>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

L 0209

:2006

(1)

まえがき

この規格は,工業標準化法第 14 条によって準用する第 12 条第 1 項の規定に基づき,社団法人繊維評価

技術協議会(JTETC)から,工業標準原案を具して日本工業規格を改正すべきとの申出があり,日本工業

標準調査会の審議を経て,経済産業大臣が改正した日本工業規格である。

これによって,JIS L 0209:1983 は改正され,この規格に置き換えられる。

この規格の一部が,技術的性質をもつ特許権,出願公開後の特許出願,実用新案権,又は出願公開後の

実用新案登録出願に抵触する可能性があることに注意を喚起する。経済産業大臣及び日本工業標準調査会

は,このような技術的性質をもつ特許権,出願公開後の特許出願,実用新案権,又は出願公開後の実用新

案登録出願にかかわる確認について,責任はもたない。


日本工業規格

JIS

 L

0209

:2006

紡績用語

Glossary of terms used in spinning

1. 

適用範囲  この規格は,繊維工業において紡績部門の操作などに用いる主な用語について規定する。

2. 

分類  紡績用語は,次の 5 分類とする。

a) 

紡績一般

b) 

綿糸紡績

c) 

毛糸紡績

d) 

麻糸紡績・絹糸紡績

e) 

化繊紡績

3. 

用語及び定義  用語及び定義は,次による。

なお,対応英語を参考として示す。

a) 

紡績一般

番号

用語

定義

対応英語(参考)

1101 

紡績

短い繊維からなる糸を作ること。

spinning

1102 

スライバツウヤーン

練条スライバから直接糸を紡出す
ること。

sliver to yarn

1103 

リング紡績

粗糸からドラフトを経て,リング

とトラベラによって加ねんして糸
にする紡績。

ring spinning

1104 

オープンエンド紡績

供給繊維の流れを断続し,開放糸
端に順次給綿,加ねんする紡績。

open end spinning

break spinning

1105 

ロータ式オープンエンド紡績

回転加ねん部にロータを利用した

オープンエンド紡績。

rotor type open end spinning

rotor spinning

1106 

フリクション式オープンエン
ド紡績

スライバからローラなどの回転

で,摩擦によって加ねんして糸に
する紡績。

friction type open end

spinning

friction spinning

1107

サイロスパン紡績 

2

本の粗糸からドラフトを経て,

合流点に至るまでに,局部的に実
よりを与え,トラベラの回転によ
って加ねんして糸にする紡績。双

糸のような糸構造が得られる。

sirospun spinning

l108 

コアスピニング 

しん糸に他の繊維を精紡工程で,

さや状に巻き付けて糸にするこ
と。

core spinning


2

L 0209

:2006

番号

用語

定義

対応英語(参考)

