあみ

よこ編でほつれを防ぐため,編出し,編終わりに
編むコース(110)。

424

リンキング

編目(102)又は編地の両端をつづり合わせる操作。
かがり,目さしともいう。

linking

looping

425

ニット

編針で編目(102)を作る方法。 knit

position

426

タック

あるコース(110)で編目(102)を脱出させずに次の

ループ(101)を脱出させて編む操作。

tuck position

427

ミス

針の背中のほうに糸を渡して,編目(102)を作らな

い方法。ウエルトともいう。

miss

welt position


8

L 0211

:2006

      a)  よこ編              b)  たて編

                                   

付図 101

      a)  よこ編              b)  たて編

                                   

付図 102

      a)  よこ編              b)  たて編

                                     

付図 103

      a)  よこ編                b)  たて編

                               

付図 104

         

付図 105

付図 106

          a)  よこ編          b)  たて編

                                   

付図 107 


9

L 0211

:2006

      a)  よこ編                b)  たて編

                                     

付図 108 

    a)  よこ編                  b)  たて編

                                   

付図 109

                 

付図 201

                 

付図 202

                   

付図 203

                 

付図 204

                   

付図 205

                   

付図 206

                   

付図 207

                 

付図 208

                   

付図 209

                               

付図 210

                                   

付図 211

D


10

L 0211

:2006

               

付図 212

                 

付図 213

                 

付図 214

                             

付図 215

                               

付図 216

                             

付図 217

                               

付図 218

                             

付図 219

                                 

付図 220

2  1  0

3  2  1  0

5  4  3  2  1  0

0  1  2  3  4

0  1  2  3  4  5


11

L 0211

:2006

                 

付図 221

               

付図 222

                 

付図 223

 
                 

付図 224

付図 225

 
                 

付図 226

                                 

付図 227

                                 

付図 228

                                 

付図 229

                                 

付図 230

 2  1  0

7  6  5  4  3  2  1  0

3  2  1  0

3   2    1   0

3   2    1   0

5   4   3   2   1   0

2  1  0

5  4  3  2  1  0 
   2  1  0

4   3   2   1  0 
        2      1      0

1   0


12

L 0211

:2006

               

付図 231

                 

付図 232

               

付図 233

               

付図 234

                 

付図 235

               

付図 236

                    a)  よこ編                                            b)  たて編

                                                                                 

付図 237


13

L 0211

:2006

関連規格  JIS L 0200  編組織の表示方法

JIS L 0201

  編目記号

JIS L 0215

  繊維製品用語(衣料)