>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

日本工業規格

JIS

 L

0200

-1976

編組織の表示方法

Method of Representation for Knitting Stitch

1.

適用範囲  この規格は工業用編機(手編及び手編機械を除く)により編成する場合に用いる編目記号

及びその編成記号並びに編組織を記入するために用いた意匠紙について規定する。

2.

用語の意味  この規格で用いる主な用語の意味は,次のとおりとする。

(1)

編目記号  意匠紙を用いて編目の組織を表すときに用いる記号。

(2)

編成記号  意匠紙を用いてメリヤス針の編成の順序を表す記号。

3.

編目記号と編成記号

3.1

よこ編

番号

名称

編目

編目記号

編成記号

3.1.1 

表編目

裏編目

3.1.2 

表タック編目

 
 
裏タック編目

3.1.3 

浮き編目

3.1.4 

移し編目

3.1.5 

半透し編目

3.1.6 

アイレット編目

3.1.7 

よこ糸入れ編目


2

L 0200-1976

番号

名称

編目

編目記号

編成記号

3.1.8 

裏毛編目

3.1.9 

添え糸編目

3.1.10 

パイル編目

3.2

たて編

番号

名称

編目

編成記号

3.2.1 

開き目

3.2.2 

閉じ目

4.

意匠紙

4.1

編目記号用意匠紙

番号

名称

意匠紙

意味

4.1.1 

シングル方眼紙

平編,パール編用。

4.1.2 

ゴム編用。

ダブル方眼紙。

ゴム編系用。

大きい横長方形には前針床又はシリン
ダー上での編成を記入。 
小さい縦長方形には後針床又はダイヤ

ル上での編成を記入。


3

L 0200-1976

番号

名称

意匠紙

意味

4.1.3 

両面編用。 
ダブル方眼紙

両面編系用。 
大きい縦長方形には前針床又はシリン
ダー上での編成を記入。

小さい横長方形には後針床又はダイヤ
ル上での編成を記入。

4.2

編成記号用意匠紙

番号

名称

意匠紙

意味

4.2.1 

シングル針配列紙

平編,パール編用。

1

つの針列からなる。

4.2.2 

ゴム編用。

ダブル針配列紙。

ゴム編系用。

1

対の針列からなり上段は後針床又は

ダイヤルの針列を示し,下段は前針床
又はシリンダーの針列を示す。

4.2.3 

両面編用。 
ダブル針配列紙。

両面編系用。

1

対の針列からなり上段は後針床又は

ダイヤルの針列を示し,下段は前針床
又はシリンダーの針列を示す。


4

L 0200-1976

番号

名称

意匠紙

意味

4.2.4 

ダブル平行点紙。

たて編用。 
(2 列針床機によるもの。

濃い点には前部針床上での編成を,淡

い点には後部針床上での編成を記入。

参考  編目記号及び編成記号による表示例

番号

名称

編目記号

編成記号

平編

ゴム編

パール編

両面編


5

L 0200-1976

番号

名称

編目記号

編成記号

振り編 
(針抜き両晆編)

ダブルビケ

(フレンチ式)

ハーフトリコット編

網目編


6

L 0200-1976

番号

名称

編目記号

編成記号

ダブルトリコット編