1109

セルフツイスト紡績 

2

本の粗糸のそれぞれに一定間隔

ごとに方向を変えたよりを与えな
がら引きそろえ,互いによりつか

せて 1 本の双糸にする紡績。

self-twist spinning

1110 

混紡

原料種類の異なった繊維を混ぜて

紡績すること。

mixed fibre spinning

mix spinning

1111 

解俵

俵から帯鉄又は包装材を取り外し
て,原料を取り出すこと。

bale opening

1112 

開繊

開綿,開毛などの総称。 opening

1113 

開綿

原料をビータなどによって適切な

大きさに解きほぐすこと。

opening

1114 

給綿

機械に原料を供給すること。 feeding

1115 

オイリング

紡績を容易にするために,繊維に
油剤などを与えること。

oiling

1116 

除じん

原料中に含まれるきょう雑物など
をビータや空気流によって除くこ
と。

cleaning

1117 

きょう雑物

原料中に含まれる土砂,

じんあい,

葉茎などの総称。

trash

1118 

ラップ

繊維をシート状にしたもの又はこ
れを円筒状に巻いたもの。

lap

1119 

リッキング

ラップがはがされるとき,繊維層

が互いにくっつき合うこと。

licking

1120 

カーディング

針布,メタリックワイヤなどを使

い,繊維塊をくしけずって単繊維
に分離する操作又は工程。

carding

1121 

シュート給綿

カードにシュートを設けて,連続

的に給綿すること。

chute feeding

1122 

ウェブ

カードのドッファからはぎ取られ

た繊維からなる薄膜。

web

1123 

クラウディ

カードウェブに雲状のむらがある
状態。

cloudy

1124 

トウ

カードのシリンダに対するフラッ
ト針布の入口側。

toe

1125 

ヒール

カードのシリンダに対するフラッ
ト針布の出口側。

heel

1126 

カードゲージ

カードにおいて対向する針頭間な
どの距離。単にゲージともいう。

card gauge

1127 

針布番手

針布などの針密度を示す数値。

count of card clothing

1128 

針布巻き

カードのシリンダ,ドッファなど
に針布などを巻き付ける作業。

card mounting

1129 

磨針

針頭部を研磨すること。

card wire grinding

1130 

側磨

針布などにおいて,針の頭部側面

を研磨すること。

side grinding

1131 

機上磨針

カード機台上において行うフラッ
トなどの磨針。

flat grinding under

running

flat grinding under working

1132 

ストリッピング

針布などに沈んだ繊維をはぎ取る

こと。

stripping


3

L 0209

:2006

番号

用語

定義

対応英語(参考)

1133 

よろい綿

フラットからかき取った短繊維及
びきょう雑物。

flat strip

1134 

コーミング

スライバ又はラップを多数のくし
状の針などでくしけずり,

ネップ,

短繊維,きょう雑物などを除去す

るとともに,繊維の配列度を高め
る操作又は工程。

combing

1135 

コーマ準備

コーマに仕掛ける準備又はその工

程。

pre-combing

1136 

コーマラップ

コーマに仕掛けるラップ。 comber

lap

1137 

フリース

薄いシート状の繊維群。 fleece

1138 

ノイル

コーミングによって除去された短

繊維くず。コーマ落ちともいう。

noil

comber noil

1139 

落ち率

各工程で発生する落物や飛散くず
の量と投入原料量との比率。

waste percentage

1140 

コーマ落ち率

コーマにおいて,

ノイル量の供給

量に対する百分率。ノイル落ち率

ともいう。

noil percentage

1141 

前紡

a)

そ毛紡績では,トップから精
紡前までの一連の操作又は工

程。

b)

綿紡では,精紡前までの操作
又は工程。

c)

絹紡,麻紡では延展,続線以
後,精紡前までの一連の操作
又は工程。

drawing

fore-spinning

1142 

練条

スライバをダブリング,ドラフト
してスライバにする操作又は工

程。

drawing

1143 

スライバ

よりのない帯状又はロープ状にし
た繊維の集合体。

sliver

1144 

カードスライバ

カード上がりのスライバ。 carded

sliver

1145 

練条スライバ

練条上がりのスライバ。 drawn

sliver

1146 

コーマスライバ

コーマ上がりのスライバ。 combed

sliver

1147 

ダブリング

2

本以上のスライバ,ラップなど

を併合すること。

doubling

1148 

コイリング

スライバを,

らせん状にケンスに

巻き収めること。

coiling

1149 

ラージパッケージ

ケンス,ボビンなどの収容量の大
きいこと。

large package

1150 

デリベリ

練条機,ギルなどでスライバなど
が機械から送り出される出口側の

単位区分。尾ともいう。

delivery

1151 

デリベリスピード

スライバなどが送り出しローラな
どから送り出される速度。

delivery speed

1152 

ヘッド

練条機,ギルなどで主要作業をす
るように構成された機械の単位部

分。生産単位としても用いる。頭
ともいう。

head


4

L 0209

:2006

番号

用語

定義

対応英語(参考)

1153 

ギリング

スライバをギルにかける操作又は
工程。

gilling

1154 

フォーラドロップ

ギルにおいて,

ドラフトゾーンに

ギルフォーラを打ち込むこと。単

位時間の打込数でギルの速度を表
す。

faller drops

1155 

粗紡

粗糸を作る操作又は工程。 roving

1156 

粗糸

精紡の準備のために,スライバか
ら作られた比較的細い繊維の集合

体。

roving

slubbing

1157 

しの巻

スライバ,粗糸をボビンに巻いた
もの。

bobbin of roving

1158 

リフト

粗紡機,精紡機,ねん糸機などの
巻き取りにおいて,ボビンの巻付

け位置の最下端と最上端との距
離。

lift

1159 

ボビンリード

ボビンの回転数が,フライヤのそ

れよりも速く,その差によって粗
糸などを巻き取る方式。

bobbin lead

1160 

フライヤリード

フライヤの回転数がボビンのそれ
よりも速く,その差によって粗糸
などを巻き取る方式。

flyer lead

1161 

ローラゲージ

二つのローラの中心間距離。 roller

gauge

ratch

1162 

スタッフ

相隣るローラスタンドの中心間距
離。

stuff

1163 

ドラフト

ラップ,スライバなどを長さの方

向に引き伸ばして細くすること。

draft

drafting

1164 

ドラフト比

単位長さ当たりの供給する繊維質

量と生産される繊維質量の比又は
計算された速度比。

draft ratio

1165 

ドラフト定数

ドラフトを調整するときに用いる

計算に便利な紡機の定数。

draft constant

1166 

ドラフト配分

単位ドラフトゾーン内又は間にお

いて,各部のドラフトを適切に定
めること。

draft distribution

1167 

ドラフトゾーン

ドラフト装置において,繊維がド

ラフトを受ける領域。

draft zone

draft field

1168 

トータルドラフト

ドラフトを行う機械での総計ドラ

フト比。

total draft

1169 

メインドラフト

ドラフト装置の中での主要なドラ
フト又はそのドラフト比。

main draft

1170 

ブレークドラフト

メインドラフトをしやすくするた
めの準備のドラフト又はそのドラ

フト比。

break draft

pre-draft

1171 

ドラフトコントロール

ドラフトが正常に行われるように
繊維の運動を制御すること。

draft control


5

L 0209

:2006

番号

用語

定義

対応英語(参考)

1172 

ローラドラフト

a)

スピンドルドラフトに対する
用語で,ローラ間で行うドラ
フト。

b)

ドラフトコントロールにロー
ラだけを使用するドラフト。

roller draft

1173 

スピンドルドラフト

通常ミュール精紡機で,

ローラと

スピンドルとの間で行うドラフ
ト。

spindle draft

1174 

エプロンドラフト

ドラフトコントロールにエプロン
バンドを使用するドラフト。

apron draft

1175 

ハイドラフト

ドラフト比の大きいドラフト。 high

draft

1176 

スーパハイドラフト

ハイドラフトより更に大きいドラ
フト。

super high draft

1177 

フリーゲージ

エプロンドラフトにおいて,フロ
ントローラのニップ点からテンサ

先端までの距離。

free gauge

1178 

ドラフトむら

ドラフトする際に発生するむら。

draft waves

1179 

スライバむら制御

スライバの太さむらを自動制御す
ること。

automatic control of sliver

1180 

浮遊繊維

ドラフトゾーンの中で,ドラフト

コントロールされていない繊維。

floating fibre

1181 

フック繊維

繊維の一端又は両端の折れ曲がっ

ているもの。

hook fibre

1182 

精紡

スライバ,粗糸などから単糸を作
る操作又は工程。

fine spinning

1183 

ダブルロービング

精紡の 1 すい(錘)に 2 本の粗糸
を供給する方法。

double roving

1184 

加ねん

繊維束又は糸に,

よりをかけるこ

と。

twisting

1185 

より係数

よりの程度を表す定数。 twist

multiplier

1186 

強ねん

普通よりも多いより。 hard

twist

1187 

甘より

普通よりも少ないより。 soft

twist

1188 

仮より

2

点の中間で加ねんして得られる

正逆のより。

false twist

1189 

すい(鍾)

スピンドルを紡機の生産単位とし
て表すときに用いる用語。つむと

もいう。

spindle

1190 

スピンドルゲージ

精紡機などで相隣るスピンドル間
の中心距離。

spindle gauge

1191 

バルーニング

精紡機などで回転する糸が遠心力
によって外方に膨らむこと。

ballooning

1192 

ボビン

スライバ,粗糸,糸などを巻くた
めの管又はこれに巻いたもの。

bobbin

1193 

ボビン差し

空ボビンを所定の保持具に挿入す
ること。

donning

1194 

空ボビン

糸などが巻き戻されて空になった

ボビン。

empty bobbin

1195 

満管

ボビンに糸などが所定量巻き取ら

れた状態。

full bobbin

1196 

コップ

糸を管状に巻いたもの。 cop


6

L 0209

:2006

番号

用語

定義

対応英語(参考)

1197 

管糸

管に糸を巻いたもの又はその糸。

bobbin

1198 

フィリング巻

精紡機などの巻き方の一種で,木

管などの底部からチェースを形成
しながら巻き付ける巻き方。

filling wind

cop wind

1199 

パラレル巻

精紡機などの巻き方の一種で,木

管などに平行して糸層を順次外側
に形成していく巻き方。

warp wind

parallel wind

1200 

コンビネーション巻

フィリング巻とパラレル巻とを折
衷する巻き方。

combination build

compound wind

1201 

チェース

フィリング巻において,コップの

糸が上下に往復して巻かれてい
く,円すい形の糸の巻付き斜面。

chase

1202 

玉揚げ

紡機の運転において,スライバ,
糸などが所定量巻かれたとき,空
木管などと交換すること。

doffing

1203 

ローラ巻付き

ローラに原料繊維が巻き付くこ
と。

roller lap up

1204 

フライ

紡績工程中,製品繊維群から離れ
て飛散する短繊維。

fly

fly waste

1205 

ニューマくず

ニューマチッククリヤラで集めら

れたくず綿。

pneumatic waste

1206 

棒綿

クリヤラローラなどに巻き付いた

綿を抜き取った輪状のくず綿。

roller lap

1207 

再用綿

ラップ,スライバ,粗糸のくず及
びコーマノイル,よろい綿など再

使用される原料の総称。

reused cotton (fibre)

recovered cotton

1208 

スラブ

糸で,他の部分より太く,よりが

ほとんどない比較的長い節。

slub

1209 

スナール

加ねんした糸が緩んだときに,よ
りのためにできた糸のもつれ。

snarl

1210 

糸切れ

精紡機など糸を扱う機械で糸の切
れること。

end breakage

end down

1211 

糸つぎ

精紡機で糸をつなぐこと。 ending,

piecing

1212 

合糸

糸を 2 本又は 2 本以上合わせる操
作又は工程。

yarn doubling

1213 

ねん糸

1

本又は 2 本以上の糸によりをか

ける操作。より糸ともいう。

twisting

1214 

より止め

糸にかけたよりを固定させるこ

と。

twist setting

1215 

糸蒸し

糸を蒸気でより止めしたり,水分
をもたせること。単にセットとも

いう。

yarn steaming

yarn steam setting

1216 

かせ揚げ

かせ枠を用い,糸を一定長に巻き

取ること。

hank reeling

1217 

あやがせ

糸を交錯させて巻いたかせ。 cross

reel

1218 

棒がせ

糸を平行に巻いたかせ。 straight

reel

1219 

ワインディング

主に糸などを,その加工目的や用
途に応じ,所定の形状,固さなど

に巻くこと又はその工程。

winding


7

L 0209

:2006

番号

用語

定義

対応英語(参考)

1220 

チーズ巻

ボビンなどに糸を円筒状に巻き取
ること。

cheese winding

1221 

コーン巻

ボビンなどに糸を円すい状に巻き
取ること。

cone winding

1222 

ソフト巻

染色で,染液が糸層中を通りやす

いようにチーズやコーンに柔らか
目に巻き取ること。

soft winding

1223 

チップパンチ

精紡機などの管糸の糸端処理法の
一つで,ボビンの先端部に巻き付
ける方法。

tip bunch

1224 

スモークヤーン

煙やほこりによって糸表面が薄黒
く汚れた糸。

smoked yarn

1225 

玉締め

一玉量のかせ糸を締めて包装する
こと。

bundling

b) 

綿糸紡績

番号

用語

定義

対応英語(参考)

2101 

綿糸紡績

綿繊維などを原料とする紡績。略
して綿紡ともいう。

cotton spinning

2102 

落綿紡績

落綿などを原料とする紡績。

waste cotton spinning

2103 

がら紡

落綿などを原料とし,日本独得の
特殊な紡機による紡績法。和紡と
もいう。

GARABO spinning

throstle spinning

2104 

ジンニング

実綿から種子を除去する作業。 ginning

2105 

混打綿

繊維塊を混合開繊して不純物を取

り除き,通常ラップにする操作。

mixing and blowing

opening and picking

2106 

打綿

開繊,除じん作用のため,繊維塊
をビータなどで打つこと。

scutching

, picking,

blowing

, beating

2107 

混綿

a)

品種の異なる原綿などを混合
すること。

b)  2

種類以上の繊維を所定の比

率に混ぜること。

blending

mixing

2108 

ラップ混綿

異種のラップをスカッチャに供給

して行う混綿。

lap blending

2109 

スライバ混綿

異種のスライバを練条機などに供

給して行う混綿。

sliver blending

2110 

スライバラップ

スライバラップマシン上がりのラ
ップ。

sliver lap

2111 

リボンラップ

リボンラップマシン上がりのラッ
プ。

ribbon lap

2112 

水気

管糸をより止めするために水分を
与えること。

cotton yarn wetting

2113 

乾式ねん糸

湿式ねん糸に対する用語で,糸を
乾燥状態のままでよること。

dry twisting

2114 

湿式ねん糸

糸に水などを与えながらよるこ

と。

wet twisting

c) 

毛糸紡績

番号

用語

定義

対応英語(参考)

3101 

毛糸紡績

羊毛繊維などを原料とする紡績。
略して毛紡ともいう。

wool spinning


8

L 0209

:2006

番号

用語

定義

対応英語(参考)

3102 

そ毛紡績

トップを作り,    これを更に前紡,
精紡にかける紡績。

worsted spinning

3103 

仏式そ毛紡績

フランスで発達したそ毛紡績の一
種で,ドライトップを作り,前紡
工程でよりをかけない。

French system worsted

spinning

continental system worsted

spinning

3104 

英式そ毛紡績

イギリスで発達したそ毛紡績の一
種で,オイルトップを作り,前紡

工程でよりをかける。

Bradford system worsted

spinning

3105 

セミそ毛紡績

カード及び 2∼4 工程のドローイ

ングを通して精紡につなぐ工程短
縮のそ毛紡績法。

semi-worsted spinning

3106 

紡毛紡績

カードでしのを作り,これを直ち

に精紡機にかける紡績。

woollen spinning

3107 

ソーティング

羊毛原料を繊維の長さ,太さ,色

沢,きょう雑物などの程度によっ
て分類すること。

sorting

wool sorting

3108 

洗毛

グリージーウールからグリース,

スイント,土砂などを洗い落とす
こと。

wool scouring

wool washing

3109 

グリース

原毛に付着している油脂分。 wool

grease

3110 

スイント

原毛に付着している汗などの水溶
性不純物。

suint

3111 

バー

原毛に付着している植物性きょう
雑物。一般には,いがのある植物

の種子などをいう。植物性きょう
雑物全般をいう場合もある。

burr

3112 

シード

原毛に付着している植物性きょう

雑物。いね科植物の穂などをいう。

seed

3113 

洗剤洗毛

洗剤を使用する洗毛。 detergent

scouring

3114 

アルカリ洗毛

石けん,ソーダなどを使用する洗
毛。

soap and soda scouring

alkaline scouring

3115 

中性洗毛

非イオン系の洗剤などを使用する
洗毛。

neutral scouring

3116 

スイント洗毛

スイントの洗浄作用を利用する洗

毛。

suint scouring

3117 

溶剤洗毛

溶剤を使用する洗毛。 solvent

scouring

solvent degreasing

3118 

洗上げ羊毛

グリージーウールを洗って不純物
を除いた羊毛。

scoured wool

3119 

洗上げ歩留まり

投入グリージーウール質量に対す
る洗上げ羊毛質量の比率。

scoured yield

3120 

反毛

一般に反毛機械によって糸くず,
織物くずなどを繊維状とする操作
又は得られた繊維。

recarding

rag opening

recovered material

reused material

3121 

化炭

酸づけした原料を加熱して,バー

などをぜい化し除去すること。

carbonizing

3122 

酸づけ

化炭のため,紡毛原料を酸液に浸
せきすること。

wool acidifying


9

L 0209

:2006

番号

用語

定義

対応英語(参考)

3123 

混毛

所要の糸を紡出するため,類似又
は異なった原料又は中間原料を選
んで混合すること。調合ともいう。

blending

mixing

3124 

トップ工程

トップを作るための一連の工程。

top making process

3125 

トップ

そ毛前紡工程にかける状態として

のスライバ又はこれを巻いたも
の。

top

3126 

ドライトップ

油をあまり含まない羊毛のトッ
プ。

dry top

dry combed top

3127 

オイルトップ

油を多く添加した羊毛のトップ。

oil top

oil combed top

3128 

バンプトップ

コイラを通してケンス取りされた

スライバをプレスして作られたト
ップ。

bumped top

3129 

トップ歩留まり

投入洗い上げ羊毛質量に対する仕

上りトップ質量の比率。

top yield

3130 

紡績歩留まり

投入トップ質量に対する仕上がり

糸質量の比率。

spinning yield

3131 

バックウォッシング

バックウォッシャにかける操作又
は工程。

backwashing

3132 

エカートメントゲージ

仏式コーマにおいて,ニッパの下
の先端とデタッチングローラとの

最小間隔。

ekartement gauge

3133 

テヤ

そ毛紡績のコーミングにおいて,
製品量をノイル量で除した値。

tear

tearage

3134 

リコーミング

トップ染め後,コーマにかけるこ
と。特別な場合,トップ工程で再

びコーミングする操作又は工程。

recombing

3135 

プレペアリング

長い羊毛をトップにするとき,カ
ードを用いず,数台の特殊なギル

にかけてスライバを作る操作又は
工程。

preparing

3136 

トップエージング

紡績を容易にするため,トップ工
程で,できたトップを所要期間適
切な場所に放置する操作又は工

程。

top ageing

3137 

仏式前紡

仏式そ毛紡績の前紡。

French system drawing

continental system drawing

3138 

英式前紡

英式そ毛紡績の前紡。

Bradford system drawing

3139 

ラビングモーション

紡毛カードのコンデンサや仏式前

紡において,巻き取る前のスライ
バをもみ固める方式又は装置。

rubbing motion

d) 

麻糸紡績・絹糸紡績

番号

用語

定義

対応英語(参考)

4101 

麻糸紡績

亜麻,ラミー,ジュート,大麻などを原

料とする紡績。略して麻紡ともいう。

hard and bast fibre spinning

4102 

亜麻紡績

亜麻を原料とする紡績。 flax

spinning

4103 

ラミー紡績

ラミーを原料とする紡績。 ramie

spinning

4104 

ジュート紡績

ジュートを原料とする紡績。 jute

spinning


10

L 0209

:2006

番号

用語

定義

対応英語(参考)

4105 

はく皮

ラミー茎などのじん皮部を木質部から
はぎ取ること。

decorticator

4106 

浸水

麻などの繊維植物から繊維をとるため
にこれを水,温湯などに浸せきするこ
と。

retting

4107 

麻精練

亜麻,ラミーなどの原料をかせいソー
ダを加えた液で煮沸し,セルロースと
ペクチンとを分離すること。

degumming

4108 

製繊

亜麻茎の木質部をくだき繊維を分離
し,打撃を加えて木質部を落とし,繊

維をとること。

scutching

4109 

軟繊

硬質繊維,ラミー,ジュートなどを柔
軟にすること。溝付きローラを備えた

機械を使用するものが多い。

softening

4110 

ハックリング

亜麻正線をくしけずり,分裂させて長

線をとること。せつりゅう(櫛梳)と
もいう。

hackling

4111 

続線

長線をつなぎ,スライバにすること。 spreading

4112 

正線

亜麻茎を製繊して得られる長い繊維。 scutching line

4113 

粗線

ハックリング機にかけたときに生じた

短繊維。

scutching tow

4114 

短線

亜麻正線をハックリング機にかけると

きに生じる短繊維及び仕分け,仕上げ,
丸つぶしなどから生じる短繊維。

hackling tow

4115 

長線

亜麻正線をハックリング機にかけて得

られる長い繊維。

hackling line

4116 

ジュート開繊

ジュート紡績で,原料を柔軟にし,く

しけずり,ドラフトする工程。普通は
コイル状に巻き取る。

jute spreading

4117 

ロールホーマ

ジュート紡績で,取扱いやすいように

スライバをコイル状にすること。

roll former

4118 

延線

亜麻紡績の前紡工程。一般にギルを使

用する。

drawing

4119 

潤紡

亜麻紡績の精紡の一種。ドラフト前に
ローブを湿潤させるため,水又は温湯

を通すこと。

wet spinning

4120 

乾紡

亜麻紡績の精紡の一種。潤紡に対しロ

ーブを乾燥状態で精紡すること。

dry spinning

4121 

ギル精紡

亜麻紡績の精紡の一種。延線機のスラ
イバより直接ギルを用いてドラフト

し,精紡する。

gill spinning

4122 

ローブ

スライバを粗紡機でドラフトして細く

し甘よりをかけたもの。粗糸ともいう。

rove

4123 

ローブ精練

潤紡工程での繊維の滑りを助けるため
に,アルカリなどを用いて粗糸を精練

又は漂白すること。

rove boiling

4124 

絹糸紡績

副蚕糸などを原料とする紡績。略して

絹紡ともいう。

waste silk spinning

schappe spinning

4125 

ちゅう糸紡績

ブーレットなどを原料とする紡毛式の
絹糸紡績。

bourette spinning

noil silk spinning


11

L 0209

:2006

番号

用語

定義

対応英語(参考)

4126 

長綿

絹糸紡績及びラミー紡績の製綿工程で
得られる長繊維の精綿,精選綿の総称。

long drafts

4127 

短綿

絹糸紡績及びラミー紡績の製綿工程で
得られる短繊維の精綿,精選綿の総称。

short drafts

4128 

精選綿

排綿を行った精綿。

selected fine drafts

4129 

切綿フリンジ

切綿機にかけて一端を切綿棒に巻いた
ふさ状綿。

fringe

4130 

精綿

切綿フリンジをくしけずって,短繊維,
ネップ,きょう雑物を除いて平行にそ
ろえ,よろい状に重ねたもの。

fine drafts

4131 

精乾綿

副蚕糸又はラミーを洗練し乾燥したも
の。

refined waste silk

refined ramie

4132 

洗練

絹糸紡績で,精乾綿を得るために副蚕
糸に付着している汚染物,油脂分,セ
リシンなどを除くこと。

refining

4133 

前洗い

精練に入る前にあらかじめ副蚕糸を微
温湯で水洗し,汚物,不純物を除去す

ること。口洗いともいう。

steeping

4134 

大洗

副蚕糸又はラミーをつきつぶしなが
ら,きょう雑物を流し出し洗浄するこ

と。

stamping

4135 

腐化練り

副蚕糸を腐化発酵させてセリシン,油

脂を除去する精練法。

schapping

4136 

緩和

精乾綿の固着を柔らげ,さなぎくず,
きょう雑物を除去すること。

softening

4137 

製綿

絹糸紡績及びラミー紡績で,精乾綿か
ら精選綿などを作ること。

drafts making

4138 

開絹

精乾綿の固塊,てん絡を解きほぐして
切綿機に供給するラップ(開絹ラップ)
を作ること。

waste silk opening

cocoon opening

4139 

打繭

主に,  くず繭,さなぎはだを原料とす
る精乾綿の固着を柔軟緩和し,さなぎ

くずを除くために革製のむちで打つこ
と。

cocoon beating

4140 

切綿

切綿フリンジを作ること。 filling

4141 

排綿

精綿中に混在しているきょう雑物を人
手によって取り除いて精選綿を作るこ

と。

picking

4142 

延展

精選綿をつないでドラフトし,定長定
重の帯状綿を作ること。

spreading

4143 

ブーレット

絹糸紡績の円形機でできるくず繊維
で,ちゅう糸紡績の原料となる。

bourette

4144 

ペニー

絹糸紡績工程で延展機によってできた
ラップを商品にするために,島田形に

したもの。展綿ともいう。

peignee

4145 

製条

延展機からのラップを供給して,スラ

イバを作ること。

setting

slivering

e) 

化繊紡績


12

L 0209

:2006

番号

用語

定義

対応英語(参考)

5101 

化繊紡績

化学繊維などを原料とする紡績。

man-made fibre spinning

5102 

スフ紡績

ステープルファイバを原料とする紡

績のことであるが,普通はレーヨンス
テープルの綿紡式による紡績。略して
スフ紡ともいう。

staple fibre spinning

5103 

合繊紡績

合成繊維のステープルファイバなど
を原料とする紡績。略して合繊紡とも

いう。

synthetic fibre spinning

5104 

トウ紡績

トウを原料とする紡績。 tow

spinning

5105 

トウツウスライバ

トウから直接スライバを作ること。

tow to sliver

5106 

けん切

トウを延伸切断してスライバを作る
こと。

stretch breaking

5107 

パーロック紡績

けん切機を用いてトウから直接にス
ライバを作る紡績。

Perlok system

Perlohrke spinning

5108 

クリンピング

トウ,スライバ又は糸にけん縮を与え
ること。

crimping

5109 

直紡

トウを延伸切断し,直接紡績単糸を作
ること。

tow-to-yarn spinning

direct spinning

関連規格  JIS L 0305

紡績機械用